2017-10

勘弁してよ 審判 名古屋戦感想

2-1勝利
得点者 マルキ・兵藤
マンオブザマッチ 哲也

連勝ストップ後、初の勝利。

ロスタイムまさかのPK判定も哲ビッグセーブ!!

抗議で樋口さん退席処分。怒って当然。
あれでファール取られてたら、DFやってられないよ。

審判の事は、あんまり悪く言いたくないけど、W杯経験者とは思えないね。
決められていたら、後味悪すぎ。

しかし、よく止めた。
ビッグセーブもないし、無失点ゲームができない責任がGKの哲にないわけではない。
もし、このままずるずる中断期間迎えたら、飯倉にポジション奪い返されても不思議じゃないかった。

自分自身も救うプレー

哲のおかげで、なんとか勝てたけど、正直内容は悪かった。
名古屋の藤本・玉田選手を捕まえ切れなかった。

しかし、悪いながらも勝った。
このメンバーで勝てたのだから文句は言っちゃ駄目だね。

<スタメン>
システム一緒で、前節から出場停止の勇蔵、マチに代わり、ファビオ、小椋が先発。
学が怪我から復帰してベンチ入り。(キクマリ見るまで知らなかった。情報不足...)

ただ、気になるのは、この状態でも田代がベンチにも入れない事。
レンタル前と立場変わらない。厳しいね。

<試合内容>
前半は名古屋ペースもOーOで折り返す。
しかし、後半相手選手を小椋が倒し、PK献上。先制点を奪われる。

だが、マリノスも反撃、ハユマのマリノス愛のおかげで、CKをもらい、それをマルキが決める。

去年のPK失敗といい、ありがたいね。ハユマさん。
「恩を仇で返す」裕介さんとは、えらい違いだね。

そして、カウンターから、マルキのクロスを兵藤が決め、逆転。
ロスタイムPKを哲が止め逆転勝利!!

気がつけば、マルキ 1G1Aの活躍。
この辺がマルキを監督が外せない理由。期待する気持ちもわかるけどね。

また、学の投入で流れを変えた。
やっぱ学がいるいないで全然違う。もう怪我しないでくれよ。

<最後に>
次も最近相性の良くない仙台戦。
けど けど けど けど、そんなの関係ねー


小島よしおが流行っていたころは勝ってたはずだ。
連勝GET!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/214-cc7bcdb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム