2017-10

よっしゃー FC東京戦 感想

3-2勝利!!
得点 俊輔・藤田×2
マンオブザマッチ 藤田

よっしゃーーーーー
大事な試合で勝てた。藤田よくやった!!

先制されるも、逆転、追いつかれて再度突き放す展開。
しびれたぜ!!
これだからサッカーは病みつきになる。

試合内容・質ともに両チーム高く、見応えあり。
久しぶりに最高にうれしい試合。今週はいい気持ちでいられそうだ。

欲をいえば、2-1で試合を終わらせたかったが、とりあえずまぁいいだろ。

<スタメン主な変更点>
パンゾーに代わり天野、右サイドハーフにルーキー佐藤、マルキ出場停止で藤田がいずれも今シーズンリーグ戦初スタメンになった。

<試合内容>
マリノスがボールを支配する時間もあったものの、なかなかシュートを打てない状況の中、一瞬の隙を突かれ先制点をFC東京に奪われる。
正直まずい展開だった。

マルキがいないため、決定力では、千真・李・ルーカス選手がいるFC東京の方が優位だから、撃ち合いや先制される展開は避けたいと思っていた。

実際、この試合、千真・李選手にゴールを決められた...

ただ、選手・監督まったくあわてる様子がなかった。
運良く俊輔のFKが入り、同点に追いつく。

そして、待望の点の取れるポストプレーヤー
藤田2ゴール!!


オオシが去って以来ずっと求めいていたポストマン。
藤田の方がスピードがあり、パワーはないかなという印象ではあるが、オオシと似ている。

ゴール前落ち着いてよく決めた!!

<反省点>
藤田以外の初先発組は物足りなかった。

天野に関しては、もっとアグレッシブさが欲しい
それが、最大の持ち味なんだし、コンビネーションが難しいとはいえ物足りない。
守りだけならパンゾーの方がいい。
求めているのは、積極的な攻め上がりとガッツ
今日のようなアシストする場面増やしたい、期待してるぜ!!

佐藤に関しては、前半だけの出場。
積極的に裏を狙う姿勢は、良かったがあまり試合に絡めなかった。
ただ、交代させるほど悪かったかなという印象。

この試合、中盤の攻防戦は非常にレベルが高かった。
ついてけないのは仕方ないし、この試合だけでは、評価すべきではない。

まぁ、変わった仁も、いまひとつ。2人とも適正ポジションはトップ下なのかな?

ただそのせいで学が交代しにくくなった。兵藤・俊輔とは代えにくいし...

とはいえ樋口さん少し遅すぎる!!
宝の持ち腐れ!!

うちもFC東京みたいに層が厚ければいいのだが...
平山・河野選手がベンチで出場時間短いなんてもったいないね。

しかし、どこまでいけるんだ連勝記録。こんなに勝っていいんですか?
イイんです!!
どこまでも勝ち続けるんです!!
くぅっ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/195-db38d6a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム