2015-02

待ってましたよ!!シティ兄やん

このまま補強もしないままシーズン突入するのか…
と思っていたところ、シティ経由でFWアデミウソン選手獲得するという噂が流れてきた。

ついに来ましたよ‼ わっしょい‼

もう噂レベルというより、ほぼ間違いない。
メディカルチェックの段階に入っているとの情報すらある。
豊田選手やマイクなど今までの憶測レベルとは明らかに違うから今回は期待していい。

にしても、シティ兄やん ごっついサプライズやな。
現U-21ブラジル代表、サンパウロ所属の有望株で、U17代表の時に喜田や室屋くんもいた日本代表とW杯で対戦しゴールを決めたというド派手な経歴。

マジ金の卵 未来のセレソン候補
このレベルの若手がJリーグに来るの、柏にいたドゥドゥ選手以来かも。

今までは何のために提携したか正直微妙やったけど、ようやく。

だだ、プレースタイルが本当にマリノスが求めている選手か疑問。
映像みる限りラフィーと若干被るし。

もちろん、ラフィーや伊藤が噂とは違ったから見てみないとわからないものがあるし、裏を狙うというのがモンさんの攻撃の狙いでもある。
けど、足りないのタワー系FWじゃないのかな?どうなんだろ。

しかし、この移籍話 少なくともマリノス側主体で動いたのではなさそう。
外人獲得の決定権はシティ側になったから、フロントは補強を明言できなかったっぽいな。

あと、高卒や大卒のNo.1クラスである中島や仲川の獲得が成功したのもシティとの絡みもあったりしてね。
日本の優秀な若手を取れるマリノスを材料にシティと交渉したとか。

そう考えると、今後のマリノスは国内の若手有望株と青田買いした外国人選手を中心としたチーム構成で、監督も含めシティの実験場やオーディションの場になるかも。
今年即戦力になる日本人の中堅以上の選手は取らなかった遠因か。

そんなシティに利用されるというデメリットも理解しとかなきゃならない。
活躍したらすぐシティ行きだろうし、移籍金出さない代わりに何も金や契約に関われないっぽいし。

まぁ、ここまで全て憶測
だいたいアデミウソン選手が来るかはわからない。

ただ、めっちゃ希望出てきた。
アデミウソン・ラフィー・学の3トップで相手の最終ラインをズタズタに引きちぎるとか、妄想中。

しかし、マリノスタウンの問題も含め、シティ抜きでマリノスの未来は語れなくなるのかもしれないな。

P.S アデミウソンと昔いたアデマールの名前がちょっとゴチャゴチャする。
アデマールの成績じゃ困るんだけどさ、ついつい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

追記
アデミウソンレンタル移籍加入決定。

憶測でシティ側主体の移籍と書いたが、社長曰く マリノス側が選んで交渉とのこと。

とはいっても、シティが集めた資料から選んだだけだし、10億とされる移籍金もシティ頼み。

新聞の折り込みチラシにあった宅配ピザを他人のお金で買ったのに、自分で作ったピザって言ってるようなもんだけどね。
電話して、取り分け皿とか用意しただけじゃん的な。

ていうか、遅ぇーし。
スポンサーサイト

頑張れ ACL組

ACLグループリーグ第1戦、Jリーグ勢は1分け3敗と厳しいスタートとなった。

去年痛いほど味わったからわかるけど、初戦黒星スタートを巻き返すのは大変…

しかしながら、Jリーグのレベル低下もしくはアジアのレベル向上のどちらか、いや両方が原因のこの惨敗ともいえる結果に危機感大

まだ過密日程でもなきゃ、今年は天皇杯の疲れでもなく、言い訳が効かない。
J2上がりのG大阪に三冠許している時点で…だけれどもさ。

アジアで勝てないと、Jリーグ自体が世間から見放されてしまう。何としても、ACLでJリーグ勢が活躍してもらわなきゃ困る。
それにマリノスが参加してないとはいえ、ACL組が勝てないと参加資格さえ得られなかった我々はより惨め

Jを代表して戦う4チームには頑張ってもらいたい。
そして、マリノスも来年はアジアの舞台に戻り、世界を目指すぞ‼

そのためにも、外国人枠は全部埋めなきゃな。
いや、マリノスだけじゃなくJ1全チームが外国人枠ぐらいは全て埋めて切磋琢磨してかなきゃ、この先もACLで勝てない。

浦和だってワシントン・ポンテ・エメルソン選手がいた頃のが、今の広島風中型補強している頃よりずっと強かった。

堅実な反面夢のないチームばかりになったのはライセンス制度のせいなのか?
このままじゃ、Jリーグ自体じり貧だ。

P.S 水原のユニ、マリノスにめっちゃ似てる。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

哲也vs飯倉 2015

マリノス戦力診断の2回目は、GK編。

今年のGK陣は哲也・飯倉・鈴木・田口の4人で、全員ユース出身者という特徴がある。

ユース出身ばかりというのは、育成が成功した証で素晴らしいことではあるが、昨年セカンドGKを務めた六反が抜けたことは、非常に痛い。

飯倉と哲也が怪我なく1年戦えれば問題ないけど、層が薄くなってしまった。
若い鈴木・田口との実力差がはっきりしてるだけになぁ。

というわけで、今年のマリノス正GKのポジションは哲也と飯倉の争いになるのは間違いない。

けど開幕戦の正GKは恐らく哲也だろうね。
練習試合の松本戦先発GKは哲也だったし。

ただし、その松本戦に関してだが、モンさんはGKにビルドアップの部分も求めているのか、昨年に比べて哲のパスミス・キックの質の低さがより目立った気もした。
失点シーンのキャッチングミスも含め、哲の印象が悪くなったかもなぁ。

個人的には哲と飯倉の総合力に明確な差はないと思うし、キックの質は飯倉のが断然上

開幕までもう少し時間があるから、モンさんが最終的にどういう判断をするのか楽しみ。

<総合評価> B
やはり、六反の穴が心配。

<最後に>
個人的Jリーグ GKランキング
Sランク
G大阪・浦和・鳥栖
Aランク
広島・FC東京・名古屋
Bランク
鹿島・横浜・新潟
Cランク
川崎・柏・湘南
Dランク
神戸・甲府・山形
Eランク
仙台・松本・清水

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

こんなもんでしょ

開幕を2週間前に控えた大事な練習試合の松本山雅戦であったが、結果は敗戦。
予想通り、課題の得点力不足は改善されてはおらず、失点も...
練習試合とは言え、昨年J2でだった松本に対しこんな状態で、開幕に向けて不安がないわけではない。

だけど、現実的に見ればこんなもんでしょ。
 
シーズン入る前にわかって良かったよ。
この結果でも補強する気が起きなきゃ、フロントも本当に舐めすぎやしね。

それに、ポジティブな要素がゼロだったわけじゃない。
喜田・賢星・和田くんといった本当の若手が躍動。
ラフィーも開幕までには間に合いそうで良かったよ。

それが分かればとりあえず十分。
今のままじゃ厳しいってのも監督もわかっただろうけど、まだ開幕まで時間があるし、なんとかなるやろ。

まぁ、リーグが通年型なら出遅れ必死でヤバイけど、今年は2ステージ制。
若手を育てながら1stステージ戦って、補強&俊輔等復帰する2ndで巻き返しを狙う ってのが今のところのイメージだしさ。

ダサい発想かもしれないけどそれが現実的だし、今のフロントのやり方ではそういう風にしか見えないからしゃーない。1stから本気で優勝を狙いに行ってないじゃろ。

にしてもこんな状態でも、「今いるメンバーで大丈夫 信じるのみ」って言うサポは鑑やし偉いなとも思うが、楽天的というか不思議やな。
自分がネガティブすぎなのか?

結局は信じて声出すしかないってなるから、ブツブツ文句言っててもしゃーないけども。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

持ってない男 持っている男

仁 怪我で2ヶ月の離脱

松本との練習試合を前日に控え、そろそろ本番に向けて気持ちが高まっていく最中、俊輔に続いてまたしても残念なニュース。

前線は怪我人続きなのに非常に痛い
コンディションをキープしていればチャンスもあっただろうに勿体ない。
というか「持ってないな」

目に見えない何かを引き寄せる力も時に必要なんだがな...

逆に「持っている」のが和田くん。
ついに二種登録決定!!
この時期だと小野裕二よりも抜擢が早いんじゃないか。

松本戦次第で開幕戦も十分あり得るな。

まだ高校2年生。もちろん過度の期待は禁物ではある。
だが、スターになる運命に導かれていると思えてならない。

新ユニ届いた日に「持っている」「持ってない」選手に分かれたのは何ともなぁ。

和田昌士伝説の始まりか!?
仁も早く怪我治して戻ってこい!!


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

モンさんはマジシャンか?

今年はACLに挑戦できないという悔しさを感じながら、柏のACLプレーオフをTVで見てたんですが、しかしこれで2015年シーズンも始まったわけですな。

というわけで、そろそろ恒例のJ1順位予想の発表。
と、その前に各ポジションのマリノスの評価をそれぞれしていくぜ。

まぁ、誰も求めちゃいないけど(笑)
自分の言いたいことを載せるのが、当ブログのモットー。

じゃ、まずは監督編

今年マリノスは、新監督にモンさんが就任したが、目新しい何かが変わる感じはしない。

キクマリ等でしかキャンプの模様はわからないが、練習では裏への意識を高めるとか、守備の動き方をチーム全体で徹底するぐらい。
練習試合でもシステムやスタメンは大きな変化はない。
それに、性格も穏やか・真面目そうでモチベータータイプには見えない。

今の所は、外国人監督をシティラインでわざわざ獲得したメリットが感じられない。

今回タイトルを"モンさんはマジシャンタイプか?"にしたが、恐らくは違う。
マジックをかけたかのごとく状況を一変させる事はなさそう。

むしろ、学者・研究者タイプかな。
若手育成に定評がある監督なので、今後少しずつ世代交代を進めていくかも。
特に、俊輔が離脱したからこそ、その手腕が多いに発揮されそうな雰囲気もある。

和田くんあたりを思い切って抜擢したりするかもね。
個人的にはそこに期待しているし、このままの継続路線ではいずれ行き詰まるでしょ。

<総合評価> D
Jリーグの監督達を比較して評価したが、未知数の監督なのでこんな程度かな。
キャンプ等をみる限りあまり評価できないし。
あとは、実戦次第だな。

補強は何もなかったので、監督の力で持てる戦力を最大に生かさなければ、中位をうろつくシーズン。
頼んますよ。

<最後に>
個人的Jリーグ 監督力ランキング
Sランク
G大阪・広島・神戸
Aランク
鹿島・名古屋・松本
Bランク
新潟・湘南・甲府
Cランク
FC東京・仙台・山形
Dランク
浦和・横浜・川崎
Eランク
鳥栖・柏・清水

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

学よ 今こそ新エースを襲名せよ

ショック‼ 俊輔手術…
全治3ヶ月ということで、第1ステージ半分ぐらいまでは復帰できなくなった。

今回俊輔が負った通称ネズミの怪我は、野球のベテランピッチャーがなりやすいイメージだが、長年の酷使やキックの際の強烈な負荷によるものなのか?
うーん

しかし、大黒柱を失ったのは非常に痛い。
マリノスは俊輔ありきのチームといって過言ではないし、今年も恐らくそういうチーム作りをしてきたと思う。

もちろん、他にも優秀な選手はいる。
が、ここぞで活躍してくれたり、相手のマークを物ともせず仕事ができるのは、やはり俊輔。

ただ、世代交代はここ数年課題
いつまでも俊輔に頼ってられない。

腹くくって、このピンチをチャンスと思うしかないし、時が来たと捉えようや。

若手がレギュラーを奪う時って、実力より怪我や移籍が理由の場合多いしさ。
喜田や賢星、ユースの和田くんにとっては大きなチャンスだし、全力でポジションを奪いにいって欲しい。

そして、学よ
"俺がエースとしてマリノスを引っ張っていくぜ"
ってぐらいなってくれ。

いつまでも波のある一発芸の選手じゃ困る。
ACLで魅せた輝きを安定して見せて欲しいな。

とりあえず最低10点。
宇佐美選手ぐらいはやれる実力はあるんだしさ。

俊輔不在ならば、トップ下を置くシステムにする必要はなくなったわけだし、モンさんには是非、2トップとか高い位置で学を使うのも手ではないか。

モンさんの腕の見せ所やぞ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

本気で優勝を目指すんだよね

気がつけばJ1開幕まで1ヶ月を切った。
にも関わらず、我らがマリノスはまだまだこれからな感じ。

ただ、モンさんが新監督になったばかりだし、チーム作りに時間がかかるのは当然。
キャンプ中は色々チャレンジしてくれればいい。

が、練習試合で淳吾をFWとして起用したのは、監督のカラーやチャレンジというよりラフィー・伊藤・矢島の怪我による所が大きいようで…

そもそも、仁はどうしたっ
怪我したとかじゃないのに。
現時点でFWとしては淳吾以下ということは、残念ながら戦力としてあまり期待されてないことがハッキリしてしまったかな。

結局、怪我がちのラフィーと矢島 構想外の仁では、昨年同様に伊藤の爆発を辛抱強く待つしかないみたい。
この時期ぐらいは優勝を夢見させてもらいたいんだけど…

もちろん、個人的な目標は優勝ではあるよ。
やるからには全てのタイトルを狙いに行くのが、マリサポなら当然の発想やし、それでいいはず。客観視なんかいらん。

しかし、フロントがサポと同じ発想で発言しちゃ駄目だ。

いくら都合の悪いことが言えなかったりノルマじゃないとはいえ、この戦力しか揃えられてないのに、優勝を口にするのはあまりに無責任

キャンプの時点でさえ、FWが足りないのが明らか。
なら、鹿島が金崎選手を獲得したように、マイク取りに行ったって良いでしょ。
弱点は前からハッキリしてんだし、時間がないは言い訳にならん。

本気で優勝したいという思いが、フロントからまったく感じられない。
今は タイトル取れたらラッキー!! な程度や。
本気度は補強で伝わるよ。

今いるメンバーをとにかく信じろとか…
正直、7位前後が精一杯かなとも思っている自分がいる。
それでも応援するけどさ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

継続?破壊のち創造?

沖縄で行われた一次キャンプを終え、宮崎で二次キャンプ中の我らがマリノス。
そろそろ本格的な戦術練習なども増え、モンバエルツ新監督の色が少しずつ見えてくる頃だろうか。

"今年の補強は監督のみ"といっても過言ではないので、モンさんの手腕に大いに期待しているのだか、どういう風にチームを作っていくのかは気になる所。

チーム作りには、継続と破壊のち創造 の2種類あると思うが、選手に関しては今のところ継続路線らしいね。

若手育成手腕に定評があるとの事だったので、一気に世代交代を推し進めると思っていたが違ってみたい。

ベテランを外してまで使うほどの有望株が特にいないマリノスで、急激な世代交代をするリスクは高いと思ってたので安心した反面、若手に出てきて欲しい気持ちもあり、ちょっと複雑…

まだキャンプの途中だし、その点は今後よりハッキリするけどね。

一方、戦術的な部分については今はまだ見えてこない。

とりあえず継続路線だとすれば、攻守の切り替えの速さ・安定した守備・セットプレーというマリノス伝統的な武器や樋口さんの遺産に、どうやって+αの部分を作るかの話になってくる。
その+αがマリノス長年の課題である得点力不足の解消に繋がってくるのだろう。

ただ、個人的には継続路線というのは中々難しい気もしてる。

樋口さんが試行錯誤してもあれが限界だった昨年から、メンバー・戦術ともに変えずに、結果が変わるだろうか?
そもそもコーチから昇格ならいざ知らず、外から来た外人監督で本当に継続がなしえるのか?
それぞれ違うスタイルや哲学を持ってる監督達に継続などありえるのか?
甚だ疑問だ。

また、継続するがゆえに更なる進化の妨げになる場合もある。
それに我々が武器と認識しているものが、実は海外の監督から見れば評価されないのかもしれないし、逆に日本人が認識してない良さを見出すのかもしれない。

この持っている物差しの違いが、監督を外国人にする良さとも言えるし、私が期待してる所。
そこは、日本代表も同じなんでしょうな。

ただし、代表のチーム作りは対世界の舞台。
ガラパゴス化してもいけない、世界を意識しすぎて良さを見失ってもいけないという問題に対して、監督がどうバランスをとって料理するかが鍵になるわけで、監督選び・チーム作りはより難しい。

にしても、ザックさんの時は時間がかかりすぎると怒り、反省して早めにアギーレさんを決めていたらW杯の反省なしにと怒る。

第一選んだ責任はあるにしても、八百長疑惑とかわかるわきゃない。
調査には限界あるし、ちんたらやってたら手遅れになる時もある。
裏付け取材もしないで適当な憶測記事を書くマスコミが何を偉そうに。
責任を問うなら結果についてでしょ。

あっ話が脱線したので元に戻します。
とにかく、どういうチームを作りあげて開幕戦臨むのか、試合中の交代策はどうなのか。
今シーズンはモンさんに注目やな。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

モンさんもいつか日本代表監督の候補に

アギーレ監督が解任された。

八百長疑惑&アジア杯のベスト8での敗退という最悪な状態でありながら、協会は続投方針を固めるも告発が受理されたらあっさり…

もちろん、解任は当然ではあるよ
最初からファルカン臭もしてたしね。
だが、ここまで来たら一蓮托生で、これからもアギーレさんを信じて戦う覚悟が協会にあるのかと思ってた。

こうなってくると、アジア杯大会期間中に告発が受理されてたらどうするつもりだったんだろ?

ただし、解任に中々踏み切れなかったのも理解はしている。
あのクラスの監督を雇うのにどれだけの時間や金が掛かったのかと考えるとさ。

今後に関しては協会も馬鹿じゃないから疑惑が出た時点で新監督を裏で探しているでしょ。
最近原さんTVで見ないしね。

原さんも責任取らされて解任 若くは 現在探してるかのどっちかだが、おそらく後者だしさ。

気になる新監督は、
なあなあでザック再登板
ジーコっぽいが爽やかなイメージでピクシー
欧州贔屓で選ばないだろうが、日本人なら城福さん
ぐらいしか思いつかないなぁ。

あとは、
岡田さん・健太さん・西野さん・オリヴェイラさん・ネルシーニョさん・クルピさん
あたりも世間的に候補に出てきそうだか、現在クラブチームの監督をしていることや諸事情なんかを知る限り就任はなさそうだし。

おそらくマリノスみたいに全く知らない監督になるんでしょうな。

ここまで色々な名前を出したけど、将来的には代表監督候補としてモンバエルツさんの名前が出てくるくらいになってもらいたいね。
マリノスでタイトルを獲得して名将と呼ばれれば、自ずとそうなるだろうしさ。

もちろん、マリノスで監督をしている期間に代表監督として誘われても断固反対だし、マリノスのが代表より大事なのは変わらない。

とはいえ、代表はサッカーやっていた人間にとって夢の場所。
とりあえず仕切り直しで、マリノスの選手達にチャンスが増えるのは良いこっちゃ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

選手の体調管理

今年も雪の影響でどうなるのか心配されたトリコロールフェスタだったが、無事行われたようで何より。
選手とサポが触れ合う姿やトリフェスの模様を映像とかで見たけど楽しそうでイイね。

ただ、前日の雪から一転し天候に恵まれたとはいえ、暖かい沖縄キャンプから移動した選手の身体には厳しい寒さだったでしょうな。

自分も毎年この時期はマラソンの追い込みや本番期間だからわかるけど、身体鍛えて体脂肪低くなると、寒さに弱くなったり体調崩しやすい。

この時期ぐらいしか開催が難しいイベントとはいえ、キャンプの疲れが残る状態で不特定多数の人間と触れ合うのは病気をうつされるリスクが高まる。
選手の体調管理を考えると…

選手達はそう簡単に調子崩すような鍛え方はしてないだろうが、ここで調子崩してシーズン出遅れたら目も当てられない。

もちろん選手と触れ合う機会も大事。
だが、サポが一番見たいのはマリノスの勝利であり、その先にある優勝。

せめてキャンプ前に開催できんのかね?

p.s
こんな記事書いといてなんだけど、トリフェスに行けてません。
私の中でトリフェスの優先順位がそこまで高くないからというのもあるけど、この時期頑張らないと一番大事な優勝かかった試合の時とかに融通が効かなくなるのが最大の理由。
まあ、しゃーない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム