2017-06

信じられないほど安定した戦いぶり

神戸戦2-0勝利!!
これでリーグ戦4連勝
ちょっと前まではどこにも勝てないようなサッカーをしていたチームとは思えない。

相性の良い神戸とはいえ、天敵ネルシーニョ監督
攻略策なりもってくるのかなと思っていたが、そうでもなく。
危なげなく勝たせていたただいた。

それにしても、信じられないほど安定したなぁ。
やっぱボランチって大事
扇原・マチコンビになってからだもんね。
喜田には悪いが、当分はボランチをいじらないだろう。それぐらい良いコンビ。

守備はさすがのボンバー
ジョンスもミスなく。気持ち切らさずよく準備していたよ。

攻撃は、ウーゴが何とかゴール
結構チャンス潰してきたが、ラスト帳尻。
外したということは、それだけチャンスシーンが増えてきた証拠

あとは、キャプテン
そろそろの予感はする。中断前には決めたい。

ようやく上位がハッキリ見えてきた。
この調子で行けるとこまで勝ち点伸ばすぞ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

とりあえず突破できればOK

天皇杯2回戦 FC大阪戦3-1勝利‼

順当に勝ち上がれたから、とりあえず良かった。
行けてないし見れてもないから詳しい情報はわからないけどさ。
他会場で下のカテゴリーに足元掬われていたし。延長まで行かず突破できればOK

終了間際に失点したのはいただけないが、点取れるようになっているし。
控え中心ながらも、ケイマン・前田・ケイタ決めた。
下平も出れたし、ユースの山田もスタメン。

下からの突き上げウェルカムだね

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

好調 3つの要因

3連勝
一時期の不調から脱出しつつあるマリノス。
好調の要因は3つ。

①ウーゴを活かすサッカーに
ウーゴの武器はサイドからのクロスに対するポジショニングの良さ。
他は結構残念だが、そこで点を取る技術・嗅覚みたいなものは高い。

サイドからクロスというシンプルな攻撃パターンにすることで各々の役割・考え方を整理できた。

今までは中盤に合わせるスタイルで点が取れない時代が長かったが、ようやく。
ケイマンの方が良いんじゃないか感もあるが、とにかくFWに合わせたサッカーをすべき。

②マルちゃん左サイド
右のマルちゃんは流れ関係なく自力でチャンスを作ることができる反面、
ボールロストが多すぎ、周りを使えない、クロス精度が低いと問題点が多く、チームのリズムを作れない要因にもなってた。

左サイドにポジションを移すことで、そういったネガティブな側面は少なくなった。
特にカットインであっさりボールを取られ逆襲を喰らう回数が減ったことがデカい。
中盤や最終ラインのバランスもだいぶ良くなった。

③扇原がフィット
中盤からのパスの供給源
あそこから配給できると楽。

鳥栖戦でミスして失点した頃は、名古屋でもダメだったし、やっぱ難しいのかなと正直思っていた。
が、ここにきて存在感マシマシ

中町とのコンビがいいのか、変なボールの受け方も減って、悪い側面が見えにくくなった。
むしろ、彼の左足から放たれるロングパスが素晴らしいね。

ずっと欲しいと思っていたタイプの選手
元々ロンドン五輪の主軸ボランチ。ポテンシャルは非常に高い。
移籍金0円で獲得できたのはラッキー

カイケも高く売れそうみたいだし商売上手になれそうや。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

待ってましたよ アマジュン 

FC東京戦 1-0勝利!!

ここで勝てたのは非常に大きい。
1週間試合ないだけで長く感じたけど、マリノスが勝ってホント嬉しいね。

【大久保選手に助けられた…】
毎度ながらの1点勝負になるこの対戦カード。
いつもより塩分控えめなれど、今回もたがわず固いゲーム。

全体的に攻めていたのはうちだったが、シュートまでは中々行きつくことができず。
逆に、決定機そのものは東京の方が多かった。
大久保選手がブレーキだったから助かったが、ひとつでも決められていたら負けてた。

なんやかんや、そんな感じで試合しているうちに残り時間わずか。
このまま引き分けかと思ったところで、アマジュンの右足炸裂
良く決めた。

【アマジュンのトップ下】
去年とは打って変わって監督の信頼が厚くスタメン出場は続いたものの、低調なプレーが多かった今季。
気合が空回りしたのか、熱くなりすぎて悪態をつく場面も…
ボランチを外されてどうなるかと思ったが、目に見える結果を久々に出した。

あまり動かないウーゴのワントップを成立させるうえで、トップ下としての役割は結構大変
裏のスペースに走り、限定守備をして、中盤のつなぎにも参加しつつ、攻撃のタクトをふるう。
まだまだ攻撃に絡む数に物足りなさはあるが、最低限のタスクはこなした。
バブンスキーとの競争・使い分けは今後の楽しみ。

【シンプルな反面単調さも…】
ウーゴに向けてサイドからクロスというシンプルにすることで各々の役割・考え方が整理されたことでチグハグさはなくなった。
ただ、その反面単調になりこの試合も途中から手詰まりになった感は否めない。
早くも研究されたら…の雰囲気は漂う。

そして学の右サイドは良さを活かしきれてない感もある。
時間が解決する部分なのか。

ボランチコンビが安定してきたので、また一気に悪くなるとまでは思わないが、完成度をより高めていかないと上位にはくらいついていけない。少しづつ進めていけるか。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

そろそろ気合い入れ直しますよ

川崎戦後麻生での練習試合も行けず、代表戦も燃えず。
ちょっとサッカーモードから離れてたのでFC東京戦に向け気合い入れ直しますよ。

まぁ代表も見てないわけじゃないんですけどね。
ミロシュの豪もブラジル戦途中からだが、特に目立たず、失点ばかり。
彼が一番ロシアに近いので頑張って欲しい所。
次に、松原、扇原、学って所だろうけど、可能性低いかな。

一方、マリノスはここから真価が問われる。
学が左から外れたが、果たして右のままでいいのか。
ミロシュ帰ってこない間、課題のビルドアップどうする?
鍵を握りそうな下平の状態はどうなの?

今まで中断明け急激に良くなった試しもない反面、一度負けなくなると長く続く。
過大な期待はせず、次の中断前最後の広島戦までとりあえず見守る。

正直、自分の中で監督への信頼度は変わってないからね。
良い意味で予想を裏切って欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム