2017-08

Jリーグ 最終節 まさかガンバが... サイドバックの必要性

Jリーグ最終節が終わった。

注目の残留争い
なんと大方の予想に反して、新潟が逆転残留 奇跡
神戸&G大阪がJ2降格となった。

神戸に関しては、9月からの急降下。DF河本選手を残留を争うライバル大宮にレンタルさせたのが色んな意味で痛かったように思える。

G大阪に関しては、セホーン&ロペス体制の失敗、イグノなどの移籍による戦力低下により開幕から低調。トータルで見ればやむなしの結果だが、正直まさかガンバが落ちるとは思わなかった。
元ACLチャンピオンが...

マリサポでさえ衝撃が大きい、ガンバ降格。そして前田選手のデス・ゴール。恐ろしい。

ガンバ対磐田戦の試合内容は、正直前半はガンバはイマイチで、運にも見放されたような先制点を奪われる。後半に立て直し、倉田選手のスーパーなゴールを奪い同点。勢いに乗って何回かチャンスがあったが、決められず。逆に磐田に決勝ゴールを奪われジ・エンドといった感じ。

この日に関しては、レアンドロ選手の日ではなかったと言った所か。天に見放された感もある。

だが、それ以上に問題だったのは、サイドバックだったようにも思える。

右サイド加地選手は、今シーズン怪我がちであまり出られず。他に本職のサイドバックがいないため、不在時に穴になった。そのためこの日も強行出場。

左サイドの藤春選手は、攻撃面でいいところはあるが、裏のスペースを突かれる場面が多く。この日は早めに下げた方がいいと思っていたら、そのサイドから失点。攻守に安定感のある下平選手を開幕前大宮に移籍されたのが痛かった。

ガンバに関わらず、色々な降格したチームを見ているが、サイドバックの質が悪いチームは降格する可能性が高い。特にJ1とJ2の差が一番あるポジション。

なぜならば、サイドバックが対応するサイドハーフの質がJ1とJ2で全然レベルが違うから、1対1の局面で後手を踏むとチーム全体のバランスを失い、また、一瞬のミスも見逃さず相手はゴールを奪うからである。

J1昇格したチームは、センターラインの補強を中心にするチームは多いが、サイドバックに関してはもう少し優先順位を高める必要性があるように思われる。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/150-862b0219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (23)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム