2017-03

心配は杞憂

学が残留が正式に決定した。

去年の後半戦 無双ぶりたるや圧巻
もはやマリノスは学のチーム
抜ける穴は誰よりも大きいし、替えは国内にはいない。

ただ、プレーヤーとしてよりレベルの高い海外で挑戦したいという気持ちは当然だし尊重していた。本人も行くつもりだっただろう。

ただ、結局は実現せず。
具体的なことはわからないけど、難しい冬の移籍とは言え、移籍金0円でも魅力的なオファーが来なかった。
できれば残留を願う我々も含めて、低評価にはショック

残留がほぼ決まった際、本人のモチベーションがちょっと心配だった。
マリノスで戦う覚悟はできているのか、夏までの腰かけ感覚でいるのではないか。
ホントに切り替えられるか。
そういう不安も。

しかし、そんなことは杞憂だった
学が10番を背負う
つまり、1年間全力で戦う覚悟の表れ。
腰かけ選手に渡す番号じゃないし、つける番号じゃないはず。

個人的に、夏までなら、左SHは遠藤で勝負してもいいと思ってもいた。
そんな夏で去る選手を軸にして、去年の鹿島カイオパターンになっても困るし。

もちろん、遠藤に今シーズンの浮沈を託すには早すぎる。
学不在では優勝は見えてこない。
覚悟を決めたことに感謝したい。

正直、マリノスのストロングポイントはサイドというが、学なしでは弱い

マルは、周りを使うのが下手。独りよがりなプレーが続くかぎり点には結びつかない。
前田は、左足のコース切られたら突破できず、ドリブラーとしては物足りない。
遠藤は、伸びしろ十分だが、もう少し時間が欲しい。
山中は、SHにしては中途半端な気が。クロスマシーン的に使うにはありだが、ターゲットマン不在。
翔さんは、ウーゴに押し出される形であるだろうが、運動量とかで生かせそうなタイプ。
仲川は、ドリブラーではなくラインブレイカーでワイドにいても効果的ではない。

だから代理人に足元見られて、強気にさせた
もちろん、悪くないメンツだと思うが、泉澤選手狙っていた点からみて強化部も不安視をしてたはず。

しかし、メンバーもようやく固まった。
なんとしても最後まで上位戦線に生き残り、タイトル。
例年通りの中位でウロウロじゃ、学は本当に何しにサッカーやっているかわからなくなるだろう。
マリノスで良かったと思うような1年にしたい。

愛着だけでは難しいからね。今の環境じゃ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

≪J1 二列目評価≫
S 柏・浦和・鹿島
A C大阪・川崎・横浜
B G大阪・東京・磐田
C 神戸・大宮・広島
D 鳥栖・仙台・甲府
E 清水・札幌・新潟
スポンサーサイト

競争激化 覚悟なきもののポジションはないよ

学、未だに契約更新せず
モヤモヤ

自分の成長のためギリギリまで海外移籍の道を模索するのは、構わない。
ただ、欧州の移籍市場が閉まったなら、さっさと契約して欲しい。

本来なら新体制前までに進路を決めて欲しいが、今までマリノスで貢献してくれた実績を考慮して許されているだけ。
キャンプに練習生として参加というのはおかしいよ。

マリノス 舐められんなよ。つけこまれんなよ。
代理人が柴崎選手で忙しいからかもしれないけどさ。
ルールというか道義に反するよ。
これで夏までの腰かけ契約やられたら…
振り回すのもいい加減にしてくれ。ハッキリしろ。

なんでも俊輔も学も同じ代理人らしいね。
選手を守るため、クラブを悪者にするのは代理人の仕事とはいえさ。
一連の流れには、イラッとするわ。

一番酷い扱いはパンゾー
言いたいこともあるだろうに、去り際は綺麗に。
男気 カッコいいッス

そういやタイ遠征見ていて、パンゾーがいない右サイドなんか不思議だった。
その前のレギュラーが波戸さんとかでしょ。
今更ながらタフに戦ってくれたことに改めて感謝

その穴は誰が埋めるのか?
1番候補は松原だろう。
あの高さは武器だし、キックの質も高い。

そして、対抗は金井
そこに、場合によってはミロシュも加わる。
激しいな。

一方左は誰?
個人的一押しは高野
あのクロスにアップダウンは昨年のルヴァン杯の頃から評価している。
守備の不安をどれだけ消し去れるか。

ただ、下平も帰ってくるし、学と長年コンビ組んだ経験が光る金井もいる。
そして、攻撃力なら山中。

正直 わからないね。
不動のレギュラー・パンゾーが外された理由は攻撃面の部分だろう。
監督はともかくフロントは守備第一の考えではない。
サイドからのクロス・ビルドアップのキックの質が評価対象になりそう。

とにかく、今のマリノスは競争激化
マリノスで闘う覚悟ない奴が簡単にポジション奪える、空いてると思うなよ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

≪J1 SB・WB個人的評価≫
S 東京・G大阪・浦和
A 神戸・鳥栖・川崎
B 横浜・鹿島・広島
C 大宮・柏・C大阪
D 札幌・新潟・磐田
E 仙台・甲府・清水

うまいなぁ

噂通り、MFバブンスキー(マケドニア代表)、DFデゲネク(オーストラリア代表)獲得
外国人枠埋めきった

それも、デゲネクはオーストラリア人だからアジア枠。
4+1ではなく3+2の形
これなら、5人で4枠を争うことになる。
使い方がうまいわ。

あと、カイケのせいで金がないからもしれないが、うまいこと買い時を狙っている。
Sさん時代なら外国人獲得はどうしょうもないと諦めていた所だった。
商売上手やな。

しかし、キュラソー・マケドニア・ポルトガル・オーストラリア・韓国
どんだけ多国籍軍だよ。
さすがシティコネクション
いや、東欧系はアイザック氏の得意分野ということか。

バブンスキーは、元G大阪の選手の息子らしいけど、お父さん正直覚えてない。
やっぱあの時期はエムボマが強烈すぎる。

そして、バルサの下部組織出身でプレースタイルはイニエスタ似とのこと。
ただし、プロとしてそこまで結果出ているわけじゃないから、過度の期待は禁物かも。
レッドスター時代ウーゴとコンビ組んでいた点はプラス

次に、デゲネク
CBだけじゃなく右SBもできるらしい。
速さも強さも兼ね揃えているのかな?楽しみだ。

しかし、急遽だったね。
長身・パワー系FWを探しているとばかり。
獲得までのスピードはさすがですわ。

これで開幕前、宮崎キャンプに間に合った。
強化部は久々に仕事してくれた。感謝・感謝

にしても、ちょっと呼びにくいが何と呼んだらいいのかな?
バブにデゲだと、ハゲ デブに見えるな…
ダヴィにミロシュになるのかな。

あと未確定は1人。正式決定を待つだけだ。

P.S 学の低評価にちょっとショック
Jでは別格でも…
やはり、国際舞台での実績不足にフィジカル不安、そして年齢。
直前のCWCで目立ち、より若い鹿島の柴崎選手でさえ難航だもんね。

小野ぐらいの実績やレベルで簡単に行って欲しくないけど、20~23歳前後で渡欧して下から這い上がる以外道はないのか。
選手として脂がのった時期に、挑戦しない、できないというのは後悔するだろうから心配。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ワクワク ワクワク

相変わらず続く、マリノスへのネガキャン
アクセス数稼げるんだろうけど、あんな内容ペラペラで、よくやるよ。

1歩先行くマリノスを理解しようともしない。
古い価値観にとらわれて時代の変化に取り残されるんでしょう。

それにわかってないね サポ心理
さすがに切り替えてるし、ネガ記事でればでるほどサポは燃えるだけ。
減るのは、個ファンやライト層の客。
チケット・グッズ等の売り上げが下がるのは痛いけどさ。取り返すよ。

マチが言うように、シーズン終わった時、みんなが笑顔でいられるかどうか。
今どうこういう言えるもんでもないわ。

それに、久々に楽しみなシーズンなんだよね。個人的に。
強がりじゃなくてマジで。

だって、

FW      伊藤
MF   マル・AJ・前田
      マチ・喜田
DF 下平・中澤・パク・金井
GK      飯倉
サブ 勇蔵・新井・遠藤・ケイマン

という、
昨年ある程度出場したメンバー(マルの位置は置いといて)を最低限確保
そして、監督続投。
大崩れはちょっと考えられない。
そこに、監督の方向性にあった+α

上のメンツが開幕スタメンである可能性はおそらくゼロ。
熾烈な競争
まったくスタメン予想できない
妄想だけでも楽しめる。
近年無風状態で、それすら楽しませてくれなかった。

そして、外国選手4枠埋める勢い。
バルサ下部組織出身でマケドニア代表のバブンスキーが練習参加とかワクワクやね。
宮崎キャンプには全員揃っているかも。

実績のある新外国人がキャンプにいるっていうだけでさ。よくやったって気さえ。
ハードル低すぎ?

とりあえず
ウーゴはどこがベストなポジション?
中盤の軸 扇原とアマジュンの戦いは?
4-3-3もおもしろいのでは?
考えるだけで、ワクワク。

あすタイでの練習試合 どんな感じになるか。

P.S 余計なお世話だが、シーズン終了後元マリノスの選手にネガキャンいかなきゃいいけど。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

吠え面かかせてやる

ヤフーニュース等にマリノスのネガティブ情報を出され続けたオフシーズン。
世間や他サポから馬鹿にされ同情され、とにかく悔しかった。

なるべく冷静さを保っていたが、怒りは沸騰寸前。

「マリノスなめんなよ」
あることないこと勝手に言いやがって。ふざけんじゃねぇよ。
関係ない奴らが降格の心配なんかすんなよ。自分たちの心配だけしとけや。

名古屋の二の舞?
清水というならまだしもさ、名古屋とは違うだろうがよ。
こっちは就任3年目でベテラン監督。守備陣も経験者が問題ない程度残ってる。

ベテラン軽視?
やり方は急すぎとはいえ、今までが高すぎたってこともあるよ。

健全な競争が行われてない?
むしろ樋口さん時代こそ競争なかった。
現監督下では若手もベテランもチャンスは分け与えられてたよ。
起用しないのが謎だったのは仲川ぐらいだった。

優勝争いしたのは、2013年。もう4年経つ。
あの時点でオーバー30が、ドゥさん、マルキ、俊輔、ボンバー、富澤、勇蔵、哲也、30直前が兵藤、マチ、パンゾー 大半やん。
結果出ていないし、もう切り替えるしかない。

だいたい主力が去った?
実際は、ファビ・哲・パンゾーぐらい。3人ぐらいなら他もあるわ。

俊輔がいないとヤバい?
去年そんなに出てないよ。監督の方向性ともマッチしてないよ。
試合見てから言ってくれ。
セットプレーだって扇原、山中、アマジュンと俊輔とまではいかないが、質の高いキッカーは揃ったよ。

確かに主力抜けた穴はデカい。
だだ、飯倉+松原・扇原でビルドアップの質が格段アップ。
下平も帰ってくる。新井・朴も多くの出場機会でやれる所を見せた。ルヴァン杯出た高野含め守備陣は十分戦えるメンバー。

ケイマン、喜田、前田、そして松原、山中、杉本
今回獲得した選手も含め、リオ五輪メンバー入りあと一歩に迫った選手達
将来のA代表候補生。伸びしろも考えようや。
ネームバリューでサッカーするわけじゃないよ。

それに、移籍の理由はそれぞれだよ。すべてを一緒にしちゃ駄目。
ファビは金 カイケは素行不良 兵藤は出場増 俊輔は練習場あたりが主でしょ。
移籍するからはわからないが、学の海外志向は前から。
シティの判断が理由なのは哲とパンゾーのみ。

だいたいシティは悪なのか?
哲とパンゾーの処遇は確かに納得はいかない。
けど、ライセンス問題で助けてもらったことも忘れてはいけない。

アデミ、マルちゃん、そしてウーゴ
今までの獲得経路では絶対ありえない選手たちばかりだ。

それに、シティにノウハウを教えていただく立場。
欧州スタンダードのやり方になるのが当然
そりゃ、日本人にフィットするやり方かどうかは別だし、Jで勝てる戦術かもわからない。
個人的にドライな対応気にくわないし、見てて楽しいサッカーでもない。

だとしても、選手の一存で監督が交代させられるっていうのは間違ってる。
続投決定をひっくり返す、2年もやったやり方を戻すのは反対だ。
そりゃ、俊輔に合うサッカー 樋口スタイルを継承・発展させる監督を最初から呼んで欲しかったけどね。

そもそも、今まではよかったのか?
日産のやり方も限界きてたよ。
計画性の無さは昔から。

マリノスタウン作ったのは誰だ?
マリノスタウン撤退後、ちゃんとした代わりも用意できず問題放置して去ったのは誰だ?

元凶は、シティにはない。

正直、日産からすれば、マリノスそろそろ一人立ちしてくれでしょ。
見捨てるとか、そういうのではなくてさ。

ここまで言っておいてなんだけど、自分も不安がないわけではない。
それは、優勝を目指す上であって、降格の恐怖ではない。

翔さんがいれば、ケイマン伸び悩み&助っ人FWイマイチでもなんとかなる。
マチがいれば中盤そしてチームのリーダーとして心強い
ボンバー・勇蔵いれば守備が崩壊することもない。
飯倉の不安定さは気がかりだがレギュラー経験者。

あとは学次第。
冷静に見ればわかること。

過信はよくない。Jは油断禁物。そんなの重々承知。
ただ、俺たちが信じないで誰が信じる。

とにかく絶対見返す。吠え面かかせてやるよ。
そのために結果出す。

開幕戦 浦和
上等じゃねぇか。やってやるよ。
心は燃えたぎってるよ 気持ちぶつけるよ 声出すよ 応援で後押しするよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (187)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (5)
2017年 ルヴァン杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR