2017-10

久しぶりの... 鹿島戦 感想

1-2敗戦
得点者 マルキ

先制奪うも逆転負け

大迫選手に2ゴール
やられた...

相性の問題もあったとはいえ、シュート数からみても、大迫選手>カズマだったな。

あと、本山選手の投入で流れが完全に変わった。
前掛かりになるボランチとラインが下がるDFの間を上手く利用されたな。

ここで鹿島に勝てれば引導を渡せたはずなのに...
やっかいなチームに息を吹き返させてしまった。

やはり鬼門 鹿島サッカースタジアム...

<スタメン>
前節から仁に代わり学、怪我の富澤に代わり小椋がスタメンとなった。
結果的に...

まず、小椋に関してだが、先制点の場面での守備は光った。
が、周りとの連携が取れていないシーンが散見。
得意の縦パスもタイミングがあわない。

悔しい話だが、小椋がスタメン出場した試合の勝率が悪い。
中々噛み合わない。

今年のマリノスの生命線である富澤&中町のボランチコンビの累積警告がたまってきている。
小椋の力が必要がくる場面がまた来るはず。
なんとかなってほしい。


ただ、昨年当ブログボランチコンビを考えるで示したように、両者前に出ることが持ち味タイプの中町&小椋のコンビは相性が悪いと思われる。

バランスを考えると、富澤の代わりは、アンドリューの方がベターな気がする...

一方、学も、いま一つ。
これなら、スタメン仁で、後半ラストで学を投入した方が良かった。

前節、1アシストと活躍した仁に出番なしって。チームにフィットしてきたのに。
選手の気持ちを削ぐ采配、

そもそも、同点に追いつかれてから、奈良輪投入したが、意味あるのか?
後半パワープレーでファビオを入れたが、全然点が入る気がしなかった。

<次節に向けて>
浦和戦 本当に大事な試合となった。
平日ゲームだが、もう絶対都合をつけて、行くしない。

日産スタジアムに集まれ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/263-46c5c8a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム