2015-01

無事これ名馬

相変わらず何やってんだかな 矢島
ブラジル人ならではのオフ明け ラフィーニャ
大事をとったという 俊さん

沖縄キャンプも始まったばかりで早くも…
シーズン前から無理する必要性はないけど少々不安なスタート。

にしても、矢島は何とかならんのかね

プロとして後がない今シーズン それなりの覚悟を持って臨んでいるとは思っているのだが…

大黒柱の俊輔やエースのラフィーほどではないにしても、ヤジにかかる部分は去年より高まったからこれじゃ困るんだけどなぁ。

現段階で出遅れたり体力測定で無様な成績をさらしているのは大目に見るけど、開幕までには短い時間なら活躍できる状態には持ってきて欲しいねぇ。

もう怪我さえなければなんて言葉は聞き飽きた。
マリノスで年棒に見合ったプレーや結果を残してくれ‼
期待してるよ。

しかしながら、恵まれた体格とはいえない兵藤がタフで、恵まれた体格の矢島が怪我体質というのは何とも皮肉。
日本人離れした身体能力に身体がついていかないなんてさ。

あぁ、"無事これ名馬"
焦らずに1年間フルで戦う身体をキャンプで作ってくれ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

動き始めた 2015年シーズン

新体制発表会を皮切りに、新ユニお披露目、初練習、試合日程発表と2015年シーズンもようやく始まった。

というわけで、今回それぞれの感想をさらっと。

"新ユニ"
ホームはシンプルでいいね。
個人的にも、ここ最近の中では好みの方。

一方、アウェイのゴールドは衝撃的。
だけどさ、インフラレッドより全然マシ。

トリコロールと関係ないが、アウェイユニであれば気にならない。
ただ、着る人を選びそうかな。

"初練習"
樋口さんからモンさんに変わったのに伴い、練習メニューも一新したらしいね。

新監督就任で序列がリセットされたし、熊谷・喜田ら若手の抜擢もあるのかな?
練習から競争が活発化して欲しいね。

"試合日程"
スケジュール帳に書き込みながら、アウェイ遠征の予定を色々考えるのが楽しい。

個人的に今年の注目は、アウェイ松本戦。
アルウィンに参戦したいが、チケット争奪戦の予感が漂うなぁ。

P.S アジアカップ 日本敗退
日本のエース格である2人がPK外したんだし、仕方が無いね。

どうせ八百長問題で大会後アギーレ監督解任が当然既定路線なはずだし、結果も出せなかった方が後腐れなく切りやすいと思おう。

個人的にも、マリノスから誰も選んでくれなかった監督だから愛着もない。

アディオス アギーレ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

新監督に丸投げ

マリノスの新体制発表会
大方の予想通りサプライズは起きず。

昨シーズンの課題を得点力不足と認識しているにも関わらず、フロントとして具体的な改善策を打ち出したわけでもなく、新監督の手腕に丸投げしたように見受けられた。

さらに言えば、新スローガンも抽象的な印象を強くさせ、ゴールシーンを流したのも今いるメンバーで大丈夫だと言わんばかり。

連動やチャンスの数を増やすことも大事だが、現実的に攻撃の最後の部分は個人の能力次第。
だからこそ、今回の補強に納得がいかない

おそらく、ラフィーニャが最初からいるから大丈夫と考えているのだろう。

ただ、昨年数試合の活躍だけでは判断材料としては少なすぎるし、昨年のように怪我をすることも十分ありえる。
どう考えても、ラフィーにかかる部分が大きすぎ

リスクマネジメントを考えたら、もう一枚計算できるFWを取りに行くべきだし、昨年川又選手を獲得に動いた時にはその考えはあったはず。

川又選手獲得に動いた当時 私は、
"良いFWを多く抱える名古屋がなぜ?"
"マリノスは、今いるメンバーを信じるべき"
と考えていた。

だが結果は、川又選手を獲得した名古屋がチームの立て直しに成功し、ラフィーを怪我で失ったマリノスが再び得点力不足に悩まされた。

まったくもって、リスクマネジメントができてない浅はかな考えだったと反省している。 だからこそ、フロントにも改めてもらいたいと感じている。

今後次第で補強をする考えはあるみたいだが、余程スーパーな外人でなければJ未経験の外人はフィットするのに時間がかかり、効果的でない場合が多い。
で、結局はJでプレイした経験のある選手に選択肢が限られてしまうことに。

G大阪のリンス選手みたいに、キャンプからいれば次第にフィットして、後半戦いい仕事する場合もあるのにね。

やはり、補強のポイントが明白ならば、最初から補強すべきでしょ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

もしかしてだけど

補強のないまま、新体制発表会まで残り2日。

もしかしてだけど♪
もしかしてだけど♪
もしかしてだけど♪

本当は、まったく動いてなかったんじゃないの〜
そういう事だろっ ジャン。

ってそういう事なの?
情報統制してるだけで秘密裏で動いているもんだとばかり。勘違いしてたのかな。
たとえ動いていたとしても結果は一緒だから、プロのフロントとして評価はできないが。

もちろん、可能性は低くても、サプライズを最後の最後まで期待するけどさ。

しかし、何で補強しなかったんだろ?

ライセンス問題など金銭的理由
若手育成への方向転換や新監督の希望
2ステージ制を睨んだ作戦
のいずれかなのかな。

現状のメンバーで満足、問題なし
ってことはないとは思うんだけどさ。

昨シーズンリーグ最小失点でありながら中位にとどまったのは、 得点力の低さが原因なのは誰が見ても明白なんだし。

その得点力不足が全てFWの責任とは言わないけど、やっぱ頼りになるFWがもう一枚は必要。

金がないのかもしれないけど、小椋・六反・藤田が移籍して生まれた空きとレンタル組の見極めや余剰戦力の整理(ボランチ過多)をきちんとすれば可能では?

だいたい、昨年川又選手獲得に動いた事実からも、FW補強が必要ないとは言えない。
その辺、新体制発表会で言い訳ないし理由をはっきり説明して欲しい。

ただ、このメンバーで優勝・3冠目指しますとか下條さんが自信満々の顔で語ったら、お終いだな。

別に、中位や残留が目標ならば問題ないメンバーだとは思う(過信じゃなきゃいいが)けど、優勝を目指すというのならどう考えても厳しい。

うちは、昨年7位。
そこからの上積みがラフィーの復調、賑やかし組の復帰ぐらいで、あとは新監督の手腕に望みを託すしかない状況。

寧ろ、
マムシ小椋移籍でJ屈指のボール奪取力を失う。
FW藤田&GK六反移籍で、層が薄くなる&怪我・病気がちの矢島や飯倉の健康管理がよりシビアな問題になる。
ってなことを考えるとマイナスの方が大きい。

正直、このメンバーを見ても
今年こそは優勝だ‼やってやるぜ‼
って燃え上がる気持ちが湧きにくいし、期待するのが難しい。

新規サポを獲得するにも、ドラゴンや奥の時みたいな刺激的な補強が必要だと思うんだけどな。
ってか、一般の方は今年に入って一度もマリノスの話題を目にすらしてないんじゃないかな。

だいたい情報統制もいいけど、たまには記者に美味しい情報を漏らしたりしないと、マスコミからそっぽ向かれて取材にも来てもらえなくなるぞ。

注目されてなんぼやぞ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

理解に苦しむ

レンタル中だった天野貴史・比嘉祐介の復帰並びに端戸仁・矢島卓郎の契約更新が発表された。

う〜ん
応援はするけどさぁ。
ごめんやけど、理解に苦しむわ

レンタル組に関しては、
J2ですら出番なかった選手が何で帰ってこれんの?
っていう疑問やな。

もう若くもない2人。
試合に出てた英二郎や怜は帰ってこないのにさ。

確かに、左サイドは不安。
だが、両サイド可能な奈良輪がいれば、とりあえずは十分。

個人的には、
CBの控えが若干手薄な感じもするので、経験豊富な最終ラインのマルチロールタイプを取るという手

もしくは、室屋くん囲い込み作戦(強化指定を見据え、練習試合等出場しやすくする)で、わざと空けておくのも手かなと考えていた。

が、まさかの展開。
2人とも今年で契約切れたはずでは…

マリノスの契約年数どうなってんの?

だいたい、比嘉さんはまだしもアマの右サイドは補強ポイントでもない。

アマって2010年ぐらいしか試合に出てないのに、何年マリノスにおれんのや。
どこかのレジェンドみたく、個人的にスポンサーを連れてきてるのか⁉

理解に苦しむ

しかし、比嘉さん&アマ復帰ということは、新監督 SBに守備そっちのけの攻撃タイプを求めているのか?
だとしたら、マリノスの根幹をぶっ潰しかねん。

あと、FW2人の更新もなぁ…
何故仁は、出場機会求めてマリノスを飛び出さないのか?

短いサッカー人生で2年も出れなかったのに。才能を無駄にするなよ

矢島は、複数年&怪我がち&年齢で欲しいチームがないだろうから仕方ないけど、仁は違う。J2ならあるやろ。

にしても、FW陣総入れ替えぐらいの大型補強に期待してたけど、人数・枠的にもあって外国人FW1人か。

下手すりゃ、ラフィーいるから0人ってこともありえるな。シーズン入って様子見ながらとか、そんな感じかもね。

シティマネーも監督とスタッフで消えたのかなぁ。

マリノスに優勝して欲しいと考えてるから、マジでガッカリ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

変化の年

2015年 日本サッカー界は大きく変わる。

一番大きいのが、Jリーグのレギュレーションの変更

賛否両論ある2ステージ&ポストシーズン制に変わって世間の注目度が上がるのだろうか?

マリノス的には、新監督を迎え戦術の浸透する時間を考えると不利とも言えるし、メンバーがほぼ変わらない点では有利とも言えるが、果たして…

次に、マスコミ。
サッカーダイジェストが隔週化になった。

サカマガに続き、サカダイまで週刊から撤退したことは、非常に残念

ただ、紙質からかワールドサッカー○○的な雰囲気で、読んでいて悪くない。
サカマガzoneみたいにターゲット層の分からん雑誌にだけはなって欲しくないのだが、シーズン始まってからどうなるか。

また、変わるのは紙媒体だけではない。
キクマリMC交代もマリサポにとって大きな変化。

とりあえず初めて見た感想としては、新MC二人とも真面目すぎやね。

セット変更でMC二人の席が離れたため、コミュニケーションを取りにくそうなのも良くないなぁ。

今までがおかしかっただけで、これが応援番組らしいとも言えなくはないが、没個性的

ピンチヒッターで出演していたことを考えると、波戸さんが新MCになることが先に決まっていたはず。
であるならば、波戸さんが真面目タイプなんだし、女の子は元気溌剌・天真爛漫タイプの方を選ぶべきだが…

まだ二週目なので小山さんが緊張してるだけかもしれないけどさ。
今のままじゃ、暗すぎる番組にならないか心配だ。

だいたい、キクマリは肩肘張って見る番組じゃない。
ありのままの空手ガールの良さを全面に出してよ‼


とまぁ、こんな変化がすでにあった。
が、本当に変わって欲しいのは、今日試合やってた代表&高校サッカー選手権

代表はいつまで同じメンバー?
レベルの落ちた高校サッカー選手権の注目度に?

特に、高校サッカー選手権
高体連や日テレと協議し、選手権を潰してクラブチームを含めた大会を新設して欲しい。

ここ最近の年代別代表がアジア予選を中々突破できなくなっている。

レベルの高いユースの子供達も注目度が高いトーナメント制の大会に出場して、一発勝負の厳しさ・恐ろしさ・難しさを肌で感じなきゃ、同じことを繰り返すだけだ。

真のスターをマスコミや世間に売り出すにもいいしさ。

変革求む‼


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

マリノスの温情

松本翔がJ3山口へレンタル移籍することが決定。

残念
成長して帰ってきて欲しいな…


と言うのは、建前

厳しいことを言えば、高卒4年目で公式戦にまったく出場できなかったことを考えれば契約非更新されずによく済んだ。
まだチームから期待されているというか、温情をかけてもらったみたいなもんだ。

正直、レンタル移籍というのは解せないな。

最初に5年も契約していたとも思えないし、新卒時3年契約しその後新たに複数年契約を結んだというのも、J2下位の愛媛で試合に出れなかったことを考えるとありえない。

普通に考えれば、4年目の今季で契約が切れたはず。サカマガでも記載されてたしね。
にも関わらず、新たに契約結んでレンタル移籍なのか?

中盤に怪我人が多かった状況でチャンスすら与えられず、大卒1年目の選手にさえ負けた。
J1優勝を目指すマリノスが、J3で活躍したぐらいでレンタルバックさせるだろうか?

ユースからトップチームに引き上げた責任をとった温情レンタル移籍としか思えない。

結局の所、実積の少ない翔をわざわざA契約の最低年棒を払ってまで欲しいというチームが現れなかったから、完全移籍ではなく年棒を肩代わりするレンタル移籍になったんじゃないかな。

あくまで推測だけどね。

ここまで厳しいことを書いたけど、最初の『レンタル移籍は残念 帰ってきて欲しい』という言葉は嘘ではない。

FKに代表されるように技術は高いし、インタビューを見る感じ好感が持てる選手だからね。

そもそも、トップ昇格を勝ち取る理由になったと思われるJユース杯でのプレーは圧巻で、チームを優勝に導く活躍ぶりは既にトップチームで出場していた小野をも凌ぐものがあり、個人的にも将来を期待していた。

だから、松本翔をトップチームに昇格させた判断は間違っていたとは思わない。

ただ、プロとしてやっていっていくには、低身長という最大の弱点を覆すだけのプレーやフィジカルコンタクトの強さなりを身につけることができなかった。

山口では、最後のチャンスだと思ってプロとしてやっていける力を身につけて欲しいね。

<最後に>
人生何が正しいかは誰もわからない。

サッカーを辞めたあとの将来を考えると、早い段階で進路を替えることもあり。
プロとして厳しい判断を周りが下すことも、時に必要かもね。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ありがとう さようなら

湘南への移籍が決まっていた藤田に続き、六反が仙台へ、小椋がG大阪へ、レンタル中の松本怜が大分へ完全移籍することが本日決定。

というわけで、今回それぞれの選手達のプレーを振り返りながら、感謝とエールを送ることにした。

まずは、藤田
得点数こそ少なかったものの、FC東京戦や大宮戦、マンU戦など印象に残るゴールが多かった。
決定力が高いという感じもしなかったが、忘れた頃に不思議な勝負強さを発揮。

ただ、樋口さんの戦い方にフィットしなかった面を差し引いたとしても、J1で活躍するには何かが足りない気が…

湘南で漢になれ‼

次に、六反
マリノスでは出場する機会が少なかったものの、出場する試合では確実に仕事をしてくれた。
飯倉や鈴木が怪我などで欠く時期が長かったが、セカンドGKに六反がいてくれたおかげでこちらは安心していられた。

移籍先の仙台は林選手が広島に移籍してから正GK不在みたいな状況なので、六反にとっては大きなチャンス。

仙台名物は、牛タンだけじゃなく六反
ってぐらいになれ‼


そして、レイチェル
あのスピードをマリノスで生かせなかったのは痛恨。昨シーズンは、SBを務めるなど幅を広げつつあっただけに勿体無い。

ただ、大卒の選手なんだし、スピードの使い方や守備の部分とかをマスターしてからマリノスに入団して欲しかったかな。

スピードを生かすプレーに磨きをかけろ‼

最後に、小椋
中盤のハンターとして長年マリノスを支えてくれた選手だけに、寂しい気持ちは変わらない。

しかしながら、3冠王者のG大阪に移籍とは意外だった。
鳥栖や新潟みたいな速攻堅守タイプや昇格組とかからオファーが殺到するかと思ったら、福岡とG大阪ぐらいしか噂が出なかったね。

ただ、G大阪には今野選手そして明神選手という大きな壁が存在しているか大丈夫か?
ACLの連戦などの少ないチャンスを生かせるかが鍵になるね。

ボールだけじゃなく、ポジションも奪い取れ‼

というわけで、みんな今までありがとう。
トリコロールの元勇者達の未来に幸あれ。


にしても、補強の話題も出てこないかなぁ…

契約更新に関しては、兵藤・優平・飯倉が済ましたのであと少しにはなったけどね。
残りは、勇蔵と日本人FW陣、レンタル組ぐらい。

嵐の前の静けさなのか…

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

選手のチーム愛

一般的にも仕事がスタートしたというのに、いまだマリノスの補強に動きなし。
どうなってんの?
 
この感じだと、FWの補強は外国人の可能性が高い気がしてきた。
新監督のように全然知らない選手が来そうだね。
監督共々未知数に賭けるしかないか。
 
まだ、新体制発表会まで時間はある。
とりあえず期待して待つしかないわな


ただ、進まない補強の一方で、所属選手の契約更新は進んでいる。
残っている主力は、飯倉・勇蔵・兵藤・伊藤ぐらいで、今の所は戦力の流出を防いでいることは評価すべきかな。

そんな中気になるのは、伊藤も含めマリノスにいる日本人FWは誰も契約更新していない事。
獲得した選手次第で、複数名放出するのかもね。
レンタル組も含め、動向を見守りたい。
 
しかし、補強の動きが見えないマリノスの一方で、他のチームは結構動いてるね。

個人的には、実力の高い選手が揃いながらJ2に落ちたC大阪を気にしているのだが、南野君は結局海外移籍しちゃったなぁ。

ユース出身で今後のC大阪を引っ張っていく存在なはずが、J2落ちたらすぐにチームを離れた。
落とした責任や「チームへの愛」という言葉で、未来ある選手を引きとめては駄目とは分かっているけどさ。

南野選手以外にもユース出身のキャプテン山口選手までもが海外と天秤にかけるような発言しているのを見ると、ユースってなんなのかな?って思う。
 
残る選手は国籍関係なく、他に誘われていても残っているのに、一番「チーム愛」があって欲しいユースの選手が自分の人生を最優先している感じだからね。
もちろん悩んだのだろうが、結論はそこに至ったわけだしさ。
 
高いレベルに挑戦したいという選手の気持ちはわかるけど、ユースの選手が何かしらの結果やタイトルも残さず、自分の都合でさっさと去るのはなんかね...

この問題はC大阪に関わらず、全チームにも言える。マリノスなら小野裕二も10番与えながら、あっさり...

結局、チームに対する誇りや憧れが希薄だからだよ
自分が住んでいる地域で一番レベルの高いチームがJのjrユースやプライマリーだから入っただけで、子供のころからいる程度の愛着にすぎない。

もちろん例外もいる。

中島賢星は、「マリノスに対する愛」が福岡に行っても揺るがなかったから、戻ってきたんだろう。
逆にいえば、アビスパは中島がJrユースにいる間に「アビスパに対する愛」を植え付けることができなかったともいえるけどね。

他にも、G大阪の宇佐美選手は幼いころからG大阪のファンだったと公言しており、J2に落ちていたにも関わらずG大阪に復帰して救世主になった。

親がG大阪のファンであることや、ゴール裏で応援した経験があるというのも意外と大きいんだろうな。
 
やっぱ、下部組織の活動の一環でトップチームの試合を見に行くレベルでは「チーム愛」は育たない気がする。

ただ、一つだけ勘違いして欲しくないのは、優れたユース出身の選手が海外に行くなといっているわけじゃないということ。
寧ろ、世界や日本を代表する選手を下部組織から輩出して欲しいぐらいだ。

しかしながら、結果&移籍金がやっぱ理想かな
結果だけ、移籍金だけでの海外移籍は、無くしていきたいよね。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

フットボール観戦初め

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

2015年こそ我らの年に。
リーグ優勝を目指して共に戦っていきましょう‼


個人的には、今年こそはブログの質、特に文章構成能力や表現力を高めていきたい所なのですが、肝心のマリノス関連のネタがなく、書くに書けない状態…

景気の良い補強の話題は週明けになりそうだし、補強以外のマリノスの動きと言えば、
キクマリのMCが予想通り波戸さんに。
中島くん所属の東福岡敗退。
小椋がG大阪、六反が仙台へ移籍か?
ぐらいで…

それも曜日の感覚狂ってキクマリ見逃す&俊輔らが出た炎の体育会TVも途中からとは、oh my god

唯一、年始恒例になったウルトラマンダッシュでの俊輔をばっちり見れただけ。

そんなマリノスネタ切れ状態な私なのですが、実はフットボール観戦を今年すでに済ましております。
それも、天皇杯でもなく、高校サッカーでもなく、まさかのアメリカンフットボールの試合を。

今年最初の試合がアメフトとは(笑)
タダ券もらったし、暇だったんで興味本位で行っちゃいました。

漫画読んだぐらいでルールも曖昧、もちろんプレー経験もなきゃ観戦も初めてだったのですが、意外と観客の人数が凄いんですね。

東京ドームが会場だったのですが、おそらく3万人近くは入ったのでは?
日本最高峰の試合だとは言え、もっとスカスカだと思ってたので、ビックリ

出場チームである富士通の関係者らしき人が多かったので、会社の力もあるのでしょうけど、Jでは中々見かけない外国人の方もチラホラ。

それ以外にも、
チアリーディングが中心となる応援スタイル
スピーカーから流れる審判のジャッジ&プレーを説明する実況
は新鮮な驚き。

ただ、プレーに関しては、ピッチから遠い席で且つ素人なのでどこに注目すればいいのかさえ?状態で途中で飽きちゃったのですけどね。

それでも違う競技を観るのも悪い経験ではなかった。
みなさんも、機会があれば是非他競技に足を運んでみては。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (198)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (28)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (43)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム