2017-10

勝てた試合 勝たなきゃいけない試合だよ

大宮戦1-1引き分け
足が止まった一人少ない残留争いのチームに勝ち越せず。
勝てた試合 勝たなきゃいけない試合だよ。

試合後ガックリしすぎて目眩がした。
ラストの怒涛の攻撃にテンション上がりすぎたことも原因かもしれん。
マジ勝ちたかったよ

シュートは、枠内に飛ばないし、飛んでも正面か相手に当たって外か。
綺麗な形にこだわりすぎてる感も。

頼みのウーゴは早々に交代。
長引くようでなければ良いけど。膝っぽいし心配やな。

代わったケイマンも伸び悩みかスランプなのかなぁ。
FWとしての魅力がなくなった感じになっちゃってる。
裏のスペース、ゴールへ向かう角度でボールを受ける回数が減った気が。

あと、アマジュンもなぁ。
あそこはパスじゃないよ。シュートだよ。
勝負を決める選手であれ。

それに、左に流れるプレー以外の幅を広げなきゃ。
利き足が左とは言え、トップ下の選手が中央で存在感なく、右との絡みがほぼないのは?

この時期だから来年いる可能性の高い選手、低い選手ってのは大体わかる。
今更、出て行きそうな選手には過度に期待しない。
アマジュンは間違いなくいるんやから一皮剥けてくれ。
じゃなきゃ来季苦しむんやし。

これで完全に3位争いに。
鹿島、磐田、C大阪タフな相手が続くわ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

辛いことが多すぎたけど最後に良いことがあったよ

泣き面に蜂なんて言葉があるが、辛いことばかり続いた9月
新井の怪我から始まりアンドリューの逮捕(詳細わかるまでコメントは避ける)
シーズン前に味わった悔しさと違い、反骨心も湧かない悲しいニュースばかり

それでも上を向いて戦っていくしかない
そんな気持ちを持って臨んだこのG大阪戦に勝てたことがとても嬉しい

正直、内容は酷かった。
前半からガンバのプレスを前にパスミス連発。まともに前に運べない。
学不在が原因かはわからんが、それでもなんやかんや0-0で凌いで後半へ。

内容が悪くてもスコアレスで折り返し。これがマリノスの展開だったのか。
いろんな意味でお馴染み、マルちゃんからウーゴのホットラインで先制。
ただ逃げ切れず同点に追いつかれるも、相手もガス欠して打ち合いに 

ってのも良くある流れからの劇的なラスト
渓太よく決めた。

本職じゃないSBで緊急出場だったけど、いい場所にいたね、ホント。
イッペイ君に追いやられベンチ外もあったけど、ついにJ1初ゴール。

まぁ失点シーン渓太が中央に寄せきれずボンバーが怒りの手ぶり。
とはいえ、セットプレーでも喜田がミスマッチからあわやもあったし、全体的に不安定。
松原と金井の怪我が長期なら修正していかなきゃダメだろうけど。

ただ、この勝利でちゃんと上を向いて戦える
学の長期離脱から最初の試合で勝つ。それも若手のゴールでというのはデカい。
チーム全体に勇気と希望を与える勝ち点3になった。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

完全に優勝争いから脱落

甲府戦2-3で敗れる

首位鹿島とは勝ち点差13
完全に優勝争いから脱落
一縷の望みをかけていたが、もうな…

川崎戦以降ルヴァン杯も含め複数失点連発
残留争いのチーム相手に3失点とか…
あの無失点時代はなんだったんだ。運だけじゃないと信じていたんだけどな。
ガックリ

ビルドアップは良くなったはずなのになぁ。
ただ、中途半端なテクニックがリスクを呼ぶ状態だとしても、逃げ出してはダメ。
やり続けるしかない。絶対変わらなきゃいけないポイント。

けど、ビハインドでCBの懲罰交代はダメでしょ。
前節良かったジョンス外してまでミロシュ選んだのは自分なんやし。そもそも勝つために必要な交代?

まぁ、イッペイくんの初ゴールが数少ない好材料となったわけだが。
切り替えてACLの出場権と賞金を目指して残りのリーグ・天皇杯へ行くしかないわな。

ビルドアップの改善、サイド一辺倒の攻撃だけじゃなく中央からの攻撃を進歩させる、若手の底上げとか、やらなきゃいけないことは多くある。
土台作りから、もう一歩先を期待できる状態へ。
できなきゃそれまで。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

逃げ切りじゃない勝ち切り方

柏戦1-1引き分け

残り8試合で首位と10差
可能性はゼロではないが絶望的に…

前半の出来はよかったけどなぁ
川崎戦の反省も生かしてたし、柏戦のスタメンが今年のベストだろうね。
ようやく学の今シーズン待望の初ゴールも生まれたのに…

後半相手がやり方を変えてから上手くいかなくなりトーンダウン
途中からかなり押し込まれ、逃げ切れるのも難しいかなと感じてたが、案の定セットプレーで追いつかれた。

やり方は別として逃げ切りの采配は理解できるけどさ。
点取られたのに、ウーゴを使わないのは論外というか、あの場面で使わずなぜベンチ入れたの?

アマジュンのワントップ?で勝てると思ったのか。
逃げ切りにウーゴを使いにくいのは確かだけど、追いつかれた以上出すべきでしょ。

結局のところ、現段階で流れを変えるだけの戦術的幅がない。
同じタイプばかりの弊害か、ツートップとかシステムチェンジもできない。

前田もイッペイ君もベンチにいるだけ。
マルちゃんと学は多少悪くても絶対変えない。
それだけの信頼と一発の力を秘めているからだが、渓太も含めてチャンスがない。

であるなら、最後のGKと1対1のチャンスは絶対学は決めなきゃ。
優勝しようとするなら劇的な勝ち方が生まれないといけないし。
というか、ここで決めるのが10番やろ

首位の鹿島は最下位の新潟相手とは言え、2点差をひっくり返した。
今のマリノスでは恐らくできない。

逃げ切るのだけではなく、追加点を奪って広げるような勝ち方ができないと優勝できないのかもしれないな。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

隠しきれず 見逃してもらえず

川崎戦0-3完敗
力の差歴然

耐える時間で失点し、追いかける展開でミスから追加点奪われてたら勝てるわけない。

下位相手に騙し騙しやれてたことが、川崎相手だと隠しきれなかった。
決定的ミスはこれまでも散見されてた。
相手の決定力に助けられてただけ。川崎は見逃してくれなかった。

そして、理由は個人のせいだけじゃない。
プレス、切り替えの速さ、技術といった部分での差から誘発されたミス。

去年までの川崎相手では感じなかった。
鹿島出身の鬼木さんならでは。大島選手も素晴らしかった。

我々はまだまだ完成度は高くない。
けど、伸びしろはあるはず。

スタメン争いは熾烈。
新加入のイッペイ君もベンチからチャンス伺っている。

楽観的に捉えてないが、極端に悲観もしてない。
こんなもんでしょ感もあるし、まだまだ上位食い込む位置や。
これまで積み重ねた勝ち点を信じている。

次は上位の柏
ここから踏ん張れるか。
2011年のようにはなりたくない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム