2014-03

W入籍発表!!

学・仁 W入籍発表!!
 
こりゃ、めでたい。
ユース同期2人仲良く発表。
ってか、取り残された優平が、かわいそうや
 
2人のさらなる活躍に期待!!
 
しかし、ちょっと前に兵藤も結婚したし、マリノスに独身組が少なくなったね。
残る年配組は、勇蔵と飯倉ぐらいか。
あっ、あと正治さん(笑)
 
そんな結婚いじりネタでおなじみのキクマリといえば、鷲尾ちゃんがあと2回で卒業。
寂しいね
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

俊輔 CM&表紙

サッポロ生ビール 黒ラベルのCMに俊輔が出演!!
皆さんもご覧になりましたか?
 
「大人エレベーター」という仮想の舞台に、妻夫木聡さんと人生観などを語るシリーズもののCM。
かつては、仲代達也さん、北野武さん、白鵬関といった各界のスーパースターが出演。
そのCMに我らがキャプテン 中村俊輔も仲間入り!!
 
「現状に満足しない」という俊輔が普段から言い続けていることが、CMでも語られていた。
カッコいいっす
ただ、サッポロビールってアルビレックスのイメージがあるけどいいのかな?
 
黒ラベルだけでなく、「バーコードフットボーラー」というネットゲームのCMにも出演中。
これってやっぱ、JリーグMVPの効果なのかね?
 
そして、CMだけじゃない。
今月発売のサッカーマガジンZONEの表紙を飾る。
 


巻頭特集で、宮本ツネ様との対談。
内容は、海外にいる時の話が中心で盛りだくさん
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

計算通りにはいかない 甲府戦感想

0-1敗戦
嫌な負け方だった。
城福監督の手の上で転がされたね。
 
ボールを回せど回せど、相手のブロックを崩せず。
攻撃陣の動きが鈍い。パスが足元ばかりじゃ駄目だわな。
やはり、ドリブラーがいないメンバーでは崩せないのかな?
ガックリ
 
ACLはメンバーを落として負け、Jリーグも主力メンバー中心でも負け。
計算通りにはいかねーな
 
<スタメン>
徳島戦から学・藤本に代わり兵藤・優平がスタメンに。
 
だが、兵藤・優平ともにいまいち。
兵藤は、何も印象に残ってないし、優平はボール受けた後が何もできない。
 
あらためて、メンバー構成ををみると
メルボルン戦の試合に出なかったのが、11人中6人
そして、遠征にも行かなかったのが、11人中4人
徳島・メルボルン・甲府の3連戦を連続でスタメン出場したのは、哲・パンゾーのみ
 
休養を考えてのメンバー構成になったが、動けなかった。
皮肉にも、一番疲れているであろう哲・パンゾーが奮闘...
  
途中出場した藤くんの状態が上がってきたことだけが唯一の収穫に。
 
<試合内容>
前半、ボールは持たされているだけで、シュート0本。
シュートどころか、セットプレーも0回。
 
時に全員で守る甲府ブロックの外を回すだけ。
ロングボールを入れても、青ちゃんにはじき返された。
 
逆に、クリスティアーノ選手・河本選手を捕まえ切れず、カウンターで危険なシーンを何度となく作られる。
パワー系FW盛田選手不在も甲府にとっては幸運だったね。
 
後半も同じ感じ。
学入れても状況は代わらず。
 
甲府に先制された時点で厳しくなった。
最後パワープレーで攻めるも、甲府のDF陣は集中力を切らさない。
点取れず、ジ・エンド
   
正直いうと、甲府を少し舐めていた。
J1残留経験者の甲府と初J1の徳島じゃ全然違う。
自分たちの実力をわかったた上での戦い方。
完全にやられました。
 
<次節に向けて>
もう切り替えていくしかないね。
やるっきゃない!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

陽介が心配だ

元マリノス 「目黒のバッハ」斎藤陽介が離婚&引退を発表
なにーっ

この報道もビックリだけど、ヤフートップニュースになったことに衝撃。
奥さんが美人で一時評判になったけど、日本代表でもなく、知名度のある選手でもない。
陽介?誰それが一般だと思うのだが...
 
まぁ、それはさておき
離婚に関しては、
国際結婚で色々と難しい所があるんだろう。
外野がとやかく言う話ではない。
 
ただ、引退は考え直した方がいいと思う。
一時的な感情で動いちゃいけない。
後で、後悔するよ。
 
怪我、そして離婚や親権問題で公私ともに不安定なのもわかる。
ただ、やけになって辞めるのはもったいない。
 
わざわざ海外まで行って、サッカーを続けたのは、子供のためだけだったのかな? 
次にやりたいことがあるのならそれでもいい。
ブログを読む限りではやけになってるとしか思えないのだが...
 
まぁここでガチャガチャ言っても仕方がない。
マリノス関係者やユースの仲間たちが相談にのってあげてるとは思うんだけどさ。
心配。 

ちなみに
学のことを斎藤と呼ぶ奴は、陽介のことを知らない人。
そいつがマリサポと名乗っていたら、モグリか、マリサポ新参者だね。
 
哲も達也がいたから、榎本とは呼べない。
 
追記 陽介 現役続行へ
まぁ良かった。まずは、怪我を治して欲しいね。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

リニューアル

FC2ブログに移行して2周年
「激辛!激甘!トリコロール ダイジェスト」改め「トリコロール ダイジェスト」
そして、背景をシンプルなデザインに
それぞれ変更しました。
 
これを機に、よりシンプルなブログを目指していきます!!
 
今までは、簡潔にまとめられず、ダラダラ長すぎることが多かったので(汗) 
句読点のつけ方、誤字脱字にも気をつけま~す。
 
まぁ内容は、激辛・激甘時代と変わらず、試合の感想を中心に
2日~3日に1回ペース、基本文章だけ 
と、あまり変わらないだろうけど。
 
最後に
ここまでブログを続けられたのも、読者の皆さまの反応あってこそ。
改めて感謝します。
これからも宜しくお願いいたします。
 
無題6
ちなみに、この服 優勝記念セールで2058円で購入。
   
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

悔しい 腹立つ 申し訳ない メルボルン戦 感想

メルボルン戦 0-1敗戦
ACL予選リーグ 折り返し時点で勝ち点1のみ
厳しい状況に追い込まれた。
 
控えメンバーで臨んで、ああいうミスから先制点を奪われると、やはり厳しい。
どうしても、バタついてしまう。 
あーっ めっちゃ悔しいな
  
<スタメン>
システム 4-4-2で
GK 哲
DF パンゾー・勇蔵・ファビオ・奈良輪
MF 小椋・三門・学・優平
FW 仁・矢島
 
徳島戦から7人も替えた。
まさかのエルゴラの予想通りになった。
 
個人的には、ボランチを両方入れ替えるわけがないと思ったら...
 
このメンバーでは、
安心して預けられるゲームメーカーがいない
ボランチも最終ラインも繋ぐのが得意なタイプがいない
FWがボールを納められない
そして、チームリーダーもいない
細かいパスミス連発 終始バタバタ 
 
問題は、ボランチ
やっぱ、テクニックのない小椋と三門のコンビでは、落ち着かない。
本来使われる側の優平が使う側では...
 
藤本投入後、多少改善したけど。
 
<試合内容>
前半取られたパスミスからの失点を最後まで返すことができなかった。
相手は決して強いわけじゃないのに、もったいない。
  
メルボルンはパスを繋ぎながら、一本のパスを裏に通すスタイル。
オーストラリアっぽくなくて、最終ラインのケアさえすればいい。
パスで繋ぐ割には大して上手くなく、中盤でボールを奪うことは結構容易かった。
 
だから、チャンスもあったし、主導権も握っていた。

だが、奪った後の細かいパスミス
そして、マリノスが決定機をものにする力のなさが浮き彫りに。
あーっ 腹立つ
 
特に矢島
リズムを崩すポストプレー、気迫の無さにはがっかりした。
途中交代の藤くんも決定機きめられないし...
 
それから、
こういう試合でこそ、チームを救うプレー・ゴールが欲しい。
日本代表になるには、そういう力が必要なんだよ。 
 
<最後に>
俺たちは、日本代表としての責任がある。
だから、何よりも大事なのは結果。
最低でも、決勝トーナメント進出は義務。
 
決勝トーナメント進出の可能性は低くなったとはいえ、まだ0じゃない。
このままじゃ、他のJのチームに申し訳ない。
少なくともサポーターは、最後の最後まで、あきらめるわけにはいかない。
 
樋口さん
間違っても、あきらめのメンバー構成だけはしないでくれ。

 
ACLでは、いつもはしない控え抜擢やシステムチェンジ。
一方、リーグでは相変わらずのスタメン固定・遅い交代。
 
そんな采配見てると、選手・サポーターとACLにかける思い・熱が違うんじゃないか?
とさえ思ってしまう。
 
ACLは控えを試す場じゃない
 
9年ぶりのACL
俺たちは、アジア王者に対しても互角の力を持っていると示した。
なのに、コンディション不足の全北戦と控え中心のメルボルン戦の2試合の負けで終わるのは、もったいないし、納得できない。
 
ACL 城南一和にやられた悔しさを未だに忘れちゃいねーんだよ。
なにがなんでも、絶対3連勝だ!!

 
P.S南半球メルボルンまで応援にかけつけたサポーターの皆さま
お疲れさまでした。
風邪などひかないよう、気をつけて帰ってきてください。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

樋口さんは、リーグ戦>ACLなんだ...

メルボルン戦の遠征メンバー
GK 哲・六反
DF 下平・勇蔵・ファビオ・パンゾー・奈良輪
MF 富澤・小椋・淳吾・マチ・学・三門・アンドリュー・優平
FW 仁・矢島・藤田
 
となり、俊輔・ボンバーがいない編成となった。
徳島戦2人を途中交代もさせずにいた時点でなんとなく想像ついていたが...

樋口さんの中では、リーグ戦>ACLなんだ...
  
もちろん過密日程でターンオーバーするのは当然。
ただ、個人的には、ACLを重視したタ-ンオーバーにして欲しかった。
 
徳島と試合する前から、力が劣っているのは分かっていたのに...
徳島戦でメンバーを落として欲しかった。
ACLは次の試合負ければ、もう後がない。
どう考えても、メルボルン戦の方が大事だし、徳島より強い相手だろう。
 
決して、俊輔とボンバーがいないメンバーが弱いというわけではないが、
やはりJリーグを代表してACLに臨む以上は、怪我人以外はベストな布陣にしてほしかった。
 
誰が見ても、俊輔・ボンバーはマリノスの攻守の要なわけだし。
もしかすると、リーグ戦はベストメンバー規定とか引っ掛かるかもしれないが... 
 
あと、仁と伊藤の使い方。
点を決めても、どちらかしか出さない、帯同もしないというのは良くない。
いい競争のさせ方ではないと思う。
GKでそういう使い方はありだとは思うけどさ。
 
まぁ、とにかく、メルボルン戦
なんとしても勝って帰ってきてほしい。
遠征メンバーを信じるしかないね。

 
俊輔のポジションには誰が入るのか?
ファビオと勇蔵のコンビは?
どういうスタメンになるのかもわからない。
楽しみでもあり、不安でもある。

  
最後にドゥさん 早く戻ってきてください。
待ってます。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

理想的な勝ち方 徳島戦 感想

徳島戦 3-0 勝利!!
得点者 富澤・伊藤・藤本
マンオブザマッチ 学
 
圧倒的な力の差を見せつけての勝利!!
今後の連戦を考えると、途中で選手交代させて休ませることができたのは、大きいね
  
前半の内に追加点が取れれば、もっと楽だっただろうが、さすがに、求めすぎか。
 
ただ、引いた相手を崩すのは、個の力が最後の部分では必要だね。
 
黄金期のG大阪もパスで崩していたが、
最後はやっぱり、アラウージョ・マグノアウべス選手といった優れたFWが決めてた。
 
現状、マリノスには強力FWはいない。
セットプレーでなんとか、勝負強く勝ちをひろっていくしないね。
マリノスも相手をなぎ倒してでもゴールに突進していくような選手がいたらなー 
 
まぁマリノスだけでなくJリーグ全体にもいえる。
ここ最近、Jリーグ勢がACL勝ち上がれない理由は強力FWがいないからだろう。
 
<スタメン>
リーグ戦の清水戦と同じメンバー。
ACLとリーグ戦でメンバーわけてるね。
仁は、ACL専用になってしまったみたい。
  
点差が離れてから、中町・学・下平を休ませ、三門・優平・奈良輪が途中交代で出場。
このぐらいの力の差があると、交代の遅い樋口さんでも、さすがに代えるね。
 
<試合内容>
前半から圧倒。
まずは、セットプレーから富澤のゴールで先制。
 
J1・100試合出場を自ら祝うとは、さすが。
それも、間寛平さんの目の前でね。
 
まぁ寛平さん見損ねたみたいだけどさ。
富澤もゴール後のパフォーマンス忘れてたから、
どっこい
 
その後、攻め立てるも決めきれず、1-0で折り返す。
 
後半もマリノスペースが続く。
俊輔のFKのこぼれ球を伊藤が詰めて2点差。
この時点でほぼ決まった。
 
最後に、淳吾のパスで崩してのゴールで完勝。

まぁ正直徳島は厳しいね。
クレイトン・ドミンゲス選手ぐらいしか希望がない。
技術だけでなく、切り替え・運動量ともにない。
 
プレーオフ制度を廃止して、J1の16位とJ2の3位の入れ替え戦を復活させた方が良いのかもね。

<次の試合に向けて>
リーグ戦は3試合連続還付での3連勝といいスタートダッシュが決めれた。
ACL この勢いをつなげたい。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

見つめ直そう ゴール裏のあり方  応援のあり方

浦和が人種差別の横断幕を掲げたこと問題で、
次の清水戦は無観客試合となる処分を受けた。
 
一部の浦和サポがした行為は、浦和レッズの価値を落としただけでなく、Jリーグ全体にも影響を及ぼした。
 
浦和は、この問題だけでなく、今までの行きすぎた暴力等の不法行為も含め反省して欲しい。


そして、浦和だけでなく
Jリーグの全サポータそれぞれが、責任を持って行動しよう。
 
ユニを汚す行為は絶対許されない。 
マリノスならダービー戦とか気をつけないとね。
 
しかし、この処分 清水は可哀そう。
関係ないのにね。
サポは、チケット代は返金できても、それ以外の新幹線代とか手数料とか無理だし。
 
やっぱ
勝ち点没収と今シーズンすべて横断幕や旗等の禁止のがいいのでは。
 
浦和サポは自分たちの応援でチームを勝たせる事を誇りにしている。
自分たちのした蛮行で浦和の成績が悪くなるほうが痛いのでは?
  
今回の処分では、浦和レッズが金銭的に痛くても、蛮行をやるような輩の懐は痛まない。
一試合我慢するだけの話。
 
もし、清水戦 スタジアムの外で反省もせずに浦和サポが集まるようなことがあれば、また繰り返しかねないね。
 
そもそも、
横断幕を提示した理由は、ゴール裏に日本人以外が来て応援の邪魔をされるのが嫌だったかららしい。
横断幕の位置や闘士のみという文字から察するとその理由で間違いのかな。
 
英語を良く知らず、外国人の補強をしないフロントに向けてかなと思ったが違ったね。
だが、ホントの理由が韓国の選手や韓国にルーツをもつ選手に対してなら、より最低。
 
マリノスならありえない。 
優勝に貢献した想鉄の兄貴や貞桓はリスペクトしてる。
ドンちゃんやクナンも茶目っけのある かわいい奴ら。
 
直接何か悪いことをされたわけでもないのに、勝手に強い嫌悪感を抱くのはいかがなものか。
 
しかし、浦和は、あれ以上迫力のある声援を作りたいみたいね。 
それに比べて、マリノスのゴール裏は良くも悪くも平和。
 
試合中に崎陽軒のおいしいシュウマイ弁当を食べてる人
スマホいじる人、ゲームする人、寝てる人
結構いる。 
 
だから、外国人がゴール裏に来ることは個人的に全然ウェルカムだね。
去年ホームラスト新潟戦、スペイン系の外国人きていたけど、
ゴールキックの時に謎の呪文を発したりいて、結構楽しんでいた。
 
それ見て、マリノスで楽しんでくれるなんて、と思うと自分は嬉しかったね。
 
選手や審判へのリスペクトのない汚いヤジする奴らよりは全然まし。 
 
ただ、横断幕は、選手への応援だけになるのもね。
チェック制度になって、大分とのエール合戦みたいなウィットに富んだのやフロント批判とかもNGになるのはいかがなものか。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

欲を言えば勝ちたかった 広州恒大戦 感想

広州恒大戦
1-1 引き分け
得点者 仁
 
国内では、味わえないような緊張感のある白熱した試合だった。
圧倒的な個人技で簡単にやられてしまいそうな雰囲気。
一瞬の油断も許されない感じだ。

これが、ACL
これが、アジア王者 広州


とは、言ったものの
後半押されはしたが、全体的にはマリノスのリズムだったかな。
欲を言えば勝ちたかった。
 
相性は悪くなさそうだけにな~
前節完敗だっただけに、ホームで勝ち点1ではね。
選手は良く頑張っていたと思うけど 
善戦止まりで悔しさも残る。
 
<スタメン>
清水戦のメンバーから
勇蔵→ファビオ 藤本→兵藤 富澤→小椋 伊藤→仁
と4人も入れ替えてきた。
 
ターンオーバーするなら、次の徳島戦だと思っていただけにビックリ!!
 
特に仁は、清水戦ベンチ外からいきなりスタメン。
その期待に応え、先制点とは素晴らしい
まぁ、あのヘディングのシーンは決めてほしかったが...
 
他のメンバーも、
 
ファビオは空中戦で負けてなかった。
小椋もファール多かったが、中盤のボール奪取に貢献。
兵藤は怪我で無念の途中交代も、代わって入った優平が運動量でかき回す

とそれぞれ頑張った。

ただ、残念だったのは、矢島
プロならあのシュートはないぜよ。
清水戦もボール触る唯一の機会でミスしてたし...
次に期待したい。
 
あと、気になったのは、三門投入。
引き分けで良しとしたのかね。
セットプレーもあったし、勇蔵入れるのも手じゃなかったか?
不満が残る。 
 
<試合内容>
立ち上がりは、広州の攻撃に圧倒されるも、徐々になれてきて、マリノスのリズムになる。
そして、前半途中 FKから仁が右足でゴールにたたきこみ先制。

しかし、前半40分頃、ペナルティーエリアギリギリのところで学がファールを犯し、
イタリア代表ディアマンティー選手の素晴らしいFKで同点に追いつかれる。
あの壁位置で、決めるとは...
これが世界レベルか...

 
後半は両者決定機も何回かあったが、
両GKのファインセーブとDF陣の高い集中力で得点なく。
引き分けに終わる。
 
全体的には、パンゾーが良かった。
守備では、相手のキーマン・ムリキ選手に仕事をさせず、
攻撃でも随所にドリブルでアクセントを加えていた。
 
今更ないだろうが、怪我の内田選手に代わり、日本代表になってもおかしくないね。
岡崎選手との関係性でいえば、酒井宏樹選手より合いそうだし。
それぐらい
海外スカウトが褒めるのも、うなずけるよね。

<次節に向けて>
リーグは徳島、ACLはメルボルンと絶対に落とせない試合が続く。
徳島戦後直行するみたいだが、どういうメンバー構成になるのか。
 
大変だろうが、全員の力で勝利を掴み取れ!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

清水遠征~激安 鈍行の旅~

今回初めて日本平IAIスタジアムに行ったのだが、
鈍行では中々辛かった。
 
この旅を自分だけに留めておくのは忍びない、
せめて話のネタにしたいと思い、今回ブログに記すことにした。
 
<経緯>
試合2日前にアウェイ清水戦を行くことを急に決めた。
なぜか突然行きたくなった。
  
せっかくだから、試合観戦のついでに観光もしたいな~
金欠だから、多少時間がかかってもいいから、できるだけ、安くしよう。

という理由で、決めたルートを紹介します。
 
<ルート>
安くて楽な方法は、前回清水アウェイ遠征 あなたはどの行き方?紹介した通り、高速バスだが、早割期間は過ぎていた。
また、一人で行くので、自動車も却下。
そのため、残った方法は、鈍行しかなかった。
 
んで、選んだルートはこちら
 
6時39分 新宿駅
odakyu_formdoor1.jpg
↓ 小田急小田原線 小田原行き (乗車時間 93分)850円→640円
8時12分 小田原駅
DSCN3159.jpg
↓ JR東海道本線 熱海行き (乗車時間 23分)1450円
8時47分 熱海駅 
DSCN3166.jpg
↓ JR東海道本線 島田行き(乗車時間 68分)
9時55分 清水駅
DSCN3168.jpg

片道 2090円 所要時間 3時間16分

新宿の金券ショップで株主優待券を買うことで、小田原まで640円に。
結果的に高速バスより安い、最安ルート
 
ちなみに、JRは大幅に安くなる方法は一日JR乗り放題の青春18きっぷのみ。
ただし、使える時期が学生の休みの期間と決まっている。
また、一日あたり2300円だが、1枚ごとで窓口では売ってない。
金券ショップでも残り1回はほぼ出回ってない。
 
帰りも同様のルートで、
清水17時45分→小田原19時46分→新宿21時17分
所要時間 3時間32分かかった。
 
ただ、これに
日本平から清水駅までと新宿から自宅を合わせると
4時間30分ぐらいかかった。
自家用車や高速バスより2時間近く遅い。
 
<感想>
とにかく長い
一人だったせいか暇でしょうがなかった。
流石に一日中スマホいじってると飽きるし、充電もなくなる。
それに、伊豆半島を抜けるあたりトンネルばっか。
寝るにも、そこそこ止まるし、客の入れ替えあるから難しい。
 
ちなみに、この方法で帰るマリサポは0人でした。
小田原までは、そこそこいたけど、小田急線乗り換えは見当たらず。
 
しかし、小田急線 長かった
特に厚木~小田原間
 
ロマンスカー乗れば、乗り心地いいだろうし、20分ぐらい短縮できるだろう。
だけど、870円も特急料金上乗せしたら、本末転倒。
タイミング悪かったら、結局時間かわらないし。
 
東海道本線については、
熱海でJR東日本からJR東海に管轄がかわる。
そこから一気にローカル線ぽくなった。
 
客も少ないし、広告もない。
駅名も知らない地名ばかりで、どのへんかもわからず。
富士山で大体の位置を把握してた。

あと、熱海から湯河原駅は、登山系の乗客多い。
富士駅あたりから見える富士山は絶景。
 
<結論>
金はないが、体力と時間のある学生なら勧めるけど、それ以外にはあまり勧めない。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

清水アウェイ遠征 あなたはどの行き方?

東京近郊に住んでいるJリーグサポの方の中で、
アウェイ清水戦に行きたいという方に向けて
自分が遠征する前に調べた情報や実際に経験した得た情報を今回教えます。
予算や時間など何かしら参考になれば...
※消費税増税などで、運賃の値上がり等あると思われますので、細かくはそれぞれで調べてください。
 
まず、東京近郊から日本平スタジアムにいく方法は、
①自家用車
②高速バス
③電車
の3パターンある。
それぞれを軽く紹介します。
 
①自家用車
新宿(東京の基準点とした)~日本平スタジアムまで、約170km
トイレ休憩や渋滞を考えても、だいたい2時間30分から3時間30分あれば行ける感じ。
 
高速料金は、往復6000円~9000円(休日昼割やETC割次第)
駐車場代(周辺に臨時駐車場500円ぐらいが多数あり)
そして、ガソリン代(3000~5000円ぐらい)を考えると、
だいたい交通費1万円~1万5000円ぐらいかな。

試合終了後の運転は少し疲れそうだが、家族や友人と3人以上で行く場合はおすすめ
家から直行直帰できるし、途中観光地に寄ったり、融通がきく。
 
ただし、駿河湾沿いの道路、試合終了後、結構混んでた。
天気の良い日は、富士山を観に来た観光客の影響もありそう。
 
②高速バス
クラブ公式ツアーと通常の高速バスの2種類ある。
 
クラブ公式ツアーの場合は、
東京近郊のチームなら、だいたい往復の交通費7000円前後。
サポーター仲間と一緒に行けて、スタジアムまで連れて行ってくれるのがメリット。
バス内も企画やプレゼントもあり、楽しめそう。
 
ただし、応援しているチームのホームタウンと自分が住んでいる街が違うと使えない。
例えば、マリノスの場合、東京に住んでると、発着地の横浜駅まで行くのは時間・金が無駄。
また、スタジアム直行が多く、融通が利かない。
 
発着地が便利で、チームと試合のみが目的の場合に、おすすめ
 
次に、通常の高速バス
渋谷・新宿駅~清水駅 往復4300円 (片道は渋谷2600円・新宿2700円)
+日本平の駅までのバス代 往復600円
合計4900円で安い
 
さらに、1週間前に買えば、早割で2割引きも。
乗ったら眠ればいいから楽。
   
ただし、清水行きは本数が少ない。
試合時刻を考えての設定された時間ではないため、遅れるとピンチ。
その点、電車は本数が多いため安全。
 
違うやり方としては、清水行きより静岡行きがメインなので、静岡駅まで行くのもあり。
ただ、高速バス代、そして静岡駅~日本平までのバス代(往復1200円)と料金割増。
  
ちなみに、渋谷・新宿発着だけでなく東京駅からも出てます。
 
まぁ高速バスに共通して言えることは、
運転しなくていいが、自家用車より融通利かず、時間がかかる。
到着駅から自宅の最寄りの駅に帰るのが、めんどくさい。

って事だろう。
 
③電車
新幹線を使う方法と特急料金をかけずに行く方法がある。
 
新幹線を使う場合
東京駅から静岡・清水駅 往復1万2360円(+日本平までのバス代往復600円)
合計 1万2960円
だいたい1時間半から2時間で行ける。
 
一番速いし、楽で、時間が計算できるがとにかく高い
 
交通費をケチって、少しでも多くのアウェイを見にいきたい派にはおすすめしない。
※三島や熱海から短い区間のみ新幹線を利用して安くする方法もあり。
 
そして、最後に、特急料金をかけず電車で行くやり方。
今回私が行った方法ですが、とにかく時間がかかりすぎる
 
清水に行くには、JRのみと小田急+JRの2種類ある。
両者タイミング次第で、時間はそんなにかわらない。
清水駅まで3時間10分~3時間25分ぐらいかかり、スタジアムまで4時間近くなる
 
ただし、新宿駅から清水駅では
JRのみ   往復5880円(片道2940円) 
小田急+JR 往復4600円(片道2300円)
と値段に差がある。
 
つまり、JRのみより小田急+JRの方がお得
基本JRは距離が長くなるほど高くなる。
JR→私鉄→JRの方が、JR一本で行くより安い場合が多い。
 
しかし、それでも高速バスの方が安い。
ただ、裏技を使えば、もっと安く行く方法がある。
それは、次回に。
 
結論
家族・友人連れで行くなら、自家用車
高くてもいいから、速く・ゆったりなら、新幹線
安く、比較的速くなら、高速バス
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

もやもやの勝利 清水戦 感想

清水戦 1-0 勝利 
得点者 学
マンオブザマッチ 哲也
 
開幕2連勝!!
いい滑り出し。 
 
前半は、魅せたね。
可能性を感じる崩しを連発。
去年と同じように大量得点もありそうな感じだった。
 
ただ、得点に結び付けられない。
取った点も相手のミスがらみだし。
 
そして、それが後半にも続かない。
審判が試合コントロールできなくなったこともあり、グダグダの展開。
最後は、清水の猛攻にさらされて、紙一重の勝利となった。
それも、一人少なくなった相手に。
なぜだ

勝ったわりに、すっきりせず。
  
<スタメン>
前回と変わらず。
伊藤・藤本・下平の新加入組が先発。
 
それにしても、
伊藤は清水で人気ないね~
 
試合前スタメン発表の際、相手のリアクション。
元清水組にブーイングを浴せたのだが、藤本や矢島より全然声が小さい。
普通は、移籍したばかりの選手に対して一番大きいとは思うんだけど。
 
マリノスでのプレーを見る限り、そんな悪くないんだが? 
入団時危惧したようなプレーは、まったくないし。
むしろ、守備も精力的。
色眼鏡かけられたのかな?
 
<采配>
腹が立った。
なんでそんなに動けないんだ。
 
去年より、メンバーよくなったはずなのに、意味がない。
控えがどうとかじゃなく、ただのビビりなのでは?
  
時間稼ぎ・守備固め・疲れた選手の入れ替え
ただただ、それだけ。
 
何も進歩してない。
この試合は、勝てても、今後連戦が続く。
スタメンの疲れを計算しなきゃ後に響く。
そもそも、この試合も危なかった。
 
ボランチがイエロー出てるのなら、早目に小椋投入して、試合勘つけさすとかさ。
やることあるだろうに。
慎重にも度が過ぎる。

<試合内容>
守備面では、相手のツインタワーに仕事させず。
というか、ツインタワー攻撃ってあんまうちに意味がないと思うのだが。
  
最終ラインへのプレスが有効だとわかっていても簡単には出来ないんだね。
 
攻撃面では、相手のパスミスを奪って、裏のスペースをつくプレー。
藤本の動きはとてもいいね。

しかし、ロスタイムが長かった。
大前選手が勘違いしたシーンは、上から見てたら完全に外れてた。
清水が喜んでいて、不思議だった。

それよりも、その前のドフリーからのシュート。
完全にやられたって思った。
冷や冷や。
 
<次の試合に向けて>
次は、アジア最強・広州恒大。
とは、言っても、付け入る隙はあるはず。
そのチャンスを逃さず得点できるかどうかが鍵。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

強いチームには、競争が必要だ

兵藤のスタメン落ちが続いている。
 
優勝するためには、兵藤が常時スタメンの状態では、難しいとは思っていた。
が、いざベンチメンバーになっているのを見ると、なんだかね
 
淳吾が嫌いで、兵藤が好きというわけじゃないんだけどさ。
 
我ながら勝手だとは思う。
健太がいた時には、「健太を出せ、出せ」言ってたくせにさ。
 
出てないと寂しいなんて言ってたら、いつまでたっても強いチームにはなれない。
きちんとした競争が行われている証拠 
と頭では分かってるけど...
 
マリノスが強くなって欲しいのなら、サポーターも高い意識でいなきゃな。
 
ただ、兵藤は、簡単に腐ってしまうような男ではない。
間違いなく、兵藤の力が必要となる時はくる。
近いうちに必ず。
  
同じように、ドゥさんや俊輔、ボンバーがレギュラーを奪われる日はいつかくる。
ただ、出来ればポジションを奪う相手が、生え抜きの選手だといいね。
それも、彼らがマリノスにいる間に自力でね。
 
FW・二列目・SBだけでなく、GK・CB・ボランチも競争だ!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

金儲けの練習試合

世間は、ニュージランド戦を見ているのだろうが、
めっちゃつまらん。
 
この試合が世間の人達にとって、今年初めてみる久々のサッカーの試合だと思うと... 
なんだかな~
 
マリノスのメンバーが出てない事を抜きにしてもさ。 
わざわざ日本まで帰って来てまでする試合じゃない。
 
ヨーロッパで欧州組だけでミニゲームした方がまだいいんじゃない。
時間の無駄
 
学は、怪我せず、風邪も引かずに、帰ってきてほしい。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ほっとした 大宮戦 感想

2014年 開幕戦 対大宮
2-0勝利!!
得点者 淳吾・伊藤
マン・オブ・ザ・マッチ 藤本
 
公式戦2連敗。
それも、内容最悪な状況で迎えた開幕戦。
勝利できて、とりあえずほっとした。
  
中3日で、劇的に何かが良くなったとかはないんだろうけどね~
終始圧倒
まぁ後半は疲れが見えたが、前半は文句ない。 

戦い方の相性もあるのかな?
プレスをしてこなかったし、そこまで脅威に感じなかった。
まぁ、今日は、勝てたものの、普段の大宮との相性は、最悪なんだけどさ。
 
サッカーってそんなもんか。
 
しかし、やっぱACLってレベル高いんだと、改めて実感。
出てみないと、わからないね。
Jはぬるま湯なのかね...
 
<スタメン>
全北戦から、三門に代えて淳吾。
あとは前回と一緒。
 
淳吾を我慢して起用してきた甲斐あって、ようやく少しフィットしてきた。
先制点を早めに奪えて、チーム全員多少気が楽になったのでは?
そういう意味でも、大きなゴール。
  
そして、全北戦に引き続き先発の伊藤はスーパーゴールで追加点。
いやードラゴンを思い出したよ
他チームの時とはいえ、あのドラゴンのゴールはインパクトあったからね。
それに匹敵するようなゴールだった。
 
ただ、大宮戦の結果だけでは、まだ伊藤の実力を計りかねる。
サイドに流れてのプレーは良かったが、藤田も去年あれぐらいはできたし。
大宮の出来があまりよくなかったこともあるからね。
 
しかし、FWのレギュラー争いに一歩リードしたのは、事実。
仁・矢島・藤くんも負けるな!!
 
新加入メンバーのゴールは、チームに勢いをもたらしてくれそうだ。
  
<試合内容>
大宮の前からのプレスが遅いこともあり、余裕をもってボールを回せた。
ラドンチッチ選手と家長選手はやはり守備意識は低い。
 
また、ラドンチッチ選手レベルのパワーFWは、ボンバー&勇蔵の格好の餌食。
家長選手がボール持った際は、やはり危険だったが、それぐらい。
また、下平と青木選手がいなくなったせいか、中盤からいいボールが前線に出てこない。
 
チョ・ヨンチョル選手と渡邊選手にサイドをえぐられたら厳しいと思っていたが、そういう場面もあまりなく。
 
ただ、それぐらい回せた割に追加点が早く奪えなかったことが課題。
今年も、あまり点が取れそうもないと覚悟した方が良さそう。
 
<次節に向けて>
エスパルス戦ということで、淳吾・伊藤・矢島の元清水組の活躍に期待。
ヤジに負けるな!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (23)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム