2017-11

小野のジレンマ 清水戦 感想

3-0勝利。
だが、その数字の割に、快勝ではなかった。

学&俊輔欠場となった試合。先発は、予想通り、兵藤を一列あげ、ボランチの位置に中町、そしてFW小野を1列下げ、マルキと大黒の2トップとなった。

前半は、中盤でのパスミスなどから、清水に完全に主導権を握られた。DF陣が最後のところで耐えたが、相手の決定力不足や単調な攻撃に助けられた部分は大きい。スコアが逆になってもおかしくなかった。

したたかに試合巧者で勝ったといえば聞こえはいいが、自分にはベテラン中心のチームが、攻め疲れで相手が動かなくなってからじゃないと暑さで攻めれないだけに思えた。

暑くなる前に見せた、前線からの守備はこの試合では見えず、先制された場合のことも考えると今後への不安が残る。

そんな中、小野は唯一溌剌とした躍動感のある良いプレーを見せた。だが、相変わらずゴールが遠い。逆に、マルキや大黒はゴールシーン以外ほとんど消えていたが、決めるチャンスは逃さない。

いかんともしがたい、ゴールという結果の差。

頑張っているのが分かるからこそ、今日こそは、小野くんにゴールを決めてほしかったし、本人も兵藤が取ったPKを蹴らしてもらうように主張したように、ゴールが取れていないことに焦りが見えた。

シュート精度なのか、ポジショニングなのか、ゴール前の仕事以外の負担が大きいからか、キック力なのか、明確なゴールパターンの無さなのか、うーん 悔しい。

ゴール以外の貢献度は高いが、去年から続くゴール欠乏症という壁。

しかし、その壁を越えた時、本当の意味でトリコロールの10番、エースとなっていくはず。

壁をぶち破れ!!頑張れ!!小野裕二!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/117-7aa66967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (202)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (33)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (4)
マリノス 補強・契約 (45)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム