2014-09

今の限界 甲府戦感想

甲府戦 0-0引き分け
 
この試合の感想として、
放り込むだけでつまらない アンチフットボール 
という厳しい意見もあるだろう。
 
正直、このサッカーでは客が増えないかなとも思う。
が、つなぐだけがサッカーじゃないでしょ。
 
個人的には、今の自分たちの実力を過信せず、やれることをやりきったことに関しては評価したい。
前回対戦時みたいに、ちんたらボール回して終わるよりか全然まし。
シュートを積極的に打つとか、チーム全体のアグレッシブさは感じたし。

まぁ、ラフィ・俊輔・マチ不在、学不調でベンチじゃしょうがないかな。
 
ただ、このメンバーで放り込むサッカーをしても、J1下位のチームから点が奪えないし、勝てない。
柏とのナビ杯第二戦のやり方に近かったが、この試合でも流れから点が取れなかった。
結論としては、J1で通用しないサッカー×メンバー
 
ただ、決してこのやり方が悪いわけじゃない。
チャンスを得点に結び付けられない選手の力に問題がある。
 
この試合でも、矢島のシュートシーン・仁の突破は可能性はあった。
てゆーか仁 FWならあそこで逃げんなよ。
結果で樋口さんを見かえせよ。

 
柏戦でも、伊藤・奈良輪が枠内に入ってればというシーンもあったし、やっぱ間違いとは思えない。
チャンスが少ないっても、強引にチャンスを作りだせない非力さが悪い。
スピードやパワーでDFをなぎ倒せばいいだけ。
クロスの質をあげればいいだけ。

 
選手個人の実力がはっきりした。
まぁ、本当はそういう選手がいなくても崩せる策を樋口さんが授けるべきだけどね。
もう3年目なんだし。
 
柏戦の3トップ失敗の反省か、選手交代させながら攻め方を変化させようとしたのは悪くないが、結果的に選手達に浸透してない。学いるのに変わらずロングボール。あれなら、ファビオだったかな。
まぁ結果論だけど。
 
そもそも、このやり方に自信ないのか、いつもより交代めちゃ早っ
まぁ、俊輔いないと途端に交代早くなるよね。樋口さん。
 
けどさ、いつもマリノスがベストな布陣でボール保持できるわけじゃない。
優勝やACLを勝ち抜くには、放り込みサッカーや控えメンバーでも勝ちゲームにしなきゃいけない。
薄い選手層、高い理想では優勝できない。
 
来年、本当に優勝を目指すのならば、大きくメンバーを変えなきゃ無理かな。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ベテランに甘く 若手に厳しい 広島戦 感想

広島戦 1-0勝利 
得点者 伊藤(PK)
マン・オブ・ザ・マッチ 小椋

とりあえず、連敗ストップ 
最近広島とは相性イイね
 
名古屋・鹿島戦より内容は良かった。
複数人がボールに絡む攻めが出るなど、多少工夫は見えた。
ただ、決定的なチャンスが生まれたかというと?
 
伊藤のPKも微妙な判定だったし...
ただ、あそこのスペースにパスしたのが、途中出場の優平
 
干され続けて数か月、ようやく掴んだチャンスで結果を残した。
持ち味の運動量を生かした、気持ちの入ったプレーが随所に光る。
 
まぁ、出ればこれぐらいのプレーはできる選手だよ。
もちろん、後半頭で俊輔交代&優平投入には、二重で驚いたけどもさ。
今までだったら、俊輔に代わり藤本というパターンだったし。
 
一方で、プレーの質は全体的に粗かった。
正直、ポジション・プレースタイル的に似たライバル兵藤・三門に現時点では、負けている。
 
特に、ベンチ入りできないのは、三門のユーティリティー性の部分での差が原因。
ただ、兵藤が出れない時などは積極的に使うべきだとは思う。
じゃなきゃ、伸びる選手も伸びないよ。
 
しかし、樋口さん 
ベテランに甘く 若手に厳しいよね
ベテランがどんなに結果残さなくても辛抱強くつかうのに、若手がミスすると使わなくなる。
普通逆じゃない?
 
正直、小野裕二みたいなメンタルを持つか、学みたいにJ2で圧倒的な武器を磨かない限り、難しいよ。
 
だいたい、前半で代えるぐらいなら、俊輔を無理して使うなよ。
学もここ最近全駄目なんだから、スタメンから外したっていいんじゃない。
そうすることで、競争が生まれるし、チームが活性化するでしょ
 
<次節に向けて>
あと1つ勝てば、過去のデーター上残留がほぼ決まる。、
早いとこ、未来への希望を抱かせるようなチーム作りに着手して欲しい。
それが、樋口さん続投のわずかな可能性じゃないかな。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

引導を渡された 鹿島戦感想

鹿島戦 0-1敗戦。
点数以上の差
歴代ワーストクラスの内容
 
PK決められていたら、もっとひどいことになっていた。
ダヴィ選手のブレーキのおかげで惨劇は免れただけ。
 
しかし、もう負けられない状況にも関わらず、あっさりとリーグ戦2連敗したな。
シュート1本(実質0本)とか、もう笑うしかない。
 
現実的に見て、優勝・ACLの可能性はなくなった。
もう流石に、優勝だ、ACLだというのは無理。

ただ、この敗戦、悔しくなかったかといえば、嘘になるが、ある意味すっきりした。
中途半端よりはまし。
ある種自虐的でもあるが...
  
これで、樋口さんの今シーズン限りでの退任は決まったと思う。
誰がやっても出せるような最低限の結果しか残せなかったので当然。
あとは、早期解任されるかどうかだけ。 
 
残った今シーズン マリノスに求めることは、
あと2勝して、残留目安勝ち点39に乗せ、早いとこ残留確定させること
そして、できるだけホームでは頑張ること

もうそれだけ。

樋口さんが監督の間は、若手抜擢はないだろうし...
若手が躍動する鹿島との差をまざまざと見せつけられたなぁ。
 
<次節に向けて>
優勝争いを目指したはずが、早期残留を目指すだけのシーズンに。
等々力で受けた悔しさはどこへ消えてしまったのかね...
 
鹿島まで行ったサポの気持ちを考えると悲しくなる。
 
次のホーム広島戦
失望させるような、だらしない姿だけは見せるな。
   
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

マリノスに残された希望の光

今シーズン 成績は悪く、世代交代も進まないマリノス。
シーズン終盤の現在、未来に明るい展望を抱けるものが少ない。
 
そんな中、唯一の希望の光とも言える存在が喜田だ。
 
三門・富澤・マチ・小椋と選手のそろった激戦区・ボランチで1試合だけとはいえ、スタメン獲得。
さらに、世代別日本代表として、現在アジア大会に臨んでいる。
 
ここ最近、乾くん・宏太・アンドリューなど育てきれずにチームを去ってしまった若手選手は数多いマリノス。
そんな中、他のチームに修行することもなくレギュラーを奪えるかもしれない選手が出てきたことに喜びを感じる。
 
しかし、現状ではレギュラーを奪えるだけの力を、まだまだ持っていない。
事実 先発したナビ柏戦は中盤のバランス著しく悪かった。
 
ただ、若い選手はグーンと伸びることがある。
学が愛媛にいった1年間で見違えるように成長したようにね。
 
喜田にとってのそのタイミングがアジア大会ではないかと個人的に期待している。
厳しいアジアの大会を経験することで、一皮も二皮も成長してほしい。
 
現に、ブラジルW杯の日本代表山口蛍選手は4年前のこの大会がきっかけでのし上がっていった。
喜田もそうなれるように、まずはスタメンを奪ってくれ!!
 
まぁ喜田だけじゃなく、リオ五輪出場権獲得に向けても大事な大会になる。
 
五輪のアジア予選、従来のホーム&アウェイの長期間のリーグ戦方式から短期間集中のセントラル方式にリオ五輪から変更になった。
 
その変更で生まれる、一発勝負の恐ろしさ。
もし、五輪出場を逃せば、日本サッカー全体にとって大きな損失となる。
それだけは、絶対に避けなければならない。
 
そのためにも、
負けたら終わりの試合を絶対に勝ちきれる勝負強さ、精神的にしぶといチーム作りが求められる。

だが、ワールドユースを3大会連続で出場を逃し、さらにUー17W杯出場を逃した情報も記憶に新しいように、ここ最近アジア予選で大事な所で負けるケースが増えている。
特に、韓国相手にフィジカル勝負での無策・経験不足で負けるケースが多い。
 
世代別日本代表選手の中心が高体連組からJの下部組織組に代わったことも原因の一つ。
結局、ユース組はお坊ちゃん
 
相手の嫌がることができないし、自分のペースにならない時に力を発揮できない。
技術的にレベルは高いが、気持ちの面で死に物狂いの相手に呑まれる。
 
マリノスユース出身がマリノスで大成できない原因にもつながる。
プロとユースの大きな差
 
 
また、世代別代表だけじゃなく、ACLでのJリーグ勢の不振もある。
日本勢の短期決戦のもろさは気がかり。
 
ここ最近成功したのは、ロンドン五輪だけ。
その裏にあるのが前回のアジア大会。
 
厳しい環境の中で優勝をしたという経験が彼らの世代全体の底力を高めたのだと思う。
 
という事を考えると、
アジア大会はリオの前哨戦として大事な大会だというのがわかる。

リオ五輪日本代表監督は、手堅い采配じゃJリーグ・日本人監督随一の手倉森さん。
だが、監督だけの力では勝てない。
やはり、選手達がしぶとく戦える集団になっていかなければならない。
 
喜田よ タフになって帰って来い!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

逆マジック1 名古屋戦 感想

名古屋戦 0-2 敗戦
残念ながらカップ戦に敗退してしまった今、残ったリーグ戦に切り替えて頑張っていかなきゃらないのに...
今シーズンワーストとも言える試合をやってしまった。
あと12試合で2試合ぐらいが負けの限度といってたら、最初であっさり負けるとは。
 
柏との2連戦に続き、公式戦3連敗
これが今の我々の力なんだろう。
 
失点シーンはここ最近同じパターンばかり。
1失点目は、哲の判断ミスから。
2失点目は、小椋の横パスをカットから。
 
選手を入れ替えたりするなど、チームとして修正できないのだろうか?
飯倉にチャンスはこないのかなぁ。
 
また、攻撃陣も攻めの形をほとんど作れなかった。
ラフィーニャを欠くとこんなものか...
 
矢島はラストワンプレー以外ほとんど消えてたし、途中出場の伊藤も同様。
泥臭くてもいいからゴールに向かう姿勢がせめて欲しい。
相手川又選手のゴールを見ると余計思う。
 
しかし、この試合良かったのは、兵藤だけだったね。
途中出場してから、ボールがスムーズに回った。
潤滑油として欠かせないなと再認識。
またしても、兵藤の力を過小評価してたようだ 反省。
 
逆に、藤本は中々フィットしないなぁ
彼の良さが段々わからなくなってしまった。
一番良かったエスパルス時代の映像を見比べてみたい。何が違うのかな?
 
<次節に向けて>
ここ最近ネガティブな記事ばかり書いてる気が...
攻撃陣爆発!!○位浮上みたいなの書きたいねぇ。
 
次節は鬼門アウェイ鹿島戦。
樋口マリノスの瀬戸際
優勝やACLを目指すのであれば、もう負けられない!!

 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

樋口マリノスの未来

現時点での今シーズンの成績を箇条書きにしてみると、
 
ゼロックススーパーカップ
前年度リーグ王者・広島に完敗
 
ACL
日本勢唯一の予選リーグ敗退。しかも予選最下位
 
天皇杯
初戦はJFLのチームに勝利するも、続く3回戦でJ2のチームに敗れる
ディフェンディングチャンピオンとして情けない幕切れ。
 
ナビスコ杯
予選免除で決勝トーナメントから出場も、初戦の準々決勝、柏に連敗して終了
 
リーグ戦
リーグ3分の2終えて、首位から勝ち点11も離され10位。
まだ優勝の可能性はゼロではないが、客観的には賞金圏が精一杯な位置。
去年2位のチームとしては寂しい状況。
 
今シーズンは5冠を目指すはずが、9月上旬時点で早く何も得られず終わりそうな感じに... 
ここまでの成績は酷いとしか言い様がない。
 
今いるメンバーを考えると、もっとやってもらわなきゃいけないよね。
世代交代の過渡期としてチーム作りをするシーズンじゃなく、タイトルを取りに行くシーズンなはずなんだから。
 
そうなると、樋口さんには悪いが、今シーズン限りでの退任は基本避けられまい。
 
マルキに代わるFWがシーズン最初からいなかったことや大雪・怪我人というエクスキューズはある。
が、いるメンバーでどうにかする采配もなければ、若手を成長させたわけでもなく、引き出しの無さを露呈。
試合中の柔軟かつ的確な対応や交代策といった部分の進歩もなく、勝負師としての才能に疑問すら残る。
 
特定の選手に頼らず、選手を入れ替えたりして緊張感を保ちつつ、ある程度のチーム力を維持することのできる監督なら長いスパンを任せてもいいけど、樋口さんは真逆。

同じ監督が長くチームにいるデメリットは、ザックジャパン見ればわかるよね。
就任から3年が経ち、樋口マリノスの限界やチームとしての寿命がきた感じもある。
 
ただし、現時点での監督解任はないだろう
辞めさせるのも、新しい監督雇うのも金がかかるからね。
 
こんだけ成績悪く、賞金も獲得できなかったとなるとおそらく赤字。チケット収入も減ったはず。
ただでさえ、サポーターの不祥事で受けた制裁金500万も大きな痛手だというのに、ライセンスのことを考えるとこれ以上の出費は避けたいところ。
それに、現時点で交代しても新監督は何を目標に指揮を執るのかいまいち不明だしさ。
 
もちろん、ここから巻き返せる可能性がないわけでもない。
優勝もしくはACLの出場権を獲得すれば、来季の監督は引き続き樋口さんになるだろう。
 
ただ、そこを目指していくには、残り試合 ほぼ負けられない、引き分けすらも許されないという高い壁がある。
 
今までのデータ的には、
優勝するために必要な勝ち点は、68~65(1試合あたりの勝ち点約1.99)
ACL出場権獲得のために必要な勝ち点は、62~59(1試合あたりの勝ち点約1.83)
と言われている。
 
現時点では、勝ち点33(1試合あたりの勝ち点1.5)のマリノス
優勝するには、残り12試合で最低でも10勝ぐらいは必要。
ACLでも、最低8勝は必要。
 
引き分けのことも考えると、許される負けは2つが限度。
野球的に言うと、「逆マジック2」点灯しているってな感じか。
 
しかし、あくまででも、最低のラインでの話で、もう少し上がる可能性はある...
それに、現時点で順位が上のチームが9チームあるってのも厳しいね。
ただ、上位に勢いが無くなっているチームが多いのは救いだが。(密かに怖いのは鹿島
 
続投への道は険しい。
 
まず、残り5試合時点で首位からの勝ち点差一桁で5位以内に持っていきたい。
そこまで持っていくための鍵は、ラフィーニャの大爆発・堅守の復活
さらに、上位との直接対決を絶対に勝たなければならないね。
 
<最後に>
ここまで、成績の点のみでしか評価してこなかったが、ホントは他にも評価するポイントはあると思う。
若手が躍動していて将来への期待が持てそうとか、攻撃的なおもしろいチームだとかさ。
 
しかし、そういう魅力が、今のマリノスからほとんど感じない
 
もちろん、マリノスは、勝つことが何よりも最優先しなきゃいけないし、そういうチームを求められているから仕方がないとは思うんだけどさ。
 
そうであるならば、なおさら
より多くの試合でトリパラを咲かさせて欲しい 
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

何も起こらず ナビ杯柏戦 感想

ナビスコ杯準々決勝第2戦1-3で負ける。
2戦トータル2-5で敗退。
 
期待しすぎた
何かが変わるかもしれないって期待した自分が青かったし、読みが浅かった。
 
大半のマリサボはこういう結果になるって気付いてたんでしょうね。
狭い日立台のゴール裏8割も埋まらなかったし。
  
もちろん、リーグ戦じゃなくナビ準々決勝の試合、関東近郊とはいえ県外の柏、雨降るかもしれない天気、日曜日のナイトゲーム、それじゃあ行けないって事もあるだろうけど。
やっぱ、このメンバーじゃ正直引っくり返せないと思ったんだろうね。

現場ではボンバーのゴールで先制したときには、行けるかもって空気一瞬生まれたが...
2回あったチャンスをいずれも枠外じゃ勝利の女神は微笑まないわな。
ただ、あそこで決めててもいずれは負けてただろう。それぐらいの差あり。
 
正直、今年はもうアウェイ控えようかなっていうぐらいガックリ心折れた
 
しかし、やっぱり樋口さんの基本的な起用法は実績重視なんだね。
 
リードされてやっと動いた交代も
一枚目は、試合前のシュート練習でことごとく外してた藤田
二枚目は、怪我明けの学
ラスト三枚目は3点取らなきゃいけないにもかかわらず、キッカー藤本に代え富澤。
 
今まで通り仁や優平に出番なかった。
 
また、一番の驚きの矢島先発
ここにも表れている。
 
ただ、その矢島は、おそらくマリノスでのラストチャンスであろう柏戦、前半30分ぐらいまでは頑張ってロングボール作戦を機能させてた。
個人的には、交代出場した試合の出来やキクマリで見る限り印象は良くなかったが、見直した。
 
しかし、疲れたのか失速。
なぜか最後まで出続けたものの、伊藤・藤田と共に存在感薄く。
結局はゴールという結果残せず
 
矢島は交代出場で結果残すタイプでもないし、ラフィーニャ復帰後は厳しいだろうね。
 
ただ、実績重視とは言え、喜田を先発起用という樋口さんなりに勝負した
が、樋口さんの起用に喜田が応えられず。

特に、2失点目のシーン
ゴールの起点となった相手ボランチ茨田選手をカード覚悟でも止めて欲しかった。あのゴールで勝負は決まってしまった。
それ以外でも、茨田選手をフリーにさせすぎた。
 
あと、ボランチの相方小椋がゲームメーカー並みにボールを捌いてる時点で、中盤のバランスは崩れてた。
最後に投入された富澤を喜田に代えて後半頭から投入してれば、もう少しはましだったかなという印象も。
 
っていうか、あのラストの時間帯から富澤入れて中盤のバランス整えても意味がないやろ。
あの交代にはガックリで声出す気なくしたわ
 
ただ、まぁ喜田に限らず控えメンバーの限界を感じてしまった。
 
例えば、奈良輪。
頑張れるのはもうわかってる。
GKと一対一のチャンスで枠に入れなきゃ、その頑張りを自分で不意にしている。
 
ファビオも空中戦強いのはもうわかってる。
終始不安定。クリアの質、判断力を高めなきゃ。1失点目の遠因。
今日の中盤で無理して繋ごうとしても駄目でしょ。
 
衰えが隠せなくなってきたボンバーの後釜を任せるには心許ない。
外人枠見直されるぞ 

更に言うと、もっと問題なのはあれだけ主力不在なのに出れないメンバー

出れないメンバーは、仁や優平、アマジュン、松本翔 ほとんどがユース組。
お前たちは練習中何をしてるんだ?
 
普段マリノスタウンに行けないから練習中の風景はわからないが、樋口さんからするとかなり物足りみたいだね。
気合いが全面に出るタイプとは言い難い藤田や矢島にさえ負けてるのかねぇ?
 
一番若い喜田が熊谷を追いやり、富澤や三門を押し退けてチャンスをもらった点からも、一概に樋口さんのせいだけとも言えなくなったよ。
 
ユース組みんな素材はいいはずなのに大半が試合に出れないのは、メンタルに問題があるからなのかな?
育成とか見直さにゃならんのか。
マリノスの未来が心配になってくるよ。
 
<名古屋戦に向けて>
柏戦終了後のゴール裏、自粛ムードもあり、ブーイングはないが拍手もまばら。
何人か「リーグ戦切り替えろ。前を向け」との声があがる程度。
最後形式的にコールして終わり。冷めた空気。
 
リーグ戦切り替えるにしても、ここからトップ3辺りを目指すにはほとんど負けられない状況。
奇跡を起こすにも、意地さえ感じらない柏戦連敗や選手層も厚みなしじゃ中々期待が持てない。
だけど、それでも前向かなきゃなるまい。
 
次の名古屋戦
負の感情を吹き飛ばすような勝利を頼む
 

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

頭から点を取りに行け!!

ナビスコ杯準々決勝第1戦を1-2で落とし、もう後がない。
準決勝に行くには、引き分けや1-0勝利じゃ駄目になった。
 
前後半90分で複数得点取って勝ち切ることが最低でも必要。
つまり2点取ることが何よりも大事。
 
にもかかわらず、キクマリでは正治さんが慎重に様子見して入った方がいい的なニュアンスの発言をしていた。
正直違うと思う。
 
先制されても2点取らなきゃいけないのは変わらないから、守りより点を取りに行くべき。
もちろん2-0で延長にならずに勝つのがベターだけど、そう上手くいかないやろ。
 
ラフィーニャ・俊輔・マチ・勇蔵といった主力を欠く状態のマリノスが後ろ向きな入り方をして2点以上取れるのか?
再度言うが、1-0勝利や引き分けはこの一戦に関しては何の意味も持たない。
 
どう考えても頭から点取りにいかなきゃ駄目やろ。
2点取ってからが勝負じゃないかな。
 
そもそも、最近柏とは分が悪い原因は選手の差というより寧ろ監督の力量差
 
試合の中でチームを変化させることに長ける柏ネルシーニョ監督と試合中で修正できない、効果的な選手交代をすることができない樋口さんの差を毎回味わされてきた。
 
レアンドロ・ドミンゲス、ジョルジ・ワグネル、田中順也選手といったマリノスキラーともいえる選手達がチームを去ったにも関わらず相性悪いままな点もそれを裏付けている。
 
第1戦のハーフタイム俊輔から三門への交代なんか失敗だった。
逆に、ネルシーニョ監督がリーグ戦で見せた、日程の苦しさある中で2点差を追い付かせた采配や若手起用なんか敵ながら見事だった。

そんな監督の力量差を考えると、後手に回るより先手先手でいかなきゃ勝ち目はない
玉砕覚悟でも頭からガンガン行くしかない。
 
まぁ、そんなこんな最悪に近い状態であるが、個人的にこの逆境に燃えている
何かが変わるかもしれない瞬間に立ち会えるかもしれないという期待があるからかもしれない。
 
ラフィーニャ・俊輔・マチ・勇蔵とこれだけ出れない中で、さすがの樋口さんも若手を出さざるを得ない状況。
主力の影に隠れていた選手が奮起するチャンス
 
仁・アマジュン・優平・喜田、さらに松本翔あたりにも、もしかしたらチャンスはくるかもしれない。
誰かが活躍して準決勝に導き、樋口さんの若手不信を取り払ってくれれば、マリノスの未来につながる。
 
というわけで
藤田や矢島を出したら正直がっかりだし、この試合特に何も起きなければ、樋口さんは今シーズン限りで...
ってな気持ち。
 
<最後に>
下手すりゃ今年最後のタイトルがかかった真剣勝負の試合。
天皇杯と違い失うものは何もない。若手よ思い切ってやってくれ!!

 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

諦めたらそこで試合終了や ナビ柏戦

ナビスコ 柏戦 1-2敗戦
得点者 マチ

またしても柏に… 
 
ただ負けただけじゃなく
俊輔・マチ怪我
ボンバーのミスから失点
勇蔵退場、セカンドレグ出場停止
 
ラフィーニャ・学の怪我に続いて…
まさに泣き面に蜂
 
中3日で立て直せるのか。
相変わらず俊輔頼みだし…
うーん
  
それにしても、ホームでの敗戦は痛い。
アウェイの第2戦、最低2点とっての勝利が必要となった。
まぁ、去年の第1戦の0-4を思えば、まだまだチャンスはある。
 
現実的に見て、今年残ったタイトル獲得のチャンスはナビスコ杯のみ
この点差で諦める訳にはいかないでしょ 
 
昨シーズンの天皇杯に続いて、なんとしても今シーズンもタイトルを掴みたい。
優勝癖を根付かせ、常勝マリノスの足掛かりを作っていかなきゃ駄目だ。

落ち込んでいる暇はない。
残されたナビスコ杯に向けて、俺たちはもうやるっきゃないんだよ。
選手・サポ一丸となって、死に物狂いでタイトルを取りに行くぞ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (196)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (19)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (40)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (5)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム