2014-06

ラフィーニャ選手か...

元G大阪のラフィーニャ選手獲得へ
 
ここまで、噂すら流れなかったマリノスの移籍話。
もしや、補強しない気かと思ったら、ここにきて出てきました。
 
しかし、ラフィーニャ選手ですか。
なんとなく、元G大阪のロチャ選手あたりと予想していただけに、当たらずとも遠からず、予想の範囲内。
うちのフロントじゃ、元Jの選手ぐらいしか獲得できそうもないからね。
 
そのあたりは、今後ドゥさんに、期待したいね。
 
獲得が噂されるラフィーニャ選手をちょっと調べてみたのを、軽く紹介しますと
<良い所>
テクニックのある左足・足が速い・小柄な割にキープ力がある
<悪い所>
守備しない・空中戦に弱い・2トップ向き・右足がおもちゃ・独りよがりになりがち
  
プレースタイル的には、
前線から少し下がりながらパスを受けて、味方にさばき、前線に飛び出すタイプ。
動画を見ると、ワンタッチゴーラーなのかな?

あと、ドリブル突破力についてやサイドハーフができるかどうかはわからなかった。
 
ってな感じでした。

個人的には、
イグノ選手の強力なアシストがあって活躍したっていうイメージしかない。
正直これといって、印象に残るプレーがない。
 
どれだけできるのか?
今のところ期待よりも不安が大きい。

 
1トップができて汚れ役をいとわないタイプじゃないってのは...
とりあえず、期待はしたいけどね。
 
しかし、この時期のJリーグの補強はつまらない。
ガンバが元甲府のパトリック選手、愛媛が元栃木のロボ選手獲得
どこもかしこも身近な所から補強している。
それも、他のチームをお払い箱になった選手ばかりで。
 
W杯やってる最中だから、余計スケールの小ささを感じてしまう。
 
ワールドクラスの選手を獲得するのはやはり難しいね。 
博打かけるわけにもいかないし、金もコネもないから仕方がないけど。 
スペインのビジャ選手がアメリカのチームへ移籍するなんて話を聞くと、もうちょっとなんとかしたいものだが...
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

手のひらがえしの報道について

負けたとたん、ザック監督、本田選手を筆頭に選手に対して批判報道が出ている。
 
プロである以上負けたら批判されるのは、しかたがないとは思う。
ただ、批判の内容が非常にしょうもない。
 
「本田 口先だけ」なんて記事がでてた。
夢を語る奴をできなかったからといって叩くのは、卑怯や。
夢を語れるって立派なことなのにさ。
子供たちに悪影響。
 
大きいこと言って自分にプレッシャーかけ、のし上がるタイプの人間。
自分をそう思い込ませて、弱い自分を隠しているだけ。
そういったタイプの発言を大きく取り上げて、世間を勘違いさせんな。
 
そもそも、レベルの落ちたACミランで活躍できない程度の選手を散々スター扱いしてきたくせに。
都合いいことばかり書いて、勘違いさせたのは、あんたらやろ。
  
それに、代表をわがもののようにふるまう態度や監督より上的な立ち位置はどう考えてもおかしかった。
そういうことを、もっと前からビシーっと指摘しておけよ。 

「批判は終わったあとで」なんて言われたからって黙ってるなよ。
ガンガンつっこめよ。おかしいと思うことは、その場で批判してやれよ。
それが、本人のためだし、マスコミのあり方でしょ。
主導権握られ過ぎ。広報じゃないんだからさ。
 
あと、「ザック批判 記事」 正直今更だよ。

まぁ、ブレブレだったから批判されてもしかたがないとは思う。
背の低い選手ばかり選考しておいて、なぜかパワープレー。
固定化してたはずの香川選手や遠藤&長谷部選手のボランチコンビを外す。
今まで選んでこなかった大久保選手をキーマン的に色々使う。
 
だけど、 
交代策がいまいちなのはW杯最終予選あたりから露呈。
コンフェデの惨敗で、今のやり方で世界と通じないのはわかってたが、変えきれてなかった。
スタメンは固定化され、新戦力の積み上げを怠ったことで、チームに競争や緊張がなかった。
 
そんなことは、ずっーと前からわかっていたこと。
前回、批判しまくった岡田JAPANが本番で成績を残したせいか、各媒体ビビってた。
 
今更 鬼の首とったかのように指摘するなよ。
 
もうちょっと、しっかりとした報道なりしていれば、違う結果だったかもしれない。
オランダ・ベルギー遠征で変に結果だしちゃったから難しかったのはわかるけどさ。 
 
世界との力の差を見誤ったのは、あんたらもやで。
もうちょい責任もってよ

 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
 
追記 
ちょっと言い過ぎました。反省。
素人にはわからない部分があるんでしょう。
 
まぁ盛り上げるには、都合のいいことしか書きにくいか。
たいしたチームじゃないでは、試合を観る人減るからね。
 
あと、本田さん 日本に帰らなかったのは、ちょっとイメージ悪いかな。

学 お疲れ様

横浜マラソン フルマラソンへ衣替えも参加費1万5千円
 
いや高すぎるでしょ。
東京だって1万円。普通5~7千円ぐらいで参加できるのに。
 
東京みたいに都心ど真中通るならわかるけど、
スタート・ゴール地点のみなとみらい地区除けば、コースの大半が湾岸の工場地帯。
横浜市の財政状態相当悪いのね...
マリノスタウンもどうなるんだか。
 
なんでこんな話をしてるかというと、
実は、一昨年まで開催されていたハーフマラソンの部 マリノスの選手がゲスト参加してたんだよね。
自分が出た時は、俊輔がスターターで、青ちゃんやアマとかが給水係だった。
普段応援している選手に応援してもらったのはいい思い出
 
協賛のアディダス絡みだと思うんだけどね。
記者会見の写真にはマリノスケが出てたが、フルになったらどうなんだろ?
 
そんなこともあるから、横浜で初めてのフル開催だし、出ててみたいけど、財布が...
 
えっ
サッカーブログなのにマラソン?
あっ忘れてましたW杯。

そうです。
我らが日本代表 残念ながら1分け2敗で、1勝もできずW杯予選リーグ敗退。
そして、我らが学 攻撃陣の中で唯一W杯出場機会訪れず。
 
あまりの悔しさに忘れてましたよ
あーなんで、出してくれないんだよー。ザックさん。
3点目取られ清武選手が出た時点で、ご飯食べ始めたわ。
 
学待ちという楽しみ?目的があったのは事実だけれども。
正直 出番を待ってるのは、しんどかった。
  
まぁ、応援している我々以上に 本人が一番控えで苦しかったと思う。
学 本当にお疲れさまでした
 
TVで観る限りでは、我慢して大人の対応していた。
普通なら、気持ち切れてもおかしくないだろうに。
飯倉さんも見習ってほしいね~
 
この悔しさをマリノスで晴らしてくれ
と言いたいところだが、世界の悔しさは世界で晴らすしかない気もする。
 
たしか契約期間も今シーズンまで。
世界へ飛び出すいい機会でしょ。
 
等々力の涙も、たぶんそういう意味もあると思う。
深読みしすぎかな。
 
次のW杯、香川選手を越えなきゃ、今回と一緒の扱いなまま。
さらに、ライバルの原口・宇佐美・宮市選手より進化するにもね。
 
最終的に、ザックさんに信頼されなかった。次こそスタメンで出て欲しいんだよ。
俺は、どんな決断をしようとも応援する。
 
学が繋いだマリノスW杯連続選出の系譜をアンドリュー・喜田・北谷あたりが受け継いで欲しい。 
 
最後に、小野裕二
学とのコンビで代表を席巻してくれ。期待してる。
 
にしても、あーマリノスの試合がはやく見たい。
 
俊さんの精度の高いセットプレーやワクワクさせる技術。
ボンバー&勇蔵の迫力あるDF
それに、連動した前からの守備。
  
新潟キャンプでの成長か楽しみだ!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

まだ諦めてない

W杯、前半途中から一人少なくなったギリシャ相手に引き分け
学 出番なし
 
俊敏性に欠け、空中戦が強いギリシャを崩すならパワープレーやハイボールのクロスではないはずなのだが...
 
後半足がとまり、引き分け狙いでゴール前を固める展開は、まさに、W杯始まる前から学が出るとしたらという条件そのもの。
後半20分ぐらいから期待して待っていたが...
 
非常に悔しい
 
香川選手が途中交代で出場した時点で、厳しいとは薄々気づいてはいた。
ただ、交代枠一枚残し、そして捨てたはずのパワープレー作戦をやられるとがっかりする。
どうして学を選んだのだろう?
 
この展開で出ないで、いつ出るんだという試合。
学が点取るイメージやPKを奪うイメージはあったんだけどな。
たぶん、マリサポならみんな思ったはず。
もったいない。
 
マリサポ抜きにしても、ドリブラーを投入しないのは疑問。
まぁ、出れずに悔しいのは、他の控えメンバーも同じなわけだけど。
うーん 
  
しかし、W杯は厳しい舞台。
相手も死に物狂いでやってくる。そう簡単には勝てない。
 
選手選考や采配に疑問を持つのはわかるが、
この結果を過度に失望してる人は甘く見過ぎじゃないかなと思う。
 
コートジボワール戦はまだしも、ギリシャ戦はそんなに悪くはなかった。
日本サッカーの目指すべき方向性の一部は見せたとは思う。
 
今更、岡田JAPANの頃のような戦いをしろという意見もでているが、少しナンセンスだと思う。 
あの戦い方が悪いとは言わないが、前回で十分なやり方。
 
そもそも今のメンバーじゃできないし。
それに、南アフリカ大会から進化した日本を見せなきゃ駄目でしょ。
 
まだ、厳しいとはいえ、突破の可能性は0%じゃない
ここで諦めるぐらいなら最初から応援しない方がいい。
批判は終わってからで十分じゃい。
 
学が日本を決勝トーナメントに連れて行ってくれると信じてる。
まだまだ、学が試合に出場し活躍するの諦めてないぜ。

 
メディア露出(一面、TV、CM、本の出版)
それに伴うファン層拡大、ユニフォーム売上増
さらに、活躍に対する移籍金高騰
 
色々こっそり期待してんのよね(笑)
 
まぁ、学に対する皮算用は抜きにして、
たとえ決勝トーナメント出れなくても、第一シードに勝てば、少なくともドイツ大会より進歩したと言えると思う。
やっぱ勝ってほしい。
 
それに、大半の日本人は勝利とひたむきな戦い以外求めてないし、日本らしいスタイルの確立とかどうでもいいはず。
今のままじゃ大衆からサッカーが見捨てられるぜ。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

W杯からJリーグへ引き込みたい

負けたらほぼ終わりの運命のギリシャ戦まで残りわずか。
ここまで来たら、とりあえず思い切ってやって欲しい。
勇蔵のようなパワー系DF不在のメンバー構成では守り切るサッカーは無理なわけけだし
 
頑張れ!!
 
しかし、いまだに引っかかってるのは、
負けたのに渋谷でハイタッチしている人たちは日本が負けて悔しくないのか?
っていうこと。
 
勝ったときにそのエネルギーは取っておくべき。
ギリシャ戦勝利したら、他人に迷惑かけない程度で喜べばいいじゃない。
 
やっぱ自分には理解できない。
もし、去年の最終節後そんなことするマリサポいたら、ホントにありえないと思う。
チームの勝利に対する気持ちの入れ方が違うと改めて感じる。
 
ただ、スポーツ観戦で、普段の生活にたまった鬱憤を晴らすというのは、わからんでもない。
やっぱ、ゴール・勝利の瞬間はたまらないものがあるし。
 
今回、みんなと一緒にサッカー見て楽しいと思ったなら、ぜひともお近くのJのスタジアムに来て欲しいね。
スタジアム内なら大声をあげても基本的にOKだし、ハイタッチもOK。
 
しかし、W杯の時期になると、「にわかサッカー通」が増えるね。
もちろん、最初はだれでも、「にわか」
これを機に定期的にサッカー場へ足を運ぶようになればいいのだが...
 
まぁ、渋谷で騒いぐ大半は、祭りに飛び入りして騒ぐタイプ。
前後の面倒なことはしたがらない+盛り上がればサッカーじゃなくてもいい連中だとは思うけどさ。
 
なんとか今後、Jリーグの観客を増やすためにも、海外サッカーしか見ない、代表しか見ない人に
サッカーが生活の中にある感覚・楽しさ
を本当の意味で知って欲しいよね。
 
週末、チームの勝敗で一喜一憂する生活。
勝てば一周間元気に、負ければ...を繰り返す。
そして、金曜日応援番組なんかを見て気持ちを高め、週末の試合を楽しみにする。
 
また、アウェイ遠征する時は、小旅行気分を味わえる。
現地で何食べるかとか計画を立てる楽しみもまたいい。
 
現場に行き、金を落とし、応援することで、我々も日本サッカー文化の一部を支え、作っていく。
 
もちろん、良い時ばかりは続かない
 
基本は、生まれ育った地域のチームを応援することになる。
強いチームもあれば、弱いチームもあるだろう。
大型連敗・さらには降格なんてことも。
 
それに、好きな選手の退団・ベテラン切り...
自分の力ではどうしょうもないことだらけ。
ただ、それでも熱の増減はあるにせよ、一生応援する「心のクラブ」は変わらない。
 
これが、サッカーのある生活ってもん。
 
一方、海外ファンは、縁もゆかりもないチームを、ただ強いからや所属してる選手のファンで応援しているだけ。
それで、うちのバルサはなんて語っているの見るとね...
虚しくない?
特定の選手がいなくなれば見なくなるし、弱くなりゃ現実放映されなくなるでしょ。
 
J3までできて、だいたいの県にJのチームはある。
日本代表が応援できるんだから、自分が生まれ育った県のチームに愛着もってもいいんじゃないの。
 
とは言ったものの、現状Jリーグを我慢してみろとはいえない。 
 
エンターテイメントとして、まだまだ、Jリーグはチャンピオンズリーグクラスと比べれば、レベルの差はある。
シュートレンジの狭さ・当たりの激しさなんか物足りなく思えるかもしれない。
それにサッカーはミスが多いスポーツ、レベルが下がるほど、素人でもわかるミスがでてしまう。 
さらに、行きにくい・見にくいスタジアム等のハード面の問題もあるしね。 
 
普段の生活が大変なのに、弱いチームを応援して、フラストレーション溜めたくない、そこまでのめり込みたくない。
だから、国内サッカーは、たまに代表見ればいいという感じ。
そもそも、国民の大半がサッカーが大好きってほどでもないのが実情だから...
 
Jには、TVでは味わえないものや日常生活の中にあるサッカーの楽しみがあるんだけどさ。
中々伝わらないよね。
 
まぁ連続ドラマ派とハリウッド映画派の違いかな。
ただ、Jを見てれば、去年の東アジア杯なんてもっと楽しめたと思うんだよね。
 
しかし、なにかにつけて「Jリーグは、海外のサッカーと比べてなんちゃら」っていう上から目線な奴は好かん。
 
すぐ馬鹿にするでしょ、Jリーグを。そんなに見たこともない奴にかぎって言うよね。
Jリーガーになれなかった奴がいうなよって思う。 
 
そもそも、コートジボワール戦でゴールを決めた本田選手だって、名古屋グランパスで初めてプロになった。
その事実を知らない、忘れてる人があまりに多い。
名古屋に住んでる人は、グランパスをもっと誇りにしていいんじゃないか?
 
あと、「Jなんか行かず、すぐ海外行け」というが、
伊藤翔がいい例で、高校卒業後、いきなり海外に行っても中々活躍するのは難しいよ。
高校・ユースのサッカーのレベルがもっと上がれば別だが、基本は、一歩ずつ段階を踏んで進むしかないぜ。
 
Jリーグがあるから代表がある。
そこを忘れないでほしい。
 
Jリーグが生まれなければ、日本のスポーツ界は野球に支配され、サッカーはマイナーなスポーツのまま。
海外サッカーを見る環境が今ほど整ったとは思えないしね。
  
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

勝負は次のギリシャ戦

W杯グループリーグ初戦のコートジボワール戦1-2の逆転負け
学も出場できず
残念
 
敗因を大きく分けて二つ挙げると
①ラインが低くボールを繋げなかった点
②ザックジャパンのストロングポイントの左サイドが機能しなかった点
だと思う。
 
①に関しては、
初戦ということもあり慎重に入ったこと&前線がボールを収められなったことが原因。
FWが収められないから、ラインが上げられなかった。
全体のラインが低いから、FWが孤立して収められなかった。
ってな感じ。
 
まぁ、先発のボランチが長谷部選手&山口選手ということもあり、守備的な入りを選択したのかね。
 
ただ、このチームのサッカーは、受け身になると弱いというのは、コンフェデでわかってた事だけにもったいない。
次は、思い切って行って欲しいね。

②に関しては、
相手は良く研究していたね。
長友&香川選手のいる左サイドが守備に回ってしまった。
 
左で作って、右の岡崎選手が斜めに走ってシュートを決めるというのがザックジャパン最大の攻撃パターンだが、ほとんど作れなかった。
 
特に、香川選手の動きがあんまり良くなかった。
前々から香川選手の守備意識の低さは指摘されていたが、そのまま出た。
香川選手が中に入って攻めるのはいいが、取られた後が危険を招く。 
 
今の状態なら、学にもチャンスありそうだ。
学は守備意識高いし、ワイドに張って、シュートで終わるタイプ。
使って欲しい。
 
まぁ個人的に、学の選出理由はギリシャ戦にあると思っているし。
救世主になって欲しいね。
 
しかし、負けるのは仕方がないが、最後パワープレーをやったことに怒りを覚えた。
地上戦をやりきるんじゃないの?
マイクや豊田選手がいた時にはやりもしなかったくせに。
やるんだったら、スタジオにいた豊田選手呼べよ。 
 
あれじゃ、柿谷選手どうしょもないでしょ。
2列目を生かすのも大事だけど、もうちょっとFWの特性を生かすことも考えてほしいよね。
 
<最後に>
まだ終わったわけじゃない、次勝てばいいだけ。
学が決めて勝つでしょ

 
P.S 負けて渋谷でハイタッチしている奴ホントに腹立つな。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

鉄人 ドゥトラ 引退

補強の噂もなく、W杯の練習や移動の風景で、学が映ってないかなとチェックするぐらいしか、マリノスに関して特に何もない毎日を過ごしていたら、 衝撃のニュースが飛び込んできた。
 
ドゥトラが7月末に引退

W杯開幕前日の衝撃 
半年契約という噂は聞いていたが...
悲しい
 
残念だけど、ドゥトラも、もう40歳過ぎてるし、引退を決断するのは仕方がないのかな。
まだやれそうだし、いなくなるのは不安ではあるけどね。
  
しかし、ドゥトラは、マリノスに色々なものを残してくれた。
 
降格危機を救ってくれた救世主であり
3大タイトル獲得に貢献したマリノス歴代最高の助っ人外国人であり
40歳越えてまでサイドバックとして闘える鉄人でもある
ドゥさん。
 
ホントに感謝しかない。
 


改めて振り返ってみると
01年の降格危機の際、ブリット・ナザとともにラザロニ監督に連れられて入団。
まさか、こんなに長くマリノスに関わるとは思ってなかった。 たぶん本人もそうだろう。
 
そして、01年J1残留&ナビ杯優勝、03年リーグ完全優勝、04年のリーグ連覇に貢献。
特に、04年のドゥさんのコロコロPKでリーグ優勝を決めた瞬間は忘れられない思い出。
 
06年若返りを理由に惜しまれつつも退団も、12年マツの追悼試合が縁で38歳で復帰。
正直、今更の復帰で疑問視したのも事実。
だが、全盛期の動虎とまではいかないものの、いぶし銀の活躍で天皇杯優勝に貢献。
 
まさに歴代最高の助っ人外国人選手。
ディアスやダビ、サリナス、想鉄の兄貴、マルキとか優れた選手はいっぱいいたが、
やはりNo.1はドゥトラ
 
それに、ここまでサポーターから愛された選手は日本人選手でもほとんどいないしさ。
やっぱ人柄が大事だね。
 
まぁ引退とはいっても、7月末までの契約が残ってるし、ブラジルに戻っても、マリノスのために貢献してくれるみたい。
というわけで、
ドゥトラ これからもヨロシク頼むぜ。
 
ドゥトラ
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

学の出番はくるのか?

W杯メンバー入りした学 苦戦が続いている。
W杯本番まで練習試合が3試合組まれたが、出番がラストの1試合のみ。
それも、後半残り10分ぐらいで、しかも、ボールに絡むこともできずに終わった。
 
こりゃ厳しいね
 
タイプの似た大久保選手がメンバーに選ばれたことによって、出番が激減。
大久保選手の方が、両サイド・トップと色々なポジションをこなせて、かつ得点能力も完備。
正直分が悪い。
 
ザックさんが、隠し玉として残しているっていうような感じでもない。
  
このままじゃ、出番あるかないか?
 
同じポジションを争う香川選手も調子上がってきてるし、大久保選手がセンターFWのポジションでスタメンにならないとチャンスなさそう。

このままいくと、交代カードは、
センターFW大迫選手、サイドハーフ 大久保選手、ボランチ遠藤選手になりそう。 
 
ギリシャ戦に期待はしているのだが...
1試合ぐらいは、出れるかな...
元々本田・香川選手を大事な試合交代させることもなく出番は厳しいのはわかっていたが...
 
柿谷・本田選手はあまり状態あがっていないし、長谷部・岡崎選手は怪我した。
他のポジションはチャンスありそうなのに、タイプの似た選手が好調なのが苦しいね。
 
ただ、、ペナルティーエリアでの仕掛けは香川・大久保選手より学は上。 
我慢してチャンスを待つしかない。
  

新子安から世界へ羽ばたけ!!さぁ魅せてくれ!!

 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

新加入組について

昨シーズンリーグ2位&天皇杯優勝の好成績からの一転の低調な今シーズン。
 
戦術が変わったり、メンバーの入れ替わりが激しかったわけでもない。
マルキが抜けたぐらいだ。
 
なので、不調の原因を、ACLとの連戦を耐えられるだけの、選手層にできなかった補強にあると考えてもおかしくはない。
だが、今シーズンの補強は本当に悪かったのだろうか?
 
新加入選手のこれまで(新卒&レンタルバック組を除く)を評価すると、
 
期待以上
FW伊藤
チーム最多得点者。前からのプレスも積極的。
シーズン前が低評価だったこともあり、好印象。
中断明けは、決定機を逃さず、もっと決めてほしい。
 
期待通り
MF 藤本
怪我で出遅れていた所がマイナス評価だが、兵藤からレギュラーを奪ったことは評価。
右サイドで起点になっている。
ただ、もっとやれるのかなという思いもないわけでもないが...
 
MF 三門
出場機会を得るのは遅かったが、5月あたりから出番急増。
今後も定位置をつかめるのか。
新潟キャンプでの注目ポイントはやはりボランチのポジション争い。
  
現状は期待に応えてない
FW 矢島
試合に絡めてない。全体的に動きが重い。
樋口さんの求めるFWと少し違ったのかも。
シーズン前は期待していたのだが...
 
DF 下平
ドゥトラからレギュラーポジションを奪ったものの、ビルドアップの能力が正直思ったほどではなかった。
簡単なパスミスも多く、競り負けての失点もイメージ悪い。
また、突破の部分や積極性の無さに対しても不満が残る。 
 
ってな感じがそれぞれに対する個人的な評価。
 
とりあえず、矢島以外は、複数回先発で出場しているし、全体的に悪くはない。
十分、合格点のレベル
ただ、昨年度のからの積み上げ、+αの部分はない。
 
むしろ、FW2名補強したものの、マルキの穴は埋められず、得点の少なさにつながっている。
このことは、シーズン前危惧していた通りだった。
 
補強が失敗だったわけじゃないが、やはり重要ポイントへの補強の失敗が全体の成績につながってしまった。
と考えるのが妥当かな。
 
後半上位進出するには、やはり、FW獲得は絶対必要だと思う。
 
リーグ2位の人件費で、選手獲得にお金はかけているんだけどね...
残りの補強予算はどれぐらいあるのか?
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

国立競技場がラストを迎えた

ラスト・ラスト詐欺みたいに色々なイベントがやっていたが、ついに国立競技場がラストを迎えた。

高校サッカーや日本代表の試合を見ていた頃に憧れていた舞台でもあり、最近では、マリノスの天皇杯の優勝を見ることができた思い出の競技場。
市民ランナーとして使用した経験もある。
 
やはり、一抹の寂しさはある。
 
ただ、大部分観客席屋根なし 席・列の幅も狭い ベンチの背もたれなし などなど
観客の目線から言うと、最近のスタジアムと比べると問題点の多いスタジアムでもあった。

また、完成して半世紀経ち老朽化も至る所に目立った。
大改修なり立て直す必要があるなと、来るたび感じた。
一度でも試合観戦なりされた方は、同じようにボロさを感じたはず。
これを歴史と捉えるかは別だけどね。

そもそも、レーンが足りない・サブトラックがないという国際的な陸上大会を開く要件を満たさない状態で、陸上競技場としては根本的な問題を抱えている
国立という名の陸上競技場であれば、収容人数を増やしたり屋根を設置する以前にレーンを増やしたり、サブトラ作るレベルの大改修はそもそも必要でもあった。

サッカーに関しても、首都の国立スタジアムでありながら日韓W杯の試合会場に選ばれなかったのは、観客席の屋根の基準等を満たしていなかったからだ。
そういうこともあり、最近では日本代表の試合で使用されることもなくなった。

ただ、改修もしくは新たに建て直しの二つの選択肢はあっただろう。
が、スポーツ界の重鎮は改修ではなく新たに建て直しをしたかった。
新築するには改修よりも多額の予算が必要、その予算組んでもらうためには五輪開催のような大義名分が必要なため、五輪招致を行ったんだと思う。そこに利権も絡んで…

国立競技場に関わらず、前回の東京五輪で建てられた施設は大体老朽化。
多くの競技の全国大会の舞台として現在でも使用されている施設も多く、他も国立と同じような思惑があったはず。

国内の他の都市が五輪開催に立候補したとしても、スポーツ界は東京を支援していたのもそのためだ。
人口や移動手段など様々な観点から見ても、今後も使えるような拠点となるような施設を東京に持つことは利にかなっている。

東京で五輪開催したいのは、スポーツ界全体の総意。
東京が開催の全責任を負うべきというのは少し違う気がする。
ましてや国立競技場はあくまで「国立」だしね。
もちろん、東京都知事が五輪開催に積極的でなければ招致できかったけどね。

正直、収容人数変えず単純に屋根付けるだけなら改築でもいい。
ただ、五輪やW杯のために収容人数を増やし屋根付けるとなると、改築では土台となる旧国立の部分の耐震性が気になるし、老朽化のスピードやメンテナンス費用も新築とでは全然変わってくる。

東北地方太平洋沖大地震のような大地震が首都圏に発生してもおかしくないこと等を考えると新築案もあり。
改築の方が安いという意見もあるがあくまでザハ案と比べて安いだけで、通常の新築スタジアムと比べたら全然高いしね。

元の国立懐古派には悪いが…取り壊しはやむを得ない部分もあったはずだ。
もちろん、改修でも良かったんでしょうけどね

先述したように私にだって国立への思い入れはある。
ただ、
「東京千駄ヶ谷の国立競技場の曇り空の向こうに、メキシコの青い空が近づいてきているような気がします」
「東京国立競技場、空は今でもまだ、横浜フリューゲルスのブルーに染まっています」
という山本アナの名実況に代表されるように、国立といえば「空」が代名詞。
球技場内に入った時に感じる空の広さや開放感は、屋根のなし・すり鉢型の競技場だからこそ生まれる。

国立競技場を増築し屋根を付けたら、まるで別物になる可能性が高い。
レーンを増やせば、サッカーやラグビー観戦はより見にくくなる。
さらに今の国立で増築すると道路にはみ出す形で違法建築になる可能性が高い(ゴール裏スタンドは道路にはみ出しており現時点でも違法)
そうなるとメインとバックスタンドしか増築できそうもなくバランスが悪い。

今のまま維持というのも、スポーツ会場として一刻も早く改善をしなければならない理由がたくさんある以上、それはない。
スポーツ界にとって、あの素晴らしい立地をいかさないのは大きな損失。

建築物として価値があるから残せという意見もあるが、良くも悪くも全体像が見えにくく保存するメリットに?
そもそも老朽化を考えると、五輪やW杯開催なくても改修ならびに新築の方向で動いていただろう。

あと住民には悪いが、50年以上昔からスポーツ施設がいくつもあるような住むのに適していない場所である以上騒音というのは避けられないし、土地の賃貸借に関する法(貸す側・借りる側両方の権利を尊重している)に基づいた立ち退きであるならば致し方がないと思う。

ただ、あのザハ案は反対だね。
どうにかして止めたい。
 
このままでは、将来スポーツ界にとって何の役にもたたない建物を作ることになってしまう。
日韓W杯や長野五輪でこりてたから、東京五輪開催に否定的だったんだよね。

あーっ あほくさい
もうなんとかならんのか?

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

片やW杯メンバー 片や韓国武者修行組

W杯メンバーに選ばれた学の一方、同期の仁はベンチ入りも危うい状態
正直厳しい
 
今のままじゃ、同期の学との差がどんどんついてく。
本人が一番悔しいだろうし、焦ってるとは思うけどね。
 
だいたい、仁はもうユースと一緒に韓国遠征するレベルじゃないよ。
だが、現状は仁にとって、より厳しい状態になってしまったのかもしれない。

負ければ降格圏、場合によっては、監督解任もありえる状態に追い込まれた中断期間前ラストの川崎戦。
 
その正念場を、去年の戦い方に近い感じに戻し、手ごたえのある内容で勝利を得ることができた。
これで、内容も結果も伴わず、戦い方を試行錯誤し、迷っていた樋口さんも、もう迷わないだろう。
原点回帰することがおそらく確定した
  
今のメンバーに合わせた2014年度版の新生マリノスを目指すのではなく、
2012~2013年度モデルチェンジ版 マリノス2014を作ることになるだろう。
  
原点回帰すれば、仁にチャンスはほぼない。
去年の起用法見れば、推測がたつ。
仁にあった戦い方に変更されることはもうないだろう。
 
樋口さんの求めるタスクをこなせる外人FWを獲得すればさらにきつい。
 
もし今後、仁が軸になるということが起きるということは、補強した外人FWが外れということ
それは、マリノスにとって非常に良くない状態...
 
そもそも、樋口さんはFWに前からの守備や前線で張ることを求めており、強靭なフィジカル・サイズが必要。冷静に見て、新外国人FWの控えは、伊藤になる。
 
仁は1.5列目のセカンドトップ的なポジションで、相手DFとボランチの間でフラフラ動きながらボールを受けて仕事をするのが個人的にはベストとは思うが、そんな役割 樋口マリノスには基本ない。
  
また、もし仁がトップ下で出るとしても、大黒柱の俊輔が不調ということでもっとやばい。
それに、俊輔にアクシデントが発生しても、樋口さんならマチや藤本のポジションを移動させるだろう。
 
すべては、戦術がぶれていた時に出場機会をもらえなかったことにつきる。
樋口マリノスの救世主になれなかった。

 
2トップのシステムで出番を得て結果を出す
もしくは、ACLでの連戦時期にターンオーバーでもう少し出番を得れていれば、また違うのだが...
 
非常に残念だけど、仁のこれからの選手生活を考えると、マリノスにいるのは? 
 
もちろん、マリノスにいて欲しい。 
もしかしたら、少ないチャンスで点が取れるかもしれないが...
 
個人的に今年 仁に期待していたが、監督のサッカーにあわないんじゃしょうがない。
仁の才能をマリノスで生かして欲しいのは山々だが...
合わない監督の元で、これ以上いるのは不幸だ。
    
ベンチで腐らせた健太の二の舞だけは避けて欲しい。
まだ、健太よりは若い。J1下位やJ2上位なら引く手あまただと思う。
 
移籍する決断しても俺は応援するよ
 
まぁ、仁だけでなく、アンドリューの起用方法も不満があるんだけどね。
 
将来、マリノスの軸、リオ五輪の軸になってもらわなきゃいけない選手だし、それだけの器を持っている。
が、現状ボランチの5番手で、出場機会を掴めてない。
 
若手を成長させられない監督の元にいても仕方がない。
富澤が今シーズンいま一つなのにチャンスを与えないようではね。
 
アンドリューに必要なのは、多くの試合に出ることだと思う。
マリノスにいてもチャンスもらえないのであれば、レンタル移籍すべき。
やっぱ、選手は試合出てこそ輝くし、成長する。
 
まぁ、ここで心配していたら、新潟キャンプでレギュラーを奪い取るかもしれない。
頑張れ 仁&アンドリュー!!
  
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (202)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (32)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (4)
マリノス 補強・契約 (45)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム