2017-07

もったいない

広島戦1-1引き分け
逃げ切れず…
残留争いしている相手ということを考えると、もったいない。

結果的にルヴァン杯同様に柏選手からのクロスで失点。
それも右SBを交代した後という同じパターンなだけにイメージ悪い。

ピンチはあったがミドルとハイボールのヘディングで、そこまでヤバくもなかった。
気をつけるのは柏選手とセットプレーぐらいで、わかってて抑え切れないのは悔しい。
金井がカードもらってたから交代も仕方ないけど…

途中出場の前田がゴールを決めたものの、采配はうまくいかなかった。
バブのサイド起用は失敗だし、ウーゴを引っ張りすぎ

バブはあの位置で裏に走らない、ボールを受けに下がる、中央に寄りすぎで窮屈にする、山中と連携もなく、守備でもイマイチ
器用にやってくれるタイプだと思ってたからガッカリ
イメージはルヴァン杯の吉尾だったんだけどなぁ。
センターライン以外難しいね。

ウーゴも定型パターン以外は…
チャンスをシュートまで打てずに潰す。
ケイマンの方ができること多い。

学が左回った時点でサイドからのクロスは減るのだから早めに見切りつけたかった。
キレて帰られても困るから操縦方法難しいんだろうけどさ。

結局、マルちゃん不在が…
やっぱり学は左がいいし、この辺の噛み合わせが課題でもあり伸びしろ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

信じられないほど安定した戦いぶり

神戸戦2-0勝利!!
これでリーグ戦4連勝
ちょっと前まではどこにも勝てないようなサッカーをしていたチームとは思えない。

相性の良い神戸とはいえ、天敵ネルシーニョ監督
攻略策なりもってくるのかなと思っていたが、そうでもなく。
危なげなく勝たせていたただいた。

それにしても、信じられないほど安定したなぁ。
やっぱボランチって大事
扇原・マチコンビになってからだもんね。
喜田には悪いが、当分はボランチをいじらないだろう。それぐらい良いコンビ。

守備はさすがのボンバー
ジョンスもミスなく。気持ち切らさずよく準備していたよ。

攻撃は、ウーゴが何とかゴール
結構チャンス潰してきたが、ラスト帳尻。
外したということは、それだけチャンスシーンが増えてきた証拠

あとは、キャプテン
そろそろの予感はする。中断前には決めたい。

ようやく上位がハッキリ見えてきた。
この調子で行けるとこまで勝ち点伸ばすぞ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

待ってましたよ アマジュン 

FC東京戦 1-0勝利!!

ここで勝てたのは非常に大きい。
1週間試合ないだけで長く感じたけど、マリノスが勝ってホント嬉しいね。

【大久保選手に助けられた…】
毎度ながらの1点勝負になるこの対戦カード。
いつもより塩分控えめなれど、今回もたがわず固いゲーム。

全体的に攻めていたのはうちだったが、シュートまでは中々行きつくことができず。
逆に、決定機そのものは東京の方が多かった。
大久保選手がブレーキだったから助かったが、ひとつでも決められていたら負けてた。

なんやかんや、そんな感じで試合しているうちに残り時間わずか。
このまま引き分けかと思ったところで、アマジュンの右足炸裂
良く決めた。

【アマジュンのトップ下】
去年とは打って変わって監督の信頼が厚くスタメン出場は続いたものの、低調なプレーが多かった今季。
気合が空回りしたのか、熱くなりすぎて悪態をつく場面も…
ボランチを外されてどうなるかと思ったが、目に見える結果を久々に出した。

あまり動かないウーゴのワントップを成立させるうえで、トップ下としての役割は結構大変
裏のスペースに走り、限定守備をして、中盤のつなぎにも参加しつつ、攻撃のタクトをふるう。
まだまだ攻撃に絡む数に物足りなさはあるが、最低限のタスクはこなした。
バブンスキーとの競争・使い分けは今後の楽しみ。

【シンプルな反面単調さも…】
ウーゴに向けてサイドからクロスというシンプルにすることで各々の役割・考え方が整理されたことでチグハグさはなくなった。
ただ、その反面単調になりこの試合も途中から手詰まりになった感は否めない。
早くも研究されたら…の雰囲気は漂う。

そして学の右サイドは良さを活かしきれてない感もある。
時間が解決する部分なのか。

ボランチコンビが安定してきたので、また一気に悪くなるとまでは思わないが、完成度をより高めていかないと上位にはくらいついていけない。少しづつ進めていけるか。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ちゃんと勝った

川崎戦2-0勝利

戦前の予想では厳しい戦いが予想されたが、蓋を開けてみたら最初から最後までほぼマリノスペース
今日のゲームはうちが勝つべくして勝ったといえる。勢いとか運とかじゃなく、ちゃんと勝ったというのは久々。

もちろん川崎のコンディションが悪いというか、フィットしない家長選手に執着しすぎたせいか、いつにもなく怖くなかったのは確か。いつもなら嫌なスペースに縦バスをガンガン入れられる所だがほとんどなかった。

ただ、川崎の状態を考慮したとしても選手・スタッフ一同良くやってくれた。

前半から受け身に入ることなく、清水戦で良かったマルちゃん左サイドからのクロスでウーゴをシンプルに繰り返し、そのパターンで先制点。

守備面ではマチ
扇原とのコンビも含め、中盤の安定感は抜群。
久々に安心して見ていられたよ。マチの復帰は本当に大きい。

そしてケイマンも復帰の狼煙をあげる追加点。
4万超の試合で久々に勝てたし良かったよ。

今日負けてたら首位と勝ち点10差。
瀬戸際を踏みとどまった。

5節のC大阪戦から最悪な内容が続き、途中三連敗、2週間前同じ場所で仙台相手にボコボコにされ、ルヴァン杯負けらんない試合を敗北で予選敗退。
我慢も限界を超えていた中での勝利。
とりあえず、Xデーは回避ですかね。

それにしても今年はテレビ放送試合に強い。
tvkさんまた宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

怪我の功名

清水戦3-1勝利!!
日本平はやっぱり相性抜群

ようやくウーゴの使い方がはっきりした。
サイドから速いクロスを徹底的に放り込む。
点を取りたきゃエースに戦い方を合わせるのが一番だよ。

ポストプレー下手やし、シュートモーション大きすぎだけど、クロスの入り方が上手いとは感じてた。
けど、うちの両翼クロスあげないしなぁと思ってたが、とんだ勘違い。
マルちゃん左だとこんなにシンプルにクロスあげるのね。

学の怪我によるポジションチェンジが功を奏す。
ただ、左に入るのは、たまにやっているのに何で今まで気がつかなかったのか?

恐らく、カイケも伊藤翔もGKとDFの間に突っ込むのイマイチだから。
先発の伊藤翔のままなら分からんかった。
伊藤翔が怪我?で早い段階でウーゴが出れたことが、これまた功を奏した

とにかく今日のマルちゃんの変貌ぶりには驚き。
無駄なプレーがほとんど無し。

理由は左だから?本人の考え?監督の指導?
もっと早くに気がつかなきゃ。
もしかしたら、相手が清水だからかも知れないけどさ。
(何でうち相手に空中戦勝負挑むのか?)
マルちゃんが左ならマツケンの良さ(ナイスゴール)も生きるし、使うべきだよ。

まぁ、試合全体はお世辞にも良かったとは言えない。
アマジュンをボランチから外しトップ下に変えたが、中盤の構成力改善という根本的な問題が解決したわけでもない。
ただ、エースの使い方がはっきりしたことで、最悪の状態から脱した感も。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (196)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (19)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (40)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム