2017-11

計算通りにはいかない 甲府戦感想

0-1敗戦
嫌な負け方だった。
城福監督の手の上で転がされたね。
 
ボールを回せど回せど、相手のブロックを崩せず。
攻撃陣の動きが鈍い。パスが足元ばかりじゃ駄目だわな。
やはり、ドリブラーがいないメンバーでは崩せないのかな?
ガックリ
 
ACLはメンバーを落として負け、Jリーグも主力メンバー中心でも負け。
計算通りにはいかねーな
 
<スタメン>
徳島戦から学・藤本に代わり兵藤・優平がスタメンに。
 
だが、兵藤・優平ともにいまいち。
兵藤は、何も印象に残ってないし、優平はボール受けた後が何もできない。
 
あらためて、メンバー構成ををみると
メルボルン戦の試合に出なかったのが、11人中6人
そして、遠征にも行かなかったのが、11人中4人
徳島・メルボルン・甲府の3連戦を連続でスタメン出場したのは、哲・パンゾーのみ
 
休養を考えてのメンバー構成になったが、動けなかった。
皮肉にも、一番疲れているであろう哲・パンゾーが奮闘...
  
途中出場した藤くんの状態が上がってきたことだけが唯一の収穫に。
 
<試合内容>
前半、ボールは持たされているだけで、シュート0本。
シュートどころか、セットプレーも0回。
 
時に全員で守る甲府ブロックの外を回すだけ。
ロングボールを入れても、青ちゃんにはじき返された。
 
逆に、クリスティアーノ選手・河本選手を捕まえ切れず、カウンターで危険なシーンを何度となく作られる。
パワー系FW盛田選手不在も甲府にとっては幸運だったね。
 
後半も同じ感じ。
学入れても状況は代わらず。
 
甲府に先制された時点で厳しくなった。
最後パワープレーで攻めるも、甲府のDF陣は集中力を切らさない。
点取れず、ジ・エンド
   
正直いうと、甲府を少し舐めていた。
J1残留経験者の甲府と初J1の徳島じゃ全然違う。
自分たちの実力をわかったた上での戦い方。
完全にやられました。
 
<次節に向けて>
もう切り替えていくしかないね。
やるっきゃない!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/362-7ce2e94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (202)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (32)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (4)
マリノス 補強・契約 (45)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム