2018-04

心のダメージはデカい

今日の相手の出来なら複数得点して勝利しなければいけない試合
それが引き分けの勝ち点1すら奪えないなんて…

前節広島も今日の神戸も明らかにターンオーバーしたメンバー相手での結果
疲れてフレッシュなストライカーにやられるという同パターンで負ける

心のダメージはデカい

とにかく複数得点が取れない
失点が増える戦い方をしてる分得点が増えなきゃ割に合わない

とは言え、ここまでリスク負わないと主導権握れないのか?

押し込む分スペースが少なくなって崩しにくくし、裏のスペースを空けて守備を不安定にしている状態
自分達でサッカーを難しくしている
今の戦術に対してメリットよりデメリットを大きく感じてしまう

結局、ラストの崩しの精度・アイデア不足という長年の課題が浮き彫りに。
喜田が戻ってアンカーシステム復活しても、ここが解決しなきゃ先進めない。

今までのサッカーして勝つだけでは優勝できないから変えるのはわかってる。
迷ったら負けなのもわかってる。

苦しいが耐える時

試合の中だけではなくチーム作りの過程を耐えていくしかない
近い将来優勝したいのなら、ここで投げ出すわけにはいかない

とは言え、最低限の勝ち点は残留に必要
綺麗なゴールじゃなくてもいい、とにかく点取って勝ちたい

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

もうちょっとやれるかと思ってたけど、まだまだですね

リーグ川崎戦1-1引き分け

もうちょっと主導権握れるかと思ったけどなぁ…
まだまだですね

昨年までは違う土俵に持ち込む戦いをしてたけど、今年は違うから余計に悔しいな。

前半中盤がっつり支配され、中央で食いついたらサイドの裏スペースを突かれるという崩し方のお手本のようなパターンで決定機作られまくる。

この辺りは川崎の方が一日の長ありか
今のスタイルをとってから日が浅いから仕方ないけど、いつまでもそんなことは言ってられないよ。

ぶっちゃけ小林悠選手が出てたら開始すぐで終わってた
相手FWの決定力の低さに助けられただけ。

後半持ち直して良かったでは終わらせてはダメや
先を考えれば前半の戦いを反省し、監督が目指す高みにチャレンジするのが今年のスタンス。

攻撃は山中頼みの現状
イルロク、ブマル、大津はもっとやってくれ。

中盤の三角形もこの悔しさをバネにして欲しいし、喜田を含めた再編成の必要も感じた。

まだまだこれから。
ぶれずに強くなっていこう。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

思った以上のスピード

清水1-0勝利
やっぱり日本平は最高!

立ち上がりは清水ペースの中、カウンターでウーゴが3試合連発弾で先制
その後も攻めの姿勢を崩さず、追加点は取れなかったものの0点で抑え切った。

清水は好調だけあって、組織化された良いチームだったし、マリノス対策もしてきた。
そういう相手にもしっかり勝てたのは自信になる。

あとは、複数得点
確実に気配を感じる。
大津・海夏のが決まってど派手な初ゴールやったら良かったのにね。

ブマルもキープ力はあるなと感じた。
コンビネーションを高めれば、もっと怖い存在になれそう。
イルロクともども積極的に行って欲しい。

それにしても、思った以上のスピードで強くなってる。
大津・ブマルがまぁまぁフィット。
ボスの手腕により信頼度高まってきたよ

次の川崎戦 楽しみやな

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

光が見えてきた

浦和戦1-0勝利
リーグ戦初白星を挙げる

やはりエース・ウーゴ
決定機を逸した場面3回
しかし、4回目は決めてくれた。

今まではウーゴにまでほとんどチャンス回らなかったことを思えば大きな進歩
ストライカーがシュートを外すより、シュートを打てない状態の方がチームとして問題やからね

相変わらず複数点取れてはいないが、取れそうな香りもしてきた。
何となく光が見えてきたかな。

縦パスが入るようになったし、山中とイルロクの関係がようやくスムーズに。

試合の中で、中盤の三角形をアマジュンが下がって扇原とバブを押し出し自由にさせるような修正ができるように。

まだまだ未完成かもしれないが、少しずつ形になってきた。

途中息切れした浦和のイマイチな出来や、マルちゃん使わない謎采配に助けられた部分はあるけど、とにかく勝つことで自信をつけることが一番大事

勝たないまま代表ウィークの中断期間に入らなくてよかった。
焦らず積み重ねていこう

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

今はまだ攻撃的サッカーとは呼べない

柏戦0-2で敗れる
初勝利はお預け。

まぁ2失点したとはいえ、守備はだいぶ修正されてきた。縦パスの意識、ビルドアップは格段の進歩を遂げた。

ただ、攻撃的なサッカーのはずが、2試合で1点。
PSMの東京戦も含めれば、3試合で。
それもミドルでの1点しか取れてない。

点が取れないのに攻撃的サッカーなんて恥ずかしくて言えないよ。

あれだけボールを保持しているのに、相手のペナルティエリア内を崩した形での決定的なシュートはほとんどない。
ブロックの外でボールを保持してるだけ。
危険な香りはしない

もちろん今年に限らずマリノス長年の課題。
2試合で解決できるわけもなく、我慢は必要。
見守る我々も覚悟が求められる。

ただ、このサッカーの肝であるサイドでの攻防で圧倒的な優位性を保てなければ苦しい。
渓太、イルロクには期待しているけど…

中央の崩しは連携が深まればと思うが、サイドは個の力の部分で時間かければ解決する問題でもない。

ぶっちゃけ外国人が違いを見せて欲しいのに、全員埋没している。
最初補強は中盤かと思ってたが、マチ・あまじゅん・喜田のトライアングルはしっかりしているし、ここではなさそう。

とは言っても、新外国人獲得は先の話。
まずは現メンバーのレベルアップ。
とりあえず先発固定化して連携を深める方向性の模様だが、底上げも欲しい。

そのためにもルヴァン杯での勝利に期待したい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (210)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (35)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (6)
マリノス 補強・契約 (53)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (54)
日本代表 (43)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (10)
2018 リーグ戦 (6)
2018 ルヴァン杯 (5)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム