2017-10

ホントに勝負強いチームとは

Jリーグ創立(1992年のナビスコ杯~)以降 歴代優勝チームを考察し、どのチームが本当に勝負強いのか考える。

ただ、優勝と言っても、タイトルごとに正直価値は違う。
年間リーグ優勝とゼロックススーパーカップ優勝の価値は一緒とは言えない。そのため、独断的解釈でそれぞれを単純にポイント化してみる。

タイトル別ポイント
ACL(旧アジアスーパーカップ)‐10点 
年間リーグ優勝‐9点 
旧アジアクラブ選手権‐8点 
旧アジアカップウィナーズカップ‐7点 
天皇杯‐6点
ナビスコ杯‐5点
ステージ優勝‐4点
A3‐3点 
ゼロックス杯‐2点
スルガ杯(旧パンパシフィックチャンピオンシップ&旧サンワバンクカップ)‐1点 

ざっとこんな感じにした。
もちろん、タイトルを点数化するなんてナンセンス。
主要国際タイトルとリーグはどっちが価値があるとか人それぞれだし、決められない。

が、タイトル獲得の難しさや獲得した時の喜び、試合数、ACLの出場権などの特典などから簡単に分けてみた。

それではランキング
1位鹿島134点
年間リーグ 7回(96,98,00,01,07,08,09)
天皇杯 4回(97,00,07,10)
ナビスコ 5回(97,00,02,11,12)
ステージのみ 2回(93,97)
A3 1回(03)
ゼロックス 5回(97,98,99,09,10)
スルガ 1回(12)


2位ジュビロ磐田 68点
アジアスーパーカップ 1回(99)
年間リーグ 3回(97,99,02)
天皇杯 1回(03)
ナビスコ 2回(98,10)
ステージのみ 2回(98,01)
ゼロックス 3回(00,03,04)
スルガ 1回(11)

3位東京V56点
年間リーグ 2回(93,94)
天皇杯 2回(96,04)
ナビスコ 3回(92,93,94)
ステージのみ 1回(95)
ゼロックス 3回(94,95,05)
サンワ 1回(94)

4位横浜F・マリノス 49点
年間リーグ 3回(95,03,04)
アジアカップウィーナーズ 1回(93)
天皇杯 1回(92)
ナビスコ 1回(01)
ステージのみ 1回(00)

5位浦和 42点
ACL 1回(07)
年間リーグ 1回(06)
天皇杯 2回(05,06)
ナビスコ 1回(03)
リーグのみ 1回(04)
ゼロックス 1回(06)

6位G大阪 39点
ACL 1回(08)
年間リーグ 1回(05)
天皇杯 2回(08、09)
ナビスコ 1回(07)
ゼロックス 1回(07)
旧パンパシフィック 1回(08)

7位名古屋 26点
年間リーグ 1回(10)
天皇杯 2回(95,99)
ゼロックス 2回(96,11)&サントリーカップ 1回(96)
旧サンワ 1回(97)

7位清水26点
アジアウィナーズ 1回(00)
天皇杯 1回(01)
ナビスコ 1回(96)
ステージのみ 1回(99)
ゼロックス 2回(01,02)

9位横浜F22点
アジアスーパーカップ 1回(95)
天皇杯 2回(93,98)

10位FC東京17点
天皇杯 1回(11)
ナビスコ 2回(04,09)
スルガ 1回(10)

11位16点
年間リーグ 1回(11)
ナビスコ 1回(99)
ゼロックス 1回(12)

12位湘南(平塚)13点
アジアカップウィナーズ 1回(95-96)
天皇杯 1回(94)

13位千葉 10点
ナビスコ 2回(05,06)

14位京都パープルサンガ 6点 
天皇杯 1回(02)

14位広島  6点
ステージのみ 1回(94)
ゼロックス 1回(98)

16位大分 5点
ナビスコ 1回

こうやってみると、鹿島が断トツで抜けている。悔しい
ただ、ACLで活躍していないのが、どうもね。

まぁマリノスも、ACLだけでなく、ゼロックスに一度も勝ててないけどね。

他にも浦和やG大阪は、リーグ優勝を意外としていない。横浜Fがアジア制覇していた。とか知らないこともあった。

だが、このランキングに入っていない、意外なチームが二つある。
C大阪川崎Fだ。

ACLにも出場経験があるのに、タイトルを何一つもっていない。
C大阪は、3回天皇杯決勝で負け、00や05では、リーグでもいいところまで行ってコケた。
同じく川崎Fは、3回ナビスコ決勝で負け、06,08,09ではリーグ戦2位というところまでいった。

サポーターは、悔しい思いしかしていないのだろう。

他にも清水が、リーグ2位1回、ナビスコ準優勝4回、天皇杯準優勝4回。広島が、ナビスコ準優勝1回・天皇杯準優勝4回。

この4チームが勝負弱いチームと言えるのかな。
鹿島の優勝の裏で涙したチームということだ。

今年のナビスコもその数字通り鹿島が優勝した。

しかし、今年のリーグ戦は勝負弱い面もある広島もしくは優勝経験のない仙台だ。
ランキングに変動が起こる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/142-b94c8ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (201)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (31)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム