2017-08

戦力のスリム化

まずは天皇杯。
次の相手は広島に決まった。
監督交代があったが、相性そのものは悪くない。
ルヴァン杯の借りを返したい。

あの時より、扇原・山中の新戦力が中心選手としてプラスαをチームに与えることで強くなった。次は勝つぞ 絶対に。
とりあえず、扇原についてはこのブログでも多々触れているので今回は割愛するが、山中も期待以上。

攻撃力があるのはわかってたが、とにかく手札が豊富。
だから学でもマルちゃんでも吉尾でも上手くコンビネーション取れる。
さすが若年層の日本代表に選ばれ続けただけはある。
課題の守備面も破綻したシーンもほぼ見かけない。
復調してきた下平が出番ないのも仕方ない。

ルヴァン杯敗退した今、高野も甲府へレンタル移籍を決断したのは良い判断。
山中とタイプ的に被る上にレベルが劣る。ただし、J1クラスにある程度は通用する事はルヴァン杯でもハッキリしてる。足りないのは経験。

今までは一年目からレンタル修業はなかった。フロントは未来を考えて動いてる。
戦力をスリム化することで、使われずに腐らせることを防ぐことにつながる。

もちろん、賢星のようにマリノスの練習から積まなければならない課題がある場合、簡単に外出せない。たまに試合出ても消えてるだけじゃ無理な話。
ようやく外に出してもやってけるだけの状態に成長したから賢星も岐阜にレンタル移籍できた。

レンタル借りパクの恐れはあるが、見極めて成長のチャンスを与えるべき。
今年は上位にいるからできる面もあるだろうが、この方針は賛成だ。

前統括本部長の時代は、ズルズル腐らせたパターン多かった。若いうちに試合で色々経験させた方が成長速度も変わる。

とか言ってたら、新井も名古屋へレンタル移籍。
風間さんのサッカーは特殊とは言え、名古屋は迷走してる。
シーズン前取った新外国人は外れ、残留した生え抜きも捨てる。
あの方は相変わらず何なんだろう。

新井の入団経路はハッキリしてる。
合うか合わないかはやってみなきゃわからんが、良い経験になるはず。
ただウチと求めるサッカー違いすぎて帰ってきた時どうなんだろ?

若干出しすぎな感は否めないけど、何とかなるやろ
みんな頑張れ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

夏の補強ポイントを考えてみた

今のメンバーだけで上位に留まれるか。
良い位置にいるからまだまだ可能性はあるからこそ思う。
このままで行けるのかと。

勝負かけるなら現監督では難しいと思うが、辞めさせる理由もない。
補強しなきゃマズいと思う部分も特にないが、無しで行けるほど甘くもない。
しかし外国人枠は埋まってる。

何とも微妙な感じ。

個人的にはトップ下かパワープレーヤーかな
タイプ的には山瀬功治みたいなゴリゴリ突破からミドル打てる選手とサイドからのクロス主体なら競り合いに強い選手

ただ日本人ではいないかなぁ
練習生何人か来てるみたいだけど… 

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

心配は杞憂

学が残留が正式に決定した。

去年の後半戦 無双ぶりたるや圧巻
もはやマリノスは学のチーム
抜ける穴は誰よりも大きいし、替えは国内にはいない。

ただ、プレーヤーとしてよりレベルの高い海外で挑戦したいという気持ちは当然だし尊重していた。本人も行くつもりだっただろう。

ただ、結局は実現せず。
具体的なことはわからないけど、難しい冬の移籍とは言え、移籍金0円でも魅力的なオファーが来なかった。
できれば残留を願う我々も含めて、低評価にはショック

残留がほぼ決まった際、本人のモチベーションがちょっと心配だった。
マリノスで戦う覚悟はできているのか、夏までの腰かけ感覚でいるのではないか。
ホントに切り替えられるか。
そういう不安も。

しかし、そんなことは杞憂だった
学が10番を背負う
つまり、1年間全力で戦う覚悟の表れ。
腰かけ選手に渡す番号じゃないし、つける番号じゃないはず。

個人的に、夏までなら、左SHは遠藤で勝負してもいいと思ってもいた。
そんな夏で去る選手を軸にして、去年の鹿島カイオパターンになっても困るし。

もちろん、遠藤に今シーズンの浮沈を託すには早すぎる。
学不在では優勝は見えてこない。
覚悟を決めたことに感謝したい。

正直、マリノスのストロングポイントはサイドというが、学なしでは弱い

マルは、周りを使うのが下手。独りよがりなプレーが続くかぎり点には結びつかない。
前田は、左足のコース切られたら突破できず、ドリブラーとしては物足りない。
遠藤は、伸びしろ十分だが、もう少し時間が欲しい。
山中は、SHにしては中途半端な気が。クロスマシーン的に使うにはありだが、ターゲットマン不在。
翔さんは、ウーゴに押し出される形であるだろうが、運動量とかで生かせそうなタイプ。
仲川は、ドリブラーではなくラインブレイカーでワイドにいても効果的ではない。

だから代理人に足元見られて、強気にさせた
もちろん、悪くないメンツだと思うが、泉澤選手狙っていた点からみて強化部も不安視をしてたはず。

しかし、メンバーもようやく固まった。
なんとしても最後まで上位戦線に生き残り、タイトル。
例年通りの中位でウロウロじゃ、学は本当に何しにサッカーやっているかわからなくなるだろう。
マリノスで良かったと思うような1年にしたい。

愛着だけでは難しいからね。今の環境じゃ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

≪J1 二列目評価≫
S 柏・浦和・鹿島
A C大阪・川崎・横浜
B G大阪・東京・磐田
C 神戸・大宮・広島
D 鳥栖・仙台・甲府
E 清水・札幌・新潟

競争激化 覚悟なきもののポジションはないよ

学、未だに契約更新せず
モヤモヤ

自分の成長のためギリギリまで海外移籍の道を模索するのは、構わない。
ただ、欧州の移籍市場が閉まったなら、さっさと契約して欲しい。

本来なら新体制前までに進路を決めて欲しいが、今までマリノスで貢献してくれた実績を考慮して許されているだけ。
キャンプに練習生として参加というのはおかしいよ。

マリノス 舐められんなよ。つけこまれんなよ。
代理人が柴崎選手で忙しいからかもしれないけどさ。
ルールというか道義に反するよ。
これで夏までの腰かけ契約やられたら…
振り回すのもいい加減にしてくれ。ハッキリしろ。

なんでも俊輔も学も同じ代理人らしいね。
選手を守るため、クラブを悪者にするのは代理人の仕事とはいえさ。
一連の流れには、イラッとするわ。

一番酷い扱いはパンゾー
言いたいこともあるだろうに、去り際は綺麗に。
男気 カッコいいッス

そういやタイ遠征見ていて、パンゾーがいない右サイドなんか不思議だった。
その前のレギュラーが波戸さんとかでしょ。
今更ながらタフに戦ってくれたことに改めて感謝

その穴は誰が埋めるのか?
1番候補は松原だろう。
あの高さは武器だし、キックの質も高い。

そして、対抗は金井
そこに、場合によってはミロシュも加わる。
激しいな。

一方左は誰?
個人的一押しは高野
あのクロスにアップダウンは昨年のルヴァン杯の頃から評価している。
守備の不安をどれだけ消し去れるか。

ただ、下平も帰ってくるし、学と長年コンビ組んだ経験が光る金井もいる。
そして、攻撃力なら山中。

正直 わからないね。
不動のレギュラー・パンゾーが外された理由は攻撃面の部分だろう。
監督はともかくフロントは守備第一の考えではない。
サイドからのクロス・ビルドアップのキックの質が評価対象になりそう。

とにかく、今のマリノスは競争激化
マリノスで闘う覚悟ない奴が簡単にポジション奪える、空いてると思うなよ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

≪J1 SB・WB個人的評価≫
S 東京・G大阪・浦和
A 神戸・鳥栖・川崎
B 横浜・鹿島・広島
C 大宮・柏・C大阪
D 札幌・新潟・磐田
E 仙台・甲府・清水

うまいなぁ

噂通り、MFバブンスキー(マケドニア代表)、DFデゲネク(オーストラリア代表)獲得
外国人枠埋めきった

それも、デゲネクはオーストラリア人だからアジア枠。
4+1ではなく3+2の形
これなら、5人で4枠を争うことになる。
使い方がうまいわ。

あと、カイケのせいで金がないからもしれないが、うまいこと買い時を狙っている。
Sさん時代なら外国人獲得はどうしょうもないと諦めていた所だった。
商売上手やな。

しかし、キュラソー・マケドニア・ポルトガル・オーストラリア・韓国
どんだけ多国籍軍だよ。
さすがシティコネクション
いや、東欧系はアイザック氏の得意分野ということか。

バブンスキーは、元G大阪の選手の息子らしいけど、お父さん正直覚えてない。
やっぱあの時期はエムボマが強烈すぎる。

そして、バルサの下部組織出身でプレースタイルはイニエスタ似とのこと。
ただし、プロとしてそこまで結果出ているわけじゃないから、過度の期待は禁物かも。
レッドスター時代ウーゴとコンビ組んでいた点はプラス

次に、デゲネク
CBだけじゃなく右SBもできるらしい。
速さも強さも兼ね揃えているのかな?楽しみだ。

しかし、急遽だったね。
長身・パワー系FWを探しているとばかり。
獲得までのスピードはさすがですわ。

これで開幕前、宮崎キャンプに間に合った。
強化部は久々に仕事してくれた。感謝・感謝

にしても、ちょっと呼びにくいが何と呼んだらいいのかな?
バブにデゲだと、ハゲ デブに見えるな…
ダヴィにミロシュになるのかな。

あと未確定は1人。正式決定を待つだけだ。

P.S 学の低評価にちょっとショック
Jでは別格でも…
やはり、国際舞台での実績不足にフィジカル不安、そして年齢。
直前のCWCで目立ち、より若い鹿島の柴崎選手でさえ難航だもんね。

小野ぐらいの実績やレベルで簡単に行って欲しくないけど、20~23歳前後で渡欧して下から這い上がる以外道はないのか。
選手として脂がのった時期に、挑戦しない、できないというのは後悔するだろうから心配。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (23)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム