2017-05

怪我の功名

清水戦3-1勝利!!
日本平はやっぱり相性抜群

ようやくウーゴの使い方がはっきりした。
サイドから速いクロスを徹底的に放り込む。
点を取りたきゃエースに戦い方を合わせるのが一番だよ。

ポストプレー下手やし、シュートモーション大きすぎだけど、クロスの入り方が上手いとは感じてた。
けど、うちの両翼クロスあげないしなぁと思ってたが、とんだ勘違い。
マルちゃん左だとこんなにシンプルにクロスあげるのね。

学の怪我によるポジションチェンジが功を奏す。
ただ、左に入るのは、たまにやっているのに何で今まで気がつかなかったのか?

恐らく、カイケも伊藤翔もGKとDFの間に突っ込むのイマイチだから。
先発の伊藤翔のままなら分からんかった。
伊藤翔が怪我?で早い段階でウーゴが出れたことが、これまた功を奏した

とにかく今日のマルちゃんの変貌ぶりには驚き。
無駄なプレーがほとんど無し。

理由は左だから?本人の考え?監督の指導?
もっと早くに気がつかなきゃ。
もしかしたら、相手が清水だからかも知れないけどさ。
(何でうち相手に空中戦勝負挑むのか?)
マルちゃんが左ならマツケンの良さ(ナイスゴール)も生きるし、使うべきだよ。

まぁ、試合全体はお世辞にも良かったとは言えない。
アマジュンをボランチから外しトップ下に変えたが、中盤の構成力改善という根本的な問題が解決したわけでもない。
ただ、エースの使い方がはっきりしたことで、最悪の状態から脱した感も。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

俺たちの力はこんなもんじゃないはず

仙台戦1-1引き分け

前半からボコボコにやられ、命からがらで後半へと思ったら、上手いことラッキーパンチ入って先制。
それで逃げ切れるほど世の中甘くもなく、セットプレーでマークはずして同点に追いつかれて終了。

上位チームならまだしも下位の仙台に振り回される始末。
相手のミス待ち・バテ待ちに期待なんてさ。

とにかく、ボランチの差感じたなぁ
アマジュンは相手の三田くんに負けてた。
似たタイプだと思うから、セットプレーにしても、攻撃に絡む数にしても課題が浮き彫りにされた感が。
キー坊とのコンビも含め、ここが機能しないと上向かん。

とにかく苦しい内容が続く。
サポーターとしては俺たちの力はこんなもんじゃないという気持ちもあるのだが…

ただ、
磨いているはずのカウンターもミスで潰す、バックパスで戻す。
サイド攻撃も学は開幕数節以降存在感薄いまま、マルちゃんは勝手なまま(何を青空演説したのかなぁ マツケンは何思う。)
そこしかないチームがそれすらできない。

エースとして期待したウーゴは見切られ気味。
こちらとしては監督あんたを見切りたいけど。

あきらかに客足は遠のいている。
現監督への情けと後継候補(力蔵さん)のことを考えると、リーグ戦少し空く川崎戦までを個人的に猶予としていたが。
悠長すぎか?

内容的には引き分けで御の字かもしれない。
ただ、監督の采配から絶対勝ちたいという意志が感じられないんじゃ、話にならない。
俺たちはマリノスだ。胸に輝く星をよく見ろ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

3年目で内容なくても勝てばいいって悲しい

甲府戦1-0勝利
内容× 審判×な後味悪い試合
後で見返せば翔さんのはオフサイドじゃないし、ミロシュのプレーは相手PK。

とりあえず、金井謎のオフェンス能力発動に助けられた。
本職の方では謎のポジショニングは相変わらずだが、ゴール前冷静なプレーで2アシスト未遂
喜田・アマジュン決めろ。

まぁ、そんな感じ。
これ以上、内容についてはコメントする気もおこらん。

連敗ストップしただけ。
3年目で内容なくても勝てばいいって悲しい。
残留争いに巻き込まれないためにも、上位進出するにも勝ち点3取ることは必要だけどさ。
もはや何に期待すればいいのか?

こんな試合いつまで見させられるの。
この街にシャーレをなんて恥ずかしくて俺は歌えないわ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

チームとして戦えてない

鳥栖戦0-1で敗れる

点が取れないチームがミスで失点していたら勝てん。
パス出した松原もパス受けた扇原もボンヤリしていた周りも集中力が欠けてる。

もう絶対落とせないぞという気持ちが試合開始からあったのか?
敵が狙っていたのに…

攻守において、個人任せでチームとしての部分がまったくできてない。
だから、ちょっと研究され対策を立てられただけで、まったく上手くいかない。

学が中に入ってプレーしたり、ビルドアップを変えたり、多少工夫はしていた。
ただ、各々のプレーイメージが共有されてないし、悩んでプレーするから判断が遅いし、テンポ上がらない。
2トップや山中に希望の光を見いだせたが、うーん

GW中他のチーム見る機会が多かったけど、マリノスが一番チームとして戦えてない。
なんでうちは複数連動したプレスや崩しができないのかと差を感じるばかり。

リーグ戦3連敗それも全て完封負け 内容はずっと最悪
現実的に優勝は口に出来ない状況に追い込まれた。
今シーズンもう一度目標として口にできるか、それとも違う言葉を口にすることになるか。

危機感を持て。
呑気に悪くは無かったというコメントを簡単に出すんじゃない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

閉塞感 打破する術は持っているか?

G大阪戦0-1で敗れる。



スタジアムに漂う閉塞感
ここ数節同じパターンだ。

戦術はサイドからの単騎特攻のみ
上手くいかなければ、セットプレーしかチャンスなくなり、1点取られて相手に引かれたら終わり。

他にも戦術あるのかもしれないが、それしか見えない。
リズム変えたりできるゲームメーカーもいない。
バックラインでしょうもないパスを回し、ボランチから縦パスは入らず、トップは孤立する有様。
相手からしたら、サイドさえケアすれば十分。

監督は現状を打破する術は持っているのか?
勝負の3年目 無ければ監督交代だ。

正直、現体制下になってから根本的問題は何も変わらない。
おそらく持って無いだろう。

なんとなく勝ったり負けたりでいつもの中位はもう嫌だ。

今足りない部分の答えはこの間の試合わかったはすなのに。

ルヴァン杯の新潟戦 周りを生かす吉尾くんが山中とのコンビで左サイドを制圧。
個人的には凄い良かったと思うし、リーグ戦でも生かして欲しいと思っていたが…
まったく良くなかった選手がベンチで、吉尾くんがベンチ外。

去年も兵藤がコンビネーションで崩そうとしていたが、その側面を活かそうとはしなかった。
結局、ああいうプレーは求めてないと暗に示しているようなもんだ。

今のやり方がワールドスタンダードかもしれないが、日本人の特性にあっているのか?
コンビネーションや連携を蔑ろにしていいのか?

蔑ろにする限り、上へは行けない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (191)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (15)
2017年 ルヴァン杯 (7)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR