2017-10

ジャイアントキリングを起こすためには 学 先発もありえるぞ

五輪代表メキシコ戦2-1 同点においつつかれるも、大津のスーパーゴールで突き放す。スペイン戦を前に強豪相手の勝利は自信になる。

前半は、ラッキーゴールで、なんとか先制するものの、さすが北中米の雄、メキシコ パスのスピード、トラップ&シュート精度の高さ、世界レベルってやつを感じた。

特に徳永のサイドをいいようにやられ、宇佐美も孤立&消えていた。宇佐美も守備に回らないといけなかったのに、攻撃のためにあまり下がらなかったことと、徳永の位置取りが少し低く、受けに回っていたことが原因。

そんな中、学は後半頭から出場。前半の反省をいかし、時に最終ラインまで下がって守るなど、守備面で貢献した。やはりその部分も評価されて選出されたんだと思う。

初戦スペインはもっと押し込んで攻めてくるだろう。そんな中、学の守備への意識の高さを見ると先発起用する可能性は高いはず。ただ、攻撃的に仕掛ける回数は少なくなり、その点が不安。

また、扇原&山口のボランチコンビがゲームをコントロールできていないことと、セットプレーの期待が薄いことが気がかり。

しかし、いまだに、先発がみえてこないまま、本番を迎えてしまった。1トップは永井?大津?杉本? トップ下は東?宇佐美? 徳永のポジションは?と完成していない。

正直ベラルーシ戦は学も先発で出ないし、長距離移動の疲れから連動性もなく、相手も攻めてこないからつまらなかった。このメキシコ戦でようやくエンジンがかかってきた。

ジャイアントキリングを起こす、つまり強敵に勝つためには3つの力が必要
①相手のミスを利用するなど、少ないチャンスを逃さないこと
②スーパーゴールもしくはスーパーセーブをすること
③運

今日のメキシコ戦ではあてはまり、伊東のラッキーゴール&GK川口スーパーセーブ連発のアトランタのブラジル戦もそうだった。本番でも3つの力が出てきてほしい。

起こせ!!ジャイアントキリング!!
期待してるぜ!!関塚JAPAN!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/114-c34716dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (201)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (31)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム