2015-04

使い分けたいなぁ  広島戦感想

広島戦1-2で敗れる。
得点者 伊藤



幸先良く先制したものの、徐々に相手のペースに…
哲のミスなども絡み痛い逆転負け。

結果的に浦和戦と一緒の展開で、めっちゃ悔しい
川崎・浦和・広島と樋口さん時代基本的に相性が良かった相手に勝てない傾向は変わらないまま。

「高い位置からプレスをかけてボールを奪い、奪った勢いそのままにペナ角から崩す」樋口さん流と「ブロックを作って守り、奪ったら手数をかけずに縦に速い攻め」のモンさん流の違いが理由なんだろうけどさ。

理想から言えば、展開に応じて使い分けて欲しいんだよね。
試合中に相手がちょっと修正したぐらいで劣勢に立たされる事はなくなるはず。
いかなる場面でも冷静にプレーできるレベルの高いボランチがいれば可能なんだろうけどさ。

三門・喜田が悪いわけじゃないけど、広島は中盤での攻防を避けサイドでの勝負を狙ったことで、2人の良さが発揮されず仕舞い。

また、狙われ両サイドは常に劣勢を強いられ、主導権を相手に明け渡してしまった。
心配された右SBの比嘉さんは大崩れこそなかったが、裏を取られないことを意識しすぎて簡単にクロスを上げられた。効果的な攻撃も少なく、兵藤やボンバーがいつも以上にフォローに回っていたのが印象的。

そもそも1試合の間に、比嘉→兵藤→三門と3人もやっている時点で駄目でしょ。
監督のスタメンチョイスにも問題あり。

もちろん色々な選手を実戦で試すのは樋口さん時代になかった良い傾向。
ここまで1試合も同じスタメンがないってのも良し悪しあるわな。

ただ、実験を繰り返す間に1stステージ優勝はかなり厳しくなってしまった。
しかし、大事なのはもっと先の戦いであるチャンピオンシップ。
そこで優位に立つことができる年間最多勝ち点のチームになるためにも、落ち込んでばかりはいられない。

ステージ関係なくこれ以上離されるわけにはいかんのじゃい。
GW連戦はまだ始まったばっかだ。

最後に、
学 迷わず自分の良さを出せ!!
今はプレーの幅を広げるための苦しみの時期だとは思ってるけどさぁ。自分の武器を見失ってないか?

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フリーザ様の湘南戦感想

湘南戦3-0で勝利いたしました。
得点者 アデミウソンさん・学さん・富澤さん
マンオブザマッチ アデミウソンさん



アデミウソンさんが開始早々に待望の初ゴールをようやく決めてくれました。
ブラジルの若き代表の10番なんですからね。当然です。

ただし、その後がいけませんね。
決めるんですよ!!アデミウソンさん もっとゴールを奪いなさい!!
まったくサポーターをイライラさせるのがお上手で。

中々追加点があげられず、私ともあろう者がドキドキしましたよ。ホッホッホ。
今後、「もういいです。あんなに決められない選手は ほっておきましょう。」とならないように。今日のゴールだけでは、腹の虫はおさまりませんよ。

ただし、サービス期間は終わりました 後半途中で。
先に絶望感をあえて教えておかなかっただけ。どうしようもない絶望感をね。

マリノスは変身するたびにパワーをはるかに増す
その変身をあと2回も残している その意味が分かるかな。

ラフィーニャさん、俊輔さんのお二人を呼び寄せておいたんですよ。
こういうこともあろうかとね。
もちろん、フルパワーで戦う気はありませんからご心配なく。

光栄に思うがいい!!
ラフィーニャさんとアデミウソンさんの競演をみせるのは、湘南戦が初めてだ。

そこから、学さんもようやく今シーズン初ゴール。
最後はラフィーニャさんを起点にサイヤ人カンペーさん。
素晴らしい!! ほらご覧なさい こんなに綺麗な花火3発ですよ。

みんなが待っているお好みのフルパワー
「俊輔さんとアデミウソンさんとラフィーニャさんの競演」
そ…それは、また次の機会に…

というわけで、終わってみれば、3ゴールでの圧勝。
ホッホッホ やはりJ2上がりではこの程度でしょう。
まさか、蟻が恐竜を倒せるとは思ってませんよね。

ちょっとは驚いたよ…でもマリノスには敵わない。
中途半端な実力を身につけた者はかえって早死にしますよ。

ご自慢の走力も我々のダイナモトリオの前では無駄な努力。それだけでは通用しません。

おっと、デカい口を利くのはそこまでにいたしましょう…
秋元さんも立派に成長され、少々苦しみました。

一応最後に聞いておこう。
遠藤選手 どうかなマリノスで働いてみる気はないかな。

それでは、皆さん 劇場でお会いしましょう。
宇宙の帝王 フリーザより。

劇場版 ドラゴンボールZ 復活のF公開記念ということで…
同じパターンとは芸のない奴

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

2兎を追え!!

ナビスコ杯の名古屋戦 0-1で敗れた。


3試合終えて1勝2敗。グループリーグ突破に向けて少し苦しくなったね。
ナビスコ杯第1節仙台戦同様、控え組中心の布陣で臨んだが、またしても結果は出ず。

「カップ戦よりリーグ戦」というのがモンさんの方針。
例年のようなリーグ戦翌日の練習試合を組んでおらず、過密日程の時期のカップ戦は控え組中心の布陣に臨むようだ。

樋口さんみたいにいつもベストメンバーで臨まれても色々困るとはいえ、勝ちたいね。

ただ、戦力として使えないということがハッキリした選手もいて、戦力の底上げという意味では残念な状態。
結果として、ナビスコ杯がコンディション調整もしくは試合勘をつける場所になっている。

お金を取っているかつ平日にわざわざ応援に来ている観客がいる以上、プロとして練習試合とは違う+αを提供していかなきゃね。

この試合は、俊さんとラフィーが無事復帰できたというのが唯一にして最大の収穫になったんだろうけどさ。
とりあえず、結果と戦力の底上げの2兎を追っていこう!!

P.S
個人的には、俊さんとアデミの競演を見たい所であったが、追々なのかな?
それとも、アデミは俊さんの代わりにしかすぎないのか、今後気になるね。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ポジションの見極め 浦和戦感想

浦和戦 1-2で敗れる。
得点者 伊藤



上位進出には大事な試合だったが、首位浦和に逆転負け。
早くも1stステージ優勝に黄色信号。

浦和に主導権を握られながらも、少ないチャンスを物にして先制しただけに惜しかった気もするが、2失点でよく済んだという印象もあり、総合的に見て結果は妥当。
後半は相手のミスもしくはセットプレーぐらいしかチャンスなしという空気に…

ACLで勝てないチームに負けるのは悔しいが、現時点では上位に勝つだけの力はまだない。
スローイン・セットプレー・相手DFが中央にドリブルに行った時の対応、気になる課題は山積み。
少し勝っているからといって自分自身調子にのってたことに反省。

とりあえず、この得点力では上位にいくのは難しいね。
この試合もアデミは決定機逸(あれが決まっていれば…)学は目立たずで、いまだ0ゴール。
ラフィーも怪我がちで、結局一番頼りになるFWが伊藤のまま。

奮起せよ!!アデミ・学
怪我人を除いたメンバーの中で一番攻撃面で違いを作れる2人が周りを引っ張っていくべきなのに、逆に足を引っ張っている感じ。

もちろん起用するポジションが一定していないのも原因ではあるとは思う。
アデミは1トップ、トップ下、浦和戦での右サイドハーフ起用とコロコロ。
学も開幕当初の慣れない1トップから元のポジションに戻ったものの、調子上がらず。

ただ、とりあえずアデミの右サイドハーフはないな。
右SBの守備の負担が大きすぎる。2対1の局面を何度と無く作られた。
前半途中にパンゾーが無駄なイエローをもらっていたこともあり、後手後手に。
やはり、兵藤のがベスト。

アデミ・学に関わらず、ベストなポジションをモンさんは早く見極めて欲しい。

特にボランチ
この試合、三門・ファビオと相手の柏木選手・阿部選手の差が勝敗をわけた気がしてならない。
精度の高いパスを起点に両翼を崩され、ズラタン選手にも良い楔のボールを入れられた。

もちろん、三門の運動量とファビオの守備範囲の広さは優れている。
ただ、チームをコントロールできていない。

特に、2失点目はファビオのパスミスから。
あの時間に無理して攻める必要はなかった。ファビオは幾度と無くこういうプレーを繰り返している。

ホントにこのコンビがベストなのか?。
GK・CBを代えないのなら、ここを代えなきゃパスが回らない。
中町を戻すもしくはナビスコで起用した淳吾をもう一回試してみてもいいのかも。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

専スタ建設の難しさ

日曜日に行われた広島市長選。
サッカー専用スタジアム建設計画が一向に進まない現状に業を煮やしたサンフレッチェ広島の元社長が出馬したものの、現職に大差で敗れた。
投票数や投票率が伸びなかった結果を見れば、広島市に住んでいる大多数がサッカー・サンフレッチェに消極的ないし重要視してないということがはっきりしてしまった。

一種の利益誘導が目的であることが明白なこともあり、選挙で勝つのは難しいだろうとは思っていた。
ただ、普段選挙に行かない人たちの票や浮動票を掴めず、行政に訴えてくための世論の力を形成することができなかったのは誤算やろうね。
結果的に、市長に喧嘩を売ってしまった形にもなってしまった。

広島の本拠地ビッグアーチは、屋根が大部分なく、郊外で便も悪く、試合開催時には周辺に交通渋滞を起こし、身の丈に合わないキャパの老朽化した陸上競技場。
将来的な経営ビジョンやライセンス問題を考えると、一刻も早く中心部に移転したいのだろうが…

行政が勧める候補地(行政の中では決まっている)は湾岸のアクセスの悪い場所。
山が海に変わっただけ。
最悪、改修して終わりになるかもね。

作りたきゃ自分たちのお金で作れ
陸上スタでもできるんだから、それでいいじゃん。
週1回程度しか稼働しないサッカースタジアムでは収益性が計れない。
それが民意。

今、大阪・京都・北九州・長野と専スタ建設の波が起きているが、まだまだ専スタへのハードルは高いまま。
小さくてもいいから、観戦しやすい専スタが欲しいというサポーターの考えは、自分勝手なんだろうか。

松本のアルウィンなど、スタジアムが街の活性化につながる例は沢山あるんだけどね。
現に、広島はマツダズムスタで身を持って体感しているはずなのだが…

とにかく、マリサポにとって広島は他人事ではない
ビッグアーチとは違い、日産スタジアムは交通の便は悪くないし屋根はあるし老朽化もそこまで進んではいないが、キャパが大きすぎな点や見にくい陸上スタである点は変わらない。

正直、日産スタジアムでは観客動員は今のあたりが頭打ち。
最初はその大きさに驚いても、迫力を感じられないスタではサッカーの魅力は伝わらず、新規・リピーターは増えない。

ただ、専スタ新設を実現するにしても
新国立競技場完成すれば、日産スタで開催されるビッグイベントは間違いなく減る状況で、Jリーグの試合も減る&日産からのネーミングライツ料もなくなる可能性の高い専スタ計画に横浜市は絶対協力はしてくれない。

それに、ライセンス問題を抱え老朽化が進んだニッパ球、契約の切れるマリノスタウンはさらに深刻であり、ハードの部分の課題は多い。
行政との関係性強化は必須だ。

P.S
マリノスタウンの敷地を利用して、ベイスターズと札幌ドームのようなスタジアムを作り、多少見やすくするぐらいしかなさそうかなぁ。
*できるだけの土地の広さがあるか不明。費用不明。ただの妄想。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

「復活のF」の「F」はファビオの「F」 仙台戦感想

仙台戦1ー1引き分け。
得点者 ファビオ



六反を中心とした仙台の固い守備を中々崩せず、負けを覚悟した試合。
勇蔵ではなくファビオを残したことが結果的に当たったモンさん采配で、なんとか引き分けに持ち込んだ。

それにしても、ファビオ
自分のミス絡みで起きた失点を、ロスタイムに自分の力で取り返す。
これって前にもあった。

「たしかに…強いこともあるんだけど…
どんなにとんでもないことが起きても かならずなんとかしてくれそうな…
そんな ふしぎな気持ちにさせてくれる」


まだまだミスも多いが、ボランチ・CBの両方でモンさんからの期待は大きい。
2015年は飛躍の年になりそうやな。

一方、アデミは今日もノーゴール。
立ち上がりも含め、いくつか決めるチャンスはあったのだが…

ゴール以外ではポストプレーは上手いし、独特のアイデアのパス(健太を思い出す)に周りが反応できればもっと面白くなりそう。

ただ、年間15点以上取れるFWと期待するのは難しいな。
次の試合あたり決めそうな気配はあるけどね。

エリート戦士の圧倒的パワーを見せて欲しかったが…

地域リーグから這い上がってきた雑草ファビオとU-21ブラジル代表のエリート戦士アデミ。
落ちこぼれだって必死に努力すりゃエリートを超えることがあるかも

というわけで、
映画「ドラゴンボールZ 復活のF」公開を記念し、私もコラボしてみました。

~完~

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

こんなもんじゃないはず

アデミウソン…
確かに良い選手だが、直接ヨーロッパに移籍てきなかった理由も何となくわかった。
ブラジルU21代表10番という肩書きも、看板倒れ気味(元セレソン・ロニーが頭によぎる)

現状は、速いリズムに適応できず、ブラジルの遅いリズムでプレーしたまま。
柏戦でも、喜田が作った速攻のチャンスをスローダウンして潰してた。

正直、モンさんのやり方にフィットしているとは今のところ言い難い。
モンさんの戦い方はヨーロッパスタンダードに近いし、日本レベルで適応・大活躍できなきゃプレミアなんて厳しいぜ。

シティ経由の契約であること等を考えると、活躍してもしなくてもマリノスにいるのはこの1年限りであることは間違いない。
なので、あまり長い目で見てられない。

そもそも、助っ人っていう立場わかってんのかな?
もっと点取りにいかなきゃ。
せっかくシュート上手いのに、もったいない。

柏戦の失点の遠因も、アデミがシュートで終わらず学にパスしたから。
あそこは、多少強引でも狙わなきゃ。
結局時間を掛けすぎて前がかりになった所を、安易なパスミスから速攻くらった。

とにかく、良くも悪くもエゴが無さすぎ
真面目に攻守走ってるし、周りを生かせるのは良いけど、怪我人帰ってきたら居場所ないよ。
俊輔みたいにロングパスだせるなら話は別だけど。

正直ラフィーもようわからん状態だから、アデミが点取り屋になってくれなきゃ困る。
アデミがこの程度の活躍では、優勝に手が届かないんだよ。

こんなもんじゃないやろ。
ここからの巻き返しに期待したい。


P.S.喜田の活躍で逆に苦しくなった優平…
運動量はあっても、ボール持った時のプレーが雑なままだと使ってもらえないかな。
スピードがあるわけでもないし、兵藤のように決定力があるわけでもない。
非常に厳しい。

嫁がテレビに出てるの見ると…

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

モンバエルツ チルドレン

前回、「時は喜田 それだけだ」なんてタイトルで更新したものの、喜田については殆ど言及せず。
気付いた時にはもう…トリコロールが好き
勢いとノリで適当に付けたタイトル 偽装表示と訴えられたら勝てる気しません(笑)

それはさておき、柏戦 喜田には驚かされた
立ち上がりマリノスがペース掴めたのは、間違いなく喜田のおかげ。

ボールを受けてから前を向くターンが速くリズムを落とさないから、めっちゃ攻撃がスムーズ。
それに前からのプレスも効いていた。

運動量やポリバレント性も含め、モンさんが求めるプレーを具現化した
まさしく「モンバエルツ チルドレン」
まだ喜田だけしかいないのにチルドレンでいいのかはさておき、今後のキーマンになりえる存在。

個人的には、俊輔復帰しても喜田がトップ下の方が良いとさえ考えてしまった。

俊輔トップ下の場合、俊輔経由で攻撃を組み立てることでタメが出来る反面、攻撃のテンポがどうしても遅くなるから、攻めのスピードアップを志向するモンさんの考えと基本的には合わなそう。
俊さんなら上手くアジャストはするだろうけど、周りの意識が…

寧ろ、ボランチで起用した方が良いのではないか。
中盤や最終ラインから前線に良いボールが供給されてない状況やボランチ候補の中に効果的な縦パスを通せるタイプがいないことを考えれるとね。(アンドリューを抜擢すれば違うが…)
淳吾のボランチ起用も俊輔復帰後のプランだとすれば合点が行く。

それに、試合展開に応じて喜田とポジションチェンジすれば攻めの幅も広がる。
今いるメンバーなら、俊輔―喜田ーラフィーの中央ラインがモンさんの理想かも。
なぁんて、素人妄想。ワクワクするなぁ。

P.S. 横浜マラソン 距離足りないだとぉ。
参考記録扱いなんて可哀想すぎ。まぁ、未公認の大会もあるけどさぁ。
自己ベスト出して喜んでた人ぬか喜びじゃないか。
マラソン走るために、その何10倍もの距離走りこんできてんのよ。

あんな高い参加料出させておいて。
一回目だし長めに取っときゃいいのに。トップランナーが出るわけじゃないんだし。

10kmでも間違ってたし、高速道路は言い訳にならんよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

時は喜田 それだけだ 柏戦感想

第4節・柏レイソル戦2-1逆転勝利!!
得点者 伊藤翔・下平
マンオブザマッチ 三門



ついに ついに ついに やってくれましたよ
6年半ぶりに柏から奪ったリーグ戦勝利!!それも鬼門・日立台で逆転勝ち!!

右SBのクロスを左SBが押し込むパターンで決勝ゴールを奪うとは!!
さすが鬼門破壊のプロ 匠です
去年の大宮戦に続きやってくれましたよ。

正直、悪くない立ち上がりにも関わらず先制を奪われてしまった時点で、今日も勝てないのかと脳裏をよぎった。
最後のセットプレーのピンチも冷や冷やもんだったけど、勝ててホッとしたわ。

やっぱ、監督が両者変わったからかね。
モンさんの采配もズバリやったし。
途中出場の伊藤が決め、ポジションチェンジした三門が2アシスト、喜田の抜擢も納得の出来映え。

特に素晴らしい2アシストの三門!!
右SBはパンゾーで決まりかと思っていたが、あのクロスと運動量を見せられるとわからなくなった。ボランチより寧ろSBのが良い気もするね。

ただし、勝ったはいいけど学とアデミがゴールを決めれてないのは大問題

それだけじゃなく、相変わらず攻めのスピードが遅いまま。
また、この試合明らかになった相手によってプレスを使い分けるモンさん流に選手が対応できるか。
ボランチコンビはこれがベストなのか。
課題は多い。

まぁ、「課題」があるってことは、まだまだ「伸びしろ」があるってことですわ。
怪我人復帰すれば、更なる進化も期待できる。

進歩せずに停滞する時期も訪れるだろうが、焦らずモンさんを信じて戦っていきたいね!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

やるよ やっちゃうよ

次節対戦する柏は、2009年以降の公式戦1勝6分8敗と分が悪い相手。
唯一の勝利も13年のナビスコカップ準決勝・第1戦0-4で敗れ、決勝進出をほぼ絶望的な状況で迎えた第2戦でのみ。

リーグ戦に限れば、6年半も勝っていない。
最後に勝った時、活躍したのは健太やったかな?とにかくそれぐらい前。
 
更に、柏は日立台で無敗記録を継続中。
データ的に何一ついいところがない。
totoなら柏勝ちにマークが鉄板や。

ただ、今年柏にネルシーニョ監督はいない。
いない時期も勝ってないけど、大部分はネルシーニョ監督時代。

そろそろいけるんじゃないか
まぁ毎回そう思って返り討ちにあっているけどね(爆)
 
振り返ってみれば、柏には絶対に勝たなきゃならない試合で負けてきた。
いや振り返らずとも覚えてるあの試合…

積年の恨みや屈辱を晴らす時は今だ。
柏からすれば日立台無敗記録をカモに止めれ最悪。我々からしたら痛快。

明日はやるよ やっちゃうよ
アデミと学がやっちゃうよ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (201)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (31)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム