2017-06

J20周年 開幕戦 マリノスはJの中心だった

1993年5月15日
マリノスVSヴェルディで始まったJリーグ。
ついに今年Jリーグ20周年を迎えた。

その最初の試合 勝ったのは、マリノス
自分が初めてサッカーの試合を見た試合で勝った マリノス

当時横浜市民だったこともあり、それ以来 熱の上がり下がりはあったものの、一貫してマリサポ

今でもあの華やかなセレモニー・開幕戦の興奮は忘れられない。

新しい何かが始まる瞬間のワクワク感。
唯一肌で知っているバブルの香り

Jリーグチップス・アイス・カレー・ふりかけ
グッズがついている商品 よく買った。

カレーを食べたらラモスになり、頭薄けりゃアルシンド。
そんな時代だった。

あと、当時の小学生 マスコットのついた野球帽をかぶってた。サッカーなのにね...
ちなみに横浜市でありながらヴェルディファンが周りに多かった。

カズ・北沢・ラモス・武田 たしかに華やかで強かった。
けど、俺は「井原さんの紳士的な雰囲気のがカッコいい」と言ってそんな奴らには負けてなかったけどね。

どこへ行ったんだろ ヴェルディファン
ミーハーファンは代表に行き、地方の人はその地域のチームに行ったんだろうけど。

ただ、マリノスも間違いなくJ創世記の中心にいたチームであった。

しかし、20th記念試合の座は、浦和と鹿島に奪われた。
客の数で浦和に、タイトルの数で鹿島に負けているので仕方がない。

けど悔しい

普通なら同じ試合をやったはず。
ヴェルディ なんでJ1にいないんだよ。

J1に帰って来いよ。

しかし、Jリーグは20年という「大人」になったにも関わらず、2ステージ制という「子供」に戻ろうとしている。

チャンピオンシップはたしかに盛り上がるし、TVでJリーグをアピールできる。
けど、そうじゃないだろ!!

なんかズレを感じる。

Jリーグ開幕20周年に先立って行われた記念イベント『J20th NIGHT』に観客として見に行った時も同じようなズレを感じた。

Jの未来をディスカッションするコーナーがあったのだが、あまりにJリーグ・OB側が無策。
時間と選手の努力以外ないという感じ。

めっちゃつまらない内容。
眠かった。


20歳の学生も参加していたのだが、どうしたらJリーグ人気でるのか聞くとかもっとあったのに。

危機感をもっとJリーグ側はもって欲しい。
今のままじゃ一部の人しか知らないJリーグになってしまう。


土産のJリーグチップスとテレ朝の竹内アナがかわいかった事しか収穫なかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/217-c3eb39f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (17)
2017年 ルヴァン杯 (8)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)
2017 天皇杯 (1)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム