2017-06

種はまいた

ナビスコ杯山形戦 2ー0勝利!!
得点者 ラフィ・アンドリュー 



敗退決まった後とはいえ、控え組が勝利という結果を残したことについては、素直に喜びたい
鈴木と北谷がプロデビュー戦を飾ったぐらい、リーグ戦から戦力を落としたメンバーで良く勝てたわ。
とりあえず、控え組中心で臨んだナビの試合で一勝も出来ずに終わりにならなくてホッとした。

ただ、ナビスコ杯がほぼ実験・調整・見極めの場所になってしまった。
ラフィの調子が上回きになってきたことがわかっただけで、リーグ戦の若手起用が大きく変わるってこともないだろう。

現段階では、今年のナビスコ杯の収穫はない。
ただ、種は確実にまいた

数年後に花が開いて初めて、この試合の勝利や2015年のナビスコ杯の意味が出てくる。一人でも多く種から芽が早く出て欲しい。

ナビスコ杯敗退 終わりを意味するのか 否 始まりなのだ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

もう終わったのか

ナビスコ杯 川崎戦 1-2敗北
1試合残しグループリーグ敗退決定
得点者 ファビオ



「やらかしたら やりかえす」いつものファビオ劇場から同点に追いついたのに、結局は決勝点奪われての敗戦。ナビ2試合連続で似た展開。
残念

ターンオーバーは世界基準の発想なんだろうけど、怪我人が多い上に層が薄いマリノスで控え組中心は中々厳しいなぁ。
とりあえず二兎を追える陣容ではないということ。
早期敗退が決まったのは悔しいが、多くの選手がナビスコ杯を通じて成長できたと思うしかない。

特に、賢星にはこの経験を糧に成長して欲しい。
高校時代からの弱点を克服しない限り、プロでMFのポジションを得るのは中々きついし、まだまだ時間かかりそうだけど…

樋口さんなら試合に出られなかったと思うから、モンさんの元で1年目を迎えられた運を大事にしなきゃね。
鳥栖では同じ高卒ルーキーの鎌田選手が活躍してるんだし、負けてられない。
マリノスで2年も3年も控えにいたら間違いなく腐るから早くレギュラー掴んで欲しい。

ここ数年を見ると、小野や喜田のように最初からハートが強いか、学のようにぬるま湯を自ら飛び出し結果を残して帰ってくるしか難しいみたいだし。

正直、マリノスタウンの設備はいいし、契約年数も長い、レンタル修行先で結果出さなくても帰ってくれるんじゃ、ハングリー精神に欠けるわな。

だいたい、レンタル先で結果出したって、宏太のように現時点でマリノスでは厳しいと判断して、戻らず成長できる場所を求めて移籍した選手もいるのに、レンタル先ですら活躍できない選手がオメオメ帰ってきたら、ダメでしょ。

まぁ実戦でモンさん自身判断できたと思うから、補強やレンタルも含め処遇を考え動いてもいいと思う。

とは言え、ナビスコ杯はまだ1試合 ラストチャンスは残されている。
マリノスで戦いたいのであれば、自分たちの存在意義をプレーで示せ 結果で示せ

控え組のレベルアップ、そして層が厚くならなきゃリーグ優勝はできない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村 

爪痕を残せ

ナビスコ杯グループリーグ第4節神戸戦2-3で敗れる。
得点者 富澤・伊藤



ナビスコ杯4試合終えて1勝3敗で早くもグループリーグ敗退危機。
残り2試合全勝が前提で他チーム次第という崖っぷち状態。

まだ諦めちゃいないけど、肝心のモンさんがナビスコ杯捨ててる感じだからなぁ。
この試合でも2点リードされてるのに、DF同士の交代してるし。

それに、連戦の時期のナビスコの試合はリーグ戦からほぼ全取っ替えの控え組中心のスタメンでいずれも黒星。残り2試合も神戸戦同様のスタメンだろうしなぁ。

正直、望み薄

マリノスで計算できる選手は19人(哲・飯倉・ボンバー・勇蔵・ファビ・パンゾー・下平・奈良輪・富澤・マチ・喜田・三門・兵藤・学・淳吾・俊輔・アデミ・伊藤・ラフィー)程度なのに、そのうち4人も怪我で離脱中だから、この選択も仕方がないけどね。

ただ、平日にも関わらず金を払って来てくれたサポに何か+αを提供しなきゃ駄目だ。それを提供するのは、監督ではなく選手達だよ。

特にチャンスをもらった若手には爪痕ぐらい残して欲しい
この試合も哲・富澤・兵藤・伊藤の計算できる選手ぐらいしか爪痕残せてないでしょ。
優平・天純・熊谷あたりが計算できる選手になってくれなきゃ困るのだが…

そもそも、大卒2年・高卒3年を過ぎてもリーグ戦のサブにすら入れない選手が多すぎ
それが出来ない選手はレンタルとかすべきなんだが、学しか成功者なし…

それはともかく
残り2試合意地見せろ!!
プロなら自分たちで道を切り開け。
悪いのは監督じゃない、控えがチャンスを生かせばいいだけだ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村 

2兎を追え!!

ナビスコ杯の名古屋戦 0-1で敗れた。


3試合終えて1勝2敗。グループリーグ突破に向けて少し苦しくなったね。
ナビスコ杯第1節仙台戦同様、控え組中心の布陣で臨んだが、またしても結果は出ず。

「カップ戦よりリーグ戦」というのがモンさんの方針。
例年のようなリーグ戦翌日の練習試合を組んでおらず、過密日程の時期のカップ戦は控え組中心の布陣に臨むようだ。

樋口さんみたいにいつもベストメンバーで臨まれても色々困るとはいえ、勝ちたいね。

ただ、戦力として使えないということがハッキリした選手もいて、戦力の底上げという意味では残念な状態。
結果として、ナビスコ杯がコンディション調整もしくは試合勘をつける場所になっている。

お金を取っているかつ平日にわざわざ応援に来ている観客がいる以上、プロとして練習試合とは違う+αを提供していかなきゃね。

この試合は、俊さんとラフィーが無事復帰できたというのが唯一にして最大の収穫になったんだろうけどさ。
とりあえず、結果と戦力の底上げの2兎を追っていこう!!

P.S
個人的には、俊さんとアデミの競演を見たい所であったが、追々なのかな?
それとも、アデミは俊さんの代わりにしかすぎないのか、今後気になるね。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

攻守とも課題山積み ナビスコ清水戦感想

ナビスコ杯清水戦 2-0勝利
得点者 オウンゴール・ファビオ
マン・オブ・ザ・マッチ なし



試合間隔が1週間ほど空いたため、前回のナビ杯と打って変わってリーグ戦と同じメンバーのスタメンとなったこの試合。
勝つには勝ったが、清水の自滅(オウンゴールやGKの退場)が主な勝因で、手ばなしで喜べない。

攻守とも課題ばかりが目に付いた。
少しずつ良くなってきたかなと思ってただけに、少々落胆。

特に、得点力不足が全く解消されそうにないのが困った所。
公式戦5試合終えてもFWの得点0はマズい。

モンさんはこだわって学をワントップ起用しているものの、皮肉にもサイドにポジション変わった途端生き生きしだす。
頼みのアデミは周りを上手く生かしているが、強引にでもゴール奪いにいく姿勢に欠けているように映る。

相手GKを退場に追いこんだ際も、ゴール奪えたんじゃね?
何が何でもゴールを奪うという気迫が見えない。
ラフィーが戻ってこないと駄目なのか

また、中盤から良いボールが前線に供給されてないのも厳しい。
藤本はサイドで消え、兵藤はボールを前に運ぶので精一杯。
ボランチのファビオと三門はそれぞれフィジカルと運動量での貢献は高いが、効果的な縦パスを入れるタイプじゃない。

GKとDFも、下平をのぞきビルドアップが上手いとは言い難い。
飯倉や富澤の起用も含め、もう一度メンバーを再考すべきでは。
この問題も俊輔が戻ってこないと駄目なのか。

相手の裏を突き、中央から縦に速い攻めでゴールを奪うというシーンを増やしたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム