2017-07

小椋の生かし方 新潟戦感想

またまた今更ながら 
新潟戦の感想をさらっと
 
0-0引き分け
両者チャンスを決めれなかったので、引き分けは妥当かな?
 
前半は、新潟のハイプレスにたじたじ。
だが、相手の運動量が少なくなってきた後半盛り返した。
 
耐えた甲斐あってチャンス何回かあったが決められず...
俊輔のビューティフルスルーパスからの伊藤のシュートはたしかにおしかったが、問題はそこじゃない。
 
チャンスにきちんとボールにミートしてない場面や打ちきれない場面の多さが気になる。
特に、学 頼むぜ
 
<スタメン>
いつものメンバーから富澤に代えて小椋、怪我の藤本に代わり兵藤がスタメン。
それ以外はいつも通り。
 
富澤・マチの不動のボランチコンビが怪我や出停以外で代わったのは2年ぶりかな?

最近の富澤のプレーは、正直微妙で、小椋の先発起用も納得だが、今日のプレーでは...
持ち味のボール奪取は光ったものの、相手のプレスが速かったとはいえ、パスミスが多かった。

疲れが目立つ今のマリノスには、小椋の積極性はチームを躍動させるためにも必要。
周りと噛み合って欲しいのだが...
 
しかし、この試合見ていて、俊輔と小椋の相性が悪いのかなと思った。

マリノス復帰後、俊輔が輝きだしたのは、ボランチがマチ・富澤になってから。
小椋が輝いていたのは、前線にサカティーや功治がいて、速い攻めをしていた頃。
極論すると、小椋は速攻向きで、俊輔は遅攻向きだからかな?
 
小椋は、新潟のようなチームでこそ輝けるのかなぁとつくづく感じた。
ハイプレス速攻型で、縦に速い攻撃と対人能力を軸としたボール奪取。
  
まぁ、レオ・シルバ選手ぐらい攻守に活躍できるレベルなら、どんな戦い方でも通用するのは確かなわけだが...
 
ただ、小椋や戦い方関係なく、カウンターでシュートまでもっていく成功率の低さは問題。
高い位置でボールを奪っても、もたついてシュートまで持ち込めない。
 
控えのメンバーにも速攻向きの選手がいないし...
松本翔はジョーカーとして使えないのかな?
 
<次節に向けて>
相手の仙台は監督が交代になった。
やりづらいが優勝するにはこういった相手に足元すくわれないことが必要。
 
勝ち切りたい。
  
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/367-423acaae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (196)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (19)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (40)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム