2017-08

画竜点睛を欠く補強

2014年シーズンの補強はひとまず終了した。
そこでまず、来シーズンの陣容を見てみると
 
GK 
哲・六反・飯倉・鈴木
右SB 
パンゾー・奈良輪
CB 
ボンバー・勇蔵・ファビオ・北谷
左SB 
ドゥトラ・下平
ボランチ 
富澤・中町・小椋・三門・熊谷・喜田
右SH 
藤本・兵藤・優平
トップ下 
俊輔・松本・天純
左SH
学・伊藤
FW 
仁・藤田・矢島 
 
となった。
ポジションは、今年と同じ4-2-3-1システムで考えました。
とりあえずの、序列としては、名前順で表記。
 
まぁ複数のポジィションができる選手もいるし、やってみないとわからない部分もあるけどね。

ポジジティブな側面をあげると、
① 藤本加入で2列目の層が厚みを増す
② ドゥトラVS下平の高いレベルでのレギュラー争い
③ GK流出を阻止
④ 三門加入で、攻撃的な交代カードが3枚から4枚に
⑤ 有力FW不在で、仁にチャンス
 
ってな所かな。
 
ただ、正直な所、補強と言えるのは、藤本だけな気がする。
もし、学がヨーロッパへ去っても、藤本加入で不安解消。
俊輔不在時もカバーできるし、兵藤や学にないアイディアもある。
 
他のメンバーはというと
 
まず、下平
ドゥトラはタイプが似ていて、世代交代と怪我の保険的な加入
どちらかが先発でどちらかがベンチ外になるだろう。
プレー自体では+α少ない。
 
次に三門
三門には悪いが、足元が下手な時点でスタメンは厳しい
俊輔を生かせるセンスが今のマリノスには必要。
小椋でも厳しいのに...
 
運動量が武器だが、途中交代では生かせない。
なぜなら、途中交代した選手は、運動量はあって当然。
守備能力なら小椋のが上だと思うし。
 
ベンチ入りして、攻撃の交代カードを4枚に増やせたとしても、樋口さんが使いこなせるか?
スタメン重視の樋口さんは、信頼おいてない選手は全然使わないからね。
  
あと、
伊藤・矢島は、怪我とプレーの波をなくさなければ、軸に据えられない。 
 
松本翔・天純・北谷は出場機会なさそう。
 
大卒の選手は、兵藤や千真みたいに夏までに試合に絡めるような選手以外取っちゃ駄目だよ。
高卒の北谷は仕方がないけどね。
 
まぁこれではね...
 
今年の最重要課題は、マルキの穴を埋める実力派FWだったはず。
伊藤・矢島・仁・藤田で埋められるのか?

 
J1で二桁とった事の無いFWばかりで大丈夫かね。
今のままでは、人数合わせにしか見えない。
 
前田選手獲得にこだわりすぎたな。
他にもドゥトラ引退や学ヨーロッパ移籍、小椋の流出を見据えた補強が裏目に。
 
やっぱ補強は難しいね。
  
最後に出入り一覧
IN
北谷・下平・三門・藤田・天純・松本翔(レンタルバック)・伊藤・矢島
OUT
田代・ドンホ・天野会長(レンタル)・比嘉(レンタル)・マルキ
レンタル中でOUT
武田(延長)・金井・怜(延長)・大黒
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/323-c2d40c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (23)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム