2017-08

ポリシーを曲げてでも勝つこと 広島戦 感想

3-1 勝利
得点者 富澤・中町・マルキ
マンオブザマッチ 中町

リーグ戦5連勝
強いぜ!!得点量産。去年と何が違うんだ?

しかし、富澤のスーパーミドルはすごかった!!
去年の神戸戦といい。持っているね。

また、中町・兵藤のここ最近の充実ぶりもGOOD!!

攻守の切り替えの速さ・チーム全体の連動性が得点量産につながっている要因のひとつだろう。

<スタメン>
学・マルキがスタメン復帰。現状でのベストメンバー?で試合を臨んだ。

<試合内容>
爆弾低気圧が襲った荒れた天候の中、試合が行われた。
ピッチのいたるところで、水たまりができ、ボールコントロールが難しいゲーム。

こういうピッチ状態なのにパスにこだわった広島と無理をしなかったマリノスで明暗わかれた。

世間は、スペインかぶれか、いわゆる「パスサッカー」というものを大変有難がり、「パスサッカー」以外を否定したり、下にみたりしている。

それは、世間だけでなくサッカー評論家、記者も同じ傾向にある。

たしかに、パスがはまったら素晴らしいとは思う。ただ、こんなピッチ状態なのにパスにこだわるのは無謀。

ピッチ状態や相手の力、自分達の技術を客観的に考えて、サッカーをすることも大事。
バカの一つ覚えみたいにやっているのは、本当の意味でサッカーを知らないだけじゃないのか?

パスにこだわりすぎていることが、ここ最近 年代別の試合やACLで日本勢がことごとく負けている理由だと思う。
臨機応変も大事。

まぁ臨機応変に対処するには、経験が必要ではあるが...
その点ベテランが多いマリノスの選手達は良くわかってる。

特に3点目のシーン。
ゴールにつながるドゥトラのシュート。
雨の試合でグラウンダーのシュートは有効と知っていてなおかつ、それができる技術。
そしてGKのファンブルする可能性の高さを感じたマルキの詰める反応。

どちらもサッカーを良く知っている。

こういう日に、危険なバックパスを連発していた広島とは、違うと感じるプレー。

自分も含め、ベテラン軽視、ともすれば悪とする日本。
ボンバーがいうように、マリノスが優勝することでベテランの力を証明したいね。

最後に
雨の中、現地で闘った選手・スタッフ・サポーターの皆さまお疲れさまでした。
両チーム 大きな怪我もなくて良かった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/198-b7b67351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (24)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム