2017-04

パンケーキが食べたくなる マツ特集番組 

学は、練習試合キプロス戦出場することなく終わった。
秘密兵器は最後まで隠しておくということで...
 
にしても、学待ちでしょっぱい試合を見続けるのは、正直しんどい
コンディション調整の金儲け試合と前もってわかっていたとはいえ。
マリノスの選手がレギュラーいなきゃな~
 
まぁ、勇蔵が代表の試合出てた時、失敗しないかハラハラして疲れたけどもさ。
 
代表は以上。
しょっぱい代表より甘いマリノスの話題ということで、ある番組を紹介します。
 
松田直樹のパンケーキを通じた友情物語を紹介した「グレーテルのかまど」というNHK教育の番組です。

見なさんご覧になりましたか?
 
「グレーテルのかまど」?
まぁ何それって方も多いでしょう。
デザートに関わる物語を紹介するという、一見スポーツ選手と無関係っぽい番組。 

自分も初めて見たんですけど、結構おもしろかった。
 
マリサポにとってはどうでもいい、イケメン若手俳優の料理コーナー&導入芝居はさておき。 
マツの若き頃の映像、ヤスや由紀彦、能活、ボンバーのインタビューなど見どころ満載。
 
マツが食事を節制して体重管理していたとか初めて知ったよ。
マツとヤスの友情話も泣ける。
 
ただ、ちょっと気になったのは、ホットケーキとパンケーキの違いって? 
なんとなく、マツが食べてたのホットケーキのように感じられるのだが。
 
シロップをかけて食べるみたいな感じだったし。
まぁ、両者に違いはないらしいから、どうでもいいけど。
 
それはさておき、
マツの部分は実質15分ぐらいとはいえ、おすすめです
間違いなく、パンケーキ食べたくなりますよ
 

 
ちょっと前の放送で、若干今更な話なんですが。
再放送やってたので、紹介しました。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Mr.マリノスへの変わらぬ思い

8月4日 松田直樹 三回忌を迎えた。

亡くなって2年。もうそんなに経ったのか...
マツとマリノスで一緒に戦った選手も年々少なくなっているのは、なんか悲しいね。
けど、彼のサッカー愛は受け継がれているはずだ。

マリノスユースもクラブユース選手権優勝。
後輩たちに負けず、トップチームも、優勝を天国のマツに捧げたい。

マツのサッカーに対する熱い思い、そしてプレー。
生きてサッカーを楽しめていることに感謝しよう。

あらためてマツを思い出したい方におすすめする本
闘争人
闘争人

そして、
松田直樹を忘れない。~闘争人ii 永遠の章~
闘争人Ⅱ

ぜひ、本屋でお買い求めください。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

感謝

8月7日、マツの献花台に、今までの感謝を伝えに行きました。

自分だけでなく、老若男女多くの人が、花をもって、絶え間なく来ていた。休日だったとはいえ、ファンやサポーターにとても愛されていたとあらためて感じた。

この報道以降、へこんでいたが、マツの存在を忘れ、切り替えるのではなく、偉大な男の存在を心の片隅に置きながら、乗り越えていこうと思う。選手たちも乗り越えてほしい。

松田直樹 旅立つ


自分が好きで憧れた選手なだけに、正直まだ現実を受け止められない。

今回奇跡的に治っても、好きなサッカーを続けることは難しいし、後遺症で苦しむかもしれないけど、奥さん子供のためにも生きて欲しかった。マリサポにまた元気な顔を見せて欲しかった。悔しい。

正直何でマツなんだ、あの年齢でなぜ?AEDがもしあったら、何でないんだとか、マリノスだったらとか引退していればなど色々思った。
けど、彼が自分の夢、サッカーをしたい気持ちで選んだ道、チーム、文句は言わない。けど、悔しい。

松田直樹という男は、決して優等生ではなかったが、勝利への執念や闘志あふれる熱いプレー、チームを全身で引っ張っていく姿勢が好きだった、それがファンやサポーターに愛された理由だった。

マリノスに年俸半分以下になっても残ったチーム愛、生涯マリノスを誓った言葉、チームリーダーとしての姿勢はマリノスには必要だった。フロントは、近年何もしてこなかったくせに、優勝から遠ざかる理由をマツらに押しつけ、Mr.マリノスを首にしたことを、今でも納得はしていない。

ただ、マリノスでのラストゲームの試合後の「俺、サッカーが好きなんだ、まだやらしてください」という言葉を聞いて、ホントにサッカー馬鹿な男だな、次のチームでも頑張れと素直に思った。
現場で観戦したが、マツはすでに次の戦いを見据えているのに、サポが居座って抗議するのはやめようと思った。ただ、今回の報道で、松本山雅のマツじゃなく、マリノスの選手でいてほしかった気持ちも残った。

また、松田直樹という男は、監督とケンカしたり、代表追放2度もされたり、カッとなって退場喰らったり、勝手でわがままなところがあったが、そこがまた人間らしく好きだった。

そもそも、マツは、中田英寿とともにU-17、ワールドユース、2度のオリンピック、ワールドカップで活躍し、世界への道を切り開いた先駆者でもあった。

彼の能力からすれば、もっと上に行けたのかもしれない。調子の波があり、強い相手には能力を発揮するマツには、海外の厳しいリーグにいくべきだったのかもしれない、チームに残ったために彼の将来を止めたのかもしれない。そういう思い、感謝もマリサポにはある。

他のチームや代表しか見てない、表面的でしか見てない人にはわからない魅力があると思う。(事実代表での出場試合数は40試合と決して多くはない)

しかし、多くの代表メンバーが見舞いに来た点からもわかるように、男気があって後輩から慕われ、先輩から可愛がられる存在でもあった。

この2日間、マツについて、色々なことを思いだした。

マツがGKをしたナビスコの川崎戦
トークイベントを見に新宿まで行った際、(ハユマもいたな)調子が悪くて機嫌が悪かったな...とか

マリノスでのラストゲームの大宮戦、勝って送りだせなかったことが今でも悔やまれる。もう今年は優勝するしかなくなった、まず次節レイソルに勝とう。

最後に、マリノスでの16年間、数々の優勝の喜びだけでなく、熱いプレーから色々なものをもらいました。あなたが愛したマリノス、サッカーをこれからも愛し続けると思います。

ありがとう 松田直樹 

書いていて、本当に別れだとあらためて感じ、とにかく悲しくて、涙が...

マツ、本当にありがとう。

松田直樹 戻って来い

10月2日、練習中にマツが心肺停止で倒れた事をニュースで知り、すごいショック。一日中そのことに頭一杯で、心配で集中できない。
今も依然として、厳しい状況が続いている。

目を覚ませ、マツ!!と無事を祈ることしかできないことに、いらだちを感じている。

こういう時こそ、試合に行って、直樹コールでマツを応援したいのに、柏戦のチケット完売で行けず二重に悔しい(2週間前に行ったら完売だった...)

逆境に強い男、大舞台や強敵相手だと燃えるMr、マリノス松田直樹がこんな所で負けるはずない!!そう信じてる。

松田直樹 戻って来い!!



«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (188)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (10)
2017年 ルヴァン杯 (4)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR