2017-06

欲を言えば勝ちたかった 広州恒大戦 感想

広州恒大戦
1-1 引き分け
得点者 仁
 
国内では、味わえないような緊張感のある白熱した試合だった。
圧倒的な個人技で簡単にやられてしまいそうな雰囲気。
一瞬の油断も許されない感じだ。

これが、ACL
これが、アジア王者 広州


とは、言ったものの
後半押されはしたが、全体的にはマリノスのリズムだったかな。
欲を言えば勝ちたかった。
 
相性は悪くなさそうだけにな~
前節完敗だっただけに、ホームで勝ち点1ではね。
選手は良く頑張っていたと思うけど 
善戦止まりで悔しさも残る。
 
<スタメン>
清水戦のメンバーから
勇蔵→ファビオ 藤本→兵藤 富澤→小椋 伊藤→仁
と4人も入れ替えてきた。
 
ターンオーバーするなら、次の徳島戦だと思っていただけにビックリ!!
 
特に仁は、清水戦ベンチ外からいきなりスタメン。
その期待に応え、先制点とは素晴らしい
まぁ、あのヘディングのシーンは決めてほしかったが...
 
他のメンバーも、
 
ファビオは空中戦で負けてなかった。
小椋もファール多かったが、中盤のボール奪取に貢献。
兵藤は怪我で無念の途中交代も、代わって入った優平が運動量でかき回す

とそれぞれ頑張った。

ただ、残念だったのは、矢島
プロならあのシュートはないぜよ。
清水戦もボール触る唯一の機会でミスしてたし...
次に期待したい。
 
あと、気になったのは、三門投入。
引き分けで良しとしたのかね。
セットプレーもあったし、勇蔵入れるのも手じゃなかったか?
不満が残る。 
 
<試合内容>
立ち上がりは、広州の攻撃に圧倒されるも、徐々になれてきて、マリノスのリズムになる。
そして、前半途中 FKから仁が右足でゴールにたたきこみ先制。

しかし、前半40分頃、ペナルティーエリアギリギリのところで学がファールを犯し、
イタリア代表ディアマンティー選手の素晴らしいFKで同点に追いつかれる。
あの壁位置で、決めるとは...
これが世界レベルか...

 
後半は両者決定機も何回かあったが、
両GKのファインセーブとDF陣の高い集中力で得点なく。
引き分けに終わる。
 
全体的には、パンゾーが良かった。
守備では、相手のキーマン・ムリキ選手に仕事をさせず、
攻撃でも随所にドリブルでアクセントを加えていた。
 
今更ないだろうが、怪我の内田選手に代わり、日本代表になってもおかしくないね。
岡崎選手との関係性でいえば、酒井宏樹選手より合いそうだし。
それぐらい
海外スカウトが褒めるのも、うなずけるよね。

<次節に向けて>
リーグは徳島、ACLはメルボルンと絶対に落とせない試合が続く。
徳島戦後直行するみたいだが、どういうメンバー構成になるのか。
 
大変だろうが、全員の力で勝利を掴み取れ!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/355-a377ec22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (17)
2017年 ルヴァン杯 (8)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)
2017 天皇杯 (1)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム