2017-08

リーグ戦再開 最下位相手に痛い引き分け 大分戦 感想

1か月ぶりのリーグ戦再開の大分戦
1-1 引き分け
得点者 兵藤

最後は危ないシーンを作られたので、引き分けでよかったという気持ちがないわけじゃないが、やはり優勝を目指すのであれば、最下位相手に引き分けは駄目

後半は途中まで圧倒的に押していただけに...セットプレーのチャンスを生かせなかった。
ただ、決定的なシーンが作れてはいない。マルキがほとんど目立たなかった。

<スタメン>
いつもと一緒。代表帰りの勇蔵が先発に戻る。

<試合内容>
強い向かい風の前半、浮き球の精度が低く、大分にペースを持っていかれる。
そして、サイドからのアーリークロスをヘディングであわされ、あっさり失点。

勇蔵
日本代表選手が大学生の強化指定選手に競り負けて失点とか 駄目

相手のポジショニングやクロスが良かったとはいえ、いただけない。

その後、大分は三人を前線に残し、ゴール前に引いて守るように。
そのため中々ブロックの内側に侵入してシュートを打つ場面が少なかった。
選手からは焦りは感じられないものの、不穏な空気が流れたまま後半へ。

そうした状況の中、後半兵藤がCKからのこぼれ球を思い切ったシュートを決め同点に追いつく。
練習のたまもの、良く決めたぜ 兵藤!!

その後は、マリノスの一方的展開になり、何度もセットプレーのチャンスがあったが生かせず。
逆に、大分側の守備への集中力が増すようになる。

そうした膠着状況の中、両チームFWの交代。これで、流れが変わった。

マリノスは、富澤に代えて藤田を投入し、俊輔を一列下げた4ー4ー2のシステムに変更。
しかし、システム変更後、おかしくなった

藤田のせいではなく、俊輔がゴールから遠い位置になってしまったことが原因なのかもしれない。
4-4-2システムの出来を考えると、藤田を投入するには、マルキと交代がベストかも。

ただ、マルキは代えにくいからなー
どんなに調子悪くても最後に決める選手なだけに、交代させるのが難しい。

私案だが、システムを3-5-2にして、ドゥトラに代えて藤田を投入し、トップ下俊輔、両サイドに学や兵藤、最終ラインにパンゾーをいれる。

それでも駄目なら、パンゾーに代えて仁を投入し、俊輔・富澤をそれぞれ一列ずつ下げる。

机上の空論かもしれないが、点を取りに行くスタイルとしては、どうだろうか?

その後、疲れもからかパスミスからあわや失点の場面を作られるも、なんとかしのぎ、タイムアップとなった。

<次節に向けて>
コンフェデのしわ寄せで、7月ここから連戦が続く。埼玉勢との直接対決に向けて、良い状況で臨みたい。

気温が急上昇してキツイだろうが、頑張れ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/244-25ba45d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (24)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム