2017-11

ここにきてワーストゲームとは

セレッソ大阪戦1-4逆転負け…

テレビでやっているのに雨の日行ってこの醜態
めちゃ萎えたわ

中断期間前に監督が今シーズン限りを発表
そしてキャンプを経ての最初の試合
相手はACLを争う相手との直接対決

そんな大事な試合で外国人の個人技しか可能性のない攻撃、ラインずるずる下がり崩壊した守備。
サンドバック状態の無様な試合を見せられる…

2試合連続の逆転負けで且つ大量失点
ここにきてシーズンワーストゲーム
個人的に今まで見てきて歴代でスコア的には最悪に近いかも

普通は大ブーイングものやのにセレモニーやらボール投げやらで、なぁなぁに。
やから、発表は早すぎんねんって…

この敗戦でリーグでのACL、ダゾーンマネーがかなり遠くなった。
特にマネーが遠のくのは痛い。

とはいえ、可能性まだあるんだし、もう一回立て直して欲しい。
このままじゃ退任ではなく解任だ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

敗因は台風を甘く見たこと

磐田戦1-2逆転負け
磐田をACL争いから脱落させるはずが、逆に1差に詰められ、5位転落

立ち上がりはここ数試合の中では一番良かったけどなぁ。
渓太もPK奪取と点に絡む仕事はしたし、PK危なかったとはいえ、伊藤翔も2戦連発。

いい感じだったけど、前半のうちに同点に追いつかれた。
先制点も含め、川又選手への対応が1試合通して緩かった。

そして、勝負の後半
天候悪化も考えたのか、早めに手を打った磐田の交代選手に流れを奪われる。
セカンドボールは拾えず2重3重攻撃を喰らい、FK・CKで危険なシーンを作られる。
ピンチの連続。

にも関わらず、監督動かない。10分以上やられてたのに…
さらにセーフティーの意識を徹底されておらず、飯倉が判断誤りバックパスを相手プレスで奪われ失点。

その後大雨でピッチ田んぼ状態。
ボールを思うように前に飛ばせず試合にならない。

交代カードをあそこで切ったところで、どうしようもないわ。
どう考えても動きが遅すぎた。

台風来てるのわかってたんだからさぁ、もう少しどうにかできなかったのか。
横浜マラソン中止(参加費1万5千円返金なしは痛すぎ…)とかやし、試合開催自体危うい日なんだからさ。
天候を完全に把握できないのは仕方ないけど、少し調べれば大雨くるのわかるし、少なくとも後半水たまりが増えるのは確実なんやし。
磐田側は読んで動いたようだから悔しい。

それに、試合にならないから延期してくれと、もっとアピールしても良いのでは?
観客のことや今後の連戦など色々考えると試合続行だろうけど、この試合どうにか勝ち点取る気であれば、それぐらいの姿勢があっても良かったのでは。

ホント勝負所で淡白
もっと貪欲に勝ちにこだわって欲しい。
ACL出場権取れるかどうかで続投するかどうか決めてれ。

P.S 静岡まで行かれた方お疲れ様です。
気を付けてお帰り下さい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

総力戦 痺れる勝利

鹿島戦3-2勝利!!
渓太の決勝点で突き放し首位撃破。最高!!
(OGから訂正されて渓太のゴール良かったね)

久々に試合終了までが長く感じた。
ホント痺れました。疲れました。

やっぱ2-0というのは危険スコア。
うちには関係ない話かと思ったけど、あわや逆転喰らう所だったわ。
試合内容とスコアの乖離があった場合はマジでやばい。

とりあえず鹿島は強かった。
3点も取れたけど圧倒されっぱなし。
レアンドロ選手をまったく止められなかった。こんなに凄い選手だったとは…

ホントに良く勝てたよ。
ウーゴ・学不在という飛車角落ちな上にマルちゃんもいま一つ。
ミスであわやも多かったし、褒められる試合内容ではなかった。
セットプレーから2失点、前半ロスタイムにやられるとかダメでしょ。

だけど、久々に出場した選手の頑張りで手にした勝利は格別

まずは見事な先制点の伊藤翔
忘れた頃に決める注目ゲームとかに強い男。予感はなくはなかった。
ただ、前節ベンチ外で決めるとはね。監督の起用も含めて素晴らしい。

そして、慣れないポジションでの出場となった下平匠
左利きの右SBとか難しかったとは思うけど、大きな破綻なくこなす。
個人的にはきょうのMVPやった。

あと、勇蔵も頼もしかった。
勇蔵投入から失点する雰囲気はかなり減った気がする。
早すぎる守備固めだった気もなくはないが、今のメンツだと最善だったかな。

これで3位浮上。
ACL出場権獲得にも弾みがつく勝利。
こっから先は総力戦。つかみ取るぞ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

勝てた試合 勝たなきゃいけない試合だよ

大宮戦1-1引き分け
足が止まった一人少ない残留争いのチームに勝ち越せず。
勝てた試合 勝たなきゃいけない試合だよ。

試合後ガックリしすぎて目眩がした。
ラストの怒涛の攻撃にテンション上がりすぎたことも原因かもしれん。
マジ勝ちたかったよ

シュートは、枠内に飛ばないし、飛んでも正面か相手に当たって外か。
綺麗な形にこだわりすぎてる感も。

頼みのウーゴは早々に交代。
長引くようでなければ良いけど。膝っぽいし心配やな。

代わったケイマンも伸び悩みかスランプなのかなぁ。
FWとしての魅力がなくなった感じになっちゃってる。
裏のスペース、ゴールへ向かう角度でボールを受ける回数が減った気が。

あと、アマジュンもなぁ。
あそこはパスじゃないよ。シュートだよ。
勝負を決める選手であれ。

それに、左に流れるプレー以外の幅を広げなきゃ。
利き足が左とは言え、トップ下の選手が中央で存在感なく、右との絡みがほぼないのは?

この時期だから来年いる可能性の高い選手、低い選手ってのは大体わかる。
今更、出て行きそうな選手には過度に期待しない。
アマジュンは間違いなくいるんやから一皮剥けてくれ。
じゃなきゃ来季苦しむんやし。

これで完全に3位争いに。
鹿島、磐田、C大阪タフな相手が続くわ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

辛いことが多すぎたけど最後に良いことがあったよ

泣き面に蜂なんて言葉があるが、辛いことばかり続いた9月
新井の怪我から始まりアンドリューの逮捕(詳細わかるまでコメントは避ける)
シーズン前に味わった悔しさと違い、反骨心も湧かない悲しいニュースばかり

それでも上を向いて戦っていくしかない
そんな気持ちを持って臨んだこのG大阪戦に勝てたことがとても嬉しい

正直、内容は酷かった。
前半からガンバのプレスを前にパスミス連発。まともに前に運べない。
学不在が原因かはわからんが、それでもなんやかんや0-0で凌いで後半へ。

内容が悪くてもスコアレスで折り返し。これがマリノスの展開だったのか。
いろんな意味でお馴染み、マルちゃんからウーゴのホットラインで先制。
ただ逃げ切れず同点に追いつかれるも、相手もガス欠して打ち合いに 

ってのも良くある流れからの劇的なラスト
渓太よく決めた。

本職じゃないSBで緊急出場だったけど、いい場所にいたね、ホント。
イッペイ君に追いやられベンチ外もあったけど、ついにJ1初ゴール。

まぁ失点シーン渓太が中央に寄せきれずボンバーが怒りの手ぶり。
とはいえ、セットプレーでも喜田がミスマッチからあわやもあったし、全体的に不安定。
松原と金井の怪我が長期なら修正していかなきゃダメだろうけど。

ただ、この勝利でちゃんと上を向いて戦える
学の長期離脱から最初の試合で勝つ。それも若手のゴールでというのはデカい。
チーム全体に勇気と希望を与える勝ち点3になった。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (202)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (33)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (4)
マリノス 補強・契約 (45)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム