2017-04

GK玉突き移籍に注意

Jリーグの移籍市場、例年になくGKが熱い
  
まずは、新潟の正GK東口選手が、G大阪に完全移籍。 
 
それに伴い、新潟は、磐田から戦力外になった能活
そして、磐田は、G大阪を戦力外になった藤ヶ谷選手
にそれぞれオファー。
 
それだけでない
広島の正GK西川選手もかねてから噂のあった浦和へという噂。
その広島は、仙台の正GK林選手をリストアップ。
 
さらに清水からレンタル移籍中の鳥栖・林選手の動向も気になる所。
このように、実力のあるGKが移籍しようとしている。
 
そんな移籍市場で気になるのが、我らマリノスの守護神達の動向。
マリノスで唯一といっていいほど、レベルの高い人材が複数揃っているポジション。
ストロングポイント。
 
玉突き移籍が続くGK市場
実力者が揃うだけに、他のチームから狙われててもおかしくない
 
とは言っても、今年の正GKである哲也の移籍はないだろう。
ここまで来たら、マリノスで骨を埋める覚悟ありそう。
 
が、六反や飯倉はありえる。
六反・飯倉ともにJ1でレギュラーを掴める実力者。
出場機会を求めての移籍なんて...
  
特に飯倉は危ない。
個人的には、飯倉が、マリノスのGK陣で一番の能力をもっていると思う。
ポジションを考えれば、まだまだ若いし、キック精度もある。
失うのは、将来的に痛い。
 
怪我や病気で今年は苦しんでいるけど、来年は正GKのポジション奪い返すだろう。
 
もし、浦和が、西川選手と破談になって、ターゲットを飯倉に代えたらとか考えると、
寒気がする。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/308-6b12a11d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (188)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (10)
2017年 ルヴァン杯 (4)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR