2015-11

さらば ヤジ・仁・アマ・比嘉さん そして翔

ヤジ・仁・アマ・比嘉さんの退団が発表された。
想像通りのメンバー驚きはない。

悲しいわ、寂しいわ、出て行かないで
と言うのは簡単

ただ、それで優勝できんの?
限られた予算、選手枠を考えれば、そうもいかんでしょ。
それに選手は試合に出てなんぼ。フィールドプレイヤーで二年以上出番なしじゃ、もったいないよ。

試合に出てたり、長年の貢献があれば話は違うが。
というわけで、あえて厳しく書く。

・矢島卓郎
怪我さえなければ…
天皇杯神戸戦ヤジさんの能力の高さを垣間見せただけになぁ。
マリノスに来た時も同じこと言われてたけど…

やはり、無事これ名馬
厳しいこと言えば、9番を背負うFWが2年間0ゴールでは話にならない。

・端戸仁
フロントの判断ミス
北九州からすぐに戻さず、もう1年レンタル修行させるべきだったかなぁ。
結果的にはJ1のFWとしては、力不足やった。

テクニックがアデミばりにあったり、足が速かったり、運動量が豊富だったり、何か特長があれば違うポジションも含めもっとチャンス増えたはずだが…
 
1トップ型システムが主流になった現代サッカーにおいて彼の持ち味を出せる場所は少ないのかも。
仁に合うチーム、輝けるステージはあると思っているが…

個人的にはもう少し早い段階で移籍を本人が選択したり、フロントが判断すべきだったと思う。

2013年のホーム川崎戦のゴール&お立ち台でのチャント合唱は忘れない。

・天野貴史
10年近くいてリーグ戦45試合かぁ
この成績でここまで契約が続けられたのが不思議というのが嘘偽りのない本心。

ただし、出場したら会場が異様に盛り上がる。
まさにマスコットプレイヤー 

マリノスは静かな選手が多いので、彼のような性格の選手は貴重。
恵まれない体格をカバーするためにひたむきに努力する姿勢も好感。

マリノスを横浜にさらに浸透させていくには、間違いなく必要となるパーソナリティを持っていると思うんで、いつかもう一度違う形で力を貸して欲しい。

2010年ホームG大阪戦 終了間際小野のアシストからのゴールは印象に残る。

・比嘉祐介
長友二世とは何だったのか?
両サイドできて運動量豊富ってとこが似てるのは確かだけどさ。
正直、1対1など守備に不安があるSBはうちには合わない。
スカウトのミスだったと思う。

比嘉さんらしく伸び伸びとプレーできるようなチームはあるはず。
マリノスには合わなかっただけよ。

追加
・松本翔
温情のレンタル移籍も生かせず

j3で出番がない以上仕方がないかな。

最後に
マリノスで頑張ってくれてありがとう。
次のチームでも頑張ってくれ!!


個人的には発表された選手達は昨年の時点で指摘していた。
ここからどうなるかだ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

尻すぼみ

松本戦0-0引き分け
これで、2015年シーズン終了



序盤はピンチ招くも、徐々にペース掴みチャンス作るが、決定力を欠き引き分け
っていつものパターンやなぁ。
今年を象徴するようなゲームで終わった

チャンピオンシップおろか天皇杯も敗退で11月で終了かぁ。
早いよ早すぎるよ

良い時と悪い時の差が激しかった今シーズン。
結局は、3試合無得点の尻すぼみで終えた。

大事なゲームを落としたり、降格チーム相手に勝ちきれない…
チャンピオンシップに出場する広島や浦和やG大阪が大勝したことに比べてあまりに差を感じる。

来季監督続投だし、期待を持たせる終わり方を期待したのだが…
だいたい監督の来季目標、勝ち点60って…
ACLがギリギリっすよ

ノルマにしたくないから優勝って言えないというのはわかるが、普通に今年以上の成績って言えばいいのに。

なんかモヤモヤ

7位フィニッシュと客観的には妥当な位置で終わっただけに、監督がプラスαを作れないと同じような結果になるんだがなぁ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

俊輔と監督の関係性

天皇杯神戸戦、負けたこと以上に引っかかったことがある。
俊輔のプレーから闘志を感じられなかったことだ。

もちろん、試合の流れなども影響しているかもしれない。
ただ、リーグ湘南戦 引き分けているにも関わらず、途中交代でちんたら外へ出て行くシーンも。
元々闘志を前面に出すタイプではないが、樋口体制の時には見せなかった姿。

監督と上手くいっていないのかなぁ。
そもそも、監督はきちんと説明しているのか?
納得はさせられなくとも、納得させる努力しているのか?

どうにも俊輔と監督の信頼関係が…

ベテランの選手は試合に出場することへの欲求が強い。
逆にだからこそ、現役生活を長く続けられる。
試合に出れないことへの不満が出るのはある意味当然。
相応のケアをして欲しいのだが…

ある意味でベテランを特別扱いせず、一つの駒として扱っているだろう。
脱俊輔頼みという観点からは間違ってはいないが…

やっぱり監督と俊輔が根本的に合わないって所もあるのかな。

点が取れないからセットプレーで計算できる俊輔を外せないだけ。
結果が出ているから起用しているだけ。
だんだん去年のサッカーに戻りつつあるし…

監督としては苦肉の策であり、現状には大きく不満なのかもしれない。
まぁ、30後半の選手頼み、軸でチームを作るってのも変だけどね。

監督の理想のサッカーを実現できるような補強が成功したら、逆に俊輔の居場所はあるのか?

俊輔をボランチで起用(恐らく代表での柏木選手のイメージなんだろう)も上手くいかず。サイドのイメージもない。

藤本のように飼い殺しという例もあるわけで…
個人的には、天純に淳吾が劣っているようにも、天純を我慢して起用するほどの将来性を特に感じられない。
強いていえば、あまりコネずに監督の言う通りに素早くゴールへ向かう姿勢か。

結局、固定化されたサッカー観や癖のついたベテランより言うことを聞きやすい若手の方が扱いやすいってことか?

ちょっと、その辺気になるなぁ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

とっても凹むわ

神戸戦 0-1で天皇杯敗退



決めるべき所で決めないとこうなる
チャンスがあった前半のうちに取れてれば楽な試合だったのに

なぜボンバーは中を通した!
悔しいなぁ

選手交代も裏目に出た。
淳吾悪くなかったし。
逆にレギュラー組の俊輔や伊藤がパッとせず。
最後はバタバタな感じ。

例外で良かったのはヤジさん
マリノス加入後一番良かった。
ただ、今更ヤジさんの調子が上がっても…

これでタイトルの可能性も失ったし、来季契約更新もありえないであろうから、何の収穫にもならない。

遅いよ 遅すぎるよ ヤジさん!!

相性が良い神戸相手に大事なゲームで負けたのは引きずるな
切り替えても仕方ないんで、当分凹みます。
あーあ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

アデミと頂点へ

今シーズン タイトル獲得の最後のチャンスとなる天皇杯
ACL、世界への挑戦権を得るためにも負けらんない。

それに、アデミは恐らくレンタルバック
チームを救ってくれたアデミとタイトルを取りたい
1試合でも長く彼のマリノスでのプレーを楽しみたいよ。

2015年のマリノスも残り僅か。
紆余曲折を経てある程度チームとして形になったんだから、しっかりタイトルという成果を残さなきゃ。

学も海外挑戦との噂もあるし、もしかしたら来季チームを作り直さなければいけないしね。因みに、今週発売のサッカーマガジンは移籍の噂盛りだくさん。要チェック。

相手は神戸 ネルシーニョ監督。
切り替えて臨まな足元すくわれっぞ

いくぞ元旦!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

来季へ持ち越し

鹿島戦 0-2 完敗
リーグ終戦…



失点シーンはいずれもカイオ選手の個人能力による部分が大きかったとはいえ、攻守ともほとんど付け入る隙がなかった
鹿島の強さだけが目立った試合。

チャンスは学の単独突破ぐらい
俊輔が抑えられるとどうしょうもなかった。

ラフィーやマチがいれば、もう少し打開策はあったかもしれないが…

相変わらず、特長を出せないアンドリュー。
リードされた状況で打てる交代カードも天純やヤジではね。

選手層の薄さ 露呈
何度も言ってるけど、計算できるFWとスーパーなボランチは絶対必要。

本当は鹿島みたいに自前で育てられれば一番だけどさ。
現実的には、アンドリューみたいに良い素材を育てきれてないんでねぇ。

リーグ戦優勝の夢は来季へ持ち越されただけじゃなく、優勝するための課題を突きつけられた。

ただ、このままでは終われない。
2015シーズンを無駄にしないためにも、切り替えて天皇杯優勝を目指して頑張って欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

可能性ある限り


我々がチャンピオンシップ出場するための条件を簡単に言うと、
①鹿島戦 絶対勝利
②G大阪vs広島 引き分けNG
※得失点差を考えると2ndより年間3位の方が可能性ある。広島勝利の方がマシ。ただ年間3位にはFC東京も…

改めて言うまでもなく、置かれた状況は絶望的
ただ可能性ある限り戦う。
それが逆転優勝経験あるマリノスらしさ。

どうしょうもない時期を思えば、ラスト2まで可能性を残したことに感謝して楽しみたい。

相手は、G大阪相手に圧倒したナビスコ王者・鹿島。
タイトルがかかった試合でマリノスはどれくらいのパフォーマンスができるのか。

2013躍進の裏に2012怒濤の追い上げあり。

天皇杯・来年を見据え、大事な試金石となる。
期待を抱かせてくれる内容になるか。

喜田が五輪代表合宿の怪我で出れない試合だからこそ、チームの総合力が試される。

代役が兵藤なのかアンドリューなのかは分からない。
ただ、このチャンスを生かして欲しい。

特にアンドリュー
おそらくマリノスでのラストチャンス

気持ち ハートを見せろ
無難なプレーなんかいらない。

殻を破れ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

井原さん やっぱカッコいいなぁ

さすがMr.マリノス井原正巳
年を重ねてもやっぱりカッコいい

最近良くメディアに取り上げられてる中、Jリーグサッカーキングの表紙。
渋い
たまらんわ。アビスパ特集とわかっていながら思わず書店で手が動く。

選手としてだけじゃなく、監督としても、アビスパで結果残してる井原さん。
個人的妄想で、将来のマリノスの監督候補として考えているので嬉しい限り。

いつかはマリノスに帰って来て欲しい
鈴木健仁GM、三浦文丈コーチセットでマリノスに再び…

来年は、サカティもいるアビスパとは是非戦いたいな。
井原アビスパJ1昇格楽しみに待ってます。

P.S
井原さんが引退した年齢より今のボンバーの方が上という事実に驚いた。
俊輔も引退した頃の和司さんより上。
全然動けない和司さんを考えると今の俊輔の運動量の凄さたるや。

自分が子供の頃は30越えの選手はロートルのおっさんっていうイメージだったけど、選手寿命が伸びた現在全然そんなことないんだよなぁ。
みんな若いよ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (202)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (32)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (4)
マリノス 補強・契約 (45)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム