2017-07

後半戦に向けた展望

暫定とはいえ、首位と勝ち点差8に差が広がった
首位C大阪は浦和相手に4-2
後半馬鹿ゲームにすることなくゲームを終わらせたことに恐怖感を覚える。

そんなC大阪を追うのが鹿島・川崎・柏・G大阪、そしてマリノス。
この辺に優勝争いは絞られた感じ。
川崎を除き、1stで負けたチームばかりが上位になったのは偶然ではないだろう。

後半戦最初は清水・新潟・札幌・鳥栖・神戸・東京と上位と直接対決はない。
嫌なイメージのチームは少ないし、勝ちを積み重ねて食らいつきたい。
ここを超えたら口にできるかな。

ちなみに、前半戦の各チームの印象
札幌
J2で活躍した南米選手がことごとく駄目だが、都倉選手中心によく戦っている。
福森選手のFKが印象的。
仙台
怪我してしまったが、左サイドの永戸選手が印象に残る。システムも面白い。
鹿島
監督交代も首位ターン。レオシルバ選手には圧倒された。

中川選手のプレーは日本人が世界で戦うヒントが隠されてる気がする。
GK中村選手とともに前半戦の原動力。元セレッソのキム選手の補強がはまれば…
浦和
守備がザルすぎ。去年より攻撃的になった分なのか
興梠選手ラファエルシルバ選手は怖い。他チームのサポとしては監督続投希望
大宮
家長選手の穴が大きい上に外国人選手が足引っ張る。
FC東京
半端ない補強もチーム力に還元できたとはいえない。さらに森重選手大久保選手も怪我。上位にくる雰囲気は今のところない。
川崎
鬼木監督になって風間監督時代ほど攻撃面の怖さが減った反面、安定感が増した。怪我人戻ってきて、家長選手がフィットしたら一番やばい
新潟
残留は非常に厳しい状況に追い込まれた。Wシルバの抜けた穴はデカい
清水
思ったより勝ち点を伸ばしている。
磐田
守備面での進化が著しい。俊さんも長期離脱なし
甲府
さすがの吉田監督もしたたかに勝ち点を積み上げるサッカーに。例年通りな感じ
G大阪
ACLとの連戦ができる程の状態ではなくリーグに絞っていた印象。
堂安選手海外移籍、遠藤選手のスタメン落ち、メンバーが固まってない。
元マリノスで点取るシーンはイライラする
C大阪
山村選手トップ下コンバートは今季最大のサプライズ。ユン采配恐るべし
ヨニッチ、ソウザ選手が
神戸
スタートダッシュ成功も怪我に泣く。
ポドルスキ選手にマイクとFWを厚くしたが、足りないのは後ろな気が。
広島
降格サプライズ枠はここか?ポイチさん体制終了。
能力ある選手は揃っているが、点取れなくなる。
得点王が毎年いなくなるってキツいよな。
鳥栖
印象に残ったイバルボ選手退団
小野裕二は怪我対質に…

ってな感じかな

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (210)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (35)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (6)
マリノス 補強・契約 (53)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (54)
日本代表 (44)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (10)
2018 リーグ戦 (13)
2018 ルヴァン杯 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム