2017-06

プライドをかけた大一番 日韓戦

銅メダルをかけて、戦う日韓戦。
ベスト4の組み合わせを見た時、もしかしたらこの3位決定戦はあるかもと思ってはいた。

韓国は、単純に日韓戦ということだけでなく、この試合勝てば、兵役免除&初のメダル獲得。死に物狂いでくるはず。そこには、まず気持ちで負けないことが肝心。

ロンドン五輪韓国代表との因縁は多い。
監督はJリーグで活躍したホン・ミョンボ、フィジカルコーチは、日本代表でもコーチ経験のある池田さん。セレッソにいたキム・ボギュンなどのJリーガーたち、そして日本に差別的行為をとったキ・ソンヨン。

ただ、この試合を前に、知っておかなければならなない事、試合がある。

ロンドン世代が韓国から喰らった屈辱。

2008年&2011年AFCU-19アジア選手権で準々決勝の韓国戦での敗戦。
この敗戦により翌年のワールドユース出場を逃し、95年大会から連続で出場をしてきた記録を止めてしまった。

ワールドユースは、95年中田やマツを中心に、初めて自力で世界への扉を開き、その後のアトランタ五輪&フランスW杯出場につながる日本サッカーが急成長を遂げた第一歩となった大事な大会。それに出場できなかったのだ。

まず、2008年大会に関してだが、この大会のメンバーで五輪メンバーなのはGK権田、DF村松、FW永井。それ以外ではセレッソの柿谷、マリノスでは宏太&金井、ジュビロの山本などの粒ぞろい。そしてマンチェスターユナイテッドの香川もいた。

この大会に関しては、まず選手選考において、クラブの思惑が優先されてしまったことも敗因のひとつにあげられる。

香川はグループリーグで、セレッソのJ1昇格のため帰国。そして金崎&清武は大分トリニータのナビスコ杯決勝のため呼ばれず。さらには、鹿島の大迫も高校選手権の県予選のため招集が見送られた。

ただ、それを差し引いても、韓国に力の差をつけられて0-3で完敗した試合はショックだった。

脆弱な最終ラインを大宮のチョ・ヨンチョルにがんがん突かれた。前半は1失点ですんだものの、ボランチがまったく仕事ができず、最終ラインもボールを全然跳ね返せず、後半も2失点をくらい敗戦。ほとんどシュートも打てない有様で終わる。

試合後、選手たちはグランドにうずくまりなかなか立てなかった。涙にくれる宏太や権田の姿は忘れられない。

2010年大会に関してだが、このときのメンバーで、五輪メンバーなのは、DF酒井高徳、MF宇佐美、FW杉本。他には、FW指宿などがいたが、プラチナ世代と呼ばれた柴崎や宮市などの世代の選手がほとんど呼ばれず、不可解な選手選考であった。

その2010年大会での日韓戦では、前半2点リードしていたのに、前半のうちに韓国のパワープレーに押し負け、3ゴールで逆転負け。まさかの悪夢。

正直ありえない試合で、見ていて怒りすら覚えた。

この大会での敗因は、最終ラインに背の低い選手、そして要のボランチを大学生コンビに任せるという布監督の起用法につきる。

この世代の韓国は正直強くは無く、日本の自滅。
背は無くても足元がうまいはずの選手は、プレッシャーでパスミス連発、ボランチコンビも、高いレベルの試合の経験不足からかセカンドボールを全く拾えず、最終ラインがずるずる下がった。

試合後、2ゴールを決めた指宿の怒りに満ちた表情が印象に残っている。

振り払いたい、2008の惨敗&2010の悪夢

ただ、原因である最終ラインの脆弱さはない。吉田&徳永のOAコンビの加入で強さ&安定感はあの頃と比べ物にならない。ボランチは、パスの扇原&運動量の山口のコンビで◎。監督も経験のある関塚さん。

負ける理由はない。

2008&2010のメンバーは、もしかしたらこの試合が人生で一番最悪な試合、トラウマといってもいいかもしれない。

今回その悔しさを直に味わったのは、GK権田、DF村松、酒井高徳、MF宇佐美、FW杉本、永井の6人だけ。だが、それ以外のロンドン世代全選手達の悔しさも背負って、この試合を勝ち、悔しさを晴らそう、あの時があったから、メダルが取れたと言って欲しい。

さぁ、リベンジの時はきた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/122-0e584735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム