2017-05

開幕戦から見る不安要素

なんとか勝利を飾った開幕戦.。ただ不安要素がいくつか見受けられた

まず4-2-3-1のシステムは、サイドアタッカーが不在だと機能しないことがはっきりした。
そもそも、サイドアタッカータイプは学、ドンちゃんぐらいしかいない。

この日は、学が怪我のためベンチスタートで、仁が右サイドハーフで先発。
だが、なんかいまいち
どうしても昨年度の小野と比べてしまうのはいけないのだが、サイドで張って欲しいのに中に入ってたりして全体的に窮屈な印象。

絶対的スタメンである俊輔と兵ちゃんが足元でもらうタイプなだけに、一人はドリブルでボールを運んだり裏をついてくれる人が必要。
はっきりいって、同じタイプ3人並べると機能しない。

それは、樋口さんも理解している感じだ。

しかし、仁はまだコンビネーションがいまいちとはいえ、もっと積極的にドリブルしたりシュート打って欲しかった。

仁のタイプ的は、トップ下など中央にいてボールを多くさわってリズムを取るタイプ。
タイプが違うから、小野の穴は埋められそうもない。

今のままではトップ下の控えの位置付け。健太のような使い方にも成りかねない。控えの層が薄いから、そうはならないと思うが...

ただ仁の独特なアイデアやシュートの上手さはチームには必要。
仁が生きるシステムの再考の余地あり。少しずつ2013年度版マリノスを作っていけばいい。

同じく新加入で、開幕戦途中出場の藤田がマルキとの2トップで中々良かったし、2トップにするのもあり。

藤田に関しては、巧みなポストプレーで学のドリブルを上手く引き出し、マルキが裏をつけれるようになった。決定機は外したが計算できそうだ。

谷口と大黒、健太の穴は、藤田と仁でなんとか埋めてほしい。

あと気になったのがドゥトラの守備
2失点目は不用意なドリブルから。試合全体を見て左サイドの裏をやられすぎ。
無理にスライディングしてかわされたシーンも危なかった

本当は比嘉君にスタメンを奪って欲しいがベンチ外
不安が残る

あと哲也スタメンもポジショニングが失点シーンにおいて少し良くなかった。
飯倉との両者の激しいスタメン争いがいい感じに作用して欲しいので、成さんフォロー頼みますよ。

次のエスパルス戦も勝って1位を守るぞ!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/187-2091bdee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (190)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (14)
2017年 ルヴァン杯 (6)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR