2017-09

悔しくて 悔しくて 悔しくて

ゴール裏で力の限り応援したが、勝つことができなかった。
行けなかった方 大変申し訳ない。
 
まぁ、応援で結果が変わると思っているなんて、思い上がりかもしれないけどね。
 
当日は、朝からすごい人が並んでいた。
自分が到着した10時じゃもう遅いぐらいで。 
 
入れ込みすぎたのかな?

先制されたらきついとは思ってはいた。
けど、何度も気合いでネガティブ思想を吹き飛ばしながら応援したが...
 
悔しいけど、我々は優勝するに値するチームではなかったということ。
最後の最後で連敗するようでは...
認めたくはないが、それが答え。
   
しかし、勝負強さって何なんだろう?
今年は持っていると思っていたのは間違いだったのかな?
常勝・鹿島やここ最近の柏、昔のマリノスと何が違うんだろ?
 
試合内容に関しては、もう...
あの選手のあのプレーはどうだったのか?
交代策は? 
とか、もういいかな。もうね。
 
というかあの日のJリーグの結果いまだに知りません。
周りの雰囲気で察しました。
サッカー関連のTVや雑誌、ネット、新聞何も見る気がしない。
 
一生この日のJリーグを見ることはないと思う。
   
しかし、あんな俊輔の姿観るために来たわけじゃなかった...
シャーレを掲げる姿が見たかった。
悲しい
 
いつまでもため息ばかりをついてちゃ駄目だと思って書いたものの...
まだまだ、立ち直りそうもありません。
 
試合後、下ばかり向いて歩いていたせいで、道間違えて違う駅まで行っちゃって。
ホントお通夜状態。
 
かつて鹿島に逆転優勝された浦和ファンもこんなんだったのかな?
ただ、あの時の浦和はACL取ったんだよね。
  
天皇杯は残ってるし、サポーターが凹んでちゃ駄目なのはわかっているけどさ。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

全力で声を出し切ることを誓います

明日は、ついに運命の最終節。
  
前節決めることができなかったせいで、最終節にもつれこんでしまった。
 
しかし、新潟戦は、すごい人だった。
行列半端ない。
marinos gyouretu
が、普段より声が出ていたかといえば?

しかし、初めて来る方に、声を出せというのは酷。
ただ、めっちゃ混んでるのに、座る予定のない席に物を置いたりする人のマナーは腹立った。
 
けど、最終節は、おそらくサポ純度は高い。
声は出るよね。
 
恥ずかしがらずに行きましょう。
ゴール裏は熱く選手達を後押しする場。
気持ち入れて行こうぜ。
 
ただ、新潟戦の敗戦から1週間。
選手・サポ共に、気持ちの整理はできただろうか?
 
私は、今週2つの動画を良く見て気持ちを高ぶらせていた。
 
03年のマリノス 久保のゴールからの逆転優勝シーン
そして、他チームだが、05年のガンバ大阪 同じ等々力での優勝試合
 
この2つで優勝のイメージは持てた。
最後の最後まであきらめてはならない。
と改めて再確認もできた。

実は、前節、2点目入れられた時、意気消沈してしまった
反省しています。
最後の最後まで集中だね。
 
最後に
川崎戦のチケットを買う事ができなかったサポの方たくさんいらっしゃると思います。
行く気もないのに買って、ネットオークションで売る奴らめ...
もうっ
   
TV観戦する方、横浜でパブリックビューイングされる方、仕事でいけない方
そして、スタジアムにいるもののホーム席で心の中しか応援できない方
 
幸運にもアウェイ席がとれた私は、そんな方たちの分も声を出して応援することを誓います。
 
9年間の思いを込めて、行くぞ!!
絶対に勝って優勝を決める。
待ち望んだ 最高の場所へ

 
世間は、W杯抽選会一色だろうが、俺たちにはそんなの関係ない
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

大観衆を味方にできず 新潟戦 感想

新潟戦0-2敗戦
 
ホームで優勝を決めることができなかった。
62,632人という、リーグ戦過去最高の観客動員も実らず。
大観衆を味方にできなかった。
  
悔しい
  
今更振りかえってもしょうがないけど、
とりあえず、振りかえる。
 
まず、新潟の素早いプレスに苦しんだね。
特に、前半。
 
後半は、疲れのせいで運動量低下し、マリノスペースになったものの、
その時間帯のチャンスで決めることができず、失点。
さらにカウンターで追加点を許しジ・エンド
 
まぁ、やられてはいけない選手にやられたね。
 
エース・川又選手には、得点だけでなく、ポストプレーも許した。
レオシルバ選手に、俊輔は苦しめられた。
そして、東口選手のビッグセーブ。
 
ただ、チャンスは無いわけではなかった。
マルキ・ボンバーのヘッド。俊輔のFK。
 
特にゴール正面の俊輔のFKは、試合の分かれ目。
東口選手のヤマが当たったかな。
あれが、入っていれば...
 
まぁ、負けは負け。
最後の最後で、ホーム2連敗。
痛恨
 
<次節に向けて>
正直ここ2日、落ち込んでブログ更新する気も起きなかった。
ただ、もう吹っ切れた。
次勝てばいいんだ。

川崎はたしかに難敵。
ただ、ここまで首位にいるのは自分達。
自信を持とう
 
ただ、選手達は切り替えることができているのか?
心配

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

マリノスってACL出場権獲得したんだよね?

2013年シーズンもリーグ戦は、残り2試合。
マリノスが2試合のうち1試合でも勝てば優勝なわけだが、
改めて優勝する条件を整理してみた。
 
現在の順位表
順位 名前 勝ち点 得失点差 残り試合の対戦相手
1位 横浜FM 62  +21  新潟(H)・川崎(A)
2位 浦和  58  +16  鳥栖(A)・C大阪(H)
3位 広島  57  +19  湘南(A)・鹿島(A)
4位 C大阪  56  +19  鹿島(H)・浦和(A)
5位 鹿島  56   +9   C大阪(A)・広島(H)
 
優勝争いは上位5チームに絞られた。

ただし、得失点差を考えると、鹿島は脱落したと言ってもいいのでは?
得失点差の差12は厳しいだろう。対戦相手みればなおさら思う。
 
マリノス大量失点の可能性も低いし。
最大で、鹿島は、2試合で+10は必要。(浦和次第だけど)
 
個人的に終盤戦における鹿島の底力は侮れないと思っていたので、正直助かった。
  
次に、注目するポイントは、残り試合の対戦相手。
マリノス以外の上位陣、それぞれ直接対決を残している。
 
つまり、マリノス以外の上位チームすべてが連勝することはない。
そのため、色々なパターンを考えても、マリノスは3位以下はなくなった。
 
というわけで、来年のACL出場権獲得!?
だけど、新聞に載ってないだよね。獲得したよね?
ちょっと不安だけど、間違いないと思う。
 
最後に、マリノスが勝つ以外の条件を調べてみる。
勝って優勝するのが理想だけど、一応ね。
 
①マリノスが負けても、優勝する場合。
万が一、次節マリノスが負けても
浦和・広島が負け、鹿島対C大阪戦が引き分ければ、優勝。
ただ、このパターンには、なってほしくはないな~
  
そもそも、広島・C大阪・鹿島は2連勝しないと、マリノスの結果にかかわらず終了。
浦和は、1勝1分でも、マリノスが連敗した時のみ可能性を残す。
しかし、浦和は、勝つ試合で、最大で3点差つけてなければならない。
 
②マリノス引き分けでも、優勝する場合
マリノスが、1試合でも引き分けると、C大阪・鹿島の優勝は消え、浦和は、引き分けも許されない。
マリノスが、2試合とも引き分けると、広島の優勝がなくなる。
 
というわけで、引き分けても優勝へは1歩前進する。
 
とまぁ、ぐだぐだ述べたが、次節ホームで勝ってスッキリ優勝したい。
マルキが言うように、我々も優勝した気でいては駄目。
何が何でも次で決める。
  
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

リーグ優勝 王手 磐田戦感想

磐田戦 1-0勝利!!
得点者 ボンバー
マンオブザマッチ 俊輔
 
J2降格が決まった磐田相手に中々ゴールを奪えず、苦戦したものの、なんとか勝利。
セットプレーからボンバーの嬉しい今季初ゴールが決勝点。
これで、優勝するためのラストピースが埋まったって感じがする。
 
試合終了後、他会場をチェックすると、なんと浦和・広島・鹿島がそろって敗戦。
なんて日だっ
こんな都合がいい話なんて普通ないだろ。
 
totoやっとけばよかった~ 
ってtotoやったこと昔一度きりだけどね。
だって、マリノスの負けを予想できないじゃん。
相手が、苦手大宮相手でも勝ちを選ぶしかないし。
 
最近は、コンピューターのランダムとか、ゴール3とか色々あるみたいだけど。
CM見ても、サッカー色薄くなったしな~
 
まぁ、totoの話はどうでもよい。
 
これによって、次節勝てば、優勝が決まる。
キタ、キタ、キタ、キタ~っ

等々力のチケットは持っているが、出来れば、次日産で決めてほしい。
03・04のような劇的な展開はいらない。
心臓に悪いし。
 
実を言うと、この試合前、結構緊張してたんだよね。
自分がプレーするわけじゃないのにさ。
久々に感じたよ。
 
ただ、この結果で確信した。
今年優勝にふさわしいのは、マリノスだということを。
 
大事な試合で勝てない、終了間際に失点する、下位に取りこぼすようなチームに
優勝の資格はない
    
<スタメン>
天皇杯から、ボンバー・俊輔・学がスタメン復帰。
いつも通りのメンバーになった。
 
中2日で、疲れが気になったが、みんな最後まで良く戦った。
恐れ入りました。
 
それにしても、やっぱり、俊輔がいると違うね。
中盤が落ち着く。

<次節に向けて>
個人的に、優勝を生で観たの、04年1stステージ優勝のみ
その年のチャンピオンシップは、ホームのみ観戦で、優勝の決まった第二戦アウェイはTV。
だから、年間チャンピンの瞬間を見たことがない。
  
今回こそ現地で
 
なんか、ドゥトラが決めてくれる気がする~
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (198)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (27)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (42)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム