2017-07

マリノス お金の話

マリノスの年俸ランキング
サッカーダイジェスト2013年5月28日号調べ
o0360048312538099668.jpg

1位.中村俊輔 1.4億円(Jリーグ全体3位)
2位.中澤佑二 1.2億円(同4位)
3位.マルキーニョス 8千万円(同18位)
4位.栗原勇蔵 7千万円(同26位)
5位.兵藤慎剛 5.5千万円(同42位)
6位.小椋祥平 5千万円(同47位)
7位.小林祐三 4千万円(同60位)
7位.飯倉大樹 4千万円(同60位)
7位.ドゥトラ 4千万円(同60位)

あくまで、推定。日刊スポーツ Jリーグ年俸名鑑とはかなり違いあり。

ただ、日刊では、ドゥトラは1億円となっており、さすがに当たっているとは思えない。

7年前チームを去る時の要因の一つが年俸の高さだったと思うので、なんとなくサカダイの数字の方が信用できる気が...

今回のデーターはJリーガーベスト100だったので、それ以下の選手については不明。

若い選手は、基本的に安い。
年功序列だけでなく、海外に行くために、移籍金を低く抑えられるためにしている模様。

ちなみに、
1億円以上 14人。
5千万円以上 51人。
100位の選手の年俸は、3.31千万円でした。

<気になった事>
飯倉はGK部門で4位。
兵藤は、代表経験まったくない選手の中では、トップ。

年俸に関しては、意外と生え抜きに対する評価はちゃんと反映していると感じた。

ちなみに、樋口監督2.5千万円(Jリーグ監督内14位)
かなり、低く抑えられている。

おもしろい数字が他にも、もっとあるのでぜひお買い求めください。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/223-57ff4c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (196)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (19)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (40)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム