2017-09

惜しかった いや惜しくはない イタリア戦感想

日本代表 イタリア戦3-4敗戦、コンフェデ杯予選敗退決定。
2-0で勝っていたのに逆転負け。
それも一度追いついたのに...

テレビは、イタリア相手に善戦だの、惜しかったのいうが本当だろうか?

イタリアが本気を出していないとは言えないが、省エネサッカーをされた感は否めない。
イタリアがプレスをあまりかけず、中盤で自由に持たせてくれたから、あれだけ攻めれた部分も大きい。

こういう試合で勝てないでいつ勝てるのか。
怒らなきゃいけない試合。

たしかにブラジル戦から短い期間でよく立て直した。
W杯予選からの連戦続きでコンディションも良くなかったと思う。

けど、頑張っただけじゃ、評価されない
選手達は、そういう世界の住民なのに、応援する側やマスコミがそれじゃいけないよ。

いつまで経っても善戦どまり、強豪国にはなれない。

後半同点に追いついた後、負けたら予選敗退が決まるのに、なんで攻めたんだ。

w杯の前哨戦という位置づけなら、引き分けでも勝ち点をしっかり拾って、最後のメキシコ戦に勝負を挑むという戦い方をベンチは指示すべき。

イタリア相手に逃げ切るというのは、たしかに難しいのかもしれないけど、決勝トーナメントにいくために必要な事。経験してほしかった。

「引き分けの文化」がないと言われる部分なんだろうか?

なんでいつも、がむしゃらに攻めるのか。
リズムを落ち着かせればいいのにね。

2点差が一番危ないとよく言われるが、それって日本とかまだまだ弱い国だけかも。
試合運びの拙さがすべて

Jリーグで鹿島が優勝するのは、つまらないと言われながらも、こういう試合を上手く勝ちきるなんだろう。
他のチームがそれができないから、ほぼ毎年毎年、優勝される。

したたかに勝つ
日本人は学ばなければいけない。馬鹿正直じゃ上にはいけない。

イケイケドンドンじゃ駄目。

問題は、守備陣。
コンフェデ杯 2試合で7失点。これじゃ勝てないよ。

まず、失点する時間が前・後半の頭と終了間際。 
そして、失点パターンもセットプレーからが多い。
弱いチームの典型的パターン

勇蔵にバロテッリ選手など世界的な選手とマッチアップする経験を積んでほしいかったから、腹が立つ。
レギュラー陣がこんなに点を取られていて、控えにはチャンスがないのか。

競争がない!!
出してもらえないのなら、マリノスに勇蔵を返して欲しい。

週末のナビスコ杯 マリノスは、したたかに戦おう!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/238-2c37c5bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (198)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (28)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (43)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム