fc2ブログ

2024-02

結局マリノスの勝ちだよ【東京ヴェルディ戦感想】

東京ヴェルディ戦2-1逆転勝ち
93年の開幕戦と同じスコアで2024年もスタート!!

得点者:ロペス(PK)・ケニー
私的MOM:ケニー

勝ったけど、苦しい試合。
ヴェルディの出足、球際の強さ、切り替えの速さに後手を踏んだ。
開始早々のFKからの失点で危うく逃げ切られるところだった。

最後は選手層の厚さと個の力でねじ伏せた。
ケニーのゴールはスーパーだった。

「なんだよ。結局マリノスの勝ちかよ。」
なんて他サポの声が聞こえてくるかのような劇的な展開。

こんな力技が毎回できるわけでもない。
ぶっちゃけ、ヤンと宮市が入ってエウベルが中央に入ってよい流れになった時間帯に追いつけなかった時点で普通は勝てない。

最後の局面での力不足な昇格組相手だからできた芸当。
広島とか上位勢だったら、3点ぐらいとられて終わってたよ。

前半はピンチばかりだったけどポープに助けられたね。
失点につながるハンドをしたが、それ以外の場面では安定。
もちろん裏のスペースケアだったり、縦につけるパスだったりマリノスのGKとして求めれれる役割の部分は少し気になるけどね。

ビルドアップはチーム全体として苦戦中。
上島とエドゥのコンビだとやはりキツイ。
わざとエドゥに蹴らせてる感じもするし、単調な配給は狙われていた。

左SBの泰基も上手くフォーローできず…
元々の本職だし永戸たちが帰ってくるまでは凌げると期待したが、新潟サポが言うように適性は左CBなんだろうね。
攻撃参加・ポジショニングどちらもイマイチ。
永戸の早期復帰や期待以上の出来のカトレンで何とかなるけど、ちょっと残念かな。

それ以外でも
右サイドもケニーと水沼のコンビは相変わらず噛み合わない。
中盤もボランチタイプ(喜田・なべこ・山根)を並べてアイデア不足など色々と課題が見えた。

一方、交代策はポジティブかな。
2トップにしたり、柔軟な采配が今のところプラスに働いている印象。

今は新監督の試行錯誤の段階。
早い段階でスタイルを確立できれば、一気に上昇できそう。
我慢しながら積み上げて行こう。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
↑ランキングに参加中。皆様のクリックが更新の励みになります。

スポンサーサイト



新たな歴史を刻むのは大変だな【ACLバンコク戦感想】

バンコク戦1-0勝利
クラブ初のベスト8進出

得点者:ロペス
私的MOM:上島

延長戦終了間際のPKで何とか勝てた。
PK戦いってたらどうなっていたことやら。
苦しい試合やった。

新たな歴史を刻むってのはホントに大変。
見てるこっちも疲れたよ。

圧倒的にボール持てども崩せない。
シュート本数は多いものの、決定的なシーンは少なくミドルシュートや寄せられて無理やりのシュートばかり。

前半は回してるだけでダメダメ。
後半あまじゅんや永戸が出てから良くなってもゴールが遠い。
守備に関しては上島を中心に跳ね返せたので心配する場面はほぼ作らせなかったから余計にじれったい。

バンコクとのカードが決まった時は正直ラッキーと思ったけど、やっぱり甘くなかったね。

トーナメント戦は内容より結果。
まずは勝ったことを喜びたい。

収穫は永戸が思ったより早く帰ってきたことと村上が交代出場で結果を出したこと。

やっぱ永戸は上手いね。
カトレンが想像以上に良かったが、永戸はそれ以上。改めて痺れた。

村上はクロスミスもあったけど、積極的で良かったな。
PK奪取もあそこまで侵入したからこそ。

コンスタントに出場機会あれば化けそう。
マジで第二の毎熊選手になれると改めて確信。

もちろん課題もあった。
アンカーシステムは相変わらず厳しいし、ナムテヒの物足りなさと泰基の左SBが想像以下
勝てて反省できてよかった。

リーグ戦始まる前にACL敗退したらマジでメンタル最悪。
めっちゃガッカリやもんね。この点はシーズン移行のメリットだろうね。

残った日本勢はうちだけ。
ACLE確定は朗報も、日本代表としての責任は重くなった。

ベスト8は山東とのリターンマッチ。
新たな歴史を更に刻みたい。

そして、リーグ開幕戦。
疲れもあるだろうけど、ヴェルディには負けられない。
絶対勝つ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
↑ランキングに参加中。皆様のクリックが更新の励みになります。

非常に気分の悪い船出【ACLバンコク戦】

決勝Tアウェイバンコク戦2-2引き分け

得点者:エウベル・なべこ

ハリーキューウェル体制初戦。
新システムの良さも悪さも出たね。

攻撃に関しては、ボックス内に侵入する選手の数が明らかに増えた。
インサイドハーフに入ったなべこ・ナムテヒの良さが存分に出せている。
見ていて楽しいし、複数点取れたのは収穫。

逆に、守備面ではアンカー一枚になってカウンター時のもろさを露呈。
特に、左サイドの裏を突かれ、1対2の場面を再三作られた。

後半途中から15分間ぐらい押されっぱなし。
良く耐えたし、ダブルボランチにする柔軟さも良かったとは思う。

システムについては、新監督になってチャレンジしている段階。
とりあえずは、暖かく見守りたいね。

そして新加入のカトレンもポープも上々のデビュー。
失点の場面の対応は少し甘かったかもだが、まずは及第点。
次に期待できる。

ただ、勝てなかった。
2点リードして追いつかれたのは痛い。

泰基のミスから追いつかれる。
マークを外した上島のポジショニングもどうだったのか。

個人的には、それ以上に宮市が3回あったチャンスを仕留めないかったことの方が問題。
昨年もだけど、決めるべき時ちゃんと決めてくれ。
正直、こうも続くと信頼できないよ。
CFと左WGの層の薄さは昨年からの課題だなぁ。

もちろん、終了間際のケニーのレッドカードは論外。
相手に怪我負わせかねない悪質なプレーはやめろ。何回目だ。
激しい・熱いプレーの意味を履き違えるな。
よーーーく頭を冷やせ。馬鹿たれが。

決定力不足・ミス・ラフプレー
監督がどうこうできない部分が多すぎた。

気分悪いけど、終わったわけじゃない。
切り替えてホームで出直す。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
↑ランキングに参加中。皆様のクリックが更新の励みになります。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
サッカー Jリーグ 「横浜F・マリノス」非公式ファンブログです。