2017-11

長澤?聞き覚えがあるけど

マリノスロスが続く。
キャンプ情報をsnsで見る程度。
学の自転車漕ぐ姿に

マリノスのないサッカーなんて…
ルヴァン杯の日にロードバイクレースを見にさいたまへ行くほど。

その日は、野球だけでなくルヴァン優勝を逃した神奈川県
安心しろ、日本一は俺たちに任せとけ

リーグは鹿島で決まったみたいなもんやし。
残ったタイトルの天皇杯優勝で盛り上げようや。

そして、そろそろ代表も
乾くんではね…
えっ長澤くん?

あれは磐田(初代監督の娘長澤まさみさん)
いや鹿島(中田浩二氏の嫁長澤奈央さん)
個人的にはハリケンブルー派
っていうのは冗談

強化指定でいましたね。
かなり期待したのにドイツへ。悔しさは植田選手ほどではないが…
ナビスコでマリノスのユニ着たけど、まぁ樋口体制ではなぁ。

その代わりじゃないけど、その年入団したのがアマジュン。
長澤くんには負けるな。

最近、アマジュンのベストポジションはインサイドハーフ説を考え始めた私。
代表でその説立証できんかなぁなんて。
まぁ、ボランチでもトップ下でも物足りないからだけなんやけどね。

とりあえず、セレッソ戦まで長いわ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

14番を背負う意味は重い

14番
リーグ連覇をもたらした偉大なるキャプテン奥大介が背負った背番号

パス良し、ドリブル良し、FK・PK良し、勝負所に強いホンマ頼りになる男やった。
ピッチの中で見せるプレーに憧れた人は自分だけじゃないはず。
ペンギンみたいな歩き方、ソックスずるずるスタイルを真似したサッカー少年は全国にいた。

最後にリーグ優勝してから10年以上たったが、その功績は亡くなっても色あせることない。

今の選手や最近サポーターになった方にはわからないかもしれないが、あの時代を知るものとしては14番を背負う意味は重いと思っている。
「14番」=「攻撃的なポジションで優勝に導く存在」として期待している。

現在、その背番号を引き継いだのはアマジュン。
辛らつな意見も多いけど、みんなアマジュンに期待しているんだよ。

キャプテン・学は怪我で長期離脱、エース・ウーゴも怪我で帰国。
右SBも本職不在。(サイドの裏のスペース鹿島は確実に狙ってくるはず)

鹿島にはいつも痛い目を見てきた。
今回はさらに飛車角落ちの状況下で厳しいのは確か。
けど、意地を見せたい。

マルちゃんもいるけど、やっぱ攻撃を引っ張るのはアマジュンしかいないと思う。

そこそこのプレーができて満足する時は終わった。
求めるのは結果。俺がやってやるの精神で。

ACL出場権獲得に向けて負けられないよ。
鹿島相手だってやれる所見せてくれ。頼むぞ アマジュン。

期待して弁当買うよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

今のままじゃ厳しい

あらためてG大阪戦を振り返ると、いつも以上に単騎特攻感が強かった。
正直、マルちゃんの出来次第な状態だと思う。

あんなことがあったのに、チームの勝利に導くプレーをしてくれたマルちゃんには感謝しているが、この状態は非常に危険
オープンな展開にならない限り、マルちゃんの個人技と相手のミス頼みになる。

前線でボールをキープして押し上げる時間を作れる選手がいないと…
今年は学がゲームメーカー的な役割もすることで対処していたが、怪我の離脱により完全にタメが作れる人不在。
学が自力突破よりも周りを活かすパスを選択することで得点数は減ったが、チーム全体としては必要だった。

学以外やれそうな選手がほとんどいない。
ウーゴはポストプレー不得手、アマジュンは動くタイプ、マルちゃんは周りを使わないし取られる時はアッサリ
前田やイッペイ、渓太もタイプではない。
できるとしてらバブ、吉尾、そしてケイマンぐらいか。

ただ、バブはDF陣の怪我人多発や外国人枠問題で出場難。吉尾もまだ経験不足っぽい。
ワントップである以上ケイマンがスタメンだとウーゴ出れないから得点力が落ちる。
正直、厳しい

これまでは学なりアデミウソンなりがサイドで押し上げる時間作ってた。
ああいった驚異のボールテクでキープしたようなことができないとキツイ。

変な遅攻はいらないと監督は考えてるかもしれないが、90分間速攻だけでは無理や
今のままじゃ鹿島に勝ったり天皇杯を取るのは難しい。
監督がどう手を打つか。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

苦しい時こそサポーターが頑張る時だ

まずは、マルティノスへの差別SNS
本当に申し訳ない。
バナナ事件があったのに何の反省もない連中がいたことが非常に残念であり悔しい。

ネットに広がる人種に対する誹謗中傷・差別
本人たちは何の差別意識もない。
一人一人がより一層の強い意識を持っていなければ差別は撲滅されない。
もう一度見直そう。

そして、残念なニュースがもう一つ
学 右膝前十字靭帯損傷 全治8か月の大怪我

延長120分あっての連戦 疲れもあったのだろう。
一旦出た時にすぐにやめさせておけば。背負っている責任が故か。
色々悔やまれる。

ドリブラー学にとって選手生命にもつながりかねない怪我。
無理して再発や損傷が断裂になったり、逆の足や半月板も怪我する選手を山ほど見てきた。
とにかく焦りは禁物

目標はACLの舞台に。
そうなれるように、全力でマリノスを応援するからさ。
絶対帰ってくるって信じてるから、待ってるよ。

前田・イッペイ・渓太 頼むぜ!!
キャプテン不在の穴埋めてくれ。

リーグ3戦勝ちなしのショックも癒えないのに…
マリノスに関わる全ての人間にとって苦しい日々が続いている。
だからこそ、我々サポーターこそが気持ちを奮い立たせて盛り上げていくしかない。

キャプテンをACLに連れていく。
リーグ・天皇杯 チャンスは十分にある。
下を向いてる時間はないぞ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

頑張れ アマジュン

マリノスが負けると聞こえてくるアマジュンへの不満
批判されるだけの地位まで来たのかという思いもあるが、アマジュンの頑張りを全否定されるのは悔しい。

まだまだ物足りないというのは確かだけど、良くやってくれてると個人的には思うんだけどね
攻守に良く走り、精度の高いパスを繋ぎ、ゴールも流れの中から決めている。

監督がトップ下に何を求めているのか。
そこがずれているから不満が出るのかな。

テクニックならバブだけど、チームとして上手く回せるのはアマジュン。
現状バブは点取りに行く場面しか起用しにくいよ。正直。

そして少なくとも、監督は前任者のプレーは求めてない。
だから、前任者と同じプレーを求めるな。

アマジュンにはアマジュンの良さがある。
そこを見ようとせず批判するのはやめよう。いつまでも未練がましい。

もちろん、セットプレーに関しては、前任者と比べられるのは仕方がない。
戦術関係ないからね。

ぶっちゃけ、前ほどは期待できないことは否定しない。
ただ、比較対象が世界随一の選手。今までが異常すぎんだよね。
代表ですら未だに穴を感じさせるわけだしさ。基準がおかしいだけで、そんなに悪くはない。

それにターゲットマンが弱くなっているのも原因。
去年はマチ・ファビ・下平と空中戦強いのがスタメンに複数いたけど、今はボンバーぐらいしかいない。
松原・扇原・ミロシュはデカいけど強くない。
ここ数年囮役だったボンバーが第一ターゲットではキツイ。

もう少し工夫した方が良いのは確かだけど、もはや武器じゃないと認識した方がいい。

とにかく今年は、学とアマジュンのチームなんだよ。
壁を乗り越えようと頑張る彼らをサポートしないでどうする。
残り9試合ここまで来たら心中する覚悟で後押ししようや。

だから、アマジュンも前を向いて戦え!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (202)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (33)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (4)
マリノス 補強・契約 (45)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム