2017-01

うまいなぁ

噂通り、MFバブンスキー(マケドニア代表)、DFデゲネク(オーストラリア代表)獲得
外国人枠埋めきった

それも、デゲネクはオーストラリア人だからアジア枠。
4+1ではなく3+2の形
これなら、5人で4枠を争うことになる。
使い方がうまいわ。

あと、カイケのせいで金がないからもしれないが、うまいこと買い時を狙っている。
Sさん時代なら外国人獲得はどうしょうもないと諦めていた所だった。
商売上手やな。

しかし、キュラソー・マケドニア・ポルトガル・オーストラリア・韓国
どんだけ多国籍軍だよ。
さすがシティコネクション
いや、東欧系はアイザック氏の得意分野ということか。

バブンスキーは、元G大阪の選手の息子らしいけど、お父さん正直覚えてない。
やっぱあの時期はエムボマが強烈すぎる。

そして、バルサの下部組織出身でプレースタイルはイニエスタ似とのこと。
ただし、プロとしてそこまで結果出ているわけじゃないから、過度の期待は禁物かも。
レッドスター時代ウーゴとコンビ組んでいた点はプラス

次に、デゲネク
CBだけじゃなく右SBもできるらしい。
速さも強さも兼ね揃えているのかな?楽しみだ。

しかし、急遽だったね。
長身・パワー系FWを探しているとばかり。
獲得までのスピードはさすがですわ。

これで開幕前、宮崎キャンプに間に合った。
強化部は久々に仕事してくれた。感謝・感謝

にしても、ちょっと呼びにくいが何と呼んだらいいのかな?
バブにデゲだと、ハゲ デブに見えるな…
ダヴィにミロシュになるのかな。

あと未確定は1人。正式決定を待つだけだ。

P.S 学の低評価にちょっとショック
Jでは別格でも…
やはり、国際舞台での実績不足にフィジカル不安、そして年齢。
直前のCWCで目立ち、より若い鹿島の柴崎選手でさえ難航だもんね。

小野ぐらいの実績やレベルで簡単に行って欲しくないけど、20~23歳前後で渡欧して下から這い上がる以外道はないのか。
選手として脂がのった時期に、挑戦しない、できないというのは後悔するだろうから心配。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Jリーグはそんな甘くはないが、自信つけてくれれば

タイ遠征2試合目 4-0勝利

遠藤が左サイドで2ゴール。ユースの山田君も初めて見たけどイイね。
若手が躍動した2試合だった。
いい雰囲気で宮崎キャンプに臨めそうだよ。

正直、この時期にタイ遠征する意味があるのかと最初は思っていた。
フィジカルコンディションの影響も心配。(特に、ボンバー)
東南アジアでの市場拡大のためとは言え、客も全然いなくて、盛り上がってない。
リーグ10位のマリノスがJ代表っていうのも意味わからん。
ババ引かされただけやと。

だが、結果出したおかげで、若手に自信がついた気もするし、今の所行って良かった。

あとは、サポーターも自信回復してくれればいいな。
DAZNのおかげで試合見られたからね。
中心選手の退団、そしてネガティブ報道 気持ち下がっていた人もまだまだ多いはず。
少しは気持ちが上向くといいのだが。
こうなりゃ、宮崎キャンプの練習試合も流して欲しいぐらいだよ。

ただし、ここで満足するわけにはいかない。
Jリーグそんなに甘いもんじゃない。

去年のリーグ戦の勝ち点トップの浦和とは23差
若手の勢いだけで、簡単に埋められる差ではない。
素質のある若手は多いとはいえ、実績が少なく未知数な部分が多いのも事実である。

それは外国人選手も同様。カイケのようにフィットしない可能性も。
客観的に評価低いのも致し方ない部分もある。
もちろん、知名度は高いけど、監督と合わない、稼働率が下がった選手で評価上げても意味ないけどね。

ただ、監督のサッカーにあったメンバーを集めた反面、一本調子になる危険性を秘めている。

試合の流れを読んでコントロールする力、ここぞという勝負所を見極める力。
マチや飯倉が危惧するように、気になる部分ではある。
ただ、そこは飯倉・ボンバー・マチ・翔に期待したい

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

準備は大切

タイ遠征 練習試合3-2勝利
まぁ勝ち負けは気にしてないが、負けると今外野うるさいからね
うちが勝つと都合悪いんでしょうね。

とりあえず 
ケイマンのボックス内での落ち着いた反転ゴール ありゃ天性よ。
勝負の年に賢星と仲川も幸先よく結果。遠藤も左サイドで生き生き。
高野のクロス&アップダウン、扇原のスルーパス あれが欲しかったのよ。
若手中心でも見所が多かったね。

特に、新戦力
シーズン前にきちんと見れて良かった。
実際入ってみると前評判通りじゃないこともあるよね。

前田はドリブラーという触れ込みだったけど、実際はコンビネーション型だし。
サイドに張らすより近くに人がいた方がより良さが出るような。

外国人選手も含め実戦で早く監督には見極めて欲しい。
そのための大事な準備期間。

間違っても、この試合の解説・実況ように準備不足を露呈するなよ。
誰だよ なかじま なかやまって。学・仲川も含め下調べ甘すぎじゃ。
それでもプロか?

われわれもアウェイの計画準備。
試合日程きょう発表されたけど、アウェイ札幌戦平日かぁ…
行きたい長距離アウェイがことごとく厳しいっす。

P.S リーグ戦はdazn、カップ戦はスカパーとフジ系cs、ACLは日テレ系cs
結局、金かかるやん。
せめて録画でルヴァン杯はdazn、ACLはBSとかならんのか?

あと、JsportsやTBSチャンネルとかはやっぱリーグ戦やらないのかなぁ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ワクワク ワクワク

相変わらず続く、マリノスへのネガキャン
アクセス数稼げるんだろうけど、あんな内容ペラペラで、よくやるよ。

1歩先行くマリノスを理解しようともしない。
古い価値観にとらわれて時代の変化に取り残されるんでしょう。

それにわかってないね サポ心理
さすがに切り替えてるし、ネガ記事でればでるほどサポは燃えるだけ。
減るのは、個ファンやライト層の客。
チケット・グッズ等の売り上げが下がるのは痛いけどさ。取り返すよ。

マチが言うように、シーズン終わった時、みんなが笑顔でいられるかどうか。
今どうこういう言えるもんでもないわ。

それに、久々に楽しみなシーズンなんだよね。個人的に。
強がりじゃなくてマジで。

だって、

FW      伊藤
MF   マル・AJ・前田
      マチ・喜田
DF 下平・中澤・パク・金井
GK      飯倉
サブ 勇蔵・新井・遠藤・ケイマン

という、
昨年ある程度出場したメンバー(マルの位置は置いといて)を最低限確保
そして、監督続投。
大崩れはちょっと考えられない。
そこに、監督の方向性にあった+α

上のメンツが開幕スタメンである可能性はおそらくゼロ。
熾烈な競争
まったくスタメン予想できない
妄想だけでも楽しめる。
近年無風状態で、それすら楽しませてくれなかった。

そして、外国選手4枠埋める勢い。
バルサ下部組織出身でマケドニア代表のバブンスキーが練習参加とかワクワクやね。
宮崎キャンプには全員揃っているかも。

実績のある新外国人がキャンプにいるっていうだけでさ。よくやったって気さえ。
ハードル低すぎ?

とりあえず
ウーゴはどこがベストなポジション?
中盤の軸 扇原とアマジュンの戦いは?
4-3-3もおもしろいのでは?
考えるだけで、ワクワク。

あすタイでの練習試合 どんな感じになるか。

P.S 余計なお世話だが、シーズン終了後元マリノスの選手にネガキャンいかなきゃいいけど。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

いつかって今じゃないんかい

前回の記事は予想以上の反響
やっぱり、みんな悔しい思いしてたんですね。
こんな思いも打ち止めだろうと、沸騰寸前いや感情爆発で書いたんですが…

どうやら、またやられちまったみたい。
心の穴を埋めるには最高の存在だったんですけどね。

帰って来るならウチでしょって思ってたけど違うそうな。
タンスから引っ張り出したユニを静かに奥にしまいました。気持ちと一緒に…

いつかは今じゃなかった。
こういう逆境にこそ…だけど、ここ数年怪我ばかりの選手をマネーゲームしてまでは取りに行かないわね。今のフロントは。
余計な情は排除

ただ正直、こんなに早く戻って来て欲しくなかった。
時期尚早と危惧してたが…
本人も俺たちも期待した成長曲線を描けなかったなぁ。

欧州帰りで良さを失った選手、調子取り戻すのに時間がかかる選手も多い。
怪我に気をつけて、マリノス戦以外頑張ってよ。
そして、いつかが本当ならいつかね。

あーぁ 学の件も残ってるのに追加で心をざわつかせたくなかった。
来るかわからんが、新外国人に期待しょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

吠え面かかせてやる

ヤフーニュース等にマリノスのネガティブ情報を出され続けたオフシーズン。
世間や他サポから馬鹿にされ同情され、とにかく悔しかった。

なるべく冷静さを保っていたが、怒りは沸騰寸前。

「マリノスなめんなよ」
あることないこと勝手に言いやがって。ふざけんじゃねぇよ。
関係ない奴らが降格の心配なんかすんなよ。自分たちの心配だけしとけや。

名古屋の二の舞?
清水というならまだしもさ、名古屋とは違うだろうがよ。
こっちは就任3年目でベテラン監督。守備陣も経験者が問題ない程度残ってる。

ベテラン軽視?
やり方は急すぎとはいえ、今までが高すぎたってこともあるよ。

健全な競争が行われてない?
むしろ樋口さん時代こそ競争なかった。
現監督下では若手もベテランもチャンスは分け与えられてたよ。
起用しないのが謎だったのは仲川ぐらいだった。

優勝争いしたのは、2013年。もう4年経つ。
あの時点でオーバー30が、ドゥさん、マルキ、俊輔、ボンバー、富澤、勇蔵、哲也、30直前が兵藤、マチ、パンゾー 大半やん。
結果出ていないし、もう切り替えるしかない。

だいたい主力が去った?
実際は、ファビ・哲・パンゾーぐらい。3人ぐらいなら他もあるわ。

俊輔がいないとヤバい?
去年そんなに出てないよ。監督の方向性ともマッチしてないよ。
試合見てから言ってくれ。
セットプレーだって扇原、山中、アマジュンと俊輔とまではいかないが、質の高いキッカーは揃ったよ。

確かに主力抜けた穴はデカい。
だだ、飯倉+松原・扇原でビルドアップの質が格段アップ。
下平も帰ってくる。新井・朴も多くの出場機会でやれる所を見せた。ルヴァン杯出た高野含め守備陣は十分戦えるメンバー。

ケイマン、喜田、前田、そして松原、山中、杉本
今回獲得した選手も含め、リオ五輪メンバー入りあと一歩に迫った選手達
将来のA代表候補生。伸びしろも考えようや。
ネームバリューでサッカーするわけじゃないよ。

それに、移籍の理由はそれぞれだよ。すべてを一緒にしちゃ駄目。
ファビは金 カイケは素行不良 兵藤は出場増 俊輔は練習場あたりが主でしょ。
移籍するからはわからないが、学の海外志向は前から。
シティの判断が理由なのは哲とパンゾーのみ。

だいたいシティは悪なのか?
哲とパンゾーの処遇は確かに納得はいかない。
けど、ライセンス問題で助けてもらったことも忘れてはいけない。

アデミ、マルちゃん、そしてウーゴ
今までの獲得経路では絶対ありえない選手たちばかりだ。

それに、シティにノウハウを教えていただく立場。
欧州スタンダードのやり方になるのが当然
そりゃ、日本人にフィットするやり方かどうかは別だし、Jで勝てる戦術かもわからない。
個人的にドライな対応気にくわないし、見てて楽しいサッカーでもない。

だとしても、選手の一存で監督が交代させられるっていうのは間違ってる。
続投決定をひっくり返す、2年もやったやり方を戻すのは反対だ。
そりゃ、俊輔に合うサッカー 樋口スタイルを継承・発展させる監督を最初から呼んで欲しかったけどね。

そもそも、今まではよかったのか?
日産のやり方も限界きてたよ。
計画性の無さは昔から。

マリノスタウン作ったのは誰だ?
マリノスタウン撤退後、ちゃんとした代わりも用意できず問題放置して去ったのは誰だ?

元凶は、シティにはない。

正直、日産からすれば、マリノスそろそろ一人立ちしてくれでしょ。
見捨てるとか、そういうのではなくてさ。

ここまで言っておいてなんだけど、自分も不安がないわけではない。
それは、優勝を目指す上であって、降格の恐怖ではない。

翔さんがいれば、ケイマン伸び悩み&助っ人FWイマイチでもなんとかなる。
マチがいれば中盤そしてチームのリーダーとして心強い
ボンバー・勇蔵いれば守備が崩壊することもない。
飯倉の不安定さは気がかりだがレギュラー経験者。

あとは学次第。
冷静に見ればわかること。

過信はよくない。Jは油断禁物。そんなの重々承知。
ただ、俺たちが信じないで誰が信じる。

とにかく絶対見返す。吠え面かかせてやるよ。
そのために結果出す。

開幕戦 浦和
上等じゃねぇか。やってやるよ。
心は燃えたぎってるよ 気持ちぶつけるよ 声出すよ 応援で後押しするよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

マリノスで良かったと思わせたい

新体制発表会 新しいシーズンに向けて気持ち高まってきた。

新ユニ発表
まずは、日清オイリオ様EZインベスト証券様 ありがとうございます。

デザインの印象としては、ホーム普通。
アウェイは久々の白。全盛期の磐田っぽくって何か今は…
勝てばかっこいい感じに見えてくる。まぁそういうもんだ。

背番号
1・9・10が抜け番
飯倉が色々な思い背負って1番にならにかなぁと思っていたが変わらず。
10番はアマジュンにはまだ早いか。ただ14番も奥が背負った大事な番号。
5番背負った喜田とともに引っ張ってくれ。

個人的には学がチームの顔として登場ってサプライズを期待したが…
残念ながら契約更新はまだ。
ただ、11番として一応あった。時期も時期だし国内移籍はさすがに消えたはず。

それと、噂あったジェイ選手もなくなったかな。
新外国人は学の動向次第でリアル9番を取りに行くか、サイドアタッカー取りにいくか決めるのかも。
ただ、ウーゴ(レッドスター時代の成績から、大宮のムルジャ2014レベルを期待)をどのポジションで使うつもりなのか不明。
仲川も復帰したし、山中もサイドアタッカーとしての可能性もある。
まぁ、なるべく早期決断を求む。

しかし、ようやく新体制発表会。
とにかくマリサポにとって辛い 悔しい オフシーズンだった。
ボンバー、マチ、伊藤翔が残ってくれたことはホッとしたとは言え、
俊輔の似合ってない磐田のユニ姿、浦和ユニの哲、パンゾーの黒髪
今も寂しい気持ちになる。

ただ、振り返っても仕方がない
いつまでも俊輔が…みたいなこと言ってては、残ってくれた、来てくれた選手たちに申し訳ない。
マリノスで良かったと思わせるような応援をしたい。

そして新社長も大変な時期での就任 感謝します。
ともに戦いましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

頼む これ以上は…

兵藤 札幌へ完全移籍

残念だけど監督続投なら仕方ないかな。
正直、ポジションがない。

樋口監督時代とシステムは一緒だが、求めるモノが違う
サイドならスピードや突破力
ボランチなら展開力や奪取力
トップ下なら得点力
それぞれ突出した個人技・武器が必要

兵藤は器用だが飛び抜けた武器はない。
テクニックと豊富な運動量を生かし、仲間と連携してプレーをする時に最大の力を発揮するタイプ
監督との相性が悪すぎる。

個人的には、兵藤のようなタイプは必要だと思うが、スタメン出場するなら他のチームへ行く方が良いのかな。
中盤は前田やアマジュン台頭してきただけに… 

あぁ
勝負強さ
忘れた頃に飛び出すゴールで何度救われたことか。

華麗な経歴に卒のない取材対応
未来の幹部候補と勝手に呼んでいた。

今までありがとう
北の大地をかき回せ兵藤!


それにしても、今年入って残念な話題で更新してばかり。
これ以上は頼むからやめてくれ
心理的にも戦力的にもキツい。
学が海外の良いオファー来たなら、喜んで送り出してやりたい気持ちはあるのだが、状況が状況だけに。

って思ったら、一年で?社長交代
ここからって時に。こんな所でスピード出さんでも。

ただ、世間のイメージだだ下がりのタイミングで?
あんたが更に下げてどないすんの。ずらせんもんなのか?

日産から出向のサッカー業界素人社長やし、別になぁ。
チーム編成に社長が口出すのは逆にねぇ。

それよか練習場や。
古川新社長頼みます。

長谷川社長 お疲れさまでした。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

俺らの俊輔ではなくなった…

「俊輔と優勝したい」
その夢はもはや叶わない。

2013年リーグ優勝に王手をかけたホーム最終戦
フワフワした会場内の雰囲気の中、優勝のチャンスを逃した
今思えば…

結局、その後は外資に食われ、マリノスタウンを手放しズルズル順位も後退。
こうなったのはフロントだけでなく選手・サポーターにも責任あるよ
もっと魅力的で良い成績を残せば、もっと足運んで金落とせば。
専用の練習場・クラブハウス確保できる状態になってないから…

しかし、一年前こんな事になるとは思わなかった。

マリノスタウンのラストで買った俊輔のネーム入りタオルマフラー
験担いだり、俊輔が怪我で出なかったりしてほぼ使わず。
「俊輔ならまだまだやれるし、レジェンドだし長く使えるでしょ」
マリノスの俊輔は永遠のように捉えてた。
まさか国内移籍するなんて…

ただ、一般社会でもありえる話
会社が吸収合併されてボスが変わり、方針も変わる。
自分への評価は高くても、長年共に仕事した周りの同僚はクビ
オフィスの環境が悪く仕事に集中できない。
愛着あるし家族を考えたら悩むが、やれる年齢のうちに転職しよう。
ってな感じと一緒なわけだし。

まぁ正直、戦力的には小さい痛み
もはやマリノスは俊輔ではなく学のチーム。
高齢の上怪我がちだし、縦に速い攻撃を構築する上でブレーキにもなるし、アマジュンも一人立ちしつつある。
接戦時において俊さんのセットプレーという飛び道具を失うのは痛いのは確かだけれどもね。

むしろ問題は感情的な部分
やはり「横浜いや日本の宝」である中村俊輔は特別な存在
マリノスで終えるのが理想的なわけだし。

俊輔が好きでマリノスを応援している人はたくさんいると思う。
これを機にマリノスから離れてしまうかもしれない。

そりゃ、自分もサックスブルーの俊輔はみたくない。
だからといって、それが理由でいて欲しいとも思わない。
近くのチームみたいになったら、俺は嫌だ。
俊輔がいることしかマリノスの価値はないのか?違うだろ。

自分は俊輔がいない頃から好きだからかもしれないけどね。
「去るもの追わず、来るもの拒まず」
選手がマリノスで輝けない、戦う覚悟ないのなら去ればいい。

井原さんやマツの時と違って戦力外ではないし。
どれだけ理由つけようと自分から去った選手。
隼磨とかと一緒でしょ。特別扱いで拍手はないかな。
別にブーイングする気もないけどさ。

とにかく磐田には絶対負けない。
恨みはないが、元マリノスの選手がいるチームは負けたくない。
敵として対峙する以上、バチバチ潰して欲しい。

残ったメンバーを全力で応援する。

最後に
俊輔 今までありがとう
夢のような時間たくさん頂きました。
いつか、また…

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

俺らの守護神が… 

ついに榎本哲也の浦和移籍が発表された。
憶測だけで煽りたくないので、公式に出るまで話題をなるべく避けてきたが、ついに…

俊輔・ボンバー・カイケ マリノスにとって残念な情報でヤフートップを飾ってきた。
だが、それら以上に哲の移籍は色々とキツイ
天皇杯のプレーで何となく感じてたけど、ショック。

普通に考えれば、レギュラーの人間が日本代表・正GKのいる浦和に行きはしない。
そもそもGKに足元を求める浦和は合わないし、年齢考えれば野心があるわけでもない。
子供の頃からマリノス一筋 本人はここで骨をうめる覚悟だったはず。

相当に低い評価、引退勧告に近い扱いを受けたのだろう。
そうでなければ、こういう結末にはならないはず。

1年間レギュラーではなかったが、ルヴァン杯準決勝まで進めたのは間違いなく哲のおかげ。
まだまだ活躍できる自信はあるというか、実際活躍している。
悔しい。とにかく悔しいよ。

結果が出ていない以上、ドラスティックに入れ替えしなければならないのもわかる。
闇雲にやっているわけでも、方向性が見えないわけでもない。
ただ、心の部分では隠せないグツグツ煮えたぎる

ただ、これが外資。
功労者とかそういうのは…ということ。
マリノスが抱える問題の根深さか。

実は、今年最初のブログ更新は昨日しようと思っていた。
ただ、椋大のG大阪、高橋の北九州へ完全移籍(J3でいいのか
徳島から杉本、北九州から鈴木の加入(よろしく
そして、田口の藤枝へレンタル移籍(頑張れ
とGK移籍情報ばかりなので哲也の動向なしに書くに書けずというわけで。

正直、哲也の代わりが、J2の控えGK2人では…
それなら椋大でしょ。というか何のためのレンタル移籍かというわけで。

個人的にはGKだけは外部から取ってほしくない。
代表クラスか外国人ならわかるけどさ。控えなら…

マリノスアカデミーのGK育成能力は国内随一
あの元日本代表下さんが下部で教えてる豪華さ。他ならトップチームのコーチでしょ。
今年も原田くんがトップあがったけど、千田くんも評価高かった。
OBも、慶応大で上田くんが1年生からレギュラー、FC東京で秋元ちゃんが頑張ってる。
哲也・飯倉・田口だって下部出身よ。
WHY?

来季は飯倉に託すしかない。
ただ、名古屋戦で飯倉の株はただ下がりしたまま。
プレーで見返してくれ。

最後に
とことんまで選手として頑張れ‼哲也
陰ながら見守りますよ。ただ、埼スタでシャッターは見たくないよ。

P.S
新加入が決まった扇原、ウーゴについてはまたこんど。
ちょっと今回にそぐわないので。

ただ、明日あさってには大事な別件(個人的には腹くくったが、世間的に喰いつかれそう…)が発表される気配。
まぁ、当分先かな。

ファビオのG大阪移籍(勝手にしろ)、アンドリューが千葉、和田が山口へレンタル移籍(一皮むけてカムバック)は当然割愛。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (187)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (5)
2017年 ルヴァン杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR