2018-07

何度諦めかけたかわからない 仲川ありがとう

長崎戦5-2勝利
やっと大量得点して勝てた。

今日勝つか勝たないかでは雲泥の差
ホント大事な正念場やった。

何度諦めかけたかわからない
この試合も、ボスのサッカーも、マリノスでの仲川も

前半長崎にはめられて上手くいかず、後半2点目奪われた時には負けを覚悟した。

このままじゃ、名古屋・G大阪・長崎と下位チーム相手に2分け1敗勝利なし。
堅守だけが取り柄だったのに安い失点が増え、攻撃も対策とられたら手も足も出ない。
ラスト長崎に良いとこなしじゃ、不穏な空気で中断期間突入しかねないぞ…

という所からの仲川の2ゴール

大学ナンバーワンの評価も大怪我を負った状況で入団、ポジションを掴めずJ2レンタル放出、今シーズン帰って来たもののカップ戦要員。
マリノスでの未来を描けず、他チームでやる方が仲川のサッカー人生良いのかもと心配もした。

そこからリーグ戦スタメンまで這い上がり、監督の起用に応え、チームを救う大活躍。
苦しんだ分ホントに嬉しかった。
マリノスにいてくれてありがとう!!

15連戦終わって見れば、5勝5分5敗
(リーグでは3勝4分4敗)
暫定リーグ最多得点といいイメージほど悪くはなく、広島の独走以外は想定内

絶対ここから這い上がるぞ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
スポンサーサイト

テーマ:横浜F・マリノス - ジャンル:スポーツ

新聞の四コマ漫画までもディスってきたのか

G大阪戦1-1引き分け
相手を押し込んで主導権握ってるように見えても、最後の所で怖さがないから複数得点できない。
結局、失点すると勝てないまま

これが現時点の力
横浜の下部組織が生んだレフティのキック精度が素晴らしい以外は褒められない。
下位に沈む同士の戦いやった。

とにかく失点より得点が問題
いまだに、感性だけで動いてる選手がいるからかなぁ。
喜田が入って中盤が安定するように、判断力や理解度高い選手が増えれば良くなる感じもするんだけど。

もっとも、理解度低い選手を使わざるを得ないのはアマジュンと喜田の攻撃時におけるアイディア不足にも原因あるから何とも言えないけどさ。

今後、理解度低い選手は自然と控えやベンチ外になるだろうし、もう見切られた感のある選手もいる。
今は期待されて我慢強く使われてる選手は頑張らないと居場所はないよ

個人的には、プリンスあたりの成長を期待するにしても夏補強するしかないかなぁとは思う。
まぁ、監督がフロントから見切られなければの話だけどね。

観客数を見れば、一部ファンは勝てない現状に嫌気が差してるのは事実。
山のように残ったであろうタオマフの意味がチームにも伝わっているだろうから。

とにかく、中断期間前残り2試合が大事。
ルヴァンはプレーオフ進出
リーグ戦は長崎に勝つ
それができないと、変な空気で中断期間に臨むことになる。

現時点でも正直、朝日新聞の4コマにまで馬鹿にされてると感じるぐらい気持ちは重いよ…

※四コマ補足
ゴールを空けたせいでロングシュート決められたGKの子が、これが俺のスタイルだと言ったら、周りの子たちから罵倒され、凹んだGKの子がゴールの中で泣くみたいな内容
読んだ瞬間、うちのことやんって思ってしまった…
被害妄想かな。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ:横浜F・マリノス - ジャンル:スポーツ

マリノスに攻撃的なサッカーは無理という結論にしていいんか?

名古屋戦1-1引き分け
またしても勝てなかった…

天気いいのに名古屋まで持ってきて使わず帰る傘の重いことよ

前半は、喜田・テルの攻撃から守備への切り替えの速さ、大津のカミカゼ気味のアタックも奏功して守備と攻撃のバランスは整っていた。

ただし、問題は後半。
相も変わらず相手が修正する&こっちの運動量が落ちて失速

このままじゃ、ジョー選手を抑え切れん、凌ぐためのテコ入れをと思っていたが何もせず放置
案の定失点。

監督はなぜ手を打たないのか
何回目だよ。失速はわかってるじゃんか。

もちろん、失点前から交代準備してた。
が、守備面を立て直すのではなく、攻撃をフレッシュ化させる意図の2枚替え

名古屋の拙さに助けられ、打ち合いのオープン展開になったから意味あったけど、まともなチームなら彼らまでボールを満足な形で渡せず、押し込まれたまま失点くらって負けてたよ

基本的に攻撃的スタンスを貫くのは応援しているし、主導権を握る気のないサッカーにウンザリな人間だが、この試合展開で攻撃的な采配準備か…
ここまで貫かなきゃ中途半端なのかな

チームの順位・メンタル・フィジカルを考えてもそんな余裕さすがにないんじゃ
なら、そもそも戦術変えたらってなりかねないけど。

ベンチメンバーの選定も含め、ゲームプランが甘いとしか。
喜田がベンチにもいるぐらいじゃなきゃ立て直せん感じもあるしなぁ。

まぁ選手も後半あんだけあったGKとの1対1を逃せば勝てるもんも勝てんよ。

選手だって守備ばっかより攻撃のチャレンジが多いサッカーしたいやろ。
このままやと監督交代で、残留目指してガチガチのサッカーやらされるよ…

正直、残留を争う直接の相手になりうる名古屋・G大阪・長崎の中断期間前3試合で最低勝ち点5取れなきゃボス体制終焉せざるを得ないと思うしさ。

このままマリノスに攻撃的なサッカー無理という結論で終わりたくない
こんな時期から残留なんて言葉使いたくない

とは言え、
監督の意図するものが見える右サイド(左にはイライラ)や中央の意識がある時間のプレーを見ると続けたい気持ちあるけど、現実的に許される猶予はほとんど残されてない

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ:横浜F・マリノス - ジャンル:スポーツ

成長スピードが相手の対策を完全に下回る

磐田戦1-3の完敗いや惨敗

やはり何も解決していなかったな
前節鹿島戦勝利でどうにかならんかと期待はしてたけど…

ボスの戦術を少しずつ選手判断や希望で変え、運と気持ちで勝った所で次に繋がりにくいわな。
その気持ちも戦術をやり切るではなく、昔からの堅守のプライドというモチベーションからやし。

ボスの戦術の根幹はハイラインとハイプレス
だが、ハイプレスはやらないけどハイラインは基本変わらず
二つが揃わない結果はめられず、ただただリスクのハイラインが残り失点の嵐

ついでに言えば、ハイテンポはゴールに繋がらず、良い流れの時間帯だけしかできず、ミスを恐れてやらない。

というか、状況判断やボールの受け方が悪い選手が多いからできない
無理をする所しない所の判断ができてると言えるのがアマジュン・イルロク・喜田・ボンバーぐらいしかいない。
それじゃ危険な位置でロストして失点するパターンが一向に減らないわな。

正直、このままボスの戦術を少しずつ選手判断でおかしくするぐらいなら…

もはや我々の成長スピードより相手の対策の方が速い
札幌戦まであったワクワク感すら消えてしまった
絵に描いた餅になりそうな気配。

ポジショナルプレーするのにハイラインをしなきゃいけないわけじゃないんやろ。
そもそもオーストラリア代表では違ってたしさ。

連戦で少しずつ固まると思ったら、コンディション不良で意識が持たなくなりサボり、ずっとは無理やからとなるとは…

まぁ下平いるのにコンディション不良の山中を酷使し、テクニックで違いの作れるバブを切り札にさえ使わない監督も問題やけどさ。

戦術からはみ出して、どうにかしてくれるスペシャルな選手は今のチームにはいない。
ブマルも大津もスペシャルレベルではなかった…

ただまぁ、こう色々言ったがW杯中断期間までは全力でボスを応援するつもり。
やっぱりワクワク感のあるサッカー続けて欲しいし。

ただ、このままやと残留を考えるフロントの決断が出ちゃうやろうな

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ:横浜F・マリノス - ジャンル:スポーツ

ボスらしさがない方が…

鹿島3-0勝利!!
あの鹿島相手に最高のスコア

内容なんてクソくらえ目の前の勝利こそすべてやと言わないが、久々に勝てて降格ラインから遠ざかることの安堵感は大きいね。

瀬戸際状態を跳ね返し勝利したチームは素晴らしいと思う。

ただ、内容的には悪い
運の問題なだけで何も解決してない。
決定的なミスもいくつもあった。
札幌戦をこき下ろして鹿島戦のスコアで手のひら返しする感覚は理解できない。

結果的に昨年寄りの試合をして勝つ=ボスの否定な感じも。
らしさないのが勝ちやすいって…

ボスがいる理由って?何のために変革するの?
こんなんで優勝できんのやったら楽

できない年数が干支一周すぎた
残留よりも優勝やろ目的は。

今はまだ原則をきちんと守ったプレーを積み重ねた上での勝利こそ意味あるんだろうけど。

もちろん選手は人間であってロボットじゃない。
これぞボンバーイズムなプリンス山田のシュートブロックのような守備陣が絶対ゼロで抑える意地が失点ゼロにつながったり、自信で内容が良くなること多いけどさ。

勝って安心したい気持ちは強い反面、当初の理想から遠のく残念さ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ:横浜F・マリノス - ジャンル:スポーツ

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (214)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (35)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (6)
マリノス 補強・契約 (55)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (54)
日本代表 (46)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (11)
2018 リーグ戦 (13)
2018 ルヴァン杯 (9)
2018 天皇杯 (2)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム