2017-10

2トップの是非 柏戦 奇襲をかけるのも一つの手か?

柏戦はどのような布陣で臨んでくるのだろうか?
 
柏との試合後すぐ広州戦とハードスケジュールになっている。
個人的には、ACL>国内と考えているので、
できれば広州戦を重要視したメンバー構成になっていればな~
なんて。
 
逆に、いつものメンバーで柏戦に臨むことは避けてほしい。
 
柏・ネルシーニョ監督のこと、マリノスの弱点を執拗についてくるに違いない。
 
とりあえず素人予想だが、
ハン選手または大谷選手に俊輔をマンツーマンマークさせ、DFラインの裏、特に左サイドを狙いロングボールを放り込み、レアンドロ・工藤・田中選手にボールを預け、速い攻めしてくるんじゃやないかな?
 
弱点を突かれ、マリノスが苦戦する展開は毎度おなじみ。
そんな感じで、何年もリーグ戦勝ててない。
 
同じ事を繰り返しても仕方がない。
いっそ奇襲作戦を仕掛けるのはどうだろうか? 

ここで思いつくのは、全北戦で後半使った2トップシステムを使うこと。
今の4-2-3-1システムは限界に来てるんだし、試してみるのは悪くないはず。

全北戦2トップにすることで、明らかに伊藤はやりやすそうだった。
マークが分散して、孤立することもなくなった。
 
守備をして、ボールをキープして、少ないチャンスを決める。 
そんなのマルキクラス以上じゃなきゃ、やっぱ苦しいよ。
 
また、俊輔もワイドな位置取りをすることでマンツーマンマークを外すことに成功。
前半より、効果的にボールに絡むことができていた。
 
上手く嵌れば、広州戦にもつながるだろうしな。
  
ただ、2トップシステム 過度に期待もできない、
 
全北戦勝ったので、2トップにいいイメージがあるが、流れが変わり、逆転できたのは、相手が疲れて運動量・集中力が落ちたのが主な原因。

点は取れたが、システムチェンジとあまり関係ない。
藤田・伊藤ともにシュートを打つ場面はあまりない。
 
また、去年も2トップシステム何回か試したがあまり機能しなかったし...
 
あと、2トップシステムにすると、中盤の枚数が減ることの影響も気になる。
  
樋口さんは、2トップシステムと現在のチーム状況どうとらえているのかね?
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/372-1153e4cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (201)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (31)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム