2017-11

後半戦に向けた展望

暫定とはいえ、首位と勝ち点差8に差が広がった
首位C大阪は浦和相手に4-2
後半馬鹿ゲームにすることなくゲームを終わらせたことに恐怖感を覚える。

そんなC大阪を追うのが鹿島・川崎・柏・G大阪、そしてマリノス。
この辺に優勝争いは絞られた感じ。
川崎を除き、1stで負けたチームばかりが上位になったのは偶然ではないだろう。

後半戦最初は清水・新潟・札幌・鳥栖・神戸・東京と上位と直接対決はない。
嫌なイメージのチームは少ないし、勝ちを積み重ねて食らいつきたい。
ここを超えたら口にできるかな。

ちなみに、前半戦の各チームの印象
札幌
J2で活躍した南米選手がことごとく駄目だが、都倉選手中心によく戦っている。
福森選手のFKが印象的。
仙台
怪我してしまったが、左サイドの永戸選手が印象に残る。システムも面白い。
鹿島
監督交代も首位ターン。レオシルバ選手には圧倒された。

中川選手のプレーは日本人が世界で戦うヒントが隠されてる気がする。
GK中村選手とともに前半戦の原動力。元セレッソのキム選手の補強がはまれば…
浦和
守備がザルすぎ。去年より攻撃的になった分なのか
興梠選手ラファエルシルバ選手は怖い。他チームのサポとしては監督続投希望
大宮
家長選手の穴が大きい上に外国人選手が足引っ張る。
FC東京
半端ない補強もチーム力に還元できたとはいえない。さらに森重選手大久保選手も怪我。上位にくる雰囲気は今のところない。
川崎
鬼木監督になって風間監督時代ほど攻撃面の怖さが減った反面、安定感が増した。怪我人戻ってきて、家長選手がフィットしたら一番やばい
新潟
残留は非常に厳しい状況に追い込まれた。Wシルバの抜けた穴はデカい
清水
思ったより勝ち点を伸ばしている。
磐田
守備面での進化が著しい。俊さんも長期離脱なし
甲府
さすがの吉田監督もしたたかに勝ち点を積み上げるサッカーに。例年通りな感じ
G大阪
ACLとの連戦ができる程の状態ではなくリーグに絞っていた印象。
堂安選手海外移籍、遠藤選手のスタメン落ち、メンバーが固まってない。
元マリノスで点取るシーンはイライラする
C大阪
山村選手トップ下コンバートは今季最大のサプライズ。ユン采配恐るべし
ヨニッチ、ソウザ選手が
神戸
スタートダッシュ成功も怪我に泣く。
ポドルスキ選手にマイクとFWを厚くしたが、足りないのは後ろな気が。
広島
降格サプライズ枠はここか?ポイチさん体制終了。
能力ある選手は揃っているが、点取れなくなる。
得点王が毎年いなくなるってキツいよな。
鳥栖
印象に残ったイバルボ選手退団
小野裕二は怪我対質に…

ってな感じかな

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

独断 ベストイレブン

J1・2・3すべてのリーグ戦終了

浦和が下克上喰らったり、セレッソが久々上がったり、アンドリューのいる金沢が踏みとどまり、来季新スタ完成の北九州が落ちたり色々あった。

というわけでベストイレブンを個人的に印象に残った選手から選んでみた。

GK
西川周作(浦和)
DF
伊東純也(柏)
森重真人(東京)
遠藤航(浦和)
吉田豊(鳥栖)
MF
大島僚太(川崎)
中村憲剛(川崎)
クリスティアーノ(柏)
家長昭博(大宮)
齋藤学(横浜)
FW
小林悠(川崎)

次点は
鹿島のカイオ選手、神戸・川崎の韓国人GK、G大阪の井手口選手、FC東京の中島選手、得点王のレアンドロ・ウタカ選手あたりですね

DFに関しては、なんとなくで選んだので悪しからず。伊藤選手はポジション微妙に違うのは気にせずに。

本家はどういった感じになるのか。
学は入っているはずだが。

あと、MVPはどこのチームから選ぶ?
やっぱりチャンピオン鹿島?それとも年間勝ち点一位の浦和?

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

やっぱり駄目だ さっさ戻して正解

チャンピオンシップ
正直、浦和・鹿島どっち勝とうと関係ないし、どちらにも優勝して欲しくない。
とは言え、一応チェック

結果は、勝負強い鹿島が勝負弱い浦和に下克上
2016年リーグチャンピオンは鹿島

うーん何だろうこの違和感
この一年は何だったんだ?馬鹿馬鹿しいって気分に

リーグチャンピオンは一発勝負で決めるもんじゃない。
そういうのはカップ戦で十分。

もちろんルールに則ったわけだし、鹿島には非がない。
寧ろ、したたかさに敬服する。

ただ、今シーズン通して強かったのは浦和や川崎
正直、カイオ選手がいた1st時の鹿島のが強いでしょ。
リーグ覇者としてクラブW杯に出るのかと思うと…
あくまでもCS王者じゃ…

2ステージ制は優勝のチャンスが多いし、チャンピオンシップは盛り上がる。
注目集まるし、新規開拓に繋がるし興行的メリットは大きい。

けど、やっぱり駄目や。さっさ戻すのが正解
石の上も3年、検証してとか必要ない。

来季は文句なしのチャンピオン
取りに行こうぜ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

国内No.1攻撃的MF 齋藤学

甲府戦4-0勝利!!
得点者 学×2・前田・ケイマン
マンオブザマッチ 学



川崎戦のショックを引きずってグダグダになるんじゃないかと不安視していたが、開けてみれば大勝
甲府相手だし、ルヴァン杯のターンオーバーで先発組んでたから、
この結果にはビックリ

前田がここに来てチームにフィットし良さを発揮できるようになったし、ケイマンも久々弾、アマジュンも存在感。
若手の活躍は非常に喜ばしい。
ナビスコ杯で使ってきた甲斐があった。

ただ、この試合の主役は齋藤学
代表復帰を自ら勝ち取った(怪我関係なく呼んどけ)

もはや国内No.1ドリブラーではなく国内No.1攻撃的MF
俊輔が怪我で離脱しがちになった今、マリノスの攻撃を引っ張っているのは学。

そして責任感も強くなった。
等々力での涙に俊輔をだぶらせた方も多かったのでは。

ルヴァン杯準決勝G大阪戦 そんな学を欠くのは確かに痛い
ただ、サッカー選手の夢である代表 気持ち良く送り出したい。

呼ばれたけど、使われないかもしれない。
が、代表に誰も呼ばれないチームが強いはずがない。
しみったれた考え方でいてもしゃーないしな。

強いチームの宿命
ルヴァン杯は前田やアマジュンに頑張ってもらおうじゃないの。
そうやってチームは強くなるはずや。

P.S ハリルさんのここ最近の発言目に余る。
あれはもう注意喚起越えてる。
日本代表監督がJリーグディスったら終わりだよ

Jにいたら呼ばれないってことしたら、みんな海外行っちゃうよ。
国内空洞化しても良いことないぜ。
学よ Jの意地見せてくれ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

順位予想 2016

今年も懲りずにやります順位予想
去年はマリノス以外はまずまず(順位予想 2015
それではどうぞ。

    (監督・GK・DF・MF・FW)
1.横浜FM(
2.G大阪(
3.広島 (
4.浦和 (
5.鹿島 (
6.FC東京(
7.川崎 (
8.湘南 (
9.神戸 (
10.名古屋(
11.鳥栖 (
12.大宮 (
13.仙台 (
14.柏  (
15.福岡 (
16.甲府 (
17.新潟 (
18.磐田 (

の6段階評価

今年もマリノス1位予想。
客観的に見れば、7位~10位前後ってもわかっている。
ただ、1位予想は譲らない。

現実的には、G大阪・広島・浦和・FC東京・鹿島・川崎あたりが優勝争いの軸。
去年とだいたい変わらない。
むしろ、去年以上にその6チームとそれ以外の差が広がった気がする。

マリノスも上位に食らいついていきたいが…

残留争いは今年昇格したチームが軸になるだろう。
ただ、今年はそこまで下位に差がない。
去年J2・3位の福岡も十分残留可能。

個人的には、柏と名古屋がちょっと気になる。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (202)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (33)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (4)
マリノス 補強・契約 (45)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム