2017-09

健太 戦力外... 

健太 戦力外
厳しいけど、やはり....としか言いようがない。
やっぱり、飼い殺しだった。夏に移籍した方が...

3年近く俊輔の控え
サッカー選手としての時間は短い。この3年間が無駄ではなかったと証明しなきゃね。
俊輔のプレーを見て、走れない・守備できないでは通用しないことに気付いてほしい。

移籍先がどこになろうと応援する

サカティーもそうだけど、やっぱり生え抜きで活躍した選手は思入れが強いからね。

一皮むけて、代表にでもなって、俺たちを悔しがらせてくれ!!
俺はそれだけの才能があると信じてる。


スポンサーサイト

健太移籍騒動に関して自分なりの考え

健太の移籍情報が、健太の知り合いからのブログにより漏れたことで、3日間の謹慎処分となり、週末のエスパルス戦出場は絶望となった。

これからは自分なりの考えであり、健太ファンなので多少甘い部分はありますが、ご了承いただきたい。

まず、契約社会の中で、こういったことを気軽に外部に漏らしてはいけないことは社会人としてのモラルに欠けていたと思う。ただ、福岡やC大阪の移籍オファーがあることは新聞で報道されているし、今シーズン試合に出れていないことは、周りは知っていて、移籍するだろうなぁと思った可能性は高い。

自分の憶測だが、食事などの場に誘われた際、もしかしたら移籍するかもしれないから、当分会えなくなるかもと本人が言ったり、相手が思って、サプライズ的に報道などから先走りして、寄せ書きのユニフォームを準備したのかもしれない。

プライベートのお酒の場のノリだろうが、シーズン中にまだ移籍もしていないのに、軽率

まぁ、ナイーブな契約のことをよくしらない元モデルに関しては、今更仕方ないし、そんな人達と交流していることに関しては、我々がとやかく言うまい。

ただ、気になるのは、3日間の謹慎という点である。次節エスパルス戦は、学&俊輔がいないという状況で健太の力が必要になる試合。この試合スタメンで出られなければ、正直完全に樋口監督の構想外であることは間違いない。

そんな試合に謹慎させてどうするんだ。移籍させるんだったら、さったさとして、既成事実にすればいい。移籍しないのであれば、このままじゃ出場機会なく完全に飼い殺しで、シーズン終了後にはチームを去るんだぞ。年棒をレンタルで肩代わりしてもらえば経営の点からもいいし、選手の気持ちを考えたら、この中途半端な3日謹慎は、なんなのか。フロント的には社会人としてのケジメなり、禊をしてるのかもしれないけど。

もしかしたら、アビスパじゃないチームと移籍のはずで、ゴタゴタしたのかもしれないが、どうせ、3日後移籍するんだろ。たぶん。もっと違う対応は無かったのか。

次の試合は上位にいくための大事な試合だからこそ、マリノスのメンバーである以上、健太の力は借りたい。そもそも、選手層が薄いマリノスでは、健太は本当に必要だし、こういう事態のために今シーズン契約したはずである。フロントは全力で現場をサポートし、次の試合を本気で勝ちにいく上位にいこうと思っているのか疑問である。

今までの話は推測でしかないので、今後どうなっていくか分からない。ただ、言えるのは、健太とこんな謹慎明けで、別れるのは嫌だということ。

俺にとって、マリノスの残留争いの危機を救った救世主であるし、時に単調になりがちなマリノスのサッカーに、彼のアイディアあふれるプレーでチームにスパイスを与え、驚きというものくれる希有な存在。

そして、高卒からの生え抜きで、マリノス一筋でやってきた、チームでも在籍歴も長い大切な選手。

健太はもう駄目だなどと言う声もあるが、絶対そんなことはない、マリノスで覚醒しやってくれると信じてるし、俊輔の後をマリノスでも代表でも継いで欲しいと今でも思っている。しかし、今回の騒動で、健太はそんなサポーターの期待を裏切った。

ただ、健太の才能を信じているからこそ、今の試合に出れない状況が歯がゆいし、彼のことを思えば、移籍もやむなしと思っている。

だからこそ、この3日間謹慎に対して、なんか煮え切らない思いがするのである。

男の旅立ちなら気持ちよく送ってやりたい。それが親心、フロント心ってやつじゃないのかい。

ただ、こんな所が、マリサポは健太に甘いといわれてしまうのかもしれない。

狩野健太について

今年いや夏までが、マリノスでは後がない、選手生命を左右する本当に大事な時期

にもかかわらず、プレーシーズンでの動きがいまいちという噂。
中町加入などで今のままでは、開幕ベンチ入りも怪しい状況の様だ

本人は危機感あるのだろうが、端から見るとそうは見えないといった所か
その点は、インタビューからも、木村前監督も俊輔も感じていることが推測される

その辺りは天才肌、正直何となく変わりそうもないと思う、もう仕方ない

逆に怖いのは、自分の適正ポジションは、ボランチだと思っている点である

推測だがボランチだとボールタッチが多く、リズムが作り易い、前向いてプレーしやすく、武器のキック精度生かせるからだと思う。

しかし簡単なパスミス、ポカがあり、守備も含めプレーが軽い健太にはミスが失点に直接響くボランチを任せられない

俺はシステムによるが右のウィング、シャドーで自由にやらせるのベストだと思う

マリノスの降格危機から救い、一番輝いてたポジション。彼の最大の武器はアタッキングエリアでの豊富なアイデア、それを生かすのはこのポジションしかない

感覚だけでしかプレーできてないのかもしれない、ただその感覚は素晴らしいのだから最大に生かすのが一番

現状では安定して平均点を取ってくれる兵藤をスタメンに選ぶ、多分樋口監督も同じだと思う。

健太には平均点狙いの選手にはなれない、0か100の選手なら100になりやすいポジションで勝負して欲しい

ただチームで自由を許される王様は現在俊輔。

正直チームに王様は一人しかいらない、つまり俊輔からポジションを奪わなければならない
その覚悟、勝算があってマリノスに残るのか
ボランチがしたい、やっている点からも疑問、つまり自分を客観視出来てない点が不安

そのことは継続的な試合出場が必要なはずなのに、より競争が厳しい東京に行ったアーリアにも言える

正直昨年で移籍するものだと思ったし、彼のサッカー人生を思えばやむなしと覚悟していた。
結果はマリノス残留で、たしかにうれしいのはうれしいのだが…

俊輔を超えられない以上、自分にあったチーム、例えばセレッソのような流動的な3シャドーを生かしたような所に行くべきだったのではないか?

今年も出られないようであるならその選択は間違ってたことになる

試合に出られないのはサッカー選手の本人が一番辛いはず。しかし、健太の才能に魅せられたファンもまた辛い

シーズン前にこんなこと言ってても仕方ないが、結果で俺のお節介な考えを吹き飛ばして欲しい

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (198)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (27)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (42)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム