2016-10

モヤモヤな一週間

川崎戦のショックを引きずった一週間。
ロスタイムに一度は追いついたとはいえ、力の差はありありだったので、もう少しサバサバするかと思っていたが…

リーグ優勝が絶望的になったからだろうか。
この試合に懸ける気持ちが強かっただけに…

選手たちも切り替えできたのかな?
対戦相手も甲府だけにグダグダな試合になる恐れも。
とりあえず、プロ意識を信じたい。

それにしても、
カイケ素行問題、俊輔再離脱、学A代表入り逃す
とロクな話題がない。
渓太のU-19代表入りぐらいか(世界への切符勝ち取れ!!)

しかし、何で学は代表入れないんだろ?
選ばれないことはルヴァン杯決勝にとっていいことだけどさ。
何でやろ?

間違いなく前よりプレーの幅を広げたよね。
サイドに張るだけでなく中央に進入にしても良し、周りを生かせるプレーも。
それが自らのストロングポイントのドリブルをより生かせるように。

Jでしか通用しないと思われてるのかな。
結果出せてるか微妙な監督に馬鹿にされたくないわ。
悔しいな…

ACLとか東アジアでのオーストラリア戦とか五輪本戦とかそこそこ活躍したけどなぁ。
そもそも単純に試される回数、時間自体あんまなかったし。
ドイツ下位チームでベンチくすぶりに負けてんのか。
あんま点取れないのは原口選手と変わらんやろ。

まぁええ 甲府戦勝とう!!

モヤモヤ吹っ飛ばしてくれ
宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ド派手に散った

勝負の川崎戦3-2で敗れる
得点者 マチ・伊藤翔

ロスタイム2点差追い付くも、最後の最後突き放された
これで2nd優勝からのチャンピオンシップ出場・リーグ優勝・クラブW杯諸々消えた

勝たなきゃ意味がない試合
良く追いついたとも言えるが、負けも引き分けも基本的には変わらん。

正直、力負け
単純にサイドの突破頼みでは、やはり上位には通用しない。シュートまでいかない。
そして、俊輔のいないセットプレーでは得点の香りがしないのもキツい所。

個人的には、アマジュンと前田が連携して崩したプレーのような方向性のが期待できんだよな。

それにしても見事に転んだ
強いつもりだったんだなぁ…
ガックリ

P.S 健太に決めれたのが悔しい…
川崎での初ゴールがうちなんて

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ラスト5節の逆転ファイター

次の川崎戦とにかく大事な一戦
「次がすべて。フロンターレに勝つか否か。現時点で持てる力のすべてを懸ける」と、中町。選手たちも重々承知。

俊輔復帰、控え・カイケも結果を出し始め好材料の多いマリノス。
一方、川崎は前節大宮に敗れ、大久保&ネット選手出場停止
風は吹いている。

ただし、小林悠・中村憲剛・大島選手のキーマンは健在
勝負所で点取れる選手がいないのはラッキーだが、まったく油断は禁物だ。

マリノス側のキーマンは金井とジョンス
毎回やられる印象のあるエウシーニョ選手を金井は止められるか。
そして、ジョンス。
ビルドアップに絡んでボールキープする時間を作る、精度の高いパスで両翼を生かす、相手ボランチの進入を防ぐ。どこまでこなせるか。

必勝が求められるのはマリノス 気持ちでは負けらんない!!

さぁお遊びはここまで
ラスト5節の逆転ファイターや

♪(炎のキン肉マン)
M・A・R・I・N・O・S マリノス
M・A・R・I・N・O・S マリノス
M・A・R・I・N・O・S マリノス
3・2・1 ファイアー

胸の炎がピッチを焦がす
次の勝負は並じゃないぜ

敵の回しに負けたら最後
未来が闇に閉ざされる

愛するサポの眼差しが
倒れるたびに傷つくたびにチーム強くする

(kick)ルール破りの(jump)乱暴選手
さぁお遊びはここまでだ

(attack)ラスト5節の(fire)逆転ファイター
俺ら炎のマリノスマン

とにかく
川崎に勝つ それだけだ
へのつっぱりはいらんですよ

言葉の意味はわからんが、とにかく すごい自信だ

まぁ気負いすぎずいこう!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

J開幕時のような熱気を再び

天皇杯 東京v戦4-0勝利
無事突破できて良かった

TVやってないし、高知まで行ってないから当然内容良くわからない。
そのせいか気持ちが週末に向かってフライング気味
ただ俊輔も復帰して即FKゴールしての快勝は◎

しかしながら久々のヴェルディ戦
かつてクラシコとさえ言われたカードが…

奇しくもbリーグ開幕の日(バスケも頑張れ)
セレモニー(不満)を見ながら、Jの開幕したあの日を思い出した。

派手でキラキラしてかっこいいなぁと子どもながら憧れた
あのテーマ曲聞くと今でもグッとくる。

やっぱヴェルディとはもっと高い舞台でやりたい
あの熱気を再び…

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

「あきらめ」なんて言葉  俺の辞書にはないぜ

新潟戦3-1勝利!!
得点者 兵藤・マチ・前田
マン・オブ・ザ・マッチ 前田(期待込みで)

いやー気分がいいね
帰り道の足取り 勝つか負けるかで大違い。
それもマリノスにしては珍しい流れのみで3ゴール。
前田のマリノスでのリーグ戦初ゴールが見れてたし、良かった 良かった。

ベスト4まで来たルヴァンといい ここに来てどんどん気持ちアゲアゲ
こうなるとは思わなかったよ。

「えっ」って驚いたスタメン発表
俊輔は帰ってきたとはいえ、ボランチより下は控え揃えられずユースの子がベンチ入り
新井はどうしたんだ…

試合始まっても、開始直後から早くもピンチでどうなるかっていう感じ
そこからいつもの小康状態 グダグダボール回し。
周りの子供は飽きて「フワフワ行きたい」という言葉も出始める始末。

そんな中、金井のなんちゃないクロスから兵藤の狙いすました一撃で先制。
も、前半はそれぐらい。

そこから後半一気ヒートアップ
マチの追加点 1点差に追いつかれてからの前田の3点目
美しい軌道に ウットリ
会場も一気にムード高まる。

翔さんのド外し マルちゃんの謎シュミレーション?に驚異のプレスバックなど色々あったが、まぁいいか。

これで 2ndステージ4位浮上
前節まで首位の川崎が負けて混沌としてきた。
残り5節浦和・G大阪・川崎直接対決残してる
ステージ優勝 当然狙いにいこうや

「あきらめ」なんて言葉  俺の辞書にはないぜ
by奇跡の逆転ファイター キン肉マン

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (174)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (34)
2016年 ルヴァン杯 (8)
2016年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (25)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (8)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (49)
日本代表 (39)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
EURO2012 (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR