2017-08

リーグ終盤に向けて 優勝争いの展望

引き分けたものの首位キープ

2位・3位・4位のチームがそれぞれ負けたのでラッキー
だが、引き離すチャンスを逃したともいえる。
勝ちたかった。

去年のJリーグもこんな感じだった気が...

残り9試合残して、マリノス現在勝ち点48
樋口さんがいう優勝ラインの(試合数)×2の勝ち点「68」まで、あと「20」
6勝2分け1敗でいかなければいけない。

少し難しそうなので、おそらく優勝ラインはもう少し下がりそう。
ただ、それでも最低「63」あたりまではくるだろう。
4勝3分け2敗。リアルな数字になる。

ちなみに、最近の優勝したチームの勝ち点
2009年 鹿島  勝ち点66
2010年 名古屋 勝ち点72(歴代最高)
2011年    勝ち点72(歴代最高)
2012年 広島  勝ち点64

歴代最低は、2005年G大阪の勝ち点60
1ステージ制でのマリノスの歴代最多勝ち点は、2011年の勝ち点56でしかないのに...

優勝への星勘定を始めるのは、「60」越えてからだったかな。

鹿島・浦和・大宮・C大阪の上位チームとの4連戦を1勝1分け2敗なのに
気が早すぎた


シーズン前の記事データーから分かることで分析した通り、8月・9月に勝ち点伸ばせず。
ベテランは疲れが抜けにくいからかな?
しかし、織り込み済み

ホーム無敗 リーグ戦連敗していない事実は大きい。
ポジティブに考えよう。

一方、マリノス以外の上位勢の現在の状況は
2位浦和は、守備が不安定。先制される試合が多い。
3位広島は、マリノス以上に失速気味。リーグ戦3連敗。5試合勝ちなし。
4位鹿島は、勝ったり、負けたりで連勝を伸ばせず。
5位C大阪は、守備的なサッカーのため得点が少なく、引き分け多い。

今のところ、一気に勝ち点を伸ばしてくるチームは見当たらない。

むしろ、怖いのは、攻撃爆発中の7位川崎、後半戦首位の11位新潟だと思う。

ただ、川崎でも、最低優勝ライン勝ち点「63」に達するには、8勝1敗。
おそらく無理だろうね。優勝には届かない。

あと、気になるのは、死に物狂いの残留争い組(甲府・湘南・磐田・大分)
湘南以外のチームと対戦が残っている...

こういうチームから勝利を奪っていかなければ優勝はできない。

そして、大宮、柏に次ぐ苦手 仙台との対戦も残っている。
全然油断できる状況じゃない。

考えるだけでも、ゾクゾクしてきた。
久々だなこの優勝争いの感覚。10年ぶり?

サポーターも
ふんどし いやブリーフ派、トランクス派、ボクサー派なんでもいいから
締めていこうぜ!!


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/272-5f653374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (23)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム