2017-08

理想的な勝ち方 徳島戦 感想

徳島戦 3-0 勝利!!
得点者 富澤・伊藤・藤本
マンオブザマッチ 学
 
圧倒的な力の差を見せつけての勝利!!
今後の連戦を考えると、途中で選手交代させて休ませることができたのは、大きいね
  
前半の内に追加点が取れれば、もっと楽だっただろうが、さすがに、求めすぎか。
 
ただ、引いた相手を崩すのは、個の力が最後の部分では必要だね。
 
黄金期のG大阪もパスで崩していたが、
最後はやっぱり、アラウージョ・マグノアウべス選手といった優れたFWが決めてた。
 
現状、マリノスには強力FWはいない。
セットプレーでなんとか、勝負強く勝ちをひろっていくしないね。
マリノスも相手をなぎ倒してでもゴールに突進していくような選手がいたらなー 
 
まぁマリノスだけでなくJリーグ全体にもいえる。
ここ最近、Jリーグ勢がACL勝ち上がれない理由は強力FWがいないからだろう。
 
<スタメン>
リーグ戦の清水戦と同じメンバー。
ACLとリーグ戦でメンバーわけてるね。
仁は、ACL専用になってしまったみたい。
  
点差が離れてから、中町・学・下平を休ませ、三門・優平・奈良輪が途中交代で出場。
このぐらいの力の差があると、交代の遅い樋口さんでも、さすがに代えるね。
 
<試合内容>
前半から圧倒。
まずは、セットプレーから富澤のゴールで先制。
 
J1・100試合出場を自ら祝うとは、さすが。
それも、間寛平さんの目の前でね。
 
まぁ寛平さん見損ねたみたいだけどさ。
富澤もゴール後のパフォーマンス忘れてたから、
どっこい
 
その後、攻め立てるも決めきれず、1-0で折り返す。
 
後半もマリノスペースが続く。
俊輔のFKのこぼれ球を伊藤が詰めて2点差。
この時点でほぼ決まった。
 
最後に、淳吾のパスで崩してのゴールで完勝。

まぁ正直徳島は厳しいね。
クレイトン・ドミンゲス選手ぐらいしか希望がない。
技術だけでなく、切り替え・運動量ともにない。
 
プレーオフ制度を廃止して、J1の16位とJ2の3位の入れ替え戦を復活させた方が良いのかもね。

<次の試合に向けて>
リーグ戦は3試合連続還付での3連勝といいスタートダッシュが決めれた。
ACL この勢いをつなげたい。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/357-e6798442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (23)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム