2012-05

ACL Jリーグ勢 全滅

名古屋、柏、FC東京、ガンバ大阪の4チームが挑んだ今年のACL。残念ながら、ベスト16で、全滅してしまう状況になった。

チーム状況が悪いガンバ大阪のグールプステージ敗退は仕方ないが、突破した3チームともグループステージ2位のため、ノックアウト方式の一戦で、アウェイゲームになってしまったのも原因のひとつかな...

しかし、ここ数年まったく駄目なJリーグ勢。悔しいが、Jリーグの質そのものが落ちているといわれても反論できない。特に外国人選手の質の差は顕著な気がした。

中国のチームは不動産バブルで、外国人獲得に大金を費やしている。例えば、広州のチームの監督は元イタリア代表でW杯優勝監督リッピさんという豪華さ。

対する日本は大ベテランのドゥトラやマルキを獲得し、活躍できちゃう状況。危機感大。ヤバい。

マリノスが出ていたら、どうだろうと想像しながら、観戦していたが、とてもじゃないが、勝てそうとは..去年1年に関しては、ACL組より下なのはたしか。ただ、ここをマリノスは目指しているはずだ。

清水戦のような試合で満足しているファンや選手がいるとしたら、まずい。優勝やACLを目指すならもっと高い志でいなければいけない!!

このまま古豪と呼ばれるのか?
スポンサーサイト

つまらない試合 清水エスパルス戦 感想

あーつまらん
0-0引き分けに終わる。シュート少なっ。

エスパルスは、吉田、小野、村松、岩下、アレックス マリノスは、小野、学 と両チーム主力を怪我、五輪、出場停止などで欠き、手探りなまま前半を終わり、後半もメンバーチェンジするもあまり変わらずといったつまらない内容。

小野&学がいないと局面打開や仕掛ける場面がほぼない。両サイドバックは仕掛けてはいたが...
そのあおりを受けて、マルキがゴール前でなくサイドに流れて、ボールを受けていた。小野&学の分まで無駄な仕事を強いられていた感じ。

また、チームとしての崩しなどは皆無。個人能力頼みのサッカー。連敗中から何も変わっていないことをあらためて露呈。学・俊輔・マルキ・小野のいずれかが欠けるとどうしょうもない。

神戸の西野監督や川崎の風間監督を見ていると、良い監督は、短期間でもチームのカラーとして、連動した崩しは見えてくるとあらためて分かり、今の監督ではそれは無理なんだと悟る。

交代策でも疑問。
相手の清水は、2トップに変更し、一次的には流れを変えた。が、マリノスはというと、なぜか兵藤に替えて、谷口。パワープレーなのか良く分からない交代。

パスの出し手を減らしては意味ないし、ロングボールもなかった。予定していた谷口投入を試合の状況関係なくやったとしか思えない。

そもそも、後半10分ぐらいしてリズムが良くないのだから、先手で健太あたりに交代すべきだったのでは?ラスト10分ぐらいに、エスパルスがさらにFW2枚投入してパワープレーを仕掛けている状況で、健太出してもどうしょうもないだろ。

また、兵藤&富澤のボランチコンビを崩すべきではなかった。
小椋&富澤が決して悪くはなかったが、学に代わり、2列目に入った兵藤は、相変わらずのアイディア不足。ドリブラー学の代わりは翔のが良かったんじゃないか。もしくは健太じゃないのか。

しかし、学がいないであろう五輪期間中はやばい。トゥーロン国際大会での学の活躍を見ていても、あらためて不在の在を感じる。
出場停止中の小野がそのポジションに入るにしても、FWの層が薄い。危険。

DFに関しては、エスパルスが誇る大前選手、高木選手の両ウィングにほとんど仕事をさせなかった。また、飯倉も脳震盪起こしながら、最後まできちんとゴールを守り続けた根性には、頭が下がる。

最後に、これで、リーグ戦は3週間休みになる。柏から熊本に移籍した北嶋選手のように7月10日の移籍マーケットが開く前にこの期間を利用して、移籍もあるのかもしれない。チーム編成、チーム戦術の徹底も含めて、大事な時期になる。

再開後、今度こそスタートダッシュだ!!

W代表戦感想

まずは、フル代表について
アゼルバイジャン相手に2-0、ほぼ相手を寄せ付けず勝つ。新人のテストとレギュラー組の調整にもってこいな試合。

栗原はフル出場もあまり目立った活躍もなく、終了。
これではスタメンは...

目立ったのは、FC東京の高橋と柏の酒井宏樹ぐらい

マリサポ的に、気になったのは、アーリアが出るかどうか。
結局出場しなかったが、出てほしいと思うのが3割、出たら悔しいのが7割。イヤ正直言うと悔しさ9割。乾、ハーフナーに続きまたも...には今回ならなかった。

できればみんなマリノスで花開いてほしいのだが。一方、アーリアとほぼ同じような状況であった健太が今もベンチ。とても複雑。次節期待も小椋がボランチで兵藤が学の所に入るんだろうな(ため息)

ただ年間通して活躍していない選手を代表に呼ぶのはどうなのか?
最近アーリアの勢いも開幕当初に比べて落ちてきていると感じるしなぁ。

一方、五輪代表がトゥーロン国際大会へ
トルコ相手に0-2敗戦。自分たちと世界との力の差や現状の厳しさを感じるいい機会になりそう。

学は後半から出場も攻撃陣のなかでは、存在感あった。とりあえず怪我の心配はなさそうだが、無事に帰ってきてほしい。

しかし、比嘉は何で選ばれているのか?
ドゥトラ、金井に次いでマリノスの左サイドバックの3番手で、ベンチにも入ってないのに...
FC東京の椋原あたりは結局チャンスなしで少し可哀そう。

比嘉、学、栗原
何かしら学んで、無事に帰ってこい。

色んな意味をこめて宏太も


勝てるゲームを落とした ガンバ戦 感想

0-0引き分け...勝てるゲームを落とし、勝ち点2を失った。圧倒的ボールキープし攻めたが点が遠い。PKを決めてれば…

PKに関しては、前から思うが俊輔ってチームキッカーにするほど上手くないんじゃ…兵藤のが上手くない?

ただ学のケガは痛い。打てそうなのに打たなかったのは、良くないと思ったら、怪我だったのか。
今やチームに欠かせない。大事にいたらなきゃいいけど、心配。

一方、今日は小野がイマイチ。
ボールを持っていても判断が悪く、パスの精度も低い。
シュート力と精度の向上、審判への怒りを押さえられない精神的部分など課題がこの試合はっきりした。健太に交代させられてもしかたない。

その健太は久しぶりの出場。わずかな時間で少しチャンスを作った。学&小野は次節出場しなそう。なんとかマリノスで試合に出て欲しい。健太ファンとしてはラストチャンスに賭ける。

しかしガンバはどうしたんだ?
全体的に攻守の切り替えは遅いし、運動量も少ない。遠藤選手ですら存在感薄い。

ドゥトラのスピード不足を思えば、佐々木選手が鍵を握りそうだが、先発でもなく途中出場も負傷退場。これはマリノスにとって追い風だった。ドゥトラが自由にプレーしていた。

ただ監督だけの問題じゃなさそうだ。
佐藤選手や寺田選手、パウリーニョ選手は正直ガンバのスタメンにしては弱い。イグノ選手のようにボールを自力でゴール前まで持っていく選手がいないので怖さがまったくない。
良い外国人FWの存在がいないことが問題。間違いなく補強の必要性あり。

マリノスにとって連敗中、このような試合で勝てなかったら、本当に苦しかった。ただ連勝の勢いをこんな形で止めてしまったのは痛い。

結局、ボックスを崩すサッカーはできていなかったのか。次節清水戦は少し今後を左右する一戦になりそうだ。

頭はクールに、プレーは熱く。次は勝つ。


追記
しかし一番のサプライズはパンゾーの髪の色
なんとパープルになった!!

ガンダムの影響?それともバンドの関係?
ビビる。

首の皮一枚 ナビスコ杯

ナビスコ鹿島戦3-2逆転勝利!!
ラッキーな部分もありながらも、予選突破へ首の皮ほんの1枚つながった。

これで公式戦5連勝 それもいずれも複数得点!!
正直ここまで連勝が続くとは思ってもみなかった。

開幕から1カ月運がない部分もあったが、ようやく風が吹いてきた。

ナビスコは正直予選突破が難しいので、ベストメンバー規定の中、誰を休ませるのかと思ったら、前節スタメンからマルキ&俊輔&パンゾー&富澤だった。

そこから大黒&金井&小椋&熊谷!!が先発。ボランチはタニでも森谷でもなかった。アンドリューへの期待の高さをうかがわせる。

試合を見ていないので何とも言えないが、ガンバ戦に向けて、小椋の復帰と勝てたことは収穫。
次勝てば上手くいけば3位!!1か月前予想だに出来ない順位。ぜひとも勝ちたい。

中位浮上 4連勝!! 広島戦感想

鬼門のアウェイ・ビックアーチにて苦手広島に逆転勝利!!
正直スタメン復帰したマルキの存在は大きかった。

試合内容は、広島青山選手のロングシュートで先制されるも、マルキ・学・富澤のゴールで逆転した。

まず、先制された場面だが、飯倉の不注意といえば不注意で前に出すぎだったのか?、やはり相手青山選手の判断やロングシュートを褒めるべきなのか?

ラインの裏にパスが出された場合への対応で前に出て行くのは当然だが、やはり不用意。その後ビックセーブもあったし、まぁ飯倉なら次に生かすだろう。

広島は先制した後、自陣に引いて、5バック気味にブロックを作るという嫌な展開。あのままの流れだと、ブロックを崩せず、バランスを崩して、前に出たところをカウンターを喰らって負けるというありがちなパターンだった。が、マルキの個人能力の高さで同点に追いつく。

やっぱり、ブロックを崩すには、難しい連動した崩しもいいけど、圧倒的な個の力ってやっぱ効果絶大。マルキって意外とヘディングも強いとあらためて知る。

マリノスの日本人FWには...もちろんそれぞれ良さがあるが、あのプレーは難しい。
一方、大黒途中出場で、チャンスありながらノーゴール...どうしたんだ?マルキのフル出場は当分無理そうなので大黒の復活は必要。

しかし、何故かしらないが、一点取った後の広島は後ろに腰が引けていた。後半までミキッチ選手が出てくる場面がなくラッキーだった。単純にスピードをいかされるときつかった。(ドゥトラが完全にスピード勝負で負けていた...ちょっと今後不安。)

これは、ペドロビッチ監督からポイチ監督になり、変わった部分なのかな?
先制したことで少し、守備の意識が強くなりすぎたのか、ラインが下がりすぎていた。簡単にロングボールを蹴らないサッカーで、セカンドボールへの対応も悪く、ラインが低いため、マリノスの前線からの守備の餌食になっていた。

2点目の場面も広島の選手が棒立ちでボールウォッチャーになり、小野が簡単にクロスを入れることができ、大黒のヘッドのこぼれ球を学が決め、逆転。セカンドボールに対する出足の良さが今のマリノスの武器。

セカンドボールへの対応の良さのせいか、今日はいつもより兵藤が前線に飛び出し、俊輔がボランチの位置でゲームを組み立てる場面が多くみられ、いいリズムで攻撃ができている。

守備に関しては、本来、ポストプレーのFWを軸に攻めてくるチームに栗原&中澤のDFコンビは強い。たとえば、ジュビロの前田選手にやられた記憶があまりない。逆に、寿人選手のような動きが俊敏で捕まえにくいFWがいるチームが苦手で、ここ最近の広島に対する勝率の悪さもここからきている。今日も結構危険な場面を作られたが、なんとかしのいだ。

だが、、かつて所属したストヤノフ選手や柏木選手のようなセットプレイでの優秀なキッカー、ムジリ選手のような切り札、李選手のような万能型ストライカーもいなくなり、チームとしての怖さがなくなった印象。

そのため、苦手広島相手に油断はできなかったが、それでも、3点目を富澤が決めれたことで、最後は安心してみれた。富澤選手、マリノスでの初ゴールおめでとう!!

正直、真価を問われる試合が未だにきておらず、戦い方に手ごたえがあまりない。

ただひとつ今のマリノスにいえることは、
いい攻撃は、いい守備から
サッカーの基本的な格言だが、これを忘れてはいけない。

鹿島、柏、ガンバ、名古屋の調子があがらず、仙台以外飛び出しているチームはいない。4連勝で上位は見えてきたが、一歩ずつ進もう!!

マリノスのスタイルの構築? GW3連勝 札幌戦 感想

2-1札幌を振り切り勝利。GW3連勝!!怪我人も戻り、負の連鎖から抜け出せた。
横浜は強風だったが、試合中は、ほとんど晴天中行われた。帰宅後、他会場のひょうや雷雨などの天候を知って、ビックリ。天気が良くて良かった。

試合前、20周年記念AWEYユニホームを購入。ちなみに10番小野選手モデル。
DSCN2912.jpg
限定に弱いなぁ~

試合内容は、俊輔がこぼれ球を思いっきり決め先制。その後追いつかれるも、交代出場の谷口が決勝ゴール。2試合続けて交代策が当たる。怪我人が戻り、信頼できる中堅&ベテランを軸にしてプラン通り交代している印象(逆に翔などの若手の出番は減りそう)

まず、攻撃に関してだが、相手GKとDF陣の対応や連携が悪く、先制のシーンも含めチャンスが多く生まれた。大黒が決定機を決めていれば、楽な試合。守備的な部分でのエネルギーの使い過ぎが問題なのかもしれない。

途中交代したが、決めれば勢いに乗りそうなので、まだ交代しないでほしいと思う反面、同点の場面でマルキを投入するのは当然と思う。攻撃のキーマンである小野を外すわけにもいかないし、大黒にとっては、結果が欲しい、苦しい状況。

守備面に関してだが、自分の中で実は一番見応えがあったのは、相手FW前田と中澤のマッチアップの場面。

たぶんだれも注目していないし、単純に中澤が勝っただけちゃ勝っただけ。だが、前田選手は、さすが、高校時代広島ユース最高傑作の天才と呼ばれた存在。久しぶりに見たが、懐の深さが日本人じゃまず見かけないレベル。その前田のドリブルを簡単に飛び込まず、冷静に対応したの中澤もまた凄い。自分的に唸るシーン!!

ただ、うかれてはいけない。最悪な状況を出したに過ぎない。GW3連勝したが、勝率5分にしただけ、やっとスタートラインに戻ってきたにすぎない。

連勝したものの、監督就任時の目標である、得点力アップさせ、マリノスのスタイルの構築することはできておらず、相変わらずブロックの外でボールを回しているだけなど、長年の問題点は解消されていない。

逆に言うと、代表クラスのDFがはじき返し、セットプレーをいかしながら、したたかに勝つというマリノスの原点に結局帰ってきた。つまらないとかいわれるけど、マリノスのサッカーって結局これなんだよね。

同様に、お隣川崎は、打ち勝つサッカーに戻った。
風間監督はチームをぶっ壊して作り直している感じがしたので、時間がかかるのかと思ったら、早くも2連勝。マリノスと一緒で、やっぱり、それがそのチームのスタイルなんだろうね。浸透するのが早い。

強力FW陣がいなくなった中で、守備的になった相馬さんのやり方が間違っているとは思わないけど、結果的には川崎のサッカーには合わなかったということ。

風間さんのサッカーは、守備力自慢のマリノスでは、中々フィットしないのかもしれない。逆に川崎は攻撃力アップな一方、守備が不安で、不安定な戦いになりそう。
まぁないものねだりしてもしょうがない。

しかし、樋口監督には、攻撃的な部分の改善を求め就任したはずだが...正直無理そうだな。
これって和司さん監督就任した際にも言われたことなんだよね。結局同じことを繰り返している気がする。サポーターはもう忘れてしまったのか?

まぁ勝てばいいというのが、基本サポーターのスタンス。そりゃ間違ってないけどね...

社長もこんなんじゃ何のために木村和司監督を替えたのかわからないとシーズン終了時に思うだろう。ACL出場や魅力的なサッカーで集客増の期待は薄い。

まぁ次も勝って、トリパラの花を咲かせよう。
DSCN2906_convert_20120507185056.jpg

連勝!!浦和戦 感想

2-1競り勝ち、連勝!!
なぜか、埼スタでの浦和戦、相性◎。浦和キラーの千真がいなくなっても変わらない。

学のゴールにパスをしたような先制点から、後半槇野選手のDFとは思えない素晴らしいゴールで追いつかれるも、途中出場のマルキ復活の決勝点。

腰痛いとかいって1か月も休んでたのに、いきなりゴールを決めるんだぜ~
ワイルドだろ~


って軽口が飛び出しちゃうよ。
ゴールシーンにつながるCKを得る前のシュートの振りは流石。助っ人外国人ってこういうもんだなと改めて思い知らされる。

試合全体に関してだが、素人なので、戦術なのかはよくわからないが、浦和とかみ合わせが、やたら良かったように思う。

今節まで3位で調子のよい浦和相手、そしてペドロビッチ監督には広島の頃何度も煮え湯を飲まされてたので正直分が悪いかなと思っていたが、むしろ逆。

浦和のサッカーが昨年から変化した部分は所々見えたが、全体的にはあまり怖さがなかった。裏を突くプレーが少なく、中央突破しかない感じ。

裏が狙われる場面少なく、早めに先制したこともあり、全体的にコンパクトにでき、セカンドボールがことごとく拾えた。また、チーム全体に守備意識がものすごく高かった。俊輔や大黒が守備面でも貢献し、チームが上向きになったポイントのように思う。

この点で、マルキはスタメン復帰した際にも、できるのか正直疑問。ゴールシーン以外ほとんど目立たず。時間稼ぎなどのプレーから見ても、まだ全力でプレーするのは、難しそうにみえた。

また、3-4-3の浦和のシステムは、ボランチと2シャードーの距離がとても離れていて、その間を俊輔が比較的自由に動き回り、ゲームを組み立てていた。

自由にパスが出せれば、やっぱすごいプレーヤー。毎回これぐらい自由にできれば、苦労しないのだが、そうもいかないだろうな...

シーズン前、元セレッソの森島選手のようなイメージでゴールをとるプレーもしたいというような記事を読んだが、やはり中々うまくはいかない。連敗中も、チームを助けるゴールができなかった。

かつてのマリノスの10番山瀬兄のように、現代の攻撃的MFは、流れの中からシーズン8~10程度取ってほしいのが理想だが、そういうタイプじゃない。

俊輔には、パス、特にサイドチェンジなどロングパスの才能ではだれにも負けていない。だが、ボランチのポジションでは生きないし、攻撃的MFではゴールという意味で物足りない。

現状、どうしても俊輔頼みになり、パスが集まるが、逆に相手にはそこからしかチャンスがうまれないはがわかっているから潰しにかかる。あらためて偉大だが、使いにくい選手だなと思った。

しかし、監督の戦術にあうかあわないかは、大きいと感じた。ペドロビッチ監督になって、浦和の柏木選手やマルシオ・リシャルデス選手は復活した。一方、サイドに張ってドリブルシュートが持ち味の原口選手は昨年のようなプレーが見せれていない。

マリノスでいうと、木村和司監督になってから、健太に出番はなくなった。樋口さんからも、この試合で新人の熊谷を先発起用している所を見る限り、森谷も含め評価が低い。夏に2人が動いても仕方ないかな...

今シーズン、元マリノス組は移籍先での活躍が目立っている。特にサカティーはJ2得点ランキング2位。点取り屋としての才能が開花している。他にも、宏太やアーリアはチームの躍進に貢献。できれば、マリノスで輝いて欲しい、が環境次第でどっちにだって転ぶ。

次はGW最後の札幌戦。河合や大島の元マリノス組がいるが、絶対負けられない。
GW3連勝で、勝率5分に戻すぞ!!




«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム