2017-10

J1戦力分析の評価基準 サッカーダイジェストとの対比

戦力分析(前編後編)にて、監督・GK・DF・MF・FWをそれぞれ6段階に分けてランク付けしましたが、
そのランクにした理由や基準を今回説明します。
数字は大きい方が、評価が高いです。

監督とGKは、FWやMF、DFはなんともいえない部分があるのですが、
とりあえず、どうぞ。
 
①監督
評価6 柏・FC東京・広島
評価5 新潟・名古屋・鳥栖
評価4 大宮・横浜・G大阪
評価3 鹿島・甲府・徳島
評価2 浦和・川崎・C大阪
評価1 仙台・清水・神戸
 
評価基準としては、
対戦した時感じたイメージです。
FC東京と仙台の監督については、良くわからないのですが、前任者との比較での評価。
この2チームは、この評価でいいのか、正直?
 
また、監督について、個人的には、
 
1番凄いのが、戦力的に弱いチームを優勝させる監督
2番目が、戦力的に強いチームを魅力的なサッカーで優勝させる監督
3番目が、戦力的に弱いチームを上位におしあげたり、残留させる監督
 
というように、選手以上に結果がすべてだと、思ってまず。
 
そういう意味で、柏・ネルシーニョ監督がJナンバー1。
また、近年、Jで優勝経験のある監督はとりあえず評価しました。
 
逆に、最悪なのが、戦力豊富なのにタイトルがとれない監督だと思う。
C大阪ポポ監督・浦和ミシャ監督がそのタイプ。
 
ちなみに、サッカーダイジェストでは、
20点満点中、ポポ監督が14点で、ミシャ監督が18点。
 
どちらも勝てるチームをつくれないという意味で
同じようなレベルの監督だと思うのだが...
 
※樋口さんはタイトル獲ったにもかかわらず、15点で平均以下...
 
②GK
評価6 浦和・名古屋・C大阪
評価5 FC東京・G大阪・広島
評価4 柏・横浜・鳥栖
評価3 鹿島・川崎・大宮
評価2 甲府・神戸・徳島
評価1 仙台・新潟・清水
 
基本的な評価は、正GKのレベルで決めました。
 
個人的には、
浦和・西川選手、C大阪・キム選手、名古屋・楢崎選手、G大阪・東口選手がトップクラス。
仙台・新潟・清水・甲府・徳島が少し劣り、あとは、どっこい。
という印象。
 
全体的に変わらないので、
最後は、セカンドGkの質で選びました。
その点では、FC東京とマリノスは高いと思う。
 
ちなみに、サッカーダイジェストの評価では、
正GKを失ったにもかかわらず、J1クラスを補強しなかった新潟が14点で、仙台が15点。
そして、棚ボタで守っている若いGKが正GKの清水が15点
この3チームの数字が、徳島(12点)より高い
 
そこまでの差はないのでは...
 
清水・櫛引選手に関して言えば、
三ツ沢での試合、俊輔のゴールもたしかにコースは良かったが、触れないスピードではなかった。
明らかな準備不足・ポジションミスだった。
 
年代別代表の試合見ても、現段階では、まだまだなレベル。
今後日本を代表するGKになるのは間違いないけど、これからの選手かな。
 
③DF
評価6 浦和・横浜・広島
評価5 柏・FC東京・C大阪
評価4 仙台・新潟・鳥栖
評価3 鹿島・川崎・G大阪
評価2 甲府・清水・神戸
評価1 大宮・名古屋・徳島
 
評価基準は、選手そのものの質と数を第一に考えました。
次に、昨年のチーム失点数を参考にしての評価。
 
ただ、DFの選手自体良くても、チーム全体の守備意識がないチームは失点が多いので、微妙ですが...
 
そういう点で、浦和の6点は、我ながら疑問。
けど、那須くん、槙野・森脇・永田・坪井・濱田選手と質の高いメンバーが揃っているので...
柏も高すぎたかな...
今更、仕方ないが。
 
異論があって当然。
正直評価が難しいポジションでした。
    
④MF
評価6 浦和・横浜・FC東京
評価5 鹿島・C大阪・広島
評価4 柏・G大阪・鳥栖
評価3 清水・川崎・新潟
評価2 仙台・大宮・名古屋
評価1 甲府・神戸・徳島
 
評価基準は、バランス。
攻撃型・守備型がそろっているかを大事にしました。
 
また、一人の質より、レベルの高い選手の数が多い方を評価。
そのため、遠藤選手のいるG大阪、憲剛選手のいる川崎は、悩んだのですが、高評価にしませんでした。
 
ちなみに、サッカーダイジェストでは、マリノス満点評価。
 
⑤FW
評価6 柏・FC東京・C大阪
評価5 浦和・川崎・神戸
評価4 広島・新潟・名古屋
評価3 仙台・清水・鳥栖
評価2 鹿島・大宮・G大阪
評価1 横浜・甲府・徳島
 
評価基準は、2桁獲れそうな選手の数で選びました。
 
柏(レアンドロ・工藤・田中選手)、C大阪(フォルラン・柿谷選手)の2チームは抜けてる。
誰が見ても、この2チームは評価高いはず。
 
一方、鹿島(ダビィ選手)や鳥栖(豊田選手)は、20点以上の可能性もあり、2人分獲れそうですが、
サブFWの質が落ちるので、評価低めに。
  
正直、マリノスは、最低ランク...
2桁獲れそうなFWがいない。
この点はサッカーダイジェストでもかわらない評価。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/341-48a6dfcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム