2017-10

表紙を奪え!! FC東京戦にむけて

リーグ戦次節 ホーム FC東京戦が明日行われる。

2013年の真価が問われる試合になる。
序盤戦最大の山場

公式戦5連勝したものの、対戦相手の湘南・清水・磐田・川崎・甲府、すべて今シーズン、リーグ戦勝利がない。ナビスコを含めても、磐田しか勝利しているチームがない。

対戦相手のチームのサポの方には悪いが、実力が劣るまたは調子が悪いチームとしか当たってないと言われても仕方がない。

開幕公式戦5連勝にも関わらず、悔しいが、サッカー雑誌の表紙も特集にもされてないことから見ても、世間からはまだまだマリノスの力が本物とは認められていない。

とはいえ、去年までならば、勝ち切れず、リーグ戦1勝1分1敗でもおかしくない所を3連勝できている。自信を持っていいはず。

というか昨年9月15日以降 半年間柏以外に負けてない事実もある

質の高いサッカーをしているFC東京にも通用し、勝利できればその自信は本当の意味で確信に代わる。

また、今シーズンの対戦スケジュールを見る限り、この試合乗り越えれば、4月 ACL連戦疲労中の広島・戦術不良中の川崎・リーグ未勝利中の新潟・J2昇格組で未勝利中の甲府で比較的いけそうなチームが多い。

逆に5月は、優勝するには スタートダッシュ 絶対必須!!でも指摘したが、勝ち点を伸ばすのは、なかなか大変な相手ばかりそろう。

もちろん先の事を考えず一戦必勝だし、簡単に勝てる相手はいない。

だが、あきらかに4月の方が勝てる可能性が高い。夏を考えるとここでぜがひでも優位に立っておきたい。

その4月に向けて、FC東京に勝って、自分たちの戦いに確信いけるかどうかは本当に大きいと思う。

千真・アーリア・ナオの元マリノス組にやられるわけには、いかんのじゃい。
返り討ちにしてやれ。


P.S噂によると千真のポストプレーが進化したらしい。東・李選手とともに要注意。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/194-4ac02a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (201)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (31)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム