2017-09

頑張れ アマジュン

マリノスが負けると聞こえてくるアマジュンへの不満
批判されるだけの地位まで来たのかという思いもあるが、アマジュンの頑張りを全否定されるのは悔しい。

まだまだ物足りないというのは確かだけど、良くやってくれてると個人的には思うんだけどね
攻守に良く走り、精度の高いパスを繋ぎ、ゴールも流れの中から決めている。

監督がトップ下に何を求めているのか。
そこがずれているから不満が出るのかな。

テクニックならバブだけど、チームとして上手く回せるのはアマジュン。
現状バブは点取りに行く場面しか起用しにくいよ。正直。

そして少なくとも、監督は前任者のプレーは求めてない。
だから、前任者と同じプレーを求めるな。

アマジュンにはアマジュンの良さがある。
そこを見ようとせず批判するのはやめよう。いつまでも未練がましい。

もちろん、セットプレーに関しては、前任者と比べられるのは仕方がない。
戦術関係ないからね。

ぶっちゃけ、前ほどは期待できないことは否定しない。
ただ、比較対象が世界随一の選手。今までが異常すぎんだよね。
代表ですら未だに穴を感じさせるわけだしさ。基準がおかしいだけで、そんなに悪くはない。

それにターゲットマンが弱くなっているのも原因。
去年はマチ・ファビ・下平と空中戦強いのがスタメンに複数いたけど、今はボンバーぐらいしかいない。
松原・扇原・ミロシュはデカいけど強くない。
ここ数年囮役だったボンバーが第一ターゲットではキツイ。

もう少し工夫した方が良いのは確かだけど、もはや武器じゃないと認識した方がいい。

とにかく今年は、学とアマジュンのチームなんだよ。
壁を乗り越えようと頑張る彼らをサポートしないでどうする。
残り9試合ここまで来たら心中する覚悟で後押ししようや。

だから、アマジュンも前を向いて戦え!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

月日が経つのも早い 

8月4日を迎えた。
偉大なる背番号3が天国に旅立って6年。
気が付けば、あの時のマツの年齢に近づいてきた。

マリノスで共にプレーした経験のある選手もずいぶんと少なくなった。
マツのことを慕っていた後輩もベテランと呼ばれる年齢に。
つい先日もナオが今シーズン限りでの引退を発表した。

ナオは自分がマリノス熱が再燃した頃にユースから昇格した選手。
在籍2年半ほどで、由紀彦と交換トレードみたいな形でFC東京へ去ったが、個人的に思い入れは強い。

軽やかで躍動感あふれるスピディーな突破と鋭いシュート。
特に2009年のプレーは素晴らしかった。

サポの思いを託されて強くなる
そんなことをさらっと言える人柄にも惚れる。
プロの選手はこうであって欲しいと思わせる。

ここ数年は怪我で出場ができていなかった。
今すぐ引退するわけじゃないんで、もう一度公式戦で戦う姿を見せて欲しい。

改めて、月日が経つのも早いなと思うばかり。
マリノス取り巻く環境も規模も大きく様変わりした。

昨日、新潟キャンプに参加したイッペイ・シノヅカ選手が加入。
シティの情報網や動きがあってできる獲得。

篠塚一平表記じゃないのでロシア籍なのかはわからないが、中学まで日本にいた選手なので枠の方は問題ないなかな。
スピード感のある攻撃的な選手ということで、期待したい。

これでマルちゃんに一平ちゃん。
麺つながりでなにかできたら。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

夏の戦力分析

現時点における戦力状態をポジション別に見直してみた。

GK
飯倉、杉本ともに安定してる。
ビッグセーブ量産してくるとチームに勢いが出る。

CB
さすがボンバー。ミロシュは存在感を増したい。

SB
松原はもう一つも山中は期待以上。
下平もポジション取り返せるか、金井は守れるか。
高野はレンタル修業もありえる。

ボランチ
扇原マチコンビになってから良くなる。喜田は巻き返しなるか。

SH
マルちゃんは前半戦MVP級
前半戦ノーゴールの学は後半戦やってくれなきゃ困る。
前田は自分の能力に気付いて欲しい。ドリブラーじゃないフィニッシャー。
ケイタは競争激化で出番減、壁は厚いが突き抜けたい

トップ下
アマジュン・バブともに物足りない。
アマジュンはもっとゴールに直結する動き、バブは守備面と体力。

FW
ウーゴがスコアラーとして機能しだした。
ただケイマンにもチャンスはある。
怪我の伊藤翔は出場試合の勝率低くノーゴール。巻き返しは厳しい。
仲川は勝負所で怪我。チャンス掴めないまま…

次、外国人選手はプラスになっているのか?

まずはミロシュ
豪代表というほどインパクトはない。期待したフィードも少ない。
ただ、勇蔵は怪我がち、ジョンスも不安定、新井もCBで使われない以上ミロシュは外せない。

次にジョンス
外国人枠の問題でベンチ外。
兵役等を考えるとうちから離れる選択肢は本人的にあるかもしれない。
ただ、ミロシュ、マルちゃん、バブは代表離脱期間がある。そして今のチームの肝である扇原の代わりができるのはタイプ的にジョンスしかいないと思う。
手放すべきでない。

マルちゃん
左サイドに移りネガティブ要素は消えた。
チーム状態流れ関係なく行けるのは大きい。
学と得意ポジションが被る問題はあるが、今はマルちゃん優先で行くのが

バブ
ゴールシーンやテクニック見れば才能あるのはわかる。
ただ90分チームのために戦えない。ボランチとしては扇原と取り替えるほどでもなく、サイドも難しいのでトップ下しか出られない。
守備で穴空ける影響を考えるとキッカーであるアマジュンをスタメンから奪えない。今のままじゃ点取りに行く場面しか使われない。

ウーゴ
ゴール数は確かに伸びた。が、そこまで決定力は高くない。
できないことが多すぎる。定型のゴールパターンが使えなくなれば厳しい
扇原のパスを点に結びつけたい。

長い目で見るとケイマンの出場チャンスを潰すほどじゃないウーゴ、伸びしろを買いたいバブって感じだが、シーズン途中で手放す選手はいない。
そんな感じかな。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

相性の良し悪し

プロとは言え、組み合わせによって相性の良し悪しがある。
今年のマリノスは結構顕著

良好
ウーゴ×マル(左)
吉尾×山中
扇原×マチ

良くない
ウーゴ×学(左)
マル(右)×松原

といった所が目につく。
栗×バクや金井×学とかも長年の関係性でコンビが熟成しているのもあるが、特に印象に残る組み合わせは上記のもの。

特に、気になってるのはウーゴ
守備の問題でアマジュンとしか基本的に組ませられない。
バブと同時スタメンだと守備がどうしてもきつくなる。

となると必然的に、ウーゴ・マル・アマジュン・学という前線に。
が、学の良さが活きない、扇原のパスをシュートまでもっていけないし、うーん

正直、ケイマンなら問題解決
学が左でもOK。バブがトップ下でも守備面で支えられるから、バブの攻撃センスを存分に活かせる。
そして存在感を増す扇原のパスに対応可能。
あきらかに選択肢が増える。天皇杯ケイマンには期待したい。

ウーゴ・バブが守備面でも理解度を深め最低限度できれば選択肢は増やせる。
彼らが日本の夏に対応できるかも含めて、中断期間の大きなポイント

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

リーグ戦半分終えて好位置

リーグ半分終えて勝ち点32
首位と勝ち点わずか4差6位という好位置。
ラストの5連勝で一気に勝ち点伸ばした。

内容で圧倒したわけでもないから、出来すぎな気もするけどね。

正直、その前を考えれば、ラスト2勝2分1敗ぐらいですら甘すぎる程。
ただ、そんな皮算用でも勝ち点25ぐらい中位で折り返し。
首位と10差では厳しい。

あれぐらい勝たないと上は見えないと痛感
大型連勝のありがたみを感じる。

連勝前に内容悪いなり五分のペースを保てたのも今の位置にいれる要因。
ボンバーら守備陣の頑張りのおかげ。

ようやくチーム全体の厚みを増してきている。
代表や怪我で抜けたのを逆に強くなる契機に。
伊藤松原喜田バブが抜けたあたりで、山中扇原マチが外せない存在になった。

シーズン前から的確な補強だと思っていたが、期待以上
扇原は見事な復活。山中は攻撃の持ち札が多彩で守備も評判ほど悪くない。
松原やバブも良さ出してくれた試合あったし。

勝てる時期、勝てない時期を繰り返す傾向がある。
連勝が止まっても安定した戦いで上位に食らいついていきたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (198)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (27)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (42)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム