2017-10

先制されると勝てない セレッソ大阪戦 感想

C大阪戦 1-1 引き分け
得点者 ドゥトラ

うーん勝てず...
先制されると中々勝てないな...

ドゥさんの強烈ミドルがなかったらと思うとゾッとする。
引く相手からゴールを奪えない。

これが首位にたっているということか
どのチームも対策をとってきている。
「マリノス包囲網」を打ち破れるかどうかが今後のカギ。

引いてスペースを埋めてくる相手を破るにも

フリーランニングの上手い国見育ちの「タフマン」兵藤が足がつって途中交代。
セットプレーでは、俊輔、壁位置の問題か、壁に当ててばかり。最近得点できてない。
ドリブラー学 密集地へ仕掛けきれない
スーパーサブ不在

これでは勝てんよ。

<スタメン・交代策>
出場停止中のDJパンゾーに代わり奈良輪。
怪我明けの富澤が小椋に代わりスタメン復帰。

ベンチ入りメンバーも、仁ベンチ外でドンちゃんベンチ入りと入れ替わりがあった。

奈良輪に関しては、パンゾーとの差を感じてしまった。
ドンちゃんに関しては、途中出場もチャンスを生かしきれず。スペースがないと厳しいのかな?

交代策も、シンプルにファビオでパワープレーも良かったような。
後半疲れがマルキに見えていただけに、負担を減らして方が...
あのまま攻めていても、無理かなって感じだっただけに。

あと、相手のエジノ選手対策で後手、後手で小椋投入。
引き分けじゃ駄目なのはこちらも一緒。
先に動いて欲しい。守備にカードを切ってしまった。

エジノ選手は、パス、ドリブル、シュートの判断力もなく、独りよがりなプレーばかり、ボール奪取できるチャンスだったのだが...

<試合内容>
CKのクリアミスを奪われ失点も、すぐにドゥさんのゴールで追いつく。
その後、両チーム崩しきれずタイムアップ。

先制されたものの、勇蔵・ボンバーが2人がかりで柿谷選手を消していた。
ボンバーのパスミスはひやっとしたが、守備陣は全体的にまずまず。
後半足が止まったので危ないシーンもあったが、最後の局面はやらせず。

セレッソの攻撃は、基本引いて、柿谷選手めがけてのロングボール頼み。
セレッソ自体に怖さはなく、柿谷選手の才能への怖さのみ。

その攻撃も、SBのスタメンが両方ともいなかったせいか、ロングパスの精度を欠いていた模様。
それを差し引いても、少し単調だった。

だが、CBの山下・藤本両選手の集中力は高かった。
マルキにポストプレーは許しても、シュートシーンでは自由にさせなかった。
失点が少ないチームというのも納得。

<次節に向けて>
次節対戦する清水は、5-0で勝った前回対戦の時と少し違う。
ラドンチッチ選手加入、大前・本田選手復帰でパワーアップした印象。
だが、関係ない。

打ち破れ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/271-5bebbeca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム