2017-10

ハラハラ ドキドキ...まったくない W杯出場決定

オーストラリア戦 一応見てたけど、何にもドキドキもハラハラもしなかった。
他人事のように見てた。

それでも、途中から勇蔵出て、少しは真面目に見たけどね。
勇蔵に関しては、直接失点に絡んだわけじゃないが、何しに出てたんだがってな感じ...

だって、最終予選はリーグ戦で、他国は引き分けばかりでもたついている間に、日本は連勝スタートで、圧倒的に優位に立った状態。オーストラリア戦に勝っても負けても本大会ほぼいけるんだぜ。

そんな条件でハラハラ・ドキドキする奴の気がしれない。
トーナメント戦とか、負けたら終わりとか降格する状況なら分かるけどさ。

それに相手のオーストラリア、もう負けられない切羽詰まった状態の割には、日本の嫌がるゴリゴリした攻撃もせず、拍子抜け

それなのにハラハラ・ドキドキ発言をする人達は、なんなんだろう?
本気で負けられない緊迫した試合なんかじゃ、心臓がもたないよ。

普段いかにスポーツに触れてきていない、ミーハーですって自分で言っているようなもん。

あと、渋谷で騒いだり、道頓堀に飛び込む奴はもっと論外。

そいつらは、祭りみたいに騒げれば野球でもアイドルでもなんでもいいんだろうけど。
そいつらのせいで、サッカー好きすべての人が品がないと思われることがすげーむかつく

引き分けだぜ!!
W杯出場で大喜びする次元には少なくとも選手達の意識の中ではないだろうよ。
見る側ももっと高い意識でいなきゃ、駄目でしょ。

話は試合内容にかわるが、結局おいしい所 本田さん持ってちゃったね。
あの場面でPKを蹴る勇気は素直に褒めるべきだけど、8割以上はゴール決まるからね...

ただ、その前に何回かあったセットプレーのチャンスを生かさなきゃ駄目だね。
鳥栖戦の俊輔の駆け引きを見た後だから、淡白にみえた。

まぁ個人的に、無回転キックよりも俊輔のフリーキックの軌道のが好きってのもあるんだけど。

無回転だと、ブルガリア戦の川島選手のようにミスっぽく入ることも多く、スッキリしないし、キッカー自身の体を痛めるのも良くないよね。

けど、とりあえず、本大会行けて良かった。
これからが本当の勝負だ!!


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/228-a89e8644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム