2017-08

変える時なのか、我慢の時なのか

2試合続けての完敗。
それも、攻守に良い所がほぼない状態。
 
何かしらテコ入れすべきなのかな?
 
現状では、
まず、トップが起点にならず、中盤があがる時間が作れない。
孤立して、ボールを奪われる。
 
前線と中盤の距離が遠いため、複数人が密集・連動してボールを奪い返せない。
プラスして、コンディション不良で出足が鈍いから、セカンドボールも拾えない。
   
中盤でプレスが掛からないから、いいパスを簡単に裏に通され、
もともとスピード型に弱い勇蔵とボンバーがやられる。
 
それを回避しようと、DFラインを下げる。 
そうなると、選手の距離感がより悪くなり、中盤のプレスがもっと掛からない。
 
悪循環
耐えきれなくなって、失点するパターン。 
 
そして、やっかいなハイプレス対策
今年対戦した広島・全北ともにハイプレスを仕掛けてきた。
ご存じの通り、マリノスは、新潟のような前線からハイプレスするチームにめっぽう弱い。
 
相手のプレス回避のために、ショートパスをするにしても、
勇蔵・ボンバー・哲のキック精度は低いため、
パスが相手に渡ったり、ミスが起こりやすい。
 
ロングボールで逃げても、
ターゲットとなるワントップ、そしてサイドハーフの兵藤や学も競り合いに弱い。
先ほどの悪循環も絡み、さらに悪化する。
 
だんだんと相手ペースになってしまう。
 
対策として、ビルドアップの上手いドゥトラをサイドに起用しているんだろうけど。 
肝心なドゥさんがコンディション不良。
代わりとなる下平も、まだ連携不足とスピード不足を露呈している。
 
ただ、これらの問題は、マルキがいた時から起きていたこと。
極論すると、4-2-3-1システムを維持すべきなのかも?
 
ワントップの人材がいない現状では、苦しいのかもしれない。
パスを繋ぐにしても、つなぐ技術のあるCBもいないし。
 
ただ、システムチェンジしたら、昨年まで積み重ねてきたものが崩れる気がする。
もし、トップ下のポジションがなくなったら、俊輔の良さも減る。
そして、このやり方だから問題なかった年齢による体力不安も出てしまうかもしれない。
 
メンバーチェンジにしても同じ。
 
最終ラインのスピード対応で、奈良輪
動きの鈍い勇蔵・中町に代えて、ファビオ・小椋
中盤の運動量を増やすために、優平や兵藤
足もとのうまいGK 飯倉
前半耐えて、学を切り札的に使う
 
とか手かもしれないが...いじりすぎも良くないし。
 
まぁ色々、素人なりに考えてみたが、
何が正しいのか、正直よくわからない。
 
変える時なのか、我慢の時なのか。
 
間違いなく、我慢の時なんだろうけど...
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/346-b54747cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (23)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム