FC2ブログ

2019-02

超朗報 超有能

噂のエジガルジュニオだけでなく、まさかのティーラトン獲得
こりゃ超朗報だね、

エジガルジュニオは噂から獲得まで時間がかかったから、ホントに待ちに待った選手。
今年のマリノスはAJ・MJ・EJのトリプルJの活躍から目が離せない。

そしてティーラトン
突然移籍した左SBの穴を埋める突貫補強としては、提携国であるタイ代表で昨シーズンまで神戸に在籍してたティラトンは考えうる中で最良の選択肢

もう外国人枠もキツキツ、日本人も質高いのは契約済み、J経験のない提携国枠か強化指定の選手ぐらいしかない厳しい状況下だっただけに大きいよ。これは。

小倉さん グッショブです!!

いくら甲府で活躍したとは言え、J1の経験が少ない高野だけでは不安な側面もなくはなかった。
この早い対応は素晴らしいとしか言いようがない。

これで3バックはオプションで4バック主体になるのはハッキリしたかな。
高野とティーラトンのスタメン争いが楽しみやわ。

それにしても、ドルさんから小倉さんに強化担当交代した影響や違いがハッキリ感じるなぁ

分かりやすいところで言えば、ブラジル人選手が増えたこと。
ワールドワイドから集める方針ではなくなったみたい。

欧米チーム所属の選手だとキャンプまでに契約できない可能性があることを考慮したのかブラジル人の方が色々と計算しやすいと考えたのか。
ボスのサッカーは特徴な所もあるからキャンプに揃えることを重視した現場経験豊富な小倉さんの意図なのか。

ここまでレンタルを生かしながら金をあまりかけずに的確な補強を積み重ねてきた今年のマリノス
選手とのコミュニケーションも良くできているのか、ボンバーやマチらレジェンドとの前向きな別れという難題も上手くやってくれた。

ホントに「小倉さんだけはなって欲しくないと言った奴ら出てこいや」だよ
不良債権を置き土産にしたような方と同じレベルの人間はいくらOBであってもお断り。
いくらシティのメソッドや情報網あっても使う人次第だと思う今日この頃。

ただし、小倉さんの最終的評価が決まるのは今年の冬以降
レンタルで修行の旅に出た若手が一人でも多く帰ってきて、獲得した選手が活躍してするかどうか。

ボス 言い訳できないメンツは揃ってきたよ。
頼むよ


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
スポンサーサイト

2019のマリノスが動き始めたよ

練習再開、新体制発表会、試合日程一部発表と勝負の2019シーズンがいよいよ始まった感じ。

とりあえず、今いる選手を去年のシステム(4-3-3)でざっくり当てはめると、
GK 飯倉 パギ 杉本 原田
右SB 松原 広瀬
左SB 高野
CB ドウシャン チアゴ 畠中 勇蔵
アンカー 扇原 喜田
IH あまじゅん 三好 大津 プリンス
WG テル マルジュニ 渓太 イッペイ 椿 イルロク 山谷
ワントップ 李
計25人体制

イルロクとイッペイはギリギリ更新
裏では色々動きがあって時間がかかったことが推測されるけど、更新した以上は頑張ってくれ。

ただ、それでも若干少ないかな…
ぱっと見て少ないのは、左SBとワントップ

ただワントップはエジガルが獲得間近
去年が2人であること、マルジュニ・大津・テルを置く可能性も考えると恐らくは打ち止めだろう。

左SBも4バックやるのかわからないから何とも。
3バックならCBが足りない感じになるし。
システムが決まらないことにはねぇ

ぶっちゃけ左SBはイッペイあたりが今年もやらされるだろうし(WG多すぎ)、ボランチもできるCBの方が必要になる可能性もある。
何度も言うが、なぜ西山をJFLに行かせたのか?

今さら動こうにも取れる日本人の質もあるし、外国人も枠的問題(現時点でも5枠で試合使えるフル。保有数は自由だからもっと取るのか?)もある。
現在練習参加してる選手のような逆輸入パターンや提携国枠、特別指定のあたりしか手はない。

まぁ、去年と同じシステムで積み上げたかったのに、人数的に足りないのは不満ではあるけど年明け退団の影響もあるのでは仕方ない。

あと、中盤こそ外国人欲しかったのが本音…
伊藤翔や渓太クラスでもある程度どうにかったFWやWGと違い、中盤はどうにもならなかった。

中央からの攻め手を増やしつつも中盤で不用意にロストしない、とられても個人能力で奪い切るという仕事をこなす日本人を獲得するのは難しい。

攻守両面で能力発揮できる選手が中盤に1人でもいれば、大津・アマジュン・扇原・三好・喜田・山田との組み合わせ次第で様々な可能性が広がると思うのになぁ。

三好・天野・扇原のダイヤモンドでよりボールを保持し失点のリスク減らす発想なら嫌な予感でしかしない。

まぁそれでも今いるメンバーを期待する以外は道はないけどね。

ついにチームの顔になった新10番あまじゅん
ボンバー・マチの魂を引き継いだ喜田
次世代のスター候補プリンス康太
山中を越えろ高野
などなどそれぞれの成長を楽しみにして開幕を待つよ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

伝説の1ページになれた喜び

久保 レンタル契約満了
残念だけど、似たタイプの三好が入った時点で予測はしてた。

代表活動で中々試合に絡めなかったけど、出た試合では才能の片鱗を見せてくれた久保。
マリノスでじっくり見させてもらったけど、さすがに言われるだけのモノはあった。

チームを救うゴールを決めた神戸戦は忘れられないし、 その勝ち点3だけでも我々としては十分価値のある移籍。

マリノスがJ1初ゴールを決めたチームとして彼の輝かしい歴史の一部になることを誇りに思うし、代表等で活躍する姿を見る度に思い出すだろうな

すぐにバルサに戻ることは難しいかもしれないが、いつの日にか達成できるように願ってる。

ありがとう 久保
いつかまた会おう。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

油断してた 最後の最後で主力流出

山中 浦和へ完全移籍かよ

キクマリ(座談会の映像どうする)とか見てて来季のチームへの発言が他の選手よりしてないなと思ってたけど、国内ですか。それも浦和
気付けばマルちゃん、ユルキーニョス、山中と3人もマリノス関係者が。

まぁ下手にシーズン途中で安い移籍金で海外出ていかれるよりかはマシと思うしかないね。
観客収入が減ったであろうウチにとって満額推定2億の移籍金はデカイし。

ただ、0円の選手をここまでの価値に育てたとは言え、毎年毎年抜かれるのは…
これが金ない結果も出てないチームの宿命か
裏切りにもすっかり慣れてしまったなぁ。

とは言え、去年の積み上げがなくなった感覚…
下平干してまでボスが使い続けた意味がないわ。

っていうか苦労して偽SBの動き学んだのに意味ないやん。3バックの浦和じゃ
本人的に自分の持ち味が出しにくいと考えたのかな。それなら仕方ないけどさ。

攻撃力が武器とは言え、周りの立ち位置とか関係ないポジショニングをする山中が本当の意味で戦術理解しているのか疑問やったし、もういいや。守備力なら高野の方が上やろし。

もちろん、去年残留に一番大きかったのはのは磐田戦の山中の決勝ゴール
攻撃面で違いを魅せることができる才能を買っていたし、凄い感謝もしている。

生え抜きでもない選手が大金を置いて出ていくなら仕方ない。残念は残念だけど。

松原と仲川も更新して、昨年のメンバーで絶対必要な人材の確保はもう終わった。

スタメン2人いなくなったのは痛いけど、誰かに頼るサッカーから卒業したんだし、前向きに行くよ。

まぁウチも来季3バックかな。
WBなら渓太と高野でどうにかなるやろ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

もう一度ボンバーとリーグ優勝したかった

中澤佑二引退

スタジアムに行けばボンバーがスタメンにいる。
それが15年以上も続いた当たり前の風景。
ボンバーのいないマリノスは不思議な感じ

マリノスだけでなく代表も含め500を優に超える数の試合ボンバーを応援してきた。
自分の中では「サッカー=マリノス=ボンバー」と言っても過言ではない存在やったからか。

緑から来た空中戦が強いだけの爆発頭のお兄ちゃんがマリノスにはなくてはならない、いや日本歴代最高のCBへ成長していく過程を間近で味わえた。
瀬戸際を凌ぐボンバーに何度唸らされたかわからない。

そして
プロの鏡とも言えるストイックさ
貪欲な向上心
何歳になっても止まらない成長
ファン感等で見せるお茶目な一面
そういった部分が多くのサポーターに愛され尊敬されたボンバー。

本当にマリノスで戦ってくれたことを誇りに思う

そんな鉄人ボンバーであっても寄る年波には勝てず。
足元の技術は進化できても、対人の部分で経験だけでカバーしきれないこともちょこちょこ出てきた。(ちょこちょこ程度で済むのが凄いけど)
さらに膝の状態が悪くなり、テーピングをグルグル巻きしてプレーするようになった。

それでもなおマリノスの最終ラインの門番として限界までチームの屋台骨を支え、前人未到の記録を達成した。
だが、膝の痛みには耐えられず長期戦線離脱

そんな中迎えた今シーズンオフ

前々から40歳を区切りとしていた
最終節ビハインド展開での途中出場
膝の怪我からの復帰に時間かかってた
中澤散歩を喜田に譲ろうとしていた

などなど、色々なことをトータルで考えて覚悟してたけど、いざ現実となるとやっぱり寂しいよ

最終節セレモニーもなかったし今シーズンの復活にかけるっていう期待もあったからね…

でも、怪我で限界じゃさすがにもう1年頑張ってくれとは言えない。
後ろ姿を見て学んできた喜田たち後輩がボンバーの魂を引き継ぐ時がついに来たんだよ。

今はもう
マリノスで戦ってくれてありがとう。
お疲れさまでした。

という感謝の気持ちしかないよ。

まずは体を休めて、現役時代にはできなかったことを楽しんで欲しいね。

けど…
もう一度ボンバーとリーグ優勝したかったなぁ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (229)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (37)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (6)
2018 リーグ戦 (32)
2018 ルヴァン杯 (14)
2018 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (75)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (5)
Jリーグ (55)
日本代表 (48)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム