2017-10

もやもやの勝利 清水戦 感想

清水戦 1-0 勝利 
得点者 学
マンオブザマッチ 哲也
 
開幕2連勝!!
いい滑り出し。 
 
前半は、魅せたね。
可能性を感じる崩しを連発。
去年と同じように大量得点もありそうな感じだった。
 
ただ、得点に結び付けられない。
取った点も相手のミスがらみだし。
 
そして、それが後半にも続かない。
審判が試合コントロールできなくなったこともあり、グダグダの展開。
最後は、清水の猛攻にさらされて、紙一重の勝利となった。
それも、一人少なくなった相手に。
なぜだ

勝ったわりに、すっきりせず。
  
<スタメン>
前回と変わらず。
伊藤・藤本・下平の新加入組が先発。
 
それにしても、
伊藤は清水で人気ないね~
 
試合前スタメン発表の際、相手のリアクション。
元清水組にブーイングを浴せたのだが、藤本や矢島より全然声が小さい。
普通は、移籍したばかりの選手に対して一番大きいとは思うんだけど。
 
マリノスでのプレーを見る限り、そんな悪くないんだが? 
入団時危惧したようなプレーは、まったくないし。
むしろ、守備も精力的。
色眼鏡かけられたのかな?
 
<采配>
腹が立った。
なんでそんなに動けないんだ。
 
去年より、メンバーよくなったはずなのに、意味がない。
控えがどうとかじゃなく、ただのビビりなのでは?
  
時間稼ぎ・守備固め・疲れた選手の入れ替え
ただただ、それだけ。
 
何も進歩してない。
この試合は、勝てても、今後連戦が続く。
スタメンの疲れを計算しなきゃ後に響く。
そもそも、この試合も危なかった。
 
ボランチがイエロー出てるのなら、早目に小椋投入して、試合勘つけさすとかさ。
やることあるだろうに。
慎重にも度が過ぎる。

<試合内容>
守備面では、相手のツインタワーに仕事させず。
というか、ツインタワー攻撃ってあんまうちに意味がないと思うのだが。
  
最終ラインへのプレスが有効だとわかっていても簡単には出来ないんだね。
 
攻撃面では、相手のパスミスを奪って、裏のスペースをつくプレー。
藤本の動きはとてもいいね。

しかし、ロスタイムが長かった。
大前選手が勘違いしたシーンは、上から見てたら完全に外れてた。
清水が喜んでいて、不思議だった。

それよりも、その前のドフリーからのシュート。
完全にやられたって思った。
冷や冷や。
 
<次の試合に向けて>
次は、アジア最強・広州恒大。
とは、言っても、付け入る隙はあるはず。
そのチャンスを逃さず得点できるかどうかが鍵。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/350-6e8017ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム