2017-10

まずは無失点を目指そう 柏戦感想

1-2敗戦
得点者 兵藤

GW 0勝2分け1敗
全然ゴールデンじゃなかった。勢い止まったね。

相性だけでなく、日程も厳しかった。
こちら中2日で、柏は中5日。ベテラン組が多いマリノスには、さすがに...

レアンドロ選手がいないなんてラッキーと思ったが、結局関係なし。
まあ完敗

兵藤のゴールで同点に追いついたものの、ほとんどいい形作れなかった
ファビオを前線に上げてたパワープレーで惜しいシーンはあったが…
毎回ロスタイムにゴールが生まれるわけないわな

古巣相手に燃えてたパンゾーの気合いだけが目立った。

あと、健太も頑張っていたね。
負けて悔しいけど、健太の頑張りはうれしい。

<スタメン>
4-4-2にシステム変更。
藤田とマルキの2トップに。

<試合内容>
ジョルジ・ワグネル選手からのクロスボールをクレオ選手に叩きこまれる。
負けずとマリノスもパンゾーの見事な攻め上がりから、兵藤がゴール。
前半のうちに同点に追いつく。
しかし、後半工藤選手に決勝ゴールを決められ、パワープレーも虚しく、敗れる。

結論から言うと、システム変更が裏目に出た。

今季の好調を支えたボランチと俊輔の良い関係性が崩れた
プレスが掛からず、いつもと違う試合展開に。

良い点は、パンゾーの攻め上がりが出たぐらい。

また、マリノスと柏の2トップの差ありあり
実力というより、やっぱ連係不足は否めない。

正直今のマルキに拘る必要性あるのか?
もちろんエースだけど体調不十分で無理に出していいと思わない。
マルキが今のままでは、点は取れない

流れを変えようにも選手層が薄い。
学がいないだけで...

フロントが中断期間中に何らかの補強をするかどうかで、本気で優勝したいかがわかる。
しなきゃはっきり言って無理。

小野レベルが取れるとは思わないが、ああいうタイプが必要。
どこかいないかな...

だが、それ以上に問題なのが、点が取られすぎていること。

点が取れている間は隠れてたがこのままではまずい。
こんなに失点するなんて、どうかしてるぜ

次節マチ出場停止。
小椋が先発の可能性もある。まずは無失点を目指した方がいいのかもしれない。

マリノスの原点に戻ろう

樋口さん 頼みますよ。

最後に
ゴール裏一部の柏サポさん達へ


最前列でうろちょろうろちょろしてる人達。

動物園の動物じゃないんだから、きちんと自分の場所で応援したら。
なんかあったら乱入してやるみたいな雰囲気。
マナー悪いですよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/212-f5e17c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム