2017-08

世界に通用するFWかどうかの判断基準 

イラク戦1-0で勝利。

と言っても、勇蔵出てない時点で、起きてまで見る気もなく、前半途中で就寝。
残りは、録画して、次の日早送りしながら、適当にチェック。

そこに映っていたのは、相変わらずのマイクであった。
背が高いだけで、ポストプレー、競り合い、ヘディングそれぞれ残念なまま。

もちろん足の長さ、胸トラップは武器だとは思うけど...

私の中で世界に通用するFWかどうかの判断基準は、中澤で決まる。
ボンバーと互角以上の勝負ができるFWじゃなきゃ、世界に通用しない。

ボンバーって高さと読みが抜群、だが俊敏なタイプがやや苦手。海外のDFの特徴と基本的に似ている。(足が速いDFもいるけど)

だから、ボンバーに通用しなければ、海外のトップクラスには通用しないと個人的に思っている。
特に、パワー・高さタイプに属する選手はね。

正直、現代表の前田選手・マイクは、ボンバーには勝てていないと思う。

特に前田選手には、点を決められたことはあるだろうが、試合全体通してやられた記憶がない。
前監督岡田さんが最後まで前田選手を選ばなかったのも少し理解できる。
もちろん前田選手の2列目を生かす動きはすごいけどね。

個人的には、この間の鳥栖戦を見てて思ったが、豊田選手は勇蔵・ボンバーと結構互角なやりあいしていて、通用すると思うのだが...

ただ、パワー・高さタイプのFWでボンバーが負けた相手で思い出せるのは、浦和ワシントン選手ぐらいだけどね。

その他で、ボンバーが苦手とするFWといえば、広島の佐藤寿人選手、FC東京の李選手、仙台の赤嶺選手、元名古屋の永井選手ぐらいかな。

あと思うのは、五輪やW杯でギリギリまで最終選考まで残っていながら、怪我とかの理由がなく落選した選手って世界に通用しないと判断される部分があると思う。

やっぱり、誰よりも、監督は時間を費やし、悩み抜いて、メンバー選考をしている。
反町さん、関塚さん、岡田さん みんなそうだと思う。

この試合、酒井宏樹選手が出ていて、良いクロスを上げていたが、相変わらず守備面が悪い。関塚さんが徳永選手をオーバーエイジで呼んだのも今になると理解できる。

そういうことを考えると、ギリギリ落選した選手達は、よほど進化していないと、今回も同じ運命になってしまう。

けど、日韓W杯落選したが、その後代表のエースになった俊輔のように、世界に通用する選手になってればいいだけだ。

コンフェデ杯 世界に通用するか判断される最初の関門。
勇蔵越えていけよ!!


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/233-f914084c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (23)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム